• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年01月19日

[ニューモデル]トヨタ・GRスープラ 17年ぶりの復活 BMWに開発委託

[ニューモデル]トヨタ・GRスープラ 17年ぶりの復活 BMWに開発委託 トヨタは、北米国際自動車ショー(デトロイトショー)において、新型「スープラ」を世界初披露した。日本での発売は2019年春頃を予定している。
新型「スープラ」は5代目(初代及び二代目は国内で「セリカXX」。国内仕様の初代「スープラ」は3代目)にあたり、2002年に生産終了してから17年ぶりの復活となる。
新型「スープラ」は、トヨタGAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初のグローバルモデルと位置付ける。正式名称は「GR Supra」となるようだ。
豊田章男社長は「ニュルブルクリンクで他メーカーが発売前のプロトタイプカーを走らせている中、私たちは、既に生産を終了した古いスープラでしか走ることができず、とても悔しい想いをいたしました。スープラ復活を待ち望んでいたのは世界中の多くのファンだけでなく、私も『スープラを復活させたい』という想いを密かに持ち続けていました。新型「GRスープラ」は、ニュルブルクリンクで鍛えられ、生まれたクルマです。走る楽しさ以上の経験を提供できるクルマになったと、自信を持ってお伝えします」と述べている。
歴代「スープラ」が直列6気筒エンジンをベースとするFR車である事は共通しており、新型でもこれらを継承した。加えて今回は、「ホイルベース」「トレッド」「重心高」の3つの基本要素にこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現したという。
チーフエンジニアの多田哲哉によれば「馬力やサーキットのラップタイムのような数値だけを追い求めるのではなく、いかにドライバーが車両と一体となって運転する楽しさを感じられるか、という感性性能を重視した」とコメントしている。
新型「GRスープラ」のボディサイズは全長4380mm全幅1865mm全高1295mmでホイルベースは2470mmと全幅を除けばかなりコンパクト。トヨタ「ハチロク」が全長4240mm全幅1775mm全高1320mmでホイルベースは2570mmだから、大きさは概ね想像が出来る。
新型「GRスープラ」のホイルベースは2シーターに割り切ることで「ハチロク」より100mm短い2470mmであることは、オープン2シーターであるBMW「Z4」とプラットホームを共用した弊害だろうか。トヨタはあくまで「ピュアスポーツカー」に特化した結果と言い張るようだが。インテリアにもBMWの血筋が散見される。
個人的には、「スープラ」のヘリテージを考慮するとホイルベースを延長し「2by2」にこだわるべきだったのではないかと思う。そうすれば、トヨタデザインの後半部分に感じる「チョロQ」的な寸詰まり感も解消され、もう少し流麗で違和感のないスタイリングになったのではないか。まぁそのあたりは実車を見てからにしたい。
エンジンはいずれもBMW由来の「直6 3.0Lツインスクロールターボエンジン」とチューニングの異なる2つの「直4 2.0Lツインスクロールターボエンジン」を用意。ミッションは全車8速スポーツATが設定され、MTは設定がない。将来的に追加される事を期待したい。
なんにしても「スープラ」の復活は日本のクルマ好きとして大変おめでたい。トヨタの英断は称賛したいし、他のメーカーがこれに続いてくれることを期待したい。
しかし、昔気質のカーマニアとして「ハチロク」に続いて「スープラ」も他社(BMW)へ開発を委託した事は残念。やはりスポーツカーは各社の「顔」になる商品だからこそ、培って来た伝統や技術の集大成であるべきだし、それを支持するために購入するのだと思う。少なくとも「マツダ」に出来ることがトヨタの経営規模で出来ない筈はない。それを判断し実現するのが経営者の仕事だろうに。
まぁ少し肩の力を抜いて考えれば、トヨタが「すべて自前」で開発するより、他社委託した方が遥かにマトモなスポーツカーが出来ると判断した事は恐らく「賢明」であろうだけに、冷静な自己分析が出来る会社・経営者と評価すべきなのかもしれぬ。もし私がトヨタの開発者ならば悔しくて仕方がないと思うけどね。
そうは言ってもねえ.....うーん(笑)。結局その半端な生い立ちが気に入らず、今日まで「ハチロク」/「BRZ」をリアルなマイカー候補として検討して来なかった様に、「スープラ」も私の中では同じ道を辿るかな....。
とりあえず機会を見て試乗させていただく事を楽しみにしたい。細かい話はその後で。




ブログ一覧 | クルマ | クルマ
Posted at 2019/01/19 17:09:42

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

骨格、エンジンはBMWでしょ?こだ ...
仁政さん

GRスープラは「ハンドリングマシン ...
mizuhoさん

16年ぶりになっちゃうんだね
ウッkeyさん

Supra is Back!
トレボンさん

3.0ℓ直6と2.0ℓ直4かぁ・・・
ライチュウ@滋賀さん

Newスープラデビュー
tsukasaZ34さん

この記事へのコメント

2019/01/19 17:21:32
どこかを妥協しなきゃなかなか発売まで漕ぎつけない時代だしな
Z4と兄弟である以上2シーターなのはどうしようもないからな
コメントへの返答
2019/01/20 10:41:36
トヨタほどの経営規模がありながら、BMW(のZ4)とプラットホームを共有した為に、折角のスポーツカーが色々制約を受け、妥協してしまうのが残念。そんなクルマは欲しくならないわ。
2019/01/20 00:24:50
デザインもBMWにお願いしちゃった方がマシな形になったと思うのですが…

コメントへの返答
2019/01/20 10:44:05
ハハハ。デザインはマツダに委託してくれれば数倍はカッコ良いクルマになったでしょうね。
トヨタ-マツダ-BMWの合作といいつつ、トヨタは何もしない....それが正解??
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「[整備] #ジムニー ラゲッジフラットボックス制作 http://minkara.carview.co.jp/userid/177731/car/2280074/4001872/note.aspx
何シテル?   11/25 15:03
クルマとカメラが大好きで布袋寅泰を崇拝するヤツです。12年ぶりに地元北海道へ帰還した平凡なサラリーマン。コメントはお気軽に。 Twitter運用中:ezofl...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

愛車一覧

BMW 2シリーズ アクティブツアラー BMW 2シリーズ アクティブツアラー
26台目 「乗れて・積めて・走れて・屋根が開くクルマ」をテーマに色々探し、試乗した結果辿 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
25台目 ずっと欲しいと思いながらも躊躇していたジムニーをようやく迎えることが出来た。2 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
24台目の愛車として1.5Lディーゼルの「デミオ」を選択。もう15年以上前からVWのTD ...
ホンダ S660 ホンダ S660
23台目 東京モーターショーにコンセプトカーとして展示されていた時から「買おう」と決めて ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.