• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Tamonのブログ一覧

2016年05月29日 イイね!

代車ミニ クロスオーバーで行く 神奈川県道巡り

代車ミニ クロスオーバーで行く 神奈川県道巡りZ4が車検の為、ディーラーで代車を借りてきました。
ミニのクロスオーバー クーパーD(ディーゼル車)です。

滅多に乗る機会がないクルマなので、どんな走りを見せてくれるのか興味津々でいつもの宮ヶ瀬方面へ150kmのショートドライブに出掛けてきました。

ちなみに、今回は全てコンデジの画像になります。





最近道の駅になった「清川」に初めて立ち寄ってみました。




「ミニ」のくせに、車幅は1790mmもあります。(Z4と同じ車幅)
全高も高いので、とても大きな車に見えますね。


緑豊かな場所です。


鳥居原へ。


黄色い花が綺麗でした。



今回は県道513号から国道412号と周って、「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」前の交差点を左折し、県道517号に入線します。
ルート








しばらくは幅員狭小な趣きある林間路が続きますが、ほどなく2車線道路になり、走りやすくなります。

このミニ クロスオーバー、2リッターターボ・ディーゼル・エンジンを搭載し、いわゆるエコなクリーン・ディーゼル車です。低速トルクがあって街中では乗りやすいんですが、いかんせんディーゼル特有の「ガラガラ音」のするエンジンは個人的には受け付けないですね。その点、デミオはかなり抑えられていて好印象でした。パワー的には登坂路でも過不足無く加速してくれます。いっぽう、ハンドリングは重めでどっしりとしていて好感が持てました。

しばらくすると景色が開け、信号のない交差点を右折すると、↓の区間の県道517号に入線します。ここは短い距離ですが初訪問で、今回の楽しみの一つでした。
県道517号


1.5車線から1車線の狭い道がありますが、それほど険しい道ではありません。山坂道を登って上から望む山並みや集落が長閑な雰囲気の好みの道でした。(途中で停められる場所が無かったので画像はありません)




県道76号にぶつかるのでここを左折します。






ちょっと薄暗い2車線の県道ですが、それがまた良い感じ。


その先で念願の道志ダム(奥相模湖)を撮影することが出来ました。


意外と高いんですね~。




天端を県道が通っています。
こじんまりとしていながらも、風格があってとても印象的なダムです。


記念に一枚。



そして道志みちを経由して県道518号の牧馬峠へやってきました。


ミニだと結構ギリギリでした(^^;


牧馬峠は急勾配のくねくね道となっています。


この車格だと若干持て余し気味ですね。


再び県道517号の林間路を経由して、


今度は裏ヤビツ(県道70号)の途中まで行って転回場でUターン。


県道64号側を望む。


こちらも一部初走行の半原市街を抜け、帰宅の途に着きました。


※数十年かかってようやく2016年4月に開通した保土ヶ谷バイパスに抜ける立体交差によって、慢性的な東名横浜付近の渋滞が緩和されて嬉しいですね(^^)

ここまでのルート
Posted at 2016/05/30 21:09:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2016年05月28日 イイね!

Z4 9ヶ月を振り返る

Z4 9ヶ月を振り返るZ4に乗り始めてすでに9ヶ月が過ぎました。
22,000kmを走破。過走行まっしぐらです。

ここで備忘録として、素人なりにZ4の感想などつらつら綴ってみます。






■気に入っているところ

①スタイリング。

いまどき珍しい古典的なロングノーズ、ショートデッキで、素直にスポーツカールックだなと思えるところ。やっぱり見た目もそれなりに大事です。被写体として写り映えするので、撮影にも力が入ります。

②ATなのに予想していたよりも楽しく乗れること。これは嬉しい誤算でした。今時のATは侮れないですね。


特にスポーツモードにするとモタツキ感が無く、思いがけないほど鋭く加速してくれます。
そして7000回転まで淀みなく滑らかに回ります。ただし驚くほどのパワーやトルクは持ち合わせていないので、気づいたら凄いスピードが出ていた!なんてことはあまりありません。


NAならではのレスポンスに優れた高回転志向エンジンは、今まで所有してきた歴代の車同様に自分好みの特性です。

■気に入らないところ

①足回りがけっこう固い。
つまり快適性はあまり期待できないということです。あと路面が悪いところだと横っ飛びすることもあります。

BMWというスポーティなイメージからしたらこれが正しい味付けなのかもしれませんが、ランフラットタイヤの特性とも相まって、乗り心地はなかなか苦労させられました。
オプションのアダプティブMサスペンションが入っていればまた印象は違っていたかもしれません。

②内装が比較的質素なこと。

いや、別に豪華で高級感あふれる必要はないんですが、価格からみて他のライバル車と比較するとかなり質感に欠ける、プラスチッキーなインパネ周りかなと感じます。それがBMWのアイデンティティというか、質実剛健なところなのだと割り切れば気になるレベルではないですが・・・

③意外に遅いルーフ開閉速度。

ルーフを開閉するにはセンターコンソールのスイッチを約20秒押し続けなければなりません。さらにウィンドウの開閉まで合わせると25秒待ち続ける必要があります。

NCロードスターのRHT比で約2倍かかるので、オープンにする頻度が少しだけ下がりますね。ちなみにNCの幌(クロス幌に交換済み)だと開閉に10秒もかかりません。

しかしひとたびルーフを開け放ち、ストレートシックスの快音と共にワインディングを疾走すれば、これらの欠点もすっかり忘れて走りに没頭してしまうこと請け合いです(笑)




さてこの9ヶ月間、毎週のようにドライブに出掛けてきた結論です。
ロングツーリングに適したちょうどいいパワーと官能的なエンジン音、FRらしい挙動、そしてオープンエアモータリングを楽しむなら、Z4は積極的に選ぶ価値があると断言できます。
Posted at 2016/05/28 16:48:57 | コメント(4) | トラックバック(0) | BMW Z4 | クルマ
2016年05月22日 イイね!

Z4で行く 早朝のビーナスライン

Z4で行く 早朝のビーナスライン日付が変わって30分後に自宅を出発、途中で眠気を取り除きながら夜明け前の3:40頃ビーナスラインにやって来ました。大門街道からビーナスラインにかけて鹿が至る所に出没していたので、慎重に走りました。折りしも満月が綺麗な夜でした。


夜明け直後の富士見台展望台にて。明け方は非常に寒く、メーターは7℃を指していました。上着を持っていって正解でした。


車山肩から白樺湖へ向かう途中で朝焼けを迎えました。




白樺湖を望む。


朝陽を背に受けて。


霧ケ峰湿原の朝もや。


幻想的ですね。


いつもの場所から。今回は残念ながら雲海は見れませんでした。


美ヶ原高原に移動。


アルプスは霞んでいましたが、幾重にも連なる山々が美しいですね。


白樺平にて。






武石峠を経て、美ヶ原高原道路へ。思い出の丘からはこちらも残念ながら霞んでアルプスの絶景はお預け。








遠くから牛が放牧されているのが見えました。


全体的に新緑養分が足りませんが、相変わらずの絶景高原ロード。








新緑の2車線の超快走路、県道40号で女神湖へ。

そこからさらに蓼科スカイラインを東に向けて駆け上っていきます。メルヘン街道にも似たレイアウトのワインディングながら、こちらのほうが路面状態が良く、非常に気持ち良く駆け抜けることが出来ました。残念ながら途中の蓼科山登山口で通行止めとなっていました。

午後になるとメーターの温度計は33℃を指していました。さすがに暑い(^^;

最後に蓼科湖に寄って、帰路に着きました。

所用時間:約15時間
走行距離:約620km

ここまでのルート
Posted at 2016/05/22 21:16:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2016年05月19日 イイね!

Z4で行く GW四国グランドツーリング 4日目~最終日

Z4で行く GW四国グランドツーリング 4日目~最終日4日目と最終日は龍河洞スカイライン、室戸スカイライン、鳴門スカイラインなど、各スカイラインのドライビングプレジャー度を試すべくワインディングロードめぐりと、徳島県の西側山奥にある「祖谷渓(いやけい)」探索に費やしました。


早朝の龍河洞スカイライン。かつての料金所やゲートなどは跡形も無く、県道385号が土佐湾に向かってただ伸びるのみ。


ただの1台も通らない早朝のワインディングロード。ただステアリングを右へ左へと操舵するだけで極上のドライビングプレジャーを感じることができます。


強風吹き荒れるなか、徳島県内陸の祖谷渓(いやけい)にやって来ました。


新緑のV字型の谷は本当に山深いところにあります。それだけに延々と1車線の狭隘な道を神経すり減らして走ることになります。




ようやく辿り着いた先で小便小僧の銅像がお出迎え。これを撮るためだけにここにやって来ました。我ながら呆れますわ。




延々と土佐浜街道、国道55号をトレース。


途中、北川村で「モネの庭」を興味本位で観賞。意外と良い所でしたよ。


4日目のハイライト、室戸スカイラインは最高のドライビングプレジャーロードでした。


天気や眺望はイマイチでしたが、それを補って余りあるほどの快速ワインディングロードです。


徳島県の東海岸沿いを走る県道147号の南阿波サンラインは南国情緒溢れるドライビングロード。




いかにも走り屋が好みそうなファンな極上ワインディングロードでした。


昭和中期ごろの趣きを見せるオンボロホテルで暴風雨をしのぎ、最終日に備えます。


最初に向かったのは、香川県にある屋島ドライブウェイ。ここは4kmにも満たない有料観光道路で、特に走りが楽しめるわけではありませんが、ちょっと気になるポイントがあったので、興味本位で訪れました。


「ミステリーゾーン」。登り坂なのに下って見える目の錯覚のストレート。手前の坂、下っているように見えますか?


最後にやって来たのは鳴門スカイライン。




正直あまり楽しい道とは感じられませんでしたが、小鳴門海峡や、四方見展望台から眺めるウチノ海の光景などは素晴らしく、目を惹くものがありました。


淡路島を経て帰路に着きました。

初めての四国ツーリング。絶景、ワインディングロード巡りと、ちょこっと観光。どれをとっても新鮮で、記憶に残るグランドツーリングとなりました。

ここまでのルート
Posted at 2016/05/19 21:29:21 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2016年05月18日 イイね!

若者の曲

久々におっさんの琴線に触れた!



若者向けの曲ですが、良い曲に年齢は関係ないと思う。
Posted at 2016/05/18 21:02:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「Z4で行く GW明けの白馬ドライブ http://cvw.jp/b/1784472/42865601/
何シテル?   05/18 10:18
2台の愛車でドライブやスポーツ走行を楽しみながら、絶景巡りとドライビング・プレジャーを追求するTamonのブログです。 コチラでもブログを更新しています。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

早朝の志賀草津道路~白馬ツーリングを満喫♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/30 19:26:18
新型スイフトスポーツZC33S試乗 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/29 23:11:39
Z4(E89) ドライブレコーダー取り付け ヒューズBOX探索編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/14 19:38:08

愛車一覧

ホンダ シビック ホンダ シビック
6台目の愛車です。 たまたま行きつけのオートテラスで10万キロフルノーマルのコイツを発見 ...
BMW Z4 ロードスター BMW Z4 ロードスター
人生初の輸入車です。Z4と共にニシヘヒガシヘ、グランドツーリングに駆け回ります。(22, ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
4台目の愛車です。 やはりtypeRへのあこがれが強く、00スペック4ドアを選択してみま ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
3.5台目の愛車です。 2台所有の夢を叶えさせてくれた、ホンダからの奇跡の贈り物。まさし ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.