• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ezoflatのブログ一覧

2013年10月29日 イイね!

[東京モーターショー2013] スズキ・ハスラー ついに軽SUVが登場。

[東京モーターショー2013] スズキ・ハスラー ついに軽SUVが登場。スズキは第43回東京モーターショー2013の出展概要を発表した。その中で、私の興味を惹いたのは市販予定車の「ハスラー」である。ジムニー/パジェロミニ/テリオスキッドの軽クロカン3台が存在した時代は終わり、現在ではジムニーのみが現役という寂しい状態。しかし、世界を見渡せばSUVは正に時代のど真ん中ストレート。ジムニーの様な本格的(縦置きエンジン・フルフレーム・直結4WD....)クロカンモデルを必要とする層は一定数存在するだろうが、北海道を初めとする降雪地帯で生活する人間にとって、日常で乗り回すにはヘビーに過ぎる。しかし、除雪の悪い路面等である程度の車高が欲しいと言うニーズは結構有ると思う。更に、寸法に限りの有る軽自動車において縦置きエンジンはキャビンスペースを圧迫する。ジムニー/パジェロミニが3ドアのみ。テリオスキッドが無理矢理(?)5ドアを実現していたが、お世辞にも快適な後席では無かった。普通車の世界では乗用車のプラットホームを利用した横置きエンジン+FFベースのSUVなんて珍しくも何ともない。私見だが、このジャンルは今後軽自動車及び、1.0~1.5Lクラスのコンパクトカーセグメントでも拡がりを見せていくと思う。
さて、「ハスラー」について現時点では情報が少ないが、ワゴンR/スペーシア等と共通のプラットホームを使う事で、エンジンは新世代の「R06A」を搭載し、スズキが積極的に展開中の「エネチャージ」「エコクール」や、衝突回避支援システム「レーダーブレーキサポート」が搭載される。更に、AWD車には空転するタイヤにブレーキをかけて走破性を高める「グリップコントロール」や、降坂走行を補助する「ヒルディセントコントロール」を装備し、本格的なAWD性能を発揮する。このあたりはジムニー・エスクード等SUVの歴史とプライドを感じさせる部分。もちろん、燃費についてもジムニーとは比較にならない数値を叩き出す事だろう。
スタイリングはパッと見た感じではトヨタ・FJクルーザーを小型化したようにも見えるが、ボディの基本部分は比較的オーソドックスなトールワゴンでも有る。前後席及びラゲッジスペースの確保も問題ないだろう。インテリアもボディ同色のパネルが目を惹くが、ベースは最近のスズキらしい仕上がりで驚きは無い。共通部品も多数見える。価格次第では案外ヒットするかもね。個人的にも、コペンのセカンドとして最適なモデルかも知れない。願わくばMT車もあると良いのだが、インパネ形状からして期待薄だろうね。
「ハスラー」を見ているとダイハツ「ネイキッド」(1999-2004)を思い出した。残念ながらヒットモデルにはならなかったが、現在でも根強い人気がある。身内ならスズキ「Kei」を挙げるべきか。どちらも最低地上高を180mm確保していた。
東京モーターショーには、更なるボディ展開のスタディモデルとして「ハスラークーペ」も出展される。クーペと言っても5ドアボディであるが、ルーフはなだらかに傾斜しているから、レンジローバー・イヴォーグの様なイメージだろうか。こちらも楽しみにしたい。
モーターショー現地写真追加(11/24)







↓このクルマの元祖はコイツかな。
Posted at 2013/10/29 23:00:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2013年10月29日 イイね!

[東京モーターショー2013] ホンダ・S660 ついに登場。ビート復活へ

[東京モーターショー2013] ホンダ・S660 ついに登場。ビート復活へホンダは第43回東京モーターショー2013の出展概要を発表した。新型軽自動車「N WGN」やグローバルコンパクトシリーズ第2弾として「URBAN SUV CONCEPT」の市販予定モデルも興味深いところであるが、やはり軽オープンスポーツモデル「Honda S660 CONCEPT」が目玉だろう。残念ながら、次期NSXについて東京では新しいニュースは無く「NSX CONCEPT」のままである。
期待の「Honda S660 CONCEPT」は90年代前半に人気を博した「ビート」の再来とも言うべき軽スポーツ。このクルマの復活を待っていたファンも多いだろう。私は、若い頃にスズキ・カプチーノを所有し、現在はダイハツ・コペンを所有しているだけに、このジャンルは大好物。残念ながらビートを愛車に迎える事は出来なかったため、新型には多大な期待をしているし、恐らく購入する事になるだろう。(登場と同時に買うかどうかは別として)現段階では、軽自動車である事は明確であるが、あまり多くの情報は無い。現実的に考えれば、Nシリーズで搭載する3気筒ターボエンジンをミッドシップに搭載し、CVTとMTを用意するのでは無いか。ルーフの開閉方法も現時点では不明。今度は発売後も改良手を止めず、ロングセラーモデルとなる事に期待したい。
あくまで私見であるが、雑誌等でも「ビートはミッドシップであるべき」とか「ターボエンジンは邪道で超高回転型のNAであるべき」との論調も散見されるが、買わないヤツほど色々と文句を言うものだ。現実として、ムーヴとプラットホームを共有するFFのコペンが結果的に軽オープンスポーツとしては生産年数・台数共にトップで有る事の要因は走りでは無く実用性だと思う。日本国内で複数台保有が前提のモデルでは販売台数は見込めない。私もコペンを購入する際に、セカンドカーの購入も考えていたが、結局コペン1台で事足りてしまっている。しかし、旧規格サイズが前提のビート・カプチーノでは無理だったし、新型「S660」もミッドシップレイアウトならば、構造的なハンデを負う。どの程度ラゲッジスペースを確保出来るか注目したい。
個人的な評価として、「S660」のネーミングは往年の名車「S360」「S500・600・800」等を連想させるが、スタイリングは懐古趣味では無く斬新な未来的テイストで構成した事を評価したい。イエローのボディなら「ビート」の方が似ているかも。最近忘れかけているアクセルを全開にしてクルマを走らせる喜びをこのクルマで広めて欲しいものだ。なんにしても、発売が楽しみなクルマである。


Posted at 2013/10/29 21:38:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2013年10月20日 イイね!

[フルモデルチェンジ]マツダ・アクセラ 先行展示イベントへGo!!

[フルモデルチェンジ]マツダ・アクセラ 先行展示イベントへGo!!個人的には今年最大のニュースと言うべき、マツダ・アクセラのフルモデルチェンジ。既に10/10~予約が開始されている。全国6都市において、先行展示イベントが開催されているが、幸運にも仙台が含まれていたので早速新型アクセラと対面してきた。まぁ既に一部の販売店では先行して展示車・試乗車の用意もある様だ。機会をみつけて、試乗も是非したいと思っている。
仙台駅近くのビル1階に展示されていた新型アクセラは、写真で見ていたよりも躍動感のあるスタイリングが美しく、とても印象的で有った。ゴルフもインプレッサも合理的なパッケージに加え、スタイリングは決して悪くはないが、一目で惚れ込む様なクルマでは無い。しかし、新型アクセラはこのスタイリングに惚れ込んだが最期。他はすべて許せてしまうと感じる人が多数出るのでは無いか。もちろん、中身もマツダ渾身の力作であるから、衝動買いしても後悔する事は無いだろう。アルファロメオのバッヂが貼られていたら、大抵の人は信じてしまうのでは無いか。やはり、マツダのデザイン力は大したものだと思う。しいて言うならば、日本のナンバープレートがグリル内に配置されるのはイマイチか。
仙台での展示車は2台で、ハッチバックの2.0L(G)とセダンのハイブリッド。私はハイブリッドに興味が無いので、ハッチバックの方に集中。不思議と、大ヒットした初代FFファミリアの雰囲気を感じた(特に後ろ姿)。全長4460mm/全幅1795mmのボディは流石にコンパクトとは言えない。全幅はゴルフと同等だが、全長は約200mmもアクセラの方がロング。その分、流麗なロングノーズが実現されていると理解すべきだろうが...。主戦場は欧州。Cセグメントで欧州のライバル勢と対等に真正面から渡り合える日本車はアクセラのみであろう。しかし、日本での価格はゴルフと比較して大いにリーズナブル。1.5Lの上級グレード「15S」(FF/6AT)は184.8万円。一方で、ゴルフのベースグレード「1.2L TSI Trendline」は249万円であるから、価格差は64.2万円にも及ぶ。今度のアクセラはこれまで以上にヒットするかも知れないね。
インテリアもグンと品質感が増している。その点において、オーリスやインプレッサはライバルでは無い。更に、今時珍しく、低めのポジションで座らせるスポーティな着座位置と、2DINのカーナビを廃した事で久しぶりに、低くてスッキリしたインパネに軽い感動すら感じた。自慢のマツダ・コネクトは試していないが、ベースモデルを除いて標準装備となっている事は褒められるべきだろう。
今のところ愛車のコペンを非常に気に入っており、次期愛車について具体的な検討は何も進んでいない状態だが、新型アクセラは間違いなく有力候補になるだろうね。グレードは1.5Lの「15S」6MTでキマリ。

Posted at 2013/10/20 23:56:10 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2013年10月13日 イイね!

[モデル廃止]トヨタ・プロボックス/サクシード 5ナンバーモデルを廃止。 

[モデル廃止]トヨタ・プロボックス/サクシード 5ナンバーモデルを廃止。 残念なニュースであるが、トヨタは「プロボックス」「サクシード」の自家用登録の5ナンバーモデルを廃止した。貨物登録の4ナンバーモデルは引き続き販売される。「プロボックス」「サクシード」はバン専用設計モデルで、カローラバン・カルディナバンの後継として2002年7月に登場した。通常ならば、乗用車のベースモデルが有って、そこから色々剥ぎ取ったモデルをバンとして販売するのが通例(日産ウイングロード→ADバン)で有ったが、カローラ・フィールダーを乗用専用モデルに仕立てると同時に、貨物登録のバンモデルとして専用に設計された「プロボックス」「サクシード」を用意する芸当は、体力に余裕のあるトヨタにしか出来ない事であろう。結果として、登場から11年が経過した今となっても、「プロボックス」「サクシード」の魅力は衰えていない。もはや、傑作・名車と言っても良いだろう。そんな貨物専用車の魅力(広い荷室)を、個人ユースでも享受出来る5ナンバーモデルはドレスアップベース等も含め、渋いクルマ好きに愛されていた。まぁ法制化された横滑り防止装置の設定(継続生産車も2014年10月1日以降に製作される自動車に対して装着が義務付けられた)や、5ナンバーワゴンの販売をカローラフィールダーに集中させたいトヨタの思惑もあるだろうが、本当にモデル廃止が惜しい。私もセカンドカー構想を練るときは必ず候補に挙がる1台であった。
そろそろ、「プロボックス」「サクシード」のフルモデルチェンジも近いとみるべきだろうか。是非、クリーンディーゼルエンジンの復活を期待したいところである。
ちなみに、私の職場には「トヨタ・プロボックス」「日産・ADバン」「ホンダ・パートナー」の3種類(全て4ナンバー車)のボンネットバンが在籍しているが、私がステアリングを握る場合は「パートナー」の鍵を取る事が多い。贅沢にも電子制御5速オートマチックが奢られている事と、ホンダらしくエンジンの吹け上がりがスムーズな事が魅力。しかし、「プロボックス」の方がクルマの四隅がハッキリと把握出来るし、直進安定性に優れる。まぁどちらも良いクルマと言える。しかし、「ADバン」は絶対に乗りたくない。すべてにおいてライバルの後塵を拝している。事実、「ADバン」の走行距離が圧倒的に伸びておらず、いつも最後まで車庫に眠っている。皆クルマ好きでなくとも、本質は理解しているようだ。

↓カタログは共に最近入手した最終版(12年10月版)。後席ヘッドレストが3名分になっている。

Posted at 2013/10/13 19:14:10 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2013年10月13日 イイね!

[一部改良]ホンダ・CR-Z 新たに2トーンカラースタイルを追加

[一部改良]ホンダ・CR-Z 新たに2トーンカラースタイルを追加ホンダは「CR-Z」に小幅な一部改良を実施した。トップグレードの「α・Master label」に新たに「2トーンカラースタイル」を追加設定した。流麗なフォルムを引き締めて見せるクリスタルブラック・パールに塗られたルーフ・テールゲート・ドアミラーを採用。4種類(プレミアムホワイト・パール/ポリッシュドメタル・メタリック/ミラノレッド/プレミアムイエロー・パールII)から選択可能なボディカラーとのコントラストにより、個性を際立たせる。
その他、専用のシート表皮やドアライニング・本革巻ステアリング等を装備するほか、16インチアルミも専用色の切削ブラックへ変更している。また、ナビ装着用スペシャルパッケージを全グレードにメーカーオプションとして追加している。
既に「CR-Z」は旬が過ぎたクルマと言うべきか、市場の関心は低くなってしまった感がある。価格帯がトヨタ86/スバルBRZとバッティングしてしまうのもマイナス材料だった。やはり、スバルが開発したFRスポーツと言うウンチクがあるライバルに対し、CR-Xの流れを組むとは言え、失敗作「インサイト」のハイブリッドシステムに平凡な1.5Lエンジンを組み合わせた「CR-Z」では厳しい。スポーツカーを欲する人にとって、ハイブリッドシステムは魅力的なデバイスでは無いのだろう。しかし、ホンダは「CR-Z」を小幅ながらも手を入れる事を止めてはいない。これは評価されるべき。過去のホンダはこれが苦手だったと思う。
既に、ホンダ方式のハイブリッドシステムも新型「フィット」でi-DCDを核とする新タイプへ移行してしまった。しかし、新タイプではMTとの組み合わせは今のところ実現していない。3ペダルのハイブリッドモデルが今後もラインナップされる保証は無い。そういう意味では貴重な存在だ。
もはや「CR-Z」に半端な燃費の良さなど期待せず、思いっきり走りに特化した「タイプR」の様なモデルを投入しても良いのでは無いか。ガソリンエンジンを思いっきり高回転型に特化させて、トルクがスカスカな低回転域をモーターでアシストする様な....。もしくは、アッサリとハイブリッドシステムを外し、純粋なガソリンエンジンだけを搭載した手頃な価格の「CR-Z」とか。スイフトスポーツと競合する位の価格帯(160~180万円)ならば、このクルマも輝きそうなモノだ。
個人的には、最近価格がこなれてきた初期型の「CR-Z」(MT限定)を中古で購入して乗るって言うのも面白いかなって思う。後方視界が壊滅的に悪いのは難点であるが。でも、ここまで無視されるほど悪いクルマじゃ無い。「インサイト」も含め、残念な事である。
Posted at 2013/10/13 03:45:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ

プロフィール

「@(ご) コレは私では無いです~。先程同じ場所をチンクで走ってましたが(^o^)」
何シテル?   06/07 19:27
クルマとカメラが大好きで布袋寅泰の音楽を愛聴するヤツです。 随分と長いこと転勤で各地を転戦しましたが、ようやく地元北海道に戻ってきました。 現在はマツダ「ロ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

フィアット フィアット500 C (カブリオレ) フィアット フィアット500 C (カブリオレ)
28台目の愛車。2008年の日本導入以来、何度も試乗をして来たが、なかなかマイカーに迎え ...
マツダ ロードスターRF マツダ ロードスターRF
27台目 ロードスターRFの30周年記念車。一度は落選になるも、次点(キャンセル分の繰上 ...
BMW 2シリーズ アクティブツアラー BMW 2シリーズ アクティブツアラー
26台目 「乗れて・積めて・走れて・屋根が開くクルマ」をテーマに色々探し、試乗した結果辿 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
25台目 ずっと欲しいと思いながらも躊躇していたジムニーをようやく迎えることが出来た。2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.