• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

takechicoのブログ一覧

2018年05月08日 イイね!

黄砂に吹かれて、あるいは撮り鉄とプチオフについて。

この記事は、フォーカスMK3のプチオフについて書いています。

GWの後半は愛知方面へ。中央西線や太多線、高山本線あたりで撮り鉄なんぞに興じておりました。









移動で乗ったJR東海の車両、どれもこれも窓が汚れていて「窓ぐらい定期的に洗えばいいのに…」と思っていたんだが、滞在中、屋外のパーキングに止めてあった愛車を見ると黄砂でドロドロになっていた。洗ってどうこうという話ではなかったようで。

その黄砂まみれのフォーカスMk3で向かうはトヨタ博物館。同じくフォーカスMk3に乗るmasatronさんのお誘いでプチオフ会を行うことに。開場時間直前に現地に到着したが入口前には行列が。凄いな。



戦前の所謂クラシックカーにはあまり興味がないというか、違いが分からない男だったりするのだがこうしてズラーッと並んでいるとやはり色々と違いがあって面白い。



「イギリス人にとってのフォード・モデルTと呼ばれた」(解説パネルより)オースチン・セブン“チャミー”。



「『フランスのヘンリー・フォードでありたい』と語ったアンドレ・シトロエンのヒット作」(同)シトロエン5CVタイプC3。

徹底的に実用本位なオースチンと、どことなくあかぬけたシトロエン。同じ1920年代前半の大衆車なのだが、お国柄というものが滲み出ている、そんな印象。

フォード車もT型やマスタングの他に色々なモデルが。



モデルA。



カスタム 4ドアセダン。



ファルコン。

サラッと回ったつもりだったのだが気が付けば1時間半経っていた。

トヨタ博物館を後にし、masatronさんが贔屓にしているラーメン店で昼食。





むやみに味が濃かったり甘味旨味が強調されたりしていない、飽きない味わいのラーメン。美味しゅうございました。

その後、電車に乗って愛岐トンネル群へ。愛岐トンネル群についてはコチラを参照。



絶景かな、絶景かな。















公開しているのが春秋の年2回ということもあり多くの人が訪れていた。秋は紅葉が満開だそうで、こちらも見ごたえがあるのではないか。写真はカメラ任せだったが、トンネル内を撮ろうと思ったら一脚ぐらいはあったほうがいいかな。あとトンネル内は暗いので懐中電灯があるとベター。大変良いところなので機会があれば是非ご訪問を。

masatronさん、大変お世話になりました。



愛岐トンネル群の道中にあった売店で購入した地ビール。ピルスナーだというが色や味は濃い目だった。
Posted at 2018/05/08 21:55:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | オフ会 | 日記
2017年11月12日 イイね!

AFFC2017(秋)参加の記。

AJPW(オール・ジャパン・プロレスリング)…もとい、同行二人さん主催のAFFC(アジアン・フォード・ファンクラブ)という名のプチツーリング会というかオフ会の土曜日の部に参加してきた。

集合場所である道の駅福良へ向かう道すがら、アクアを煽りまくる(嘘)同行さんを発見、そのまま合流。



続いて既に到着していたSTSさん、YBT340さんと合流、そしておろして間もないカワサキで登場したcitrobonさんも到着し、道の駅福良や若人の広場、鳴門ウチノ海総合公園でゆる~く過ごす。

そのあたりのことは同行さんのフォトアルバムやYBT340さんのレポートに詳しいのでそちらをご覧いただければ。



STSさんのヴォクスホール・コルサVXR。ヴォクスホールのエンブレム、初めてナマで見た気がする。



道の駅福良でびわソフトをいただく。マイルドな味わいで美味しゅうございました。

ウチノ海総合公園でYBT340さんと別れた後、同行さん、STSさん、citrobonさんと入れ替わりで合流したケイ3さん、そして私の4人で夜の徳島の街へ繰り出すことに。



ケイ3さんのフィエスタSTを背後から。

どうやら某学会と日程がバッティングしてしまったようで、何軒か店を覗いてみたがいずれも満席、仕方なしに入った安居酒屋がこれまた見事に値段なりの店。

さすがにこの店が徳島の実力だと思われては困るので2軒目で切り札を投入。うどん文化圏の徳島にあって、数少ない真っ当な蕎麦を食わせる店。この店、酒の肴も充実しているのではじめからここに来れたらよかったのだが、開店が夜8時と遅いんですわ。



どうですかこのつやつやのせいろ蕎麦。

昼は海鮮丼に並々ならぬ執念を見せていた某氏、釜揚げ蕎麦を食べた後にせいろの大盛りを追加注文。ご満足いただけたようで何より。

しばしクルマ談義に花を咲かせ、飲みの締めに蕎麦を食べにくる客が増えてきたところで店を出て解散。楽しい時間を過ごせた。

今回お会いできた皆様、ありがとうございました。
Posted at 2017/11/12 17:11:35 | コメント(2) | トラックバック(1) | オフ会 | 日記
2017年02月18日 イイね!

2017徳島輸入車ショウ。

大阪オートメッセネタは1回お休み。

同行二人さんが香川から徳島輸入車ショウを見に来られるということなので、お会いしましょうかねー、という話になり大体の待ち合わせ時間を決め、会場のアスティとくしまへ。



駐車場に入ると、同行さんのフィエスタMk6と並んでなんか見覚えのあるフォーカスMk3.5が。あれー?

同「偶然citrobonさんに会いました」

なんでもほぼ同じタイミングで駐車場に入ったらしい。

私「てっきり同行さんとcitrobonさんで待ち合わせでもしていたのかと」
同「takechicoさんとcitrobonさんの間でここで会うという話になっていたのかと」

というワケで、図らずもプチオフ会の様相に。会場内の展示車をひととおり見終えた後は会場近くのカフェで美味しいケーキをいただきつつ、クルマの話題で和やかに盛り上がった。



「○○○(某メーカー)のクルマてどれもこれもパワステがことごとくクソなんですよ」
「○○○○(某国産車)てペダルのオフセットがヒドいらしいですよ」
「○○(某車)はヒドい出来でしたねえ~」

和やかに盛り上がりました。

ここで終わってもいいのだが、せっかくなので輸入車ショウのことにも触れておこう。

テスラ・モデルX。



リアの跳ね上げ式ドアがインパクト大。途中、音楽に合わせてこのドアを上げ下げするパフォーマンスを敢行。ちょっとウケた。

ジープ徳島。



長らく徳島ではクライスラー/ジープの販売店がなかった(その割によく見かけるのだが…)が、神戸の会社が新たにジープのディーラーを開設する運びとなり、今回のショウにもブースを出展していた。

上の写真にもチラッと写っているレネゲードをはじめ、グランドチェロキーやチェロキー、ラングラー等を展示。



興味があるのはコチラのチェロキー(買えないけど)。試乗できるといいなあ。
Posted at 2017/02/18 22:43:30 | コメント(3) | トラックバック(1) | オフ会 | 日記
2016年09月18日 イイね!

ゆるぐだ(?)ツーリング会レポ&EFM2016お知らせ。

17日はかねてからの予告通り、YBT290さん主催の【ゆるぐだ、ただのツーリング!】に参加してきた。

9時半に合流予定だったが、早い時間に出発準備ができてしまったので、早めに家を出て阿波池田駅で少し撮り鉄。アンパンマン列車を撮影。どうでもいいが、撮り鉄をする日はなぜか天気に恵まれないことが多い。



その後、参加メンバーと合流。ここからツーリングのレポを…と思ったのだが、幹事を務めたYBT290さんが詳細なレポート(しかもフォーカスMk3前期型後期型のツーショット満載)を、同行二人さんが膨大な量の写真をアップして下さっており、そちらを見ていただければおおよその雰囲気は伝わると思うので、ここでは補足的な小ネタをいくつか箇条書きで。

・参加車8台(途中離脱含む)中5台がフォード車。

・citrobonさんのフォーカスMk3後期型、エコブーストがクルマ好きの興味をかきたてるのか、レア物件なこともあいまって意外な(?)人気。2リッターNA前期型の私、ちょっとジェラシー。

・四国自動車博物館へ向かう道中、ウイニングブルーのフォーカスMk3前期型がドライブインの駐車場に止まっているのを発見。さすがに走行中なので写真は撮れず。

・フォーカスMk3、前期型と後期型の走りを後ろから追走しつつ観察していた同行氏曰く「アシの動きが違いますね」。

・南国市内の国道32号線を走っていて見つけた看板。小さなことからこつこつと。なんでこんなところに…と思ったら生まれが高知なのだそうで。



・行列ができていたひばり食堂での昼食を断念し、ラーメンを食べるべくWest-Westへと引き返す道中、先導のエスコート・コスワースと私の後ろを走るWRXの「サーキットもイケまっせ!」コンビに挟まれた私、前を走るトラックが消えてにわかに速度を上げるエスコートと車間距離を煽り気味に詰めてくるWRXにつられてメチャクチャ飛ばした夢を見た気がします。全然ゆるぐだじゃねえ。しかしドラレコに映像が残っていなかったのできっと夢です。

・ラーメンを食べながらYBT290さんによるエスコート維持の苦労話を聞く。旧車の維持には並々ならぬ情熱というか執念というか、とにかくエネルギーのいるものなのだなあ、と。

・温泉の駐車場に6台目のフォード車が。


予定通りいかないところもありましたがそれもイベントの良いスパイス。参加した皆様、お世話になりました。楽しかったです。

さて次回はひばり食堂リベンジかはたまた尾道ラーメンか。あるいはこのイベントでの再会となるか。

EFM2016の開催日決定(ヨーストさんのブログより)


以下、引用~

開催日時:2016年11月6日(日) 9時~

場所:MAZDAターンパイク箱根 大観山スカイラウンジ駐車場(何か所か駐車場がありますが、どれになるかは未定)

~引用終わり

場所は未定とありますが、どうやら大観山駐車場のエリアFになりそう。「富士山や芦ノ湖を一望できる」(鍵括弧内はMAZDAターンパイク公式サイトより)場所だそう。

私自身はちょうど10月いっぱいで大きめの仕事が終わるので、リフレッシュがてら関東まで遠征してみるのもいいかな、と思っております。まだ確実なことは言えないけど、ま、いけるっしょ。単純にターンパイクを走ってみたいというのもあったり。

参加できそうなら小田原での前夜祭から参加すると思います。難しい話は一切できませんが、よろしくお願いします。


Posted at 2016/09/18 16:40:56 | コメント(2) | トラックバック(1) | オフ会 | 日記
2015年09月24日 イイね!

プチオフ。

好天に恵まれた9月23日、同行二人さんとnaokichi-1.0Tさんを迎え、フォード徳島にてプチオフ会が開催された。主目的はマイナーチェンジで2.0デュラテックから1.5エコブーストにエンジンが換装されたほか、内外装の変更を受けたフォーカスの試乗である。



参加車一覧&新型フォーカスwithエコスポーツ。

ディーラーの担当氏も交え、最後にやってきたnaokichi-1.0Tフィエスタのノーマルからの変わりっぷりについて色々話をし(担当氏が塗装されたワイパーウォッシャーに気付いたことに歓声を上げたり)、担当氏含む4名乗車で試乗へ出発。往路は同行さんが運転。



試乗中の細かなやりとりは正確に覚えていないし、それらを羅列しても読みづらいだけなので割愛するが、フォーカスのフィーリングについて「初代フォーカスに似ている」という声が。あと「マイチェンしてかなり変わった」とも。「マイチェン前と全然違う」というのは担当氏も言っていた。

鳴門スカイラインが休日で交通量が多いため、途中から本線を外れて谷あいや丘越えのワインディングを走行。海沿いでいい感じの撮影ポイントがあり、即席の撮影会を開催。



美しい青い海をバックに1枚。



復路はnaokichi-1.0Tさんが運転。意外に?広い後席の乗り心地や4人乗車で割と路面の荒いワインディングを走っても平穏が保たれるスタビリティの高さに感心したりしつつ、1時間強の試乗終了。終始後席に座っていた担当氏曰く「ワインディングでも全然安心して座っていられた」「こういうシチュエーションだとクルマ酔いしやすいんですけど全然酔わなかった」そう(それ以外の3名は後席や助手席に移動しながら試乗してました)。

ディーラー帰投後、飲み物をいただきつつ雑談。ST入れろとかプライシングが…とか、あとフィエスタがいかに素敵であるかとか、欧州フォード乗りが複数名集まったら絶対そういう話になるよね的トークをして、ここでnaokichi-1.0Tさんは離脱。

ディーラーを後にし、時間に余裕があった同行さんと私でプチ相互試乗開催。初めて運転したフィエスタMk6、実用車然としたルックスと、踏み込むとレッドゾーンまで綺麗に吹け上がるエンジンのギャップに驚く。恐ろしく活発なクルマである。現行フィエスタも過剰なほどの元気の良さを感じさせるクルマだが、フィエスタというのはこういうキャラクターのクルマなのだな、と。

その後、公園の駐車場で同行さんのこだわりオーディオシステムを堪能し、メンテナンスや音振対策やNAエンジンの良さやら、色んな話を窺って解散。勉強になりました。



自分のクルマを自分以外の人間が運転しているのを見るのはなかなかに貴重な光景でした。

++

で、ですね。

「オマエは乗ってないんかい!」という突っ込みが入りそうだが、実は私、19日に既に乗っております。もしかすると日本で一番最初に新型フォーカスを公道で運転した素人かも知れん。

送られてきたカタログを眺めているうちにどんどん盛り上がってしまい、なんならハンコと書類持って行こうか?ぐらいの勢いで試乗に臨んだワケですが、結果として買い換えは見送りました。試乗の感想や買い換えを見送った理由についてはまた次回のエントリにて。
Posted at 2015/09/24 21:30:01 | コメント(3) | トラックバック(1) | オフ会 | 日記

プロフィール

「@citrobon 2輪に乗ってる方には常識でしょうけど、点灯のココロは視認性じゃなくて被視認性の向上なんですよね。これを自動車学校でしっかり教えにゃならんと思います。」
何シテル?   02/26 19:18
四国在住です。 2003年式の初代シトロエンC3から2013年4月に3代目フォード・フォーカスに乗り換えました。 どマイナーな音楽のレビューを書いて...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
デビュー前に試乗して注文しました。軽やかなハンドリングと斜め後ろからのマッシヴなスタイリ ...
シトロエン C3 シトロエン C3
2003年2月から2013年4月まで乗っていました。雑誌で見て一目惚れしました。 高速 ...
マツダ エチュード マツダ エチュード
大学時代に友人のつてで車検切れだった個体をナンバー取得に必要な費用のみ出して譲り受けたも ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.