• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ezoflatのブログ一覧

2008年09月19日 イイね!

[ゴミ箱から復活]三菱・トッポ

[ゴミ箱から復活]三菱・トッポ三菱自動車はトッポを復活させる。「ミニカトッポ」に始まるトッポの歴史は1990年にまで遡る。スズキ・ワゴンRが1993年の発売だったから、トールボーイ軽自動車の金脈を最初に掘り始めたのは三菱と言える。(しかし、大金脈を掘り当てたのはスズキ)ミニカトッポで2世代の後、軽規格改正にあわせて1998年に「トッポBJ」が誕生。それまでのファニーな雰囲気からゴツゴツとした雰囲気(ガンダムルック?)に代わり人気失速。2001年にはeKワゴンがデビューし、「トッポBJ」は2004年5月にひっそりと生産中止となった。.....時は流れて「トッポ復活」。本当に復活。何故なら、2004年に生産中止になったトッポBJのボディパネルが再利用されているから。リバイバルと言うよりはゴミ箱から拾ってきたと言うべきか。さすがに驚きましたね。話は複雑になるが、初代のeKワゴンはトッポBJをベースに作られた。そして2006年に発売された現行型eKワゴンもメカニズムは初代を踏襲。要するに、基本的には98年の規格改正時から変わっていない(必要な改良は適宜行われているが)。だから今回の復活も可能と..。低価格であることが必須の軽自動車であるならば、こういう荒技も許容されるのかも知れないが、ベースモデルの「S」(3AT/2WD)93.4万円~「ROADEST T」(4AT/4WD)156.9万円という価格帯から見ても驚くほどの価格メリットは感じない。メーカーにとっては開発費を安く済ませることで利幅が拡がるかもしれないが、少し消費者を軽視しすぎてはいないだろうか。販売目標台数は2,000台/月らしいが、こういうクルマは売れて欲しくないですね。せめてeKワゴンでトライしたスライドドアを採用するとか、リヤビューをeKスポーツから拝借して来たフロントマスクと整合性を取れる様にアレンジするとか、ミッションはCVTにする等の努力が全く感じられない。三菱自動車にはメーカーとしてのプライドが無いのか。とにかく驚くしかない。
Posted at 2008/09/19 17:39:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ

プロフィール

「[整備] #ジムニー ラゲッジフラットボックス制作 http://minkara.carview.co.jp/userid/177731/car/2280074/4001872/note.aspx
何シテル?   11/25 15:03
クルマとカメラが大好きで布袋寅泰を崇拝するヤツです。12年ぶりに地元北海道へ帰還した平凡なサラリーマン。コメントはお気軽に。 Twitter運用中:ezofl...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2008/9 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

愛車一覧

BMW 2シリーズ アクティブツアラー BMW 2シリーズ アクティブツアラー
26台目 「乗れて・積めて・走れて・屋根が開くクルマ」をテーマに色々探し、試乗した結果辿 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
25台目 ずっと欲しいと思いながらも躊躇していたジムニーをようやく迎えることが出来た。2 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
24台目の愛車として1.5Lディーゼルの「デミオ」を選択。もう15年以上前からVWのTD ...
ホンダ S660 ホンダ S660
23台目 東京モーターショーにコンセプトカーとして展示されていた時から「買おう」と決めて ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.