• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Tamonのブログ一覧

2016年08月29日 イイね!

Z4購入から丸一年

Z4購入から丸一年今日でZ4購入から丸一年経ちました。

外装、内装、電子機器含めて後付けパーツ一切なしの、愛車遍歴史上初めてのフルノーマル仕様で3万キロ走破。オドメーターは53,000kmを超えました。

ボディは目立たないですが細かい擦り傷だらけ、バンパーは外れかけ、オプションのヘッドライトウォッシャーのカバーももげ、ダンパーの経たりも感じ始めるほどの満身創痍な愛車です。

それでも週末になると無意識にエンジンをかけ、シートに身を沈めてフラ~っとドライブに出掛けてしまうのです。

最初は高嶺の花に感じられたBMWも、これだけ共にしているとさすがに高かった敷居が徐々に低くなり、ようやく最近自分にも乗る資格があるのかなと思い始めています。













資金、時間、気力、興味がバランス良く揃った今だから可能な毎週末のドライブ。
今後も続けてこれだけの距離を走ることができるかどうか自分でも分かりません。

ただ、楽しいと思える限りは走り続けるのみ。

サーキット走行もご無沙汰ですが、特に筑波はまだ走りたい欲求があります。
そのためにはもう少し資金に余裕がないと難しいので、Z4のドライブとのバランスを徐々にとっていかないと・・・



さて、台風10号の影響も気になりますが、週末はどこへ行こうか?
Posted at 2016/08/29 22:04:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | BMW Z4 | クルマ
2016年05月28日 イイね!

Z4 9ヶ月を振り返る

Z4 9ヶ月を振り返るZ4に乗り始めてすでに9ヶ月が過ぎました。
22,000kmを走破。過走行まっしぐらです。

ここで備忘録として、素人なりにZ4の感想などつらつら綴ってみます。






■気に入っているところ

①スタイリング。

いまどき珍しい古典的なロングノーズ、ショートデッキで、素直にスポーツカールックだなと思えるところ。やっぱり見た目もそれなりに大事です。被写体として写り映えするので、撮影にも力が入ります。

②ATなのに予想していたよりも楽しく乗れること。これは嬉しい誤算でした。今時のATは侮れないですね。


特にスポーツモードにするとモタツキ感が無く、思いがけないほど鋭く加速してくれます。
そして7000回転まで淀みなく滑らかに回ります。ただし驚くほどのパワーやトルクは持ち合わせていないので、気づいたら凄いスピードが出ていた!なんてことはあまりありません。


NAならではのレスポンスに優れた高回転志向エンジンは、今まで所有してきた歴代の車同様に自分好みの特性です。

■気に入らないところ

①足回りがけっこう固い。
つまり快適性はあまり期待できないということです。あと路面が悪いところだと横っ飛びすることもあります。

BMWというスポーティなイメージからしたらこれが正しい味付けなのかもしれませんが、ランフラットタイヤの特性とも相まって、乗り心地はなかなか苦労させられました。
オプションのアダプティブMサスペンションが入っていればまた印象は違っていたかもしれません。

②内装が比較的質素なこと。

いや、別に豪華で高級感あふれる必要はないんですが、価格からみて他のライバル車と比較するとかなり質感に欠ける、プラスチッキーなインパネ周りかなと感じます。それがBMWのアイデンティティというか、質実剛健なところなのだと割り切れば気になるレベルではないですが・・・

③意外に遅いルーフ開閉速度。

ルーフを開閉するにはセンターコンソールのスイッチを約20秒押し続けなければなりません。さらにウィンドウの開閉まで合わせると25秒待ち続ける必要があります。

NCロードスターのRHT比で約2倍かかるので、オープンにする頻度が少しだけ下がりますね。ちなみにNCの幌(クロス幌に交換済み)だと開閉に10秒もかかりません。

しかしひとたびルーフを開け放ち、ストレートシックスの快音と共にワインディングを疾走すれば、これらの欠点もすっかり忘れて走りに没頭してしまうこと請け合いです(笑)




さてこの9ヶ月間、毎週のようにドライブに出掛けてきた結論です。
ロングツーリングに適したちょうどいいパワーと官能的なエンジン音、FRらしい挙動、そしてオープンエアモータリングを楽しむなら、Z4は積極的に選ぶ価値があると断言できます。
Posted at 2016/05/28 16:48:57 | コメント(4) | トラックバック(0) | BMW Z4 | クルマ
2016年04月12日 イイね!

脱ランフラットタイヤ化計画

Z4の純正タイヤはランフラットタイヤ。これが結構乗り心地が悪く、快適なロングドライブに悪影響を与えています。

乗り始めから既に7ヶ月で16,000km走行。さすがに磨耗も進んだのでしょう。最近乗り心地が顕著に悪化してきて、特に深い轍で「ドッカーン!」と大きな衝撃がくるようになりました。


元々車検に通らないほど磨り減っていたリアタイヤは納車時に新品交換してもらっていたんですが、


フロント側は2011年製と5年前の古いタイヤ。

ハンドルも取られるようになってきたのでそろそろタイヤ交換したいんですが、乗り心地を改善したいので脱ランフラット化しようと色々調べています。

サーキットは走る予定はないので、快適性重視でそこそこのグリップ力のコンフォートタイヤにするつもりです。

しかし今までスポーツタイヤばかり履いてきたので、コンフォートタイヤなど深く調べたことも無く、どう選んだらいいか途方に暮れています。パッと思いついたのは、かつて履いたことのあるミシュランのプレセダPP2やPS3の系統などが無難かな~と。

さらに考えないといけないのは、ラジアルタイヤにしたらパンク修理キットやジャッキ、ホイールレンチなどを準備しなければなりません。

タイヤ代プラスもろもろの装備代をかけ、快適性を求めてラジアルコンフォートタイヤにするか、それとも乗り心地は多少我慢して、ランフラットタイヤの新品をフロントだけ交換するのか。

どうしたもんじゃろの~・・・
Posted at 2016/04/12 22:31:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | BMW Z4 | クルマ
2015年08月29日 イイね!

駆けぬける歓び

駆けぬける歓びマツダロードスターから乗り換えました。



人生初の輸入車、BMWのZ4です。



契約から納車までの間がとても長く感じられました。久しぶりにワクワクしながら待ちきれない気持ちで指折り数えていた自分に少し驚いています(^^;



さて、新型マツダロードスターを買えば間違いなく幸せになれると分かっていましたが、最後まで迷った末、

①輸入車(欧州車)に一度乗ってみたかった
②BMWというブランドに昔から憧れていた
③グランドツーリングに適したオープンカー

という理由で、今回は中古のsDrive23iというグレードを選びました。



ボディーカラーは初めてのホワイト、エンジンは直列6気筒自然吸気型2.5リッター、駆動方式はFR、トランスミッションは6速ATです。そして、車幅は1,790mm、車重は1.5tとかなりの重量級です。ちなみに走行距離は23,000kmと低走行です。



パッと見はロングノーズ、ショートデッキスタイルのクーペの様相ですが、スイッチを押すとフルオートでハードトップがリアトランク内に格納され、オープンカーになります。やはりオープンエアモータリングの楽しみを知ったからには、BMWの中でこのクルマを選ぶほかにはありませんでした。



納車日が小雨混じりの生憎の天気だったため、遠出はせずにいつもの宮ヶ瀬まで軽く流してきましたが、まだドライバー自身の「慣らし運転」が必要な状況です。輸入車特有のウィンカーの操作にまだ慣れません(^^;



車名にこそ「ロードスター」は付いていないですが、カタログには1ページ目から「ロードスター」「駆けぬける歓び」という文字がところ狭しと踊っています。それだけにこのクルマのドライビングプレジャーに対する期待が否が応でも高まります。

ご存知の通り「ロードスター」とはイギリスでのオープンカーの呼び方であり、アメリカではコンバーチブル、フランスやドイツではカブリオ(レ)と呼ばれています。



愛車遍歴的に言えば、20年前に買った最初の愛車、スプリンター トレノ(AE101)以来の2度目のAT車ということで、正直に言うとドライビングプレジャーを感じることが出来るのか一抹の不安が残りますが、「駆けぬける歓び」へと誘(いざな)ってくれることを期待して、しばらくこのZ4とニシヘヒガシヘと共に駆け回りたいと思います。
Posted at 2015/08/29 19:00:32 | コメント(6) | トラックバック(0) | BMW Z4 | クルマ

プロフィール

「Z4で行く GW明けの白馬ドライブ http://cvw.jp/b/1784472/42865601/
何シテル?   05/18 10:18
2台の愛車でドライブやスポーツ走行を楽しみながら、絶景巡りとドライビング・プレジャーを追求するTamonのブログです。 コチラでもブログを更新しています。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

早朝の志賀草津道路~白馬ツーリングを満喫♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/30 19:26:18
新型スイフトスポーツZC33S試乗 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/29 23:11:39
Z4(E89) ドライブレコーダー取り付け ヒューズBOX探索編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/14 19:38:08

愛車一覧

ホンダ シビック ホンダ シビック
6台目の愛車です。 たまたま行きつけのオートテラスで10万キロフルノーマルのコイツを発見 ...
BMW Z4 ロードスター BMW Z4 ロードスター
人生初の輸入車です。Z4と共にニシヘヒガシヘ、グランドツーリングに駆け回ります。(22, ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
4台目の愛車です。 やはりtypeRへのあこがれが強く、00スペック4ドアを選択してみま ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
3.5台目の愛車です。 2台所有の夢を叶えさせてくれた、ホンダからの奇跡の贈り物。まさし ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.