• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
ホームページはこちら
alt


ラジオ番組放送
~FM FUKUOKA~
SOUND PUREDIO presents Drivingtones with TOGGY

FM福岡 毎週土曜日12:30~12:55
FM山口 毎週土曜日11:00~11:25

ピュアディオいがわのブログ一覧

2014年10月27日 イイね!

天才ピアニスト ファジル・サイ


今年になってから何人かのお客様から「サウンドピュアディオのシステムにしてからファジル・サイのピアノの音がきちんと聴ける様になって、今まで聴き落としていた所まで聴こえる様になりました。」と言われる事がありました。


音楽に関わる仕事をしていながらファジル・サイという人の演奏がどう普通のピアニストと違うのかを知らなくて、どこが凄いのかというのを体感するために先日コンサートに行ってきました。



場所はアクロス福岡のシンフォニーホールで、一般客として行っているので会場内の写真は撮影出来ませんでしたが、座った場所は最前列の中央よりやや左手のピアノの演奏がバッチリ見えるいい席でした。




日本でのキャッチフレーズは『鬼才! 天才! ファジルサイ!』で、最初はちょっと大げさじゃないの?と思っていた自分も演奏が始まってからはその意味が分かりました。


それは演奏の途中でピアノの中に手を入れて弦を指でつまんで音を変えて、あたかもピアノと弦楽器の二重奏の様に聞こえさせるという今までに見た事が無い手法だったからです。


他には演奏に夢中になるとハミングの様に僅かに歌声が聴こえるのですが、これがお客様の言われていた普通のシステムでは分からなかった部分がピュアディオシステムではきちんと聴こえると言われていた部分でした。


百聞は一見にしかずという言葉がありますが、PA無しの生演奏で聴けて本当に良かったなと思いました。



今回はスポンサーでも何でもないので写真撮影は出来ませんでしたが、コンサート終了後にCDにサインを頂きました。

 




最後におまけの画像です。

帰りのアクロス福岡の地下3階の一般駐車場の中ですが・・




何故かサイバーナビにテレビが映っています!





受信出来る場所で静止画になってそのままではなくて、画面が動いています。



通気口から電波が入って地下3階で映ったのか?不思議です。
Posted at 2014/10/27 11:52:55 | トラックバック(0) | 音楽について | 日記
2014年10月26日 イイね!

スバル・フォレスター カーオーディオの音質アップ


今日ご紹介する1台は先日の札幌店の作業からスバルのフォレスターです。

 


カロッツエリアの楽ナビを装着した状態で入庫となってベーシックパッケージの取り付けとベーシック防振の施工を行いました。

 


ドアの内張りを外してビニールを一度剥がして外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせてドア全体の響きを抑えます。

 
ベーシックパッケージですからドアの16センチスピーカーはそのまま使用します。


スバルのフォレスター・インプレッサ・XV・レヴォーグなどのベーシックはドアスピーカーからの中音域はあてにしておらず、ダッシュ上の5・5センチの中高音用のスコーカーの周波数レンジを削って中音のみにして、後付のJBLツイーターで高音を鳴らす3WAYシステムになります。




高音域はデリケートなのでグリルの影響やガラスの反射で音が変わるのでピュアディオ製スタンドで仰角を付けてストレートに鳴らします。




スバル車の3WAY化のベーシックパッケージは中音と低音は純正スピーカーを使用していますが、2WAYの通常のトレードインスピーカーよりはるかにレンジ感とフラット感がありパワフルで透明感のある音がします。



販売している方がなぜこんなに差が出るのだろうと不思議に思っていますが、もっと不思議なのは福岡店と宇部店はデモカーのXVでスバル車用の3WAYのデモが出来るのですが、札幌店は2WAYのデモしかしていないのにかなりの数が売れているという事です。



それだけ野田君が熱心に話しているのでしょう。



ちなみに先ほど写真に写ったスバル車用のスコーカーは福岡店のベーシックパッケージのパノラマ展示のところです。




他にレクサス用やマツダのBOSE車用のパノラマ展示もあります。
(ただしマツダは先代のスピーカーを使用)

 

最近は多スピーカー車や車両アンプ付きの車両が増えて来ているため、そのスピーカーを外して他のスピーカーを付けるよりは、ベーシックパッケージの様に今あるスピーカーの使える部分をそのまま使った方が同じお金を払っても良い音を手に入れられる時代になって来ました。



追伸

今回のフォレスターのお客様にはアイドリングストップをキャンセルする装置を付けて頂きました。

 

これでしょっちゅうエンジンが止まるというわずらわしさが無くなって、バッテリーの寿命やセルモーターの寿命も長くなります。

浮いたガソリン代と他の交換の費用とどちらが安く上がるか微妙なところです。


フォレスターのお客様は入庫前まではエンジンをかけたら毎回キャンセルのスイッチを押されていたそうで、これでもう押さなくていいですね。
Posted at 2014/10/26 13:17:06 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
2014年10月25日 イイね!

スズキ・スイフト カーオーディオの音質アップ


今日ご紹介する1台は現在の福岡店の作業からスズキのスイフトです。





オーディオレス車に以前からお使いのナカミチのCD-700KKを移設して来ました。





ダッシュ上にはピュアディオ製スタンドを使ってJBLの外ドームタイプのツイーターを取り付けています。




ドアにはアウター・スラントのバッフルを製作してピュアディオブランドのZSP-MIDを装着しました。





一般的な平面のアウターと比べるとスラントは中の穴とズレが出ますが・・




斜めに金属リングを入れて、その表面をセメントコーティングして固めます。



塗り初めは灰色にやや青が入って見えますが、乾くと茶色っぽくなります。



金属むき出しと比べて表面をざらつかせた方が音質的にも有利です。




リアのラゲッジには25センチのサブウーファーを取り付けました。




ウーファーボックスの蓋を開けたら中から黄色いウーファーが見えます。



このスピーカーはピュアディオの次世代ウーファーとして大々的に発売する予定でしたが、開発当初の円相場が1ドル80円台だったのが現在は108円ぐらいになっていて、アベノミクスの影響で輸出業は有利でも輸入側は不利な状態です。


それでもサウンドピュアディオの倉庫には1ドル80円ぐらいの時に仕入れた商品が沢山入っているので円安の影響はほとんど受けていませんが、この黄色いウーファーに関しては企画して直ぐ円安になったので入庫本数が少なくてレアな商品です。


CD-700KKがアンプレスデッキでウーファーも付いていますからフロント用ウーファー用のアンプが必要で、更にフロントとウーファーの音のつながりを良くしようと思えばチャンネルディバーダーが必要です。




助手席のシート下にアンプとチャンディバを納めていますが、ここのレイアウトで時間を取っています。





そして組み上げが終って外でエンジンをかけて音調整です。





音決めの最後はダッシュボード用のメタルを3枚貼って完成です。




コンパクトカーながら使えるスペースを有効に使ってフルシステムを搭載しています。
Posted at 2014/10/25 13:22:23 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
2014年10月24日 イイね!

10月24日の『にっぽん縦断 こころ旅』は



NHKのBSプレミアム(BS3ch)で俳優の火野正平さんが日本各地を自転車で旅する『にっぽん縦断 こころ旅』という番組が月曜日から金曜日まで1日2回放送されています。



まず朝7時45分からの15分の番組があり、そのデラックス版が夜7時から放送されます。


今週は山口県の旅で、番組の中では視聴者から手紙を読んで思い出の場所を火野さんが訪ねるという内容です。



その訪ねる場所が宇部市の妻崎なのです!


この地名を見てサウンドピュアディオの近くでは?と思った方もあるでしょう。


そうです、店の前は通らないにしてもかなり近くを通られています。







ただここはどこか地元の自分でも分かりません。





朝の15分版では妻崎神社を通りがかった所で終わりましたが、19時からの放送では最後まで放送されます。




収録は10日ほど前に行われていたのですが、たまたま自分は福岡にいて宇部にはいませんでした。


ただ火野さん一行が厚東川の橋を渡るシーンではピュアディオの従業員の車らしきインプレッサのWRXの黒いスポイラーの車が写っていました。

本人聞いたらその場所を通ったそうで、その番組の存在すら知らないので全く気付かなかったそうです。


専務のその事を話したら、「サウンドピュアディオのステッカーは写っていた?」と聞いてきたのですが、あまりに一瞬の事だったので分かりませんでした。



19時からの放送は録画してじっくりと見ます。
Posted at 2014/10/24 15:39:06 | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2014年10月24日 イイね!

井川家のスズキ・ハスラーがシステムアップして


今日ご紹介する1台は井川家のハスラーというか、もうすでにデモカー的な使い方をしているオレンジと白のツートーンの車です。

 

ちなみに札幌店の赤いフィットもデモカーとして使用していますが、完全な野田家の車です。



ハスラーは納車されて直ぐはオーディオレス車にケンウッドのナビを取り付けて聴いていましたが、やはりノーマル状態では耐えられず、1日でピュアコンとJBLツイータープラスのベーシックパッケージを取り付けましたが、その後はなかなか時間が取れずに防振が無い状態で聴いていました。





先日時間が取れたのでフロントのベーシック防振に加えてリアドアのべーシック防振も同時に行いました。




リアドアからのロードノイズの進入が減って快適ですが、あとリアのハッチの防振が出来たら完璧です。


他の車のハッチで説明すると、入り組んだハッチの中にあちこち防振メタルを貼って響きをなくして静かにする手法です。

 



しかし先日もう一度時間がとれた時に防振を後回しにしてドアスピーカーを純正から交換しました。




16センチの薄型から13センチの奥行きがあるタイプのISP-130に替えました。




ただハスラーのドアスピーカーの位置は耳からかなり下の方にあって、ミッドからの中高音が伸びない分を今までに無い値のインダクタンスの少ないコイルを巻いて音のつながりを良くしました。




現在のデモカーは純正ドアスピーカーかアウターバッフルの2種類で、中間のインナーでISP-130の物は無いので重宝しています。



ただせっかくISPを取り付けたのにダッシュの表面が弱くてツイーターの音がやや影響を受けているのが気になり出しました。

 


そこでこのダッシュの表面に・・

 



ダッシュ用の防振メタルの三角1枚と四角を2枚貼って音をスッキリさせました。

 

このデモンストレーションは好評で・・


こちらのNーWGNのお客様にも施工して頂き・・

 


この状態から・・

 



同じ様に三角1枚と四角を2枚貼って処理しました。

 



続いてこちらのスバルXVのお客様も・・

 


貼り方は違いますが三角1枚と四角2枚が貼ってあります。

 



うちのデモカーのXVにも同じ貼り方をしていますが、「どこか自分の車と音が違う・・」と思われていたそうで、メタルを貼って音の響きが同じになりました。

 


ハスラーの話で始まったのに途中でXVの話になってしまいましたが、ハスラーのシステムアップの方は、あとリアのハッチの防振と・・




Bピラー根元の防振を行ったらそこで一段落です。




おっと、その目にオレンジの塗料を買ってこないと!
Posted at 2014/10/24 11:36:01 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

サウンドピュアディオの井川です。 福岡県・山口県でカーオーディオ専門店を営んでいます。 アーティストとのコラボレーションにより、より生演奏や生の声に...

ユーザー内検索

<< 2014/10 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

映画『シン・ゴジラ』を観て来ました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/16 14:33:11
ホンダ・ステップワゴン  スピーカーの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/17 14:55:36
トヨタ・新型シエンタ カーオーディオの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/22 06:49:11

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
サウンドピュアディオのデモカースバル・レヴォーグです。 車種別専用設計のベーシックパケ ...
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
お客様のプリウスです。 デッキも、スピーカーも交換せずに、音質アップができるベーシッ ...
トヨタ アクア トヨタ アクア
お客様のアクアです。 スピーカー交換を行っております。 インナーバッフルを作成し、J ...
日産 エルグランド 日産 エルグランド
お客様のE52型エルグランドです。 アルパインのBIG Xを取付けしておりましたが、そ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.