• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
ホームページはこちら
alt


ラジオ番組放送
~FM FUKUOKA~
SOUND PUREDIO presents 音解オトトキ

FM福岡 毎週土曜日12:30~12:55
FM山口 毎週土曜日11:30~11:55

ピュアディオいがわのブログ一覧

2019年09月30日 イイね!

言い間違えと聞き間違え


明日から消費税が10%に上がるので、今日は今買った方が良い物と、明日以降ポイント還元を使って買った方が良い物などについて放送している局ばかりでした。


その中である民放局のアシスタントが、あまりの複雑さに「結局何も買わないのが一番いいんじゃないですか。」と言ってしまいました。


ポイント還元は消費税アップ後の消費の冷え込みを抑えるための一時的な対策で、何も買わない方が良いと言うと元も子もなくて、「物を販売してるスポンサーからのお金で成り立っている民放のアシスタントがそれを言ってはいけないだろうという、言い間違えと言うよりも失言でした。

後で上司から叱られたかも知れません。



そう言えば10月1日にある大御所アーティストが福岡に来るという電話がイベンターさんからかかって来て、午前10時にうちの番組に出演するための収録をしたいという事でした。


それでその収録が明日に迫ったのに細かい時間指定がありませんでした。

10時に収録が始まるのか、10時に集合でそれから打ち合わせなのか、全く分からないので関係者に電話したら・・  「明日の午前にスタジオの予約は入っていません。」と言うではありませんか!

どうも来月の1日と再来月の1日を聞き間違えた様で、スタジオに予約が入っていないと聞いて一瞬頭の中が真っ白になりました。



サウンドピュアディオの番組も7月までは3人のパーソナリティーが交代で喋っていて、3人が同じ日にスケジュールが詰まっている事は普通なくて、アーティストさんが福岡に来られたら100%番組収録が出来ていました。


7月以降は番組タイトルがダライビングトーンズに変わってパーソナリティーはTOGGYさん1人と固定になって、誰がやっている番組かハッキリと分かるようになり、印象強くなりました。


その一方で以前よりもゲストアーティストの出演が少なくなったというデメリットも出ていますが、前作では出来なかった東京で収録したコメントを流す事が出来る様になって、初回にDEENの池森さんのお祝いコメントを頂いて、その後に調整用CDとして使っている三味線プレイヤー・上妻宏光さんのコメントも頂きました。


次の放送日の10月5日のコメントゲストはGReeeeNの皆さんです。


放送時間はFM福岡がお昼の12時30分からで、FM山口は午前11時ちょうどからです。


 聞ける環境にある方は是非お聞き下さい。

Posted at 2019/09/30 19:06:46 | トラックバック(0) | 世間話 | 日記
2019年09月30日 イイね!

ホンダ・グレイス スピーカーの音質アップ


今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、ホンダのグレイスです。


alt




ホンダ純正のギャザーズのナビオーディオを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッツケージの取付とベーシック防振の施工の、Wパッケージの作業を行いました。


alt




ドアの上部にツイーターが付いているグレードで、取付位置が手前過ぎるのに横に向きがそれていて、近いスピーカーと遠い方のスピーカーの距離差を感じてしまう状態だったので、ツイーターはダッシュの上にスタンドを使って仰角・振り角を付けて、アップグレードのATX-30の外ドームで見晴らしの良い場所から上質な高音を拡散させて再生しています。


alt



純正ツイーターは指向性の強いタイプで、前に高音を拡散させるパーツが付いていて、これで音を広げていますが、最初から指向性の向きの良い場所から外ドームで音を拡散される方が音楽を正確に再生するには有利です。


alt




こちらがATX-30の最初から外ドームで音を拡散させているところです。


alt




後純正ツイーターではツイーターに中音域以下が入らない様に6デジベルスロープで制限をかけていますが、それが小さなコンデンサ1個で行っていて、スピーカーに対して直列に入るパーツは音に影響が出やすく、綺麗な高音が再生出来ない要因となっています。


alt






ベーシックパッケージではピュアコンと呼んでいるブラックボックスでツイーターの音域とレベルと、コンデンサとコイルの比率によって同じ周波数レンジでもインピーダンスの制御を行っていて、使う土スピーカーとの組み合わせによってその比率を変えています。




alt


ベーシックパッケージなのでドアスピーカーはそのままですが、純正スピーカーの綺麗に鳴らない周波数はカットして、綺麗に再生出来る周波数のみを使用しているので、意外と綺麗な音を再生出来る様になります。




そしてドアの内張を外して、防水シートを外してから外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせます。


alt


余分な残響を減らす事で、スピーカーの音は綺麗になり、音圧も上がってパワフルになります。





全ての結線と組み立てが終わったらイコライザー調整に入り、のこギャザーズはパナソニックのストラーダがベースで、見慣れた表示が出て来ました。


alt




ただ最近のストラーダはイコライザーの調整画面では良い音で聴こえても、メモリーをした途端に音が抑圧されて、再生画面の時とは微妙に音が違って聴こえるので、何度も調整⇒メモリー⇒試聴⇒調整を繰り返さないといけません。


alt


何度も調整パターンを変えて、2カ所1クリックづつ動かした所で一番生音に近いであろうパターンを見つけて、納車の準備に入りました。



音調整では自分のCD以外ではFM放送とお客様のSDカードで試聴して、その中にシャカタクのナイト・バーズが入っていて、「懐かしいな!」と思いながら何度も再生して音調整を行いました。



お客様が来店されて音を聴かれた時にナイト・バーズを選んで再生されて、音のクオリティーの変化に驚いておられました。





追伸



1980年代にシャカタクが流行した頃に、シャカタクの対抗馬的な『フルーツ・ケーキ』というフュージョングループがいました。


曲調とかもよく似ていたのですが、今ではその名前を全く聞く事がありません。




Posted at 2019/09/30 09:47:56 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
2019年09月29日 イイね!

他人の夢の話を聞くぐらい退屈な事はないと言うけれど


よく他人が夜夢の中で見た話を聞くぐらい退屈な事はないと言われますが、今日はあえてその他人の夢の話を聞いて下さい。


自分は仕事が立て込んで来ると職業病か、夢の中でイコライザー調整をしているい事があります。

もちろん夢の中ですからイコライザーが動かなかったり、メモリーしたらフラットになってしまったり、「どうしたらいいんだ!」という所で目が覚めます。

目が覚めたら日テレBS放送の音楽のある風景を見るか、NHK・BSプレミアムの新幹線が走っているシーンを見て、「これはあそこの駅!」と分かった途端に再び眠りについています。


ただ最近見た夢はいつもとパターンが違っていて、クイズドレミファドンに出演しているというものでした。

そのイントロクイズが普通のイントロクイズと違って、2曲かけてそのタイトルを答えて、更にその2曲のどちらが先に発表されたかという難問クイズで、放送業界の人限定という妙にリアルな夢でした。


まず1問目はMCハマーのユー・キャント・タッチ・ディスとボビー・ブラウンのエブリ・リトル・ステップで、夢の中で「エブリ・リトル・ステップ!」と答えました。

2問目はエブリ・リトル・ステップとユー・キャント・タッチ・ディスの元歌のリック・ジェームスのスーパー・フリークとエブリ・リトル・ステップのどちらが先かという問題で、「スーパー・フリーク!」と夢の中で答えました。


それで3問目がエブリ・リトル・ステップとZOOのチューチュートレインとどちらが先かという問題になって、うーんと考えてチュー・チュー・トレインと答えたら次の問題に進めました。


本当は夢なのにやたらリアルで、4問目はチュー・チュー・トレインのバックトラックのDトレインのキープ・オンとエブリ・リトル・ステップとどちらが先かという問題の所で、「Dトレインのキープ・オンってあまりにマイナーすぎるだろう!」と思ったところでガバッと目が覚めました。

何でこんな見た事も無いないリアルな夢を見たんだろうと思いながらも、夢の中で無理してクイズに答えたためどっと疲れて、それでBS放送も見ずにそのまま寝ました。


後で考えたら9月1日がクロスFMの開局記念日で、以前は開局記念特番にけっこう長い時間で出て喋った事があって、今年は26周年と中途半端な周年だったために何の特番もなく、自分が長時間喋る事も無かったので、その反動でこんな夢を見たのではないかと思います。


以前にクロスFMの20周年記念番組ではかなり長い時間喋らせてもらったので、次は4年後の30周年の時に長時間喋れるのでしょうか?


その時は自分が夢の中で見た『どっちが先に発売されたでしょうクイズ』をして欲しいです。


Posted at 2019/09/29 18:23:08 | トラックバック(0) | 世間話 | 日記
2019年09月29日 イイね!

トヨタ・ヴェルファイア スピーカーの音質アップ


今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、トヨタのヴェルファイアです。

alt




アルパインのヴェルファイア専用のビッグXを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取付けと、前後のドアのベーシック防振の施工の、トリプルパッケージの作業を行いました。

alt




まずはドアの内貼りを外して、防水シートも一度外して、外板裏に防振材を貼って行きます。

alt




位置によっての響きの種類に合わせて、防振材の質や形を選らんで貼っているので、ドアが重たくならずにスムーズな防振効果が得られます。

alt




リアのスライドドアは構造が複雑で、かなり手間がかかりますが、フロントと同じ価格で施工しているので、ある意味サービスプライスです。

alt




内張りを組み付けたら見た目は前と同じですが、余分な残響が無くなり、音が良くて静かなドアにグレードアップしています。

alt




ダッシュに取付けたツイーターはアップグレードのATX-30で、標準よりワイドレンジで高音を再生しているので、ダッシュ上の純正スコーカーで鳴らす音域の上の方までカバーしているので、より音の輪郭と表情がクリアーに聴こえます。

alt




ヴェルファイア専用のピュアコンをグローブボックス下に取付けて、フロント3WAYスピーカーとなり、ノーマルではかなりイコライザーを上げてもハッキリと聴こえなかった音が、フラットから三カ所下に下げただけで本来の音楽に近い状態で聴ける様になりました。

alt


alt




メディアエクスパンダ-という音を強調する機能もオフにしないと音が不自然になるぐらいの音の出来で、フロント3WAYの中音と低音は純正スピーカーを使っているとは思えない音の変わり方です。

alt


よくベーシックパッケージやベーシック防振はまるで手品の様だと言われる事がありますが、きちんとした技術と、音楽を演奏したり歌っているアーティストに実際にお会いして生の音や生の声を確認した上でパッケージの開発を行っていて、音源を元の形に戻そうと努力した結果がこの様なコストパフォーマンスの高いパッケージとなりました。
Posted at 2019/09/29 09:24:05 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
2019年09月28日 イイね!

3色のノートが勢ぞろい


昨日は福岡店にいて、夕方近くにノートeパワーに乗って宇部店へ帰りました。

alt


ちょうど宇部店を閉めている時間に到着して、何とこれまで絶対に2色しか揃わらなかったノートが3色揃いました。


この3台は絶対に揃わないと思っていたのが3台揃いましたが、本当は福岡店から動かしてはいけない車に乗って帰っているので、今日もう福岡に向かって返しに行っています。




本当は新幹線移動なのですが、自分は事前に左右の値をペアリングしたパーツを持ち歩いて、必要になったらその場で製品を組み上げるという仕事の仕方をしていて、昨日は持ち歩いているパーツの量があまりに多いので、新幹線移動を諦めて、一時的に福岡店の代車を借りていました。

alt

ただのコンデンサに見えて、何十個・何百個の中から厳選して、それで左右を合わせるのに1ペア何時間もかかっているので、これを持ち歩かないとそれぞれの店でペアリングしていたら納期が間に合いません。


コイルも機械巻をした物をほどいて希望の値を出すのはまだ時間がかからない方ですが、190μHを一から巻き上げて行くコイルは1ペア作るのにかなり時間がかかって、両方の店に在庫を置くほど時間に余裕が無いので、そでれこれだけの数を持ち歩いているのです。


最近は台風の影響で仕事が後ろの方にずれて来て、昨日と今日が仕事のピークになって、2店舗を往復して音調整を行なって、もしちょうどの値のピュアコンが無ければその場で作っていました。


ただし組み立てている時間に比べてパーツの左右のペアリングを行う方が時間がかかり、それで大量に事前にペアリングしたパーツを持ち歩いているのでした。




そして自分が福岡店の代車に乗っている間に、もし緊急に代車が必要になったらこれがあります!

alt


店内デモカーのNワゴンはきちんと整備がしてあり、直ぐに乗れる様な車で、本当は数ヶ月に1台づつ変えていく予定が、9月だけで車検が3台あったために入れ替える事が出来ませんでした。




これを外に出して代車にすると、その後ろに自分がピュアコンうぃ作っている机があるので、奥は散らかっているのでボロ隠しが大変です。

alt


ここにはオールドモデルのB&Wの801が置いてあって古いながらもユニットは新品に2回替えていて、今でも良いコンディションでなっています。


特にNワゴンのハッチで前が塞いであるので、以前よりも良い音で鳴っています。



前に店内にの車を出す時はサンダーバードのテーマをかけながらゆっくり出そうと書きましたが、以前買っていたサンダーバードのサントラCDを見つけて来ました。

alt


色々なシーンで使われた音楽が収録されていますが、24曲中の最後の方の23と24のトラックが日本での放送の最初と最後に流れていた様な気がします。


宇部店でジャケットを撮影していたら、ピンクの6輪車の後ろに乗っているお嬢様の声は黒柳徹子さんだったそうです。

alt


ノートeパワーの中では道中の半分くらいはサンダーバードのCDを聴いていました。
Posted at 2019/09/28 20:24:04 | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

サウンドピュアディオの井川です。 福岡県・山口県でカーオーディオ専門店を営んでいます。 アーティストとのコラボレーションにより、より生演奏や生の声に...

ユーザー内検索

<< 2019/9 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

映画『シン・ゴジラ』を観て来ました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/16 14:33:11
ホンダ・ステップワゴン  スピーカーの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/17 14:55:36
トヨタ・新型シエンタ カーオーディオの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/22 06:49:11

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
サウンドピュアディオのデモカースバル・レヴォーグです。 車種別専用設計のベーシックパケ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.