• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ezoflatのブログ一覧

2018年03月29日 イイね!

[フルモデルチェンジ]VW・ポロ 1.0L3気筒ターボで全幅1750mm

[フルモデルチェンジ]VW・ポロ 1.0L3気筒ターボで全幅1750mm新型VW「ポロ」が日本市場にも投入された。既に多数報じられているように、「ゴルフ」や「パサート」で使われるフォルクスワーゲン・グループ自慢の「MQB」モジュールをコンパクトクラスの「ポロ」にも採用したことによるボディサイズの拡大が良くも悪くもニュース。新型「ポロ」のサイズアップは世界的潮流だから我が国固有の事情(5ナンバー枠)など考慮されないのは当然としても、「デミオ」や「スイフト」にもサイズアップ圧力が及ぶのは必至なだけに心配。
世間的に勘違いされる傾向があるようだが、VW「MQB」やトヨタ「TNGA」、スバル「グローバルプラットフォーム(SGP)」等の所謂「統一プラットホーム」の採用は、メーカーの開発コスト削減に大きなメリットがあるが、ユーザーにとって本質的なメリットをもたらすのかは別問題。個人的にVW「MQB」については特に懐疑的な立場である。何故なら「MQB」モジュールを採用するクルマに何度試乗しても以前のVW車では明確に感じられた骨太な走りや直進安定性が影を潜めた事で、国産ライバルとの差異が価格差程に感じられなくなったからだ。
個人的な偏見(?)だが、一時期のトヨタも罹患した「販売台数世界一」の称号を目指し量販作戦に舵を切ると、製造コストや複数工場での作り易さが優先される傾向があり、結果として中庸で退屈なクルマが量産される。その量販作戦の根幹が「MQB」モジュールである。
新型「ポロ」のボディサイズは全長4060mm全幅1750mm全高1450mmでホイルベースは2550mm。重量は1160kgである。エンジンは1.0L直列3気筒ターボで95ps/5000-5500rpm 17.9kg-m/2000-3500rpmを発揮。ミッションはお得意の7速DSG(乾式)である。
今回日本市場に用意されたグレードは3つ。最もベーシックな「TSI Trendline」は209.8万円だが、受注生産の扱いだから、実質的エントリーモデルは中間グレードの「TSI Comfortline」で229.9万円ナリ。最上級グレードは「TSI Highline」で265万円である。
売れ筋になると推察する「TSI Comfortline」だが、メーカーOPで「セーフティパッケージ」と「純正カーナビ"Discover Pro"パッケージ」を装着すると合計で約264.5万円に達する。正直、1.0L直列3気筒ターボエンジンで95ps程度のアウトプットにしては、随分と強気な価格設定ではないか。
個人的に「ポロ」と諸元的に近くコッソリと注目しているのはスズキ「バレーノ」である。
「バレーノ」のボディサイズは全長3995mm全幅1745mm全高1470mmでホイルベースは2520mm。重量は950kgである。エンジンは1.0Lの直列3気筒直噴ターボで111ps/5500rpm 16.3kg-m/1500-4000rpmを発揮し、ミッションは6速ATである。「ポロ」よりも210kgも軽い車重とDSGとは違い癖のない6速ATである事に加え、価格は最上級グレードである「XTセットオプション装着車」でも172.8万円で済む。(但しカーナビは販売店OP)忘れていたが、「バレーノ」だって正真正銘の輸入車(笑)である。(インド製)
残念ながら、市場では日陰の存在である「バレーノ」だが、もう少し国内でも評価されて良いと思うが如何だろうか。
もちろん現実的に「ポロ」と「バレーノ」を比較検討するような方は極めて少数のクルマオタクかスズキ関係者に限られるだろう。トヨタの次に初めての輸入車としてVWを....という類の一般的なユーザ様にインド製のスズキ「バレーノ」を紹介したところで、間違いなくスズキのお店に行くはずもない。
しかし、ヨナヨナ「みんカラ」を徘徊してるような人種ならば、ド定番であるVW「ポロ」のオルタナティブとしてスズキ「バレーノ」を物色してみるのも悪くはあるまい。
どうせ、どっちを買ってもリセールが期待出来るクルマではない。ならば達観し「バレーノ」の試乗車上がりを認定中古でお安く捕獲するのも通な選択肢である。
もう少しマトモな事を言えば、新型「ポロ」の予算範囲ならマツダ「デミオ」のディーゼルやスズキ「スイフトスポーツ」を6MTで駆る選択肢もある。お洒落輸入車ならシトロエン「C3」・フィアット「パンダ」・ルノー「ルーテシア」なんかも面白い。現時点では5ナンバーサイズを捨ててしまった新型「ポロ」を国内で積極的に選ぶべきポイントを見出せないのが本音である。
勿論、VW「ポロ」は乗れば価格相応かそれ以上に「良く出来た」クルマである事に疑いは無い。しかし、最近の「ゴルフ」「パサート」にも共通する事だが、絶対に「コレ」が欲しいとは思わせてくれない無味乾燥な商品性に対し、どうにも割高な価格設定はチト問題が有るように思う。

↓「ポロ」のオルタナティブとしてスズキ「バレーノ」はいかが?これも輸入車。
Posted at 2018/03/30 00:41:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | フォルクスワーゲン関連 | クルマ
2018年02月14日 イイね!

[マイナーチェンジ]VW・Passat/Passat VariantにTDIモデルを追加

[マイナーチェンジ]VW・Passat/Passat VariantにTDIモデルを追加フォルクスワーゲンは「パサート/パサート・ヴァリアント」に日本のポスト新長期排ガス規制をクリアした「TDI」エンジンを搭載した「Passat/Passat Variant TDI」を発売する。グレードはベースモデルの「TDI Eleganceline」と上級グレードの「TDI Highline」を設定する。 価格は422.9万円~509.9万円(税込)である。
本来であれば、数年前にTDI(Turbo Direct Injection)ディーゼルエンジン搭載車が輸入開始されていて当然だったハズ。例の「ディーゼルゲート事件」の影響を受け、日本導入が延期されていたのだ。既にマツダ以外でも欧州からの輸入車はディーゼルエンジン搭載車の設定が珍しくない。昨年は、ディーゼル車が外国メーカー車の年間総販売台数で2 割を超えるシェアを占めたらしい(JAIA 調べ)。
私も長年、ワーゲンのTDI車が日本導入される日を待ち続けていた一人だ。きっかけは1999年に発表された「ルポ3L-TDI」。まだトヨタ「プリウス」も初代モデルが街中を走り始めた頃、100kmを僅か3Lの燃料で走る(33.3km/L)事を可能にした実験的なクルマだった。残念ながら日本には導入されなかったが、それ以降TDIモデルの輸入を期待していた。
元々、私の出身地である北海道は長距離ユーザーが多く、ランニングコストの安いディーゼルエンジン搭載車が好まれてきた。日産「ローレル」・「セド/グロ」やトヨタ「マークII」・「クラウン」「カムリ」に加え、VW「ゴルフ」のディーゼルエンジンモデルも結構見かけていた。
月日は流れ、自身はマツダ「デミオ」でディーゼルエンジンを初購入。現在の愛車であるBMW「2シリーズ・アクティブツアラー」でディーゼルは2台目。フラットかつズバ抜けて太いトルクは長距離・長時間の運転に相性抜群。更に燃料代も安いのだから文句はない。時代の流れは「電動化」なのかもしれないが、当面はディーゼル車をメインに据えて行くつもりである。
さて、本題の「Passat/Passat Variant TDI」だが、結論から言ってしまえば価格が高い。ベースモデルの「TDI Eleganceline」はカーナビがメーカーOP(Discover Pro パッケージ:25.9万円)だから、実質約450万円がベースライン。正直、相当値引かないとセールスは厳しいのではないか。
エンジンは2.0Lの直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(4バルブ)で、最高出力 190PS/3500-4000rpm 最大トルク 40.8kg-m/1900-3300rpmを発揮する。トランスミッションは6速DSG。排気ガスの浄化にSCR (選択触媒還元 )システムを採用しており、尿素水溶液「AdBlue」を必要とするのは残念。「AdBlue」は専用タンク(13ℓ)に蓄えられ、1,000km走行ごとに1.5 リットル程度消費する。
日本市場ではとりあえず上級モデルの「パサート」からディーゼルを入れて様子見...なんだろうが、やはりワーゲンは「ゴルフ」のディーゼルモデルが、300万円前後から選べるようになった時に本格的なディーゼルブームが来るのかも。
Posted at 2018/02/14 23:48:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | フォルクスワーゲン関連 | クルマ
2018年02月04日 イイね!

[特別仕様車]VW The Beetle "SOUND" 2019年に日本での販売を終了

[特別仕様車]VW The Beetle "SOUND" 2019年に日本での販売を終了フォルクスワーゲンは2019年に日本で「ザ ビートル」の販売が終了することを発表した。それにあわせ、「ザ ビートル」ファンへの謝意を表す”See You The Beetle キャンペーン”を実施する。
キャンペーンの第 1 弾として、プレミアムサウンドシステム“Fender Sound”を搭載し、音へのこだわりと快適装備を充実させた限定車「The Beetle SOUND」を発売した。ボディカラーは特別色のホワイトシルバーメタリックとトルネードレッドの2 色展開で、販売台数は限定300 台。価格は294万円である。
「ザ ビートル」の日本導入は2012年6月。早いもので約5年半が経過。国内累計で約35,000 台(カブリオレ含む)が販売されている。
ちなみに、「ザ ビートル」の先代に相当する「ニュービートル」の日本導入は1999年9月。それ以降、2010年3月に発表された特別仕様車「プライム エディション」まで約11年間に渡って販売され、シリーズ累計で約82,000台以上を販売している。
私は「ニュービートル」の初期ロット(右ハンドル第一便)から、ファイナルモデルの「プライム エディション」まで都合5台も乗り継いだわけだが、「ニュービートル」と比較し、真面目で暗いイメージの「ザ ビートル」には全く興味が沸かず、愛車に迎えることはなかった。まぁ興味のない方にとって、どちらも同じようなクルマだったかも知れないが....。
今後も”See You The Beetle キャンペーン”が続くようだが、どうせならMTモデルやディーゼルエンジン搭載モデルを導入するくらいの気合を見せてほしい。

↓ニュービートルの初期モデル。こっちの方が好きだな....。
Posted at 2018/02/04 16:22:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | フォルクスワーゲン関連 | クルマ
2017年11月09日 イイね!

[ニューモデル]VW・アルテオン 新フラッグシップは5ドアのファストバック  

[ニューモデル]VW・アルテオン 新フラッグシップは5ドアのファストバック  VWは日本における新たなフラッグシップモデルとなる新型 「Arteon(アルテオン ) 」を発売した。
グレードは、「R-Line 4MOTION」と「R-Line 4MOTION Advance」の全 2 グレード。ボディカラーは新色のチリレッドメタリックを含む全 6 色を展開。価格は「R-Line 4MOTION」が549万円、「R-Line 4MOTION Advance」が 599万円となる。「パサートCC」もしくは「CC」と呼ばれたモデルの後継。
一見すると最近流行りのスタイリッシュセダンの様にも見えるが、実際は5ドアのファストバックボディである。「セダンの快適性、ステーションワゴンの機能性、クーペのスタイリッシュさ」を兼ね備えたとメーカーは説明する。
ボディサイズは全長4865mm全幅1875mm全高1435mmでホイルベースは2835mm。車重は1700kg。堂々たるサイズのクルマである。
パワートレーンは2.0LのTSIエンジンを搭載し、280PS/5600-6500rpm 35.7kg-m/1700-5600rpmを発揮する。ミッションは「Golf R」に初めて搭載された湿式の7 速DSGを採用。駆動方式は全車4WD(4MOTION)。JC08モード燃費は13.3km/Lである。
写真は先日の東京モーターショー2017に展示されていた際のモノだが、かなり大柄なボディとVWらしからぬ(?)獰猛なフロントフェイスのお陰で迫力はかなりなもの。但し、デザインは中国市場が好みそうな大陸的センスだと思うのだが、どうだろうか。
身内かつ同セグメントのアウディ「A5 Sportback 2.0 TFSI quattro sport」が686万円だから、新型 「アルテオン」はお買い得という解釈かもしれないが、VWのブランドイメージから見ればかなり強気な値付け。「パサートCC」もセールス的には大苦戦していたから、新型 「アルテオン」がバンバン売れるとは思えない。せめて、この価格でディーゼルエンジンを導入するか、398万円くらいでFFのエントリーモデルが導入されていればもう少し話題性も高まりそうなものだが...。インテリアも「パサート」と変わり映えが無く、フラッグシップの風格には欠ける印象だ。
このクルマは後にシューティングブレークが追加されるという噂もある。ポルシェ「パナメーラ」のスポーツツーリスモは結構カッコイイと思うので、新型 「アルテオン」も期待しておこう。


Posted at 2017/11/09 23:42:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | フォルクスワーゲン関連 | クルマ
2017年01月28日 イイね!

[フルモデルチェンジ]VW・ティグアン MQBプラットホームのSUV

[フルモデルチェンジ]VW・ティグアン MQBプラットホームのSUVVWのSUV「ティグアン」がフルモデルチェンジした。初代は割と長寿モデルになった。日本市場では2008年9月の導入だったから、約8.5年が経過。初代「ティグアン」は、累計280万台以上をワールドワイドで販売したヒットモデルだが、日本では累計約1.5万台と低調だった。まぁ日本車のライバルが多いセグメントだから、知名度・ブランド力・価格設定・商品力のどれもが初代「ティグアン」は元来VW贔屓の私にも中途半端に見えた。乗ればそれなりに説得力のあるクルマだったと記憶しているが....。
さて、2代目「ティグアン」について。今後モデル追加があるだろうが、今回の初期モデルは全車FF(2WD)で6速DSG。エンジンは1.4L-TSIで150ps/5000-6000rpm 25.5kg-m/1500-3500rpmを発揮する。車重は1540~1570kgあるから、必要充分なスペックだろう。しかし、このタイミングでもクリーンディーゼル(TDI)を輸入しないVGJにガッカリ。未だVWのディーゼル排気ガス偽装問題は記憶に新しく、ネガティブなイメージを払拭出来ていない。さりとて逃げ回っているだけで良いのだろうか。
新型「ティグアン」の価格設定にも驚いている。ベースグレードの「TSI Comfortline」は360万円だが、肝心の安全装備などが多数削られていてむしろ割高。実質的に「TSI Highline」の432.2万円がエントリーモデルだろう。
正直、惚れ惚れするほどスタイリッシュでもなく、驚くほどパワフルでもなく、取り立てて特徴のないFFのガソリンSUVとして極めて高価。本来200万円台のクルマだろう。輸入車でライバルを探すならBMW「X1」やメルセデス「GLA」により魅力を感じるし、マツダ「CX-5」なら2.2Lディーゼル+AWDの最上級グレードが買える。正直、新型「ティグアン」がマツダ「CX-5」に勝るポイントを見い出せない。VGJの勘違いマーケティングはいつまで続くのかと辟易している。
ちなみに、北米で「ティグアン」は2.0Lターボエンジン+4WDの「S with 4MOTION」が$26,970~で販売されている。(現時点で北米は先代モデル)日本円換算で約310万円。先代「ティグアン」の日本仕様(最終モデル)は「2.0TSI Leistung 4MOTION」が419.9万円だったから、100万円以上の差がある。これはVWに限った話ではないが、その差分を払う価値のあるモデルなのか見極める必要がある。10~15年前はVW車にその価値相当のアドバンテージを感じたものだが、現在そのオーラが無く残念。

Posted at 2017/01/28 01:25:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | フォルクスワーゲン関連 | クルマ

プロフィール

「[整備] #ジムニー ラゲッジフラットボックス制作 http://minkara.carview.co.jp/userid/177731/car/2280074/4001872/note.aspx
何シテル?   11/25 15:03
Instagram開設しました: ezoflat Twitter運用中:ezoflat クルマとカメラが大好きで布袋寅泰を崇拝するヤツです。12年ぶりに地元...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

ファン

182 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 2シリーズ アクティブツアラー BMW 2シリーズ アクティブツアラー
26台目 「乗れて・積めて・走れて・屋根が開くクルマ」をテーマに色々探し、試乗した結果辿 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
24台目の愛車として1.5Lディーゼルの「デミオ」を選択。もう15年以上前からVWのTD ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
25台目 ずっと欲しいと思いながらも躊躇していたジムニーをようやく迎えることが出来た。2 ...
ホンダ S660 ホンダ S660
23台目 東京モーターショーにコンセプトカーとして展示されていた時から「買おう」と決めて ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.