• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2010年03月01日

[雑誌の休刊ラッシュ]二玄社 NAVI の休刊に思う

もう聞き飽きる位、不況だの不景気だのとネガティブなニュースが日本を席巻している中で、自動車に限らず雑誌の販売部数が激減し、休刊・廃刊が続出しているという。今日(3/1)は自動車雑誌「NAVI」最終号の発売日。本来は2/26が発売日だったのだが、漏れ聞くところによればトラブル(内紛?)があったようで、3/1に延期されたらしい。最終号の特別価格1000円。いつもより100円高い(笑)
個人的に「NAVI」という雑誌はほとんど買った事が無い。むしろあまり好きでは無い部類の雑誌だった。クルマ単体というよりは、クルマを取り巻く環境を含めてお洒落に面白く....「NAVI」はそんなコンセプトだったと思う。二玄社には大真面目で歴史のある「CG」があるからこそ「NAVI」が生まれたんだろう。現「ENGINE」誌の編集長を務める不思議な髪型の鈴木正文氏(NAVIでは2代目編集長)の影響が大きかったんだろうね。
なぜ、自動車雑誌が売れなくなったのか。そもそも不景気だから雑誌を買うお小遣いがなくなった。自動車が憧れの対象ではなくなった。雑誌を買わなくてもWeb媒体(当ブログも含め)で(無料で)読めるようになった。まぁ色々ともっともらしい理由を当てはめる事は出来るだろう。しかし、雑誌を作っている側にも努力が足りなかったんじゃないかと思う。
私が自動車雑誌を読み始めたのは小学5年生の頃かな。「月刊自家用車」や「CARandDRIVER」を読んでいた気がする。当時はインターネットも無かったし、ガキの私には小遣いの範囲で買える雑誌か、北海道新聞の広告・折り込みチラシ(笑)が貴重な情報源だった。やがてお財布に余裕が出来ると、どんどん定期購読する雑誌数は増えていき、ピーク時には10冊/月位は買ってたんじゃないかな。でもここ数年月刊誌は「AUTOCAR」のみ。後は新車発表時に「○○のすべて(三栄書房)」を買うくらいに減っていた。結局、どの雑誌もメーカー配布プレスキットをトレースした新車紹介と退屈な企画(1000km走って燃費計測とか)を実施するか、走り屋を自称するオッサンが「アンダー・オーバーステアがどうした」と非現実的な速度領域の話をダラダラとワザと難しく書く。そんな事じゃ読者離れるでしょ。
私が勝手に考えるこれからの自動車雑誌とは益々「低価格な総合雑誌」と「高価な専門誌」に分類されていくのではないかと。「DRIVER」誌の様に500円未満で浅く広くなんでも取り上げる総合雑誌は言ってみれば広告モデル。スポンサー(自動車メーカー)の悪口なんて書く訳も無いが、低価格でコンビニなんかでも広く売られる存在。これはこれで必要な存在。一方、「BMW COMPLETE」誌(学研)の様な特定車種やメーカーだけを取り上げる専門誌はより高度・高価格になって行くのではないか。いっそのこと、広告収入はナシにして3000円~5000円でも内容が良ければ私は買いたいと思うが、そういう人はさすがに少ないかな...。「エンスーCARガイド」なんか結構期待。
今はなんでもソコソコの品質のものが0円(タダ)で読めてしまう時代。安易に広告費に頼った誌面ばかり作っていると、昨今のような不況で広告費が削減されたら即アウト。まぁ自業自得か。とりあえず輸入車を褒め称え、国産車をけなしておけばエンスーは満足??。ある車種を新車の時にアッチの雑誌で褒め称えていた評論家(もどき)が半年後コッチの雑誌でけなしていたり。読者というよりスポンサー(メーカー)のご機嫌ばかり伺った評論家の多い事。酷い奴になるとメーカーの招待で海外へ頻繁に出かける事を自慢している奴まで....。評論家に資格は無く、「私は評論家です」と自称してしまえばその日から評論家な訳で....。まぁ雑誌が減れば質の悪い評論家は淘汰されるのか。それともメーカーにゴマをする奴らが生き残るのか。お金を貰って書いている人達にはもっとプライドと責任を持って頂きたいものだ。
メーカーの広告費をアテにするから「マッサラの新型車」ばかり掲載する。しかしクルマとはモデル末期に向かいながら熟成されていくものだが、そう言った車種が紹介される事は少ない。大半の読者が到底購入出来ない様な高級車・スポーツカー(の広報車)を乗り回してウンチクを書いても、クルマ全般に憧れや夢を感じなくなっている時代だからどうもピントが合わない。単純なバイヤーズガイドになる必要は無いが、もっと読者目線の雑誌が有っても良いのになぁ....とため息をつく日々。
せめて私のブログがそんな欲求の0.01%でも満たせる存在になっていればとお金を貰わない事を誇りに(笑)書き綴っております。
さて最終号にして初めて購入した「NAVI」。これから読んでみよう。なにやら同窓会の雰囲気だが...
ブログ一覧 | クルマ | クルマ
Posted at 2010/03/01 23:27:42

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

NAVI休刊と徳大寺有恒「間違いだらけ ... From [ ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2 ] 2010年3月3日 05:57
(Ser.4558) 昔はよく読んでたんですけどね… ということで、最新号(2010年4月号)買ってきました。 NAVI ( ナビ ) 2010年 04月号 [雑誌]作者: 出版社/メーカー: ニ ...
ブログ人気記事

やっぱ、九州さいこーw
Jつのさん

11月30日の塩分補給 舞鶴海上保 ...
gogo28@永遠の25歳さん

D訪問 211205
はっしー03さん

明日は本庄サーキット!!
シュピーゲルさん

「常盤ホテル」の掛け流し自家源泉を ...
ツゥさん

直らない可能性は想定外(涙)ジャイ ...
ボンビーやんさん

この記事へのコメント

2010年3月1日 23:38
非常に残念ですね
いつか復刊してほしいですね
コメントへの返答
2010年3月7日 23:52
今後は紙の本じゃなくて、会員制の有料Webにするとか色々方法はありそうです。
2010年3月2日 9:11
いつもそれ程本は買わないのですが、昨年車を買ってから全然本を買っていないですね
車雑誌のインプレッションは自分の乗り方と合わない気がしますし
安全装備の啓蒙活動などもしていませんよね
このブログの方がよっぽど共感します
自分が好きな雑誌はベストカー
どこから仕入れるのか新車のスクープ
よく分からない事なのに断定的な記述
それもかなり希望が入っている
そのばかばかしさと夢を持たせてくれる感じが好きです
やっぱり車は夢が無くっちゃ!
コメントへの返答
2010年3月7日 23:55
有難うございます。難解に書いてインテリを装うってやり方はもう古いと思ってます。
そろそろ広告モデルは限界じゃないかと思うんですよ。カタログ情報はWebに0円でゴロゴロしてますから。
2010年3月2日 23:56
つくづくezoflatさんのブログ最高です。
ほんと的を得てますね。
NAVIは私も興味の対象外。
ただdriverは安い割にベストカーなどと違い、評価軸は極めてまともだと思います。
細かなうんちくも網羅しているし。
ベストカーはどうにも国沢とか論じるというよりパクリの人が多い。
思えば小学生のころ親父が買ってきたcar&driverを読んで楽しんでいたものでした。
~すべてシリーズはマツダは全部持ってます。
でよくよく読むと三栄書房は非常に硬派で星島浩さんは最近は執筆量を大幅セーブしているようですが
とても味のある方で言葉づかいも愛のあるとても丁寧な論評でした。
また小学生から結婚前まではオートファッションを読んでいましたが、
ドレスアップの評価軸に疑問を持ち、そういった情報はネットからです。
そんななかでezoflatさんのこのブログは
メディアが表だって言わないことを極めて論理的に
伝えてくれるので毎晩の楽しみです。

これからもよろしくお願いいたします。
コメントへの返答
2010年3月7日 23:59
ありがとうございます。国沢氏は.....評論家と呼べるレベルじゃないね。
やはりお金を貰ってしまうとかけなくなる事って沢山ある筈です。食べていかなければいけない立場ですから。
私のような趣味人は食い扶持とは無縁ですから、好き勝手書ける。それが存在意義だと思ってます。
2010年3月3日 0:15
実はexciteブログ時代からの読者です。今までカーテンエアバッグの存在すら知らなかったのですが、安全装備などの記述があり、知るきっかけとなりました。勉強になります。いつも更新楽しみにしています。
コメントへの返答
2010年3月8日 0:00
ありがとうございます。
私の微力・稚拙な記事が少しでも安全装備の普及に貢献できていれば幸いです。

おすすめアイテム

プロフィール

「@(ご) 下取価格って愛車の通信簿みたいなものなので、低い評価をされると買い換える気が失せますね。更に言えば自社銘柄の価格提示としては低過ぎて残念です。私もヤフオク売却経験有ります(^o^)。」
何シテル?   06/21 23:22
クルマとカメラが大好きで布袋寅泰の音楽を愛聴するヤツです。 随分と長いこと転勤で各地を転戦しましたが、ようやく地元北海道に戻ってきました。 現在はマツダ「ロ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/12 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

愛車一覧

フィアット フィアット500 C (カブリオレ) フィアット フィアット500 C (カブリオレ)
28台目の愛車。2008年の日本導入以来、何度も試乗をして来たが、なかなかマイカーに迎え ...
マツダ ロードスターRF マツダ ロードスターRF
27台目 ロードスターRFの30周年記念車。一度は落選になるも、次点(キャンセル分の繰上 ...
BMW 2シリーズ アクティブツアラー BMW 2シリーズ アクティブツアラー
26台目 「乗れて・積めて・走れて・屋根が開くクルマ」をテーマに色々探し、試乗した結果辿 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
25台目 ずっと欲しいと思いながらも躊躇していたジムニーをようやく迎えることが出来た。2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.