• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

あた_のブログ一覧

2014年04月30日 イイね!

『 通り抜けの桜 』で八重桜を撮ってみた


     前日に妙義山さくらの里で八重桜を撮りましたが
     八重桜をアップで撮影したもので気に入ったものが少なく、不完全燃焼でした。

     なので、4/27(日)は埼玉県長瀞町の『 通り抜けの桜 』で
     八重桜のクローズUPを狙ってみました。

     八重桜は8割近くの株で満開を過ぎていました。
     将来的に桜の蕾に雨露が付いたものを撮りたいので
     花が付く高さを体で覚えることにしました。



【画像1】  撮影時刻 08:36、 5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F5.6、 C-PLフィルター、 三脚

      見下ろせるもので、しかも一本だけ枝が伸びたものを発見。




【画像2】  撮影時刻 09:31、 5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50ZE、 F4、 C-PLフィルター、 三脚




【画像3】  撮影時刻 12:22、 5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F4、 C-PLフィルター、 三脚

     画像1、画像2、画像3とも同じ花ですが、レンズまたは時間帯が異なります。
     お昼近くに撮った画像3は趣が有りません。八重桜は裏側から光差す方が良いみたい。



【 画像4 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F5.6、 C-PLフィルター、 手持ち




【 画像5 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F5.6、 C-PLフィルター、 手持ち




【 画像6 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F5.6、 C-PLフィルター、 三脚




【 画像7 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F4、 C-PLフィルター、 三脚

     ちょうど満開の株を見つけました。モコモコ感が有り、ブドウのようでした。
     この株の花に勢いがあるためか、1匹のクマンバチが縄張りにしていました。



【 画像8 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F5.6、 C-PLフィルター、 三脚

     画像7の主役をアップで撮影したもの。



【 画像9 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F8、 C-PLフィルター、 三脚





     八重桜の撮り方が少し分かった気がします。撮りに来て良かった。


-----*-----*-----*-----*-----

     【 備忘録 】


     【 『 通り抜けの桜 』の印象 】

       反時計回りとなるよう順路の札があります。
       健脚の人が観るだけなら、あっという間に通りぬけてしまいます。
       だから『 通り抜けの 』と呼ぶのかもしれません。
       大して高低差は無いものの、ジグザグに登ったり、
       または、単調に登り降りするレイアウトになっています。
       そのため、見上げて、見下ろして、真横に、間近に、なんでも有りで
       八重桜を楽しむことが出来ました。

       遠景として美味しいランドマークは有りません。

       夜間観賞用の照明器具と電気コードが至る所に有るので
       地面に目を向けると無粋な感じです。

       休憩用の椅子やテーブルは、木に見せかけたプラスチックで出来ていて
       お世辞にも出来が良いとは言い難いものでした。

       とまあ、八重桜そのものは絶賛級なのに、
       付随する諸々は残念でした。

       4/27(日)は連休前半の日曜日でしたが、
       お昼を過ぎると人が急に少なくなりました。
       他の観光スポットをハシゴする人が多いらしく、
       その前の食事に向かったと思われます。




     【 八重桜の花の撮りやすさ 】

       ここで八重桜の花をクローズアップで撮影するなら
       撮りやすい高さや距離にあります。
       妙義山さくらの里では、300mm、400mmのレンズも欲しいくらいですが
       ここでは70~200mmのレンズでも大丈夫そうです。

       背景として、暗い木立、明るい新緑、地面の雑草などを
       使える状況も多く感じました。




     【 駐車場の状態 】

       最寄りの駐車場は不動寺の南側に位置するものとなり未舗装です。
       4/27(日)の駐車場は乾いていたので、車が通ると土埃もうもうでした。
       洗車後すぐに訪れ長時間停めたら車好きは後悔するでしょう。

       尚、『 通り抜けの桜 』専用の駐車場というより、
       宝登山ロープウェイや長瀞川下りの駐車場を兼ねている広大な駐車場です。
       なので、4/27(日)午後1時半頃でも駐車率6~7割に見えました。




     【 駐車料金 】

       『 通り抜けの桜 』の整備協力金は200円です。
       しかし、駐車場の料金は500円です。その500円を払うと
       協力金が免除されるという仕組みでした。

       私の場合、朝早く駐車場に入場したので係員は居らず、
       午後1時半に車に戻ると 『 駐車料金500円未払。ナンバー控えてあります 』 的な紙が
       フロントガラスとワイパーの間に挟んで有りました。
       後で催促の電話が来ると嫌なので駐車場入り口の窓口に赴き、差額300円を払いましたが
       私の車のナンバーを確認すること無く、領収証の発行も無く、なんだかな~でした。




     【 トイレ 】

       『 通り抜けの桜 』の順路にトイレは有りません。
       前述の広大な駐車場の一角に男女別の公共トイレが有ります。
       気になったのは、トイレの洗面所の蛇口です。
       水道の蛇口の張り出しが超短くて手を洗いにくく
       お役所仕事の言葉を瞬時に連想しました。




     【 渋滞情報 】

       4/27(日)14時過ぎに『 通り抜けの桜 』の駐車場を出発し
       国道140号を東進したら大渋滞していました。
       芝桜で有名な羊山公園の脇を通過するルートを使ったのが敗因です。

       なので、羊山公園を見ないなら、羊山公園から遠ざかるルートを選ぶのが、
       4月末~5月頭の休日では正解のようです。

       参考ながら、4/27(日)の往路は朝7時に通過したので問題無しでした。
Posted at 2014/04/30 21:32:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | カメラとか風景写真とか | 日記
2014年04月28日 イイね!

八重桜の開花翌日に撮ってみた


     管理事務所による八重桜の開花発表が4/25(金)に出たばかりですが
     26(土)に妙義山さくらの里で撮ってきました。

     前回まで2回の訪問で八重桜の方が低い位置に
     花がつきそうと分かっていたからです。

     八重桜に雨露がついたものを撮りたいので
     それが出来る場所を探すのが、この日の目的です。


     ※ 画像は撮影時刻順に掲載しています。




【 画像1 】  C-PLフィルター、 三脚

     前回まで歩いていないハイキング路において
     形の良い桜の木を見つけました。
     ただ、開花していると、遠くの桜と重なってしまうかも。



【 画像2 】  C-PLフィルター、 三脚




【 画像3 】  C-PLフィルター、 三脚




【 画像4 】  C-PLフィルター、 手持ち




【 画像5 】  C-PLフィルター、 手持ち

     普通の桜も花が残っているものも有り、新緑の葉っぱと合わせて綺麗でした。
     管理棟脇の駐車場から続く舗装道路に観光客は多かったものの、
     そこから登ると、新緑の桜を独り占めでした。



【 画像6 】  C-PLフィルター、 三脚




【 画像7 】  C-PLフィルター、 手持ち




【 画像8 】  C-PLフィルター、 手持ち

     満開の時に撮りたいなぁ。



【 画像9 】  C-PLフィルター、 手持ち




【 画像10 】  C-PLフィルター、 手持ち

     やや低い位置に八重桜が多いエリアを見つけました。
     が、脚立を使わないと雨露との組み合わせは難しそう。
     取りあえず、この日の目的を達成したので良かった。
     15時30分過ぎに撮ったので、濃い色に写りました。



【 画像11 】  C-PLフィルター、 手持ち




【 画像12 】  C-PLフィルター、 三脚

     16時も過ぎて陽が傾き、明暗分かれた八重桜の対比が目につきました。
     満開のときに再び見てみたい場所でした。



【 画像13 】  C-PLフィルター、 三脚




【 画像14 】  C-PLフィルター、 手持ち






【 撮影機材 】

        ボディ : 5DmkⅢ
        レンズ : EF70-200mm F4L IS
        C-PLフィルター
        MYフォト蔵において大画像やExif情報をご覧いただけます。




-----*-----*-----*------*-----

     【 備忘録 】

     【 5Dmk2の弱点を再認識 】
        標準マクロを5Dmk2に装着して撮りましたが
        太陽に近い方向を向けたものが多く、
        発色が狂い、ほぼ全滅でした。
        2年くらい前は、24-105mmF4L が逆光に弱いと思っていましたが
        それは勘違いで、逆光に弱いのは5Dmk2ボディでした。


     【 八重桜の花の高さ 】
        普通の桜の木に比べると八重桜の方が低いのですが
        脚立を使わないで見下ろして撮れる八重桜は少なかった。
        なので、妙義山さくらの里で
        雨露に濡れた八重桜を撮るには脚立が必要と思いました。


Posted at 2014/04/28 21:23:03 | コメント(3) | トラックバック(0) | カメラとか風景写真とか | 日記
2014年04月18日 イイね!

ぬるっ晴れでも心折れずに撮ってみた


     妙義山さくらの里の満開の桜を見たかったので
     有給休暇を取って4/16(水)に訪れてみました。

     この日に使ったレンズは、標準マクロと中望遠ズームです。

     どっ晴れなら広角ズームを使う予定でした。
     しかし、GPV気象予報では雲が出るとのことなので
     空に向けない前提のレンズ選びとなりました。



【 画像1 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F5.6、 C-PLフィルター、 三脚




【 画像2 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F8、 C-PLフィルター、 三脚

     満開の白い桜が離れたところにあると、
     白べたを塗ったように単調になって見えました。
     なので、ピンクの桜を手前に配してみました。



【 画像3 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F11、 C-PLフィルター、 三脚

     元画像では背景の杉木立が暗く沈み汚い感じでした。
     そこで、HDRで持ち上げて東山魁夷風にしましたが
     桜と杉を境にしてハロが出ています。
     失敗作ですが、桜の形が良いので備忘録としてUP。
 


【 画像4 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F8、 C-PLフィルター、 三脚

     展望台を遠望してみました。
     東屋の屋根が渋い赤なら、意外とイケルのですがね。



【 画像5 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F8、 C-PLフィルター、 三脚

     この画像を含め背景に青みが有るものは、(但し画像1を除く)
     午後2時半を過ぎて、少し雲が減ってきてから撮ったものです。
     ただ、うす雲があったので、青の彩度を強調し、青の明度を下げ
     無理やり背景を整えています。



【 画像6 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F5.6、 C-PLフィルター、 三脚

     好みからすると、花だけの桜より、葉っぱと同時に観賞できる方が好きですね。



【 画像7 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F5.6、 C-PLフィルター、 三脚




【 画像8 】  5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50ZE、 F5.6、 C-PLフィルター、 三脚




【 画像9 】  5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50ZE、 F5.6、 C-PLフィルター、 三脚

     三脚を最大限に伸ばして、ライブビューで撮影したものが
     この日一番のお気に入りになりました。


-----*-----*-----*------*-----


【 おまけ 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F8、 C-PLフィルター、 三脚、 強トリミング

     一本杉園地で猿回しをしていました。ジャンプした瞬間を撮影。


-----*-----*-----*------*-----


     【 備忘録 】

     【 満開の混み具合について 】
        4/16(水)は、満開が発表された翌日のためか、平日ながら混んでいました。
        管理棟脇の駐車場から続く道路には、
        特に一本杉園地は人であふれかえっていました。

        後ろから来る人のことに全く頓着せず
        ユックリ歩いたり、大勢で立ち止まったりと道をふさいだりと、
        ここは豊島区の巣鴨の地蔵通りかと一瞬思ったぐらいです。
        
        一本杉園地の東屋北側のツツジのある広場では
        花見客が入れ替わり立ち替わり記念撮影をしていました。

        ところが、道路から急斜面の散策道を登っていくと人も減り、
        観光客が写り込むことなく撮影ができます。

        さらに、管理棟脇の駐車場のキャパシティが低く
        入場待ちで道路渋滞することが幸いし、
        入場制限として機能しているようです。

        なので、一本杉園地付近でも高いところに上がれば
        落ち着いて花見や撮影を出来ます。

        一本杉園地を離れ、中央園地や展望台に行くと
        そこはもう、カメラマンやハイカーだけになり、落ち着いた雰囲気になります。



     【 マクロ撮影や花のアップに厳しい 】
        4/16(水)は雲が有ったので、桜の花のアップをメインにしました。
        大型三脚のため何とか撮れましたが、
        雲のある空を嫌い、横または斜め下を狙う構図では、
        妙義山さくらの里はマクロ撮影に厳しいことが分かりました。
        脚立を車に用意してあったのですが、斜面が多いため出番無し。
Posted at 2014/04/18 21:41:08 | コメント(2) | トラックバック(0) | カメラとか風景写真とか | 日記
2014年04月14日 イイね!

妙義山さくらの里を下見してみた


     桜の撮影地をネットで物色していて『 妙義山さくらの里 』を見つけました。

     今まで長野県や山梨県に目が向いていたので
     まさか自然豊かな桜の撮影地が関東に在ったなんて
     気が付きませんでした。

     妙義山さくらの里を訪れたことが無いし、
     管理棟の駐車場に入るには、かなり待つらしいので
     満開前ながらも 4/12(土) に下見してきました。


     管理棟の駐車場が開くのは朝9時からになっています。
     なので、今回は中之岳駐車場を利用してみました。

     朝7時過ぎに中之岳駐車場に着いてみると
     拍子抜けするほど空いていました。
     昨日 4/11(金) に管理事務所が開花を発表したばかり
     というのも空いている理由かもしれません。

     本来なら直ぐに車を離れて下見すべきですが、
     桜の里の中心方向は透明感が全く無く、やる気が起きません。



     以下の画像は撮影時刻順に掲載しています。



【 画像1 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F11、 C-PLフィルター、 三脚

     妙義山を見に来た証拠に。



【 画像2 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F11、 C-PLフィルター、 三脚

     中之岳駐車場付近から、さくらの里の中心方向をみたもの。
     撮って出しの明度を調整しただけ。
     快晴で日射しが当たっている筈なのに、このありさま。
     肉眼で見ても同じで、全くもって、やる気が起きません。
     でも、せっかく来たのだからと下見することにしました。



【 画像3 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F8、 C-PLフィルター、 手持ち

     『 中央園地 』にある野外ステージの階段です。
     大岸壁を意識したのか、長い石段が作ってありました。
     おそらく、高度成長期に余裕が有った頃のものでしょう。



【 画像4 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F8、 C-PLフィルター、 手持ち

     桜が満開する前?に、階段を一段ずつ掃除をする人。
     働く姿は絵になりますね。



【 画像5 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F5.6、 C-PLフィルター、 三脚

     桜の花が撮ってくれと主張していました。
     花びらが開ききっていなくても、この見栄えです。
     それにしても真上に近くなるほど、青空は濃くなりました。
     やはり、春霞が溜まっていたようです。



【 画像6 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F8、 C-PLフィルター、 三脚

     淡い桃色でも、白い花があると引き立ちます。
     ここは迷わず縦構図あるのみ。



【 画像7 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F5.6、 C-PLフィルター、 手持ち

     『 下の園地 』を通過するときに撮影。
     山ツツジの花は、他の園地でも東屋の近くに有りました。



【 画像8 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F16、 C-PLフィルター、 三脚

     これが『 一本杉園地 』の主役かも。



【 画像9 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F22、 C-PLフィルター、 三脚

     蕾が多いので、ガクの赤が目立ちます。
     正直なところ、ダブル主役のピントの置きどころと絞りが分かりません。
     次回はピントを色んなところに置き、撮りまくり必至ですね。



【 画像10 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F8、 C-PLフィルター、 三脚

     中之岳駐車場から見た画像2では、桜が少なくてガッカリしました。
     しかし、現地に立ってみると素晴らしい景色でした。
     日和見しなくて大正解 (^o^)v



【 画像11 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F22、 C-PLフィルター、 三脚

     さくらの里の良いところは、斜面に道を作ってあるので
     少し移動しただけで別の構図を得られるところ。



【 画像12 】  5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50ZE、 F22、 C-PLフィルター、 三脚

     美味しい撮影ポイントでは踏み跡が付いていました。
     なので、上ばかり見ていちゃダメですね。
     アウトドアの趣味は同好の士のトレースハンティングも重要です。



【 画像13 】  5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50ZE、 F22、 C-PLフィルター、 三脚

     標準マクロだと桜の花の額縁は難しかった。



【 画像14 】  5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50ZE、 F22、 C-PLフィルター、 三脚

     美味しいポイントでは縦でも狙います。



【 画像15 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F8、 C-PLフィルター、 手持ち

     帰路、中之岳駐車場に戻る途中、
     少し見下ろしてアップで撮れる枝を発見。
     背景に玉ボケもできてラッキー。



【 画像16 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F11、 C-PLフィルター、 手持ち

     帰路、中之岳駐車場の近くのクネクネした車道わきに
     東に開けた格好の撮影ポイントが有りました。
     車道より少し高くなっているので、車だと気が付かないかも。



【 画像17 】  5Dmk3、 EF70-200mm F4L IS、 F5.6、 C-PLフィルター、 三脚

     中之岳駐車場に戻ってからのGPS画面。
     初訪問で広い範囲を歩くときはGPSを使います。
     美味しい撮影ポイントを覚えられない場合が有るからです。
     でも、この撮影地は目印が多いので問題無さそう。

     -----*-----*-----*------*-----

【 おまけ 】

     『 中央園地 』の東屋に貼ってあった『 さくらの里マップ 』です。
     リンク先の『 MYフォト蔵 』に大画像を置いてあります。





     今回の下見では、車を離れるのが遅かったため
     『 上の園地 』、『 展望台 』、『 一の沢園地 』、『 管理事務所 』付近
     を見ることが出来ませんでした。
     たとえ下見でもヌルヌルしちゃダメと反省しきりです。

     -----*-----*-----*------*-----

     【 備忘録 】

     【 標準マクロレンズの適否 】
        手近な桜の枝は有ることは有るのですが
        マクロ撮影に向くものは少なかった。
        標準マクロより、広角ズームを持参すべきでした。
        4月中旬のせいか地面に花は無く、
        有っても車道のワレメから生えるタンポポくらい。
        あと、ツクシ。



     【 美味しい園地はどこ? 】
        桜が満開のとき、管理棟の駐車場に入るため渋滞し、
        逆に、下仁田インターから来る中ノ獄駐車場は
        比較的スンナリ駐車できる、とのネット情報でした。
        なので薄々分かってましたが、
        中之岳駐車場から管理棟に近づくほど絵的に良いようです。
        その理由は、中ノ岳駐車場に近い園地ほど
        山を見上げる角度が強いからだと思います。
Posted at 2014/04/14 22:44:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | カメラとか風景写真とか | 日記
2014年04月06日 イイね!

久々に魚拓を確認してみた


     STAP(スタップ)細胞の論文不正問題で、
     小保方晴子さんが捏造した根拠として
     小保方さんの博士論文の画像と酷似することが示されています。

           ↑

     このニュースで、世間に画像を発表する際には
     下手に流用できないことを知った人も多い筈です。



     以前、私がブログの対象にしたものに
     某・車SHOPの広告における酷似した画像が有りました。

     あの魚拓は残っているのか? と気になったので

     以前のブログを探してみたら

     魚拓に取ったものは残ってました。

     魚拓って、良くも悪くも恐ろしいですね。



     そうそう。

     某・車SHOPの経営者が変わり

     現代科学で説明不能な商品や施工の宣伝ブログは無くなったようです。

     ただ、車いぢりSHOPのブログとして

     オイル交換、アーシング、世間話だけというのは・・・・・・



     たかだかブログですが、

     プロSHOPの場合、客層や技術レベルが分かるのが

     恐ろしくも有り、便利なものです。
Posted at 2014/04/06 12:16:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然なるヒマ話 | 日記

プロフィール

「ヒラマサ五輪公式HPの世界地図から日本が消されてる。ここでクイズです。これを報道するマスコミは産経新聞の他に何が有るでせうか?」
何シテル?   09/27 19:34
MT車萌え~。人ごみが大嫌い。片側一車線が大好き。ネイチャーフォト志向。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/4 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

和歌山秘宝館 
カテゴリ:車いぢりSHOP
2014/01/06 01:16:40
 
撮るしん 
カテゴリ:撮影
2014/01/06 01:10:59
 
MYフォト蔵 
カテゴリ:撮影
2014/01/06 01:08:23
 

お友達

DIYしないオジサンで宜しければ・・・
47 人のお友達がいます
ニャンギ。。。ニャンギ。。。 ジン@山梨ジン@山梨
ターナブルターナブル モリヤスモリヤス
甚(じん)@彩の国甚(じん)@彩の国 wrまこwrまこ

ファン

94 人のファンがいます

愛車一覧

スバル フォレスター スバル フォレスター
29万キロ以上乗ったフォレスターSTI(SG9C)からの乗り換えです。
スバル フォレスター スバル フォレスター
2004年3月  SG9Cを購入 2011年1月  201000キロでリビルトエンジンに ...
その他 その他 その他 その他
ブログ用画像倉庫
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.