• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

takechicoのブログ一覧

2015年12月26日 イイね!

フォード・クーガに乗ってきた(通算3度目)。



そろそろオイル交換の頃合いになり、年明けにでもと思っていたのだが、先日の給油時に左後輪の空気圧がやけに下がっていたのが少し気になったので、年末年始の帰省前にタイヤチェックも兼ねてオイル交換をしてもらうことに。その待ち時間を利用してクーガのタイタニアムに乗せてもらった。2リッターエコブースト、242ps/35.2kg-mのハイパワー版。

過去2回(1.6エコブー/1.5エコブー)の試乗時も乗り心地の良さであるとか、運転していて疲れないところなどに好感を持ったが、パワーについては、これでも十分ではあったが「もっとパワーがあってもいいのに」と思っていた、というのが正直なところ。

で、2.0エコブーはその欲求不満を見事に解消してくれている。停止状態からの加速は出だしこそ1.5と大差ない感じだが、追い越しでアクセルを踏み増ししたときの、こちらの意思に極めて忠実な反応がもう気持ちいいなんてものではない。チョーはやーい。

担当氏が「takechicoさんのフォーカスと感じが似てません?」と言っていたが、確かにあまりターボっぽくないんよね。NAのまま、パワー4割増し、トルク7割増しという感じ。ムキになってアクセルを踏み込む必要がないので、アップダウンのあるワイディングも楽チン。

この2.0エコブー、エクスプローラーで乗った時もビックリしたが、300kgほど軽いクーガだと更に魅力的であった。そこそこ流れる片側3車線の国道→ワインディング→片側1車線の国道(やや渋滞あり)というシチュエーションにおいて、乗っていて嫌なところが何一つなかった。このクルマは素晴らしい。何時間でも乗っていられそう。

なおこの夏に新しいエンジンに換装されたばかりのクーガだが、来年に内装がマイナーチェンジされ、MyFord Touchが使えるようになる由。今のフォーカスと同じような内装になるのかな。妙なタイミングで小出しに変更を加えているが、一気に全部変えればいいのに…。クーガの北米版、エスケープが2017モデルでフェイスリフトを受けるが、それはまた後になるんだろうか。ようわからん。まあそれはともかく、クーガ・タイタニアムはとても良かった。欲しい。誰か買ってくれ。
Posted at 2015/12/26 21:56:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗 | 日記
2015年12月05日 イイね!

大阪モーターショー。

初日(4日)に行ってまいりました。

色々あってスケジュールに大幅な遅延が生じ、午後1時過ぎには会場に入っているつもりでいたのに、到着したらすでに3時。同時開催の試乗会は取りやめにし(むしろこっちがメインだったんだが…)、モーターショーを1時間半程度で駆け足で見てきた。

一瞥もくれずにスッ飛ばしたメーカーブースもあるので、駆け足で回った中で印象に残ったクルマをいくつか採り上げて、今回のモーターショーの感想としたい。

1.スバル・インプレッサ5ドアコンセプト



リアのドアガラス~Cピラーの処理がまあこんななんで、写真で見たときはDS4っぽさを強く感じたが、実物はさほどでもなく、彫りの深いキャラクターラインや流行りのモチーフをふんだんに採り込んではいるものの、フォルム自体はオーソドックスなCセグ車であった。



カッコいいんじゃないですかね。このまま出てきたら凄いけど、スバルはWRXで盛大にやらかしとるからなあ。そもそも全幅1880mmという時点で「このまんま出てくることはないんだろうな」と。次期インプレッサ、このままはムリにしても、テイストを上手く残して出して欲しい。

2.トヨタ・プリウス

プリウス!プリウス!プリウス!

トヨタブース、ステージ上こそS-FRやC-HRといったコンセプト・モデルが鎮座していた(なお人だかりでほとんど見えず)ものの、フロアには様々なカラーの新型プリウスが置かれてあった。とにかくプリウス推し。他モデル、何が置いてあったかサッパリ覚えてないぞ。しかもその何台も置かれたプリウスそれぞれにそこそこ(平日でしたから)人だかりができているんだ。プリウス凄い。

凄いのだが、このデザインは…。好みの問題もあるのであまりアレコレ言うものでもないが、歴代プリウスのデザインがまがりなりにも「現代的視点から見た21世紀のクルマ」だったのに対し、新型は「1960年代の人が想像した未来のクルマ」みたいな感じがする。新しさよりも珍奇さが先立ってしまうというか。チューブの中を走ってたり、空を飛んでたりしていそうなイメージ。



世界だけでなく日本での販売にも配慮したと思しき全幅(1760mm)がもう少し広ければ、とは思うが、何せフロントライトがこんな造形ですから。来年にはこんなのが道路にあふれるのかと思うと…。マツダだけじゃなく、スバルも頑張れ。



綺麗なお姉さん。彼女、カメラを向けられていなくてもこの顔、この姿勢をキープしていた。こういう仕事もラクじゃないね。

3.ルノー・トゥインゴ



一番興味を引かれたのはコレかなあ。



シートサイズはかなり小ぶりだが、ボディサイズの割にペダル類のオフセットは気にならないレベル。チルトステアリング(テレスコは未確認)までついていて、あらステキじゃないの、と。



リアウインドウの開閉はヒンジ式。



諸元表。リアタイヤ、太いな。

だいたいそんなところで。
Posted at 2015/12/05 23:43:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 遠征 | 日記

プロフィール

「@citrobon 2輪に乗ってる方には常識でしょうけど、点灯のココロは視認性じゃなくて被視認性の向上なんですよね。これを自動車学校でしっかり教えにゃならんと思います。」
何シテル?   02/26 19:18
四国在住です。 2003年式の初代シトロエンC3から2013年4月に3代目フォード・フォーカスに乗り換えました。 どマイナーな音楽のレビューを書いて...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/12 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
デビュー前に試乗して注文しました。軽やかなハンドリングと斜め後ろからのマッシヴなスタイリ ...
シトロエン C3 シトロエン C3
2003年2月から2013年4月まで乗っていました。雑誌で見て一目惚れしました。 高速 ...
マツダ エチュード マツダ エチュード
大学時代に友人のつてで車検切れだった個体をナンバー取得に必要な費用のみ出して譲り受けたも ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.