• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

takechicoのブログ一覧

2017年01月27日 イイね!

溶かす。

今日は暖かかったが、今週の中旬は結構な寒さに見舞われた。

水曜日は用事があり朝から車で外出していたのだが、見事なまでにフロントガラスが氷で真っ白に。



なぜかこんなに暗い写真になってしまったがそれはともかく、フォーカスMk3の前期型のフロントガラスには熱線が入っていて、寒い日はエンジンをオンにすれば自動的に作動する。



今度はなぜかピンボケなのだが、デフロスターがなくとも1~2分でこのとおり。ワイパー付近もガラスに張り付いている部分の氷は溶けているので、ワイパーを動かせば氷を拭いとることが可能。

ただごく細いとはいえ熱線が入っているのでそれが気になる人もいるらしく、そのせいかどうなのか、後期型ではこの装備は外されてしまった。

他にも珍しい現象が起こった。ドアロックを解除した瞬間、連動して動くドアミラーから「バキバキッ」と異音が…。一瞬何が起こったのか理解できず、壊れたのかと思ったが、前夜の雨で付着した水滴がそのまま凍り付いていたのだった。

ついでにドアの隙間に付着した水滴も凍っていて、ドアを開けるにもやや力がいる状況。大体、ここまで冷えるときは雨ではなく最初から雪に見舞われるもので、こういう風になることは記憶にある限りなかったと思う。

今後もまた寒くなったり暖かくなったり、晴れたり降ったりと移り変わりの激しい天候になる模様。お体、ご自愛のほどを。
Posted at 2017/01/27 22:09:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | フォーカス | 日記
2017年01月14日 イイね!

ボルボXC90に乗ってきた。

フォード撤退のニュースからもうすぐ1年、地元の元フォードディーラーもボルボディーラーとして心機一転、再スタートと相成った。

正月明けの連休からオープニングフェアを開催していて物凄い忙しさだったらしく、数回のすれ違いを経て担当氏と連絡が取れたのがフェア2日目(8日)の夕方。9日の月曜に朝イチでディーラーに行き、ようやく試乗できることに。フラッグシップのXC90、それもT5とT8の両方に試乗できたのでその報告をば。

1. T5 AWD Momentum

まずはリアサスに横置きのリーフスプリング(板バネ)を用いたモデルに試乗。下の写真、緑色のパーツが板バネ。



T5の短所を先に書いてしまうと、板バネのせいかどうかは分からないが、乗り心地が硬い。路面の凹凸をコツコツと拾う。普段の試乗コースで舗装が非常に粗いところがあり、デビューしたてのCX-3に乗ってそこを通過したときは「あちゃー」てなったのだが、XC90 T5もやはり「あちゃー」てなった。

パワートレインは快適至極。T5は2リッター直4にシングルターボの組み合わせだが、重さを感じさせず軽やかに走る。何となく、エクスプローラーの2リッターエコブーストに感触が似通っている。コンフォートという通常モード以外にダイナミックとエコが選べるが、ダイナミックでは目を見張るほどのダッシュ力を見せ、目一杯飛ばしたくなる衝動に駆られる。逆にエコモードはノンターボの軽自動車かっつーくらいトロい。






2. T8 AWD Inscription

こちらは本日試乗してきた。2.0リッター直4は同じだが、ターボにスーパーチャージャー、さらにはモーターまでおごってお値段1000万円超えの高級車。4ケタ万円のクルマに乗るの、初めてだなー。



こちらはオプションのエアサスがおごられており、乗り心地はT5と比較すると明らかにソフト。T5で「あちゃー」となったところも全く問題なく通過したのはいいが、個人的な好みからするとソフト過ぎる。というか、パワステのフィーリングも込みで、フワフワしていて接地感に乏しい。

シングルターボだけでも十分だったのにスーチャーとモーターが加勢して発進直後から何のストレスも感じさせないパワートレインの、その本領の一端でも確認すべく、前が開けた瞬間にアクセルを踏み込むも、ハンドルを握る手やシートに接しているハムストリングスから「これ以上(アクセルを)踏むな」というアラートが脳にガンガン伝わってくる。正直、ちょっと怖い。どこまでも伸びていきそうな加速感は、こらもう素晴らしい(T5で感じたエコモードでのモッサリ感もなし)としか言いようがないんだが…。

フォローするワケではないが、ブレーキはしっかり効きます。ペダルのフィーリングにやや厚底の靴を履いているときのようなダイレクト感の乏しさはあるが、ハイブリッドにありがちな、回生ブレーキと油圧ブレーキが切り替わるときの違和感は一切なし。ブラボー。

3. まとめ

感心したのは車幅感覚の掴みやすさ。XC90はオフロード走行も想定したドライブモードが装備された、所謂「なんちゃってSUV」ではないクルマなので、そのあたりは気を遣ったのかも知れない。全幅が1.9mにも及ぶクルマだが、車線の真ん中を走るにあたって、何の苦労も感じなかった。

今回乗った2台でどちらを選ぶかと訊かれればT5になるかなー。T5というか、運転していてイヤな部分が少ないのが非エアサス車。非エアサスも実は飛ばそうとするとちょっと身構えるところがあったのだが。今回は時間の都合でワインディングには足を踏み入れていないので、どこかで機会があれば。XC90、今回のフェアで大人気だったそうです。

それにしてもXC90の内装、「いいモノに触れている感」バリバリで、やはりセンスでは他社の一歩先を行っていた感があるV40やV60からさらに一世代分先に進んでいる。このあたりがさすがの北欧センスというものなんだろうか。ディーラーのリニューアルオープンに際し新たに置かれたソファも、ゆったりサイズの素敵なものであった。

なおT5に乗った後にお菓子をいただいたのだが、箱に店名が印刷されていてビックリ。お金かかってるなあ。



さすが日本でフォードの2倍以上売ってるメーカーは違う、と思いました。ワールドワイドの規模で言ったらフォードの圧勝なのに…。
Posted at 2017/01/14 22:42:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗 | 日記

プロフィール

「@citrobon 2輪に乗ってる方には常識でしょうけど、点灯のココロは視認性じゃなくて被視認性の向上なんですよね。これを自動車学校でしっかり教えにゃならんと思います。」
何シテル?   02/26 19:18
四国在住です。 2003年式の初代シトロエンC3から2013年4月に3代目フォード・フォーカスに乗り換えました。 どマイナーな音楽のレビューを書いて...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/1 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

愛車一覧

フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
デビュー前に試乗して注文しました。軽やかなハンドリングと斜め後ろからのマッシヴなスタイリ ...
シトロエン C3 シトロエン C3
2003年2月から2013年4月まで乗っていました。雑誌で見て一目惚れしました。 高速 ...
マツダ エチュード マツダ エチュード
大学時代に友人のつてで車検切れだった個体をナンバー取得に必要な費用のみ出して譲り受けたも ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.