• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
ホームページはこちら
alt


ラジオ番組放送
~FM FUKUOKA~
SOUND PUREDIO presents 音解オトトキ

FM福岡 毎週土曜日12:30~12:55
FM山口 毎週土曜日11:30~11:55

ピュアディオいがわのブログ一覧

2013年09月30日 イイね!

トヨタ・アルファード カーオーディオの音質アップ


今日は先日の札幌店の作業からトヨタのアルファードのご紹介です。




サイバーナビをベースにビーウイズのスピーカーとプロセッサーとアンプを装着された状態で入庫になりました。




他店購入でそれなりにグレードの高い商品が付いているのですが、音に不満があって来店されました。




まずインナーで取り付けられているスピーカーを外してみたら雨でぬれていました。



原因はインナーバッフルの上に雨よけがしてあるのですが、その材質がスポンジを使っていて、大雨でスポンジが浸みて重くなり垂れ下がって、結果的にスピーカーがじっとり濡れたという状態でした。


次にシート下のプロセッサーを撤去して、アンプも4台から2台に減らしてシステムを軽くしました。



ケーブルは電源はそのままですが、ラインケーブルとスピーカーケーブルはピュアディオブランドの物に交換しました。


スピーカーの方はピラー加工のビーウイイズを取り外し、ピラーを元に戻してダッシュ上にJBLのP560のツイーターを取り付けて・・




ドアにはアウタースラントのバッフルを製作してJBLのP560のミッドを取りつけました。






ナビ以外の総額は以前の半分以下になっていますが、何故か今まで表現出来なかった音が表現出来る様になります。


どこが変わったかと一言でいえば、今までがコンテストで勝つための攻撃的な音を目指している状態で、改善後はスタジオ的もしくは生音に近い自然な音でリラックス出来る状態になりました。
Posted at 2013/09/30 11:57:47 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
2013年09月29日 イイね!

マツダ・デミオ カーオーディオの音質アップ


今日ご紹介するのは現在の福岡店の作業から先代のマツダ・デミオです。





現行モデルには無いこだわりのキャンバストップで、大切に乗られています。




この年式のデミオの純正オーディオはモジュールオーディオと呼ばれていたCDチューナーが標準で、真ん中の四角いスペースにMDかカセットのオプションをはめ込んで使うというタイプで、デッキ交換にはパネルを交換しないといけないので大変な費用がかかります。




お客様は福岡店に来店される前に量販店でフロントにアルパインのコアキシャルのトレードインスピーカーを取り付けられて・・




運転席下にパワードのサブウーファーをと取り付けられてインパネにコントローラーを付けられていました。



ただ音には大変不満足という事で福岡店にみえたのですが、まずはJBLツイーターとピュアコンをプラスしたベーシックパッケージを装着して音質アップを図る事になりました。


その不満の原因はトレードインスピーカーからの中低域が薄くて、リアの純正スピーカーからは中低域がしっかり出ているのでバランスが悪いという事でした。


まずはフロントのアルパインのコアキシャルを取り外して、リアドアの純正と前後を入れ替えます。



この見た目のさえない純正スピーカーの高音をピュアコンでカットしてJBLツイーターに任せて、オプションパーツで低音もカットしてアルパインのサブウーファーに任せます。


すると再生する音域が中音域から中低音域のみの得意な音域だけ再生させるので、妙に高音質になった様な聴こえ方になりました。


特に不得意な高音域はダッシュ上のJBLのP560に任せているので、音の輪郭はクッキリ・スッキリしました。


純正のドアスピーカーとJBLツイーターとのつなぎは何度も施工しているので、マニュアルどうりにパーツを装着すればピークにいい音がするのですが、アルパインのパワードのサブウーファーとの組み合わせは初めてだったので、純正スピーカーのローエンドのカットは何度かパーツを交換してバランスのいい値を探しました。




純正デッキのバス・トレブルはセンターで問題無く鳴って、後はパワードのサブウーファーのカットオフ周波数とレベルの調整を行って納車準備に入ります。








追伸  リアドアにまわしたアルパインのトレードインスピーカーはアッテネーターを
使ってインピーダンスを上昇させてレベルダウンして使いました。



そのままでフェダーでレベルを下げても音は小さくなりますが、元々音色が明る過ぎて軽いので、インピーダンスを上げて音に重みを持たせてフロントスピーカーとのレベル以外のバランスを合わせました。
Posted at 2013/09/29 13:37:52 | トラックバック(0) | 音楽について | イベント・キャンペーン
2013年09月28日 イイね!

カーオーディオトーキングが来週から福岡県で聞けます

FM山口で土曜日の朝11時から放送されている『カーオーディオトーキング』が来週から福岡県で聞く事が出来る様になります。



何とクロスFMで朝10時43分から放送されます。


内容はFM山口で放送されているものと全く一緒ですが、福岡県の方が17分早く放送されます。


「福岡県で聞ける様にして下さい。」というピュアディオファンの方の声に応えての放送ですが、今までもホームページからポッドキャストで聞く事は出来ましたが、ただ音楽部分が省いてあるので「フルに聞きたいです。」と言われる方には長い間お待たせしました。





来週からの2局ネットのカーオーディオトーキングを是非お聞き下さい。

Posted at 2013/09/28 18:11:46 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | 日記
2013年09月28日 イイね!

日産・リーフ カーオーディオの音質アップ


今日は昨日の宇部店の作業から日産の電気自動車・リーフのご紹介です。



昨日は出庫前のアイMIEVもありましたから電気自動車が2台向かい合わせで作業しています。



ついにこんな時代が来たんですね!




リーフのシステムは日産純正の工場装着のナビに・・




ダッシュにはほぼ毎日紹介しているJBLのP560のツイーターをピュアディオ製スタンドで取り付けて・・




ドアは純正の16センチスピーカーを外してインナーバッフルを作って13センチの
P560のミッドを取り付けています。



ただお客様がもっと低音が欲しいと言われるのでドアの13センチを16センチにアップするかサブウーファーを付けるかのどちらかにするか装着テストを行っていました。


サイズの16センチにすれば低音は簡単に出るのですが、逆に中音域が薄くなってしまい、ボーカルのイメージが損なわれます。

かといって電気自動車なのでサブウーファーを取り付ければ消費電流が増えて走行距離が短くなります。


そこでサブウーファーを取り付けながらもどこまで消費電流を増やさないかという実験を行ってみました。



今はあまりブログでは登場しなくなったウーファーのパッケージシステムです。



なぜ登場しなくなったかというと、当初のパッケージに用意されていたアンプ3種類のうち、安い方から2機種が製造打ち切りになったからで、ここで現行モデルのアンプを使ってウーファーパッケージの再登場です。


極力電気を使わないアンプを選びながらもアイドリング電流は0・57アンペアで、ウーファーを駆動時で1アンペアを超えます。



これは工業用の正確な電流計を使っていますが、本体側のアイドリング電流を半分以下に落として、ピークの電流を1アンペア以下を目標に頑張っています。


ただ電流を抑えるだけでなく、フロントとウーファーの周波数的なつながりも良くして、「ボリュームを上げていないのに音が迫ってくる!」というピュアディオ本来の部分でも消費電流を減らします。



電気自動車だけでなく、充電制御付の車やアイドリングストップで電流を消費するなど、ここ1年ぐらいで自動車のカーオーディオに使える電気は制限が多く、サウンドピュアディオのピットでは常に工業用の電流計を持って歩いて現在の電流を測っています。


ただ電気を使っても問題ない車の時はあまり使っていませんが・・
Posted at 2013/09/28 11:24:45 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
2013年09月27日 イイね!

ホンダ・Nbox カーオーディオの音質アップ


今日ご紹介するのは昨日の福岡店の作業からホンダのNboxです。



こだわりのモデューロⅩです。





ホンダ純正のギャザーズのナビオーディオを装着した状態で入庫になりました。





純正のドアスピーカーにJBLツイーターとピュアコンプラスのベーシックパッケージと
ベーシックドア防振の施工を行いました。




まずはドアを分解して防振の施工を行います・・




最近の車の傾向としては全く防振がしていない車が多く・・




しかも内側の鉄板の方が外板よりも硬い車が増えています。


そんな現代の車に外板裏に防振マットと防振メタルで響きの多い部分の振動をピンポイントで抑えて、更に周りから振動を集めて打ち消すベーシック防振はかなりの人気商品になっています。



また中途半端に純正の防振材が貼ってないほうが理想的な防振が出来るので、とてもありがたいです。


防振作業が終わったらダッシュ上にピュアディオ製スタンドを使ってJBLのP560のツイーターをセットしました。




最後にグローブボックス下にNbox専用にチューンされたピュアコンをセットしたら音が出ます。



ここのチューンは実車を買ってじっくり実験しているので間違いはありません。


ただナビオーディオは入庫する車で全て違っていて、その内蔵アンプのクセを消して本来の音にするために個別にイコライジングを行います。



昨日は宇部店にいたのですが、ちょうど代車が足らないからとモコに乗って福岡店に移動して、そてからNboxの調整が終わってから新幹線で帰りました。


このギャザーズのナビのイコライザーはメモリーすると音が抑圧されるタイプの物で、一番いいパターンをメモリーしているだけでも僅かに抑圧されて聴こえます。


そのためピークの一歩手前のパターンをメモリーして、そこから少し動かしてピークの値を出して調整を終わらせました。


もし間違って動かしたらメモリーを呼び出せばピークよりも少し手前までは戻せます。



しかし最近のナビのイコライザーはコストのせいかメモリーすると音が抑圧される物が増えています。
Posted at 2013/09/27 11:08:57 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

サウンドピュアディオの井川です。 福岡県・山口県でカーオーディオ専門店を営んでいます。 アーティストとのコラボレーションにより、より生演奏や生の声に...

ユーザー内検索

<< 2013/9 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

映画『シン・ゴジラ』を観て来ました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/16 14:33:11
ホンダ・ステップワゴン  スピーカーの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/17 14:55:36
トヨタ・新型シエンタ カーオーディオの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/22 06:49:11

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
サウンドピュアディオのデモカースバル・レヴォーグです。 車種別専用設計のベーシックパケ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.