• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

小林あにのブログ一覧

2020年12月29日 イイね!

設楽森林鉄道鰻沢線跡をちょっと歩く(8)・昔の鳴沢橋の橋台

2020年12月27日日曜日、新城市作手守義から北設楽郡設楽町三都橋に残る設楽森林鉄道鰻沢線(森林鉄道段戸山線田峯鰻沢線)の跡を歩いてきました。

今回は未踏査の区間ではなく、「設楽森林鉄道鰻沢線跡をちょっと歩く(4)」で歩いた区間を再訪問です。ここ3週間ほど山の中を歩いていなかったので、ひとまずお気楽に散策したかったのと、同区間の写真の撮り直しが目的です。あとは、新規にレールが発見できればと(笑)。

やって来たのは、国道420号と愛知県道35号鳴沢橋の交差点付近。国道標識が立つ場所から斜面を登っていきます。



森林鉄道跡へ来ました。杉林の中を一直線に跡が残っています。ここから設楽町三都橋方面へと向かい歩いていきます。



国道420号と県道35号の交差点を見下ろします。県道35号はこの先の崖崩れにより長らく通行止めが続いていて、新城市作手と設楽町を最短で往来するルートが使えず、わたくし的にはドライブに支障が出ております。



国道420号の真上に出てきました。以前はコンクリート補強された法面が丸出しの状態でしたが、今年になって落石防護網が設置されました。おかげで、森林鉄道跡は網を支えるワイヤーが縦横無尽に絡んでおります。





沢というほどでもない凹地を通過します。



「谷積み」した石垣の上にもう一列石を並べた石積み擁壁。「谷積み」だけのパターンはいくらでも見かけますが、わざわざもう一列積むパターンはあまり見かけませんね。



宮内省帝室林野管理局の境界標石。この地域の山地は、戦前は宮内省帝室林野管理局が管理する御料林でした。この境界標石はその当時の痕跡の一つで、「宮」の字を図案化したマークが刻まれています。



苔むした石積み擁壁が続いています。



前方の沢に小さな橋が見えてきました。



枕木とレールを乗せるコンクリート製の桁だけを架けたいたって簡素なもの。ここ以外にもう1か所同様の橋が残っています。





3年5か月ぶりに渡ります。分厚い桁なので、私が乗ったところでビクともしません。ただ、平均台歩きが怖くて嫌なだけです(笑)。



対岸へと渡り、幅広で穏やかな区間を歩いていきます。



レールが現れました。前回訪問時に確認済みのレールです。路盤が洗われて、宙に剥き出しになっています。



ご覧のとおり、供用当時の軌道幅を保ったまま残っています。



こちらは反対側。右側のレールは木に取り込まれてしまっています。



この先では木が根元からひっくり返っていますが、なんとか隙間を通り抜けます。



岩壁を削り込んだ区間を通過します。



ふたたび沢に出ました。ここには橋台と2つの橋脚が残されています。





対岸は岩盤の上に石積み擁壁を組んで路盤を築いてあります。



沢の中から橋脚を見上げます。鋭い沢でしたが、たまたまあった残置ロープを手すり代わりにして沢底まで降り、対岸へと横断しました。



渡った対岸側から橋梁跡を眺めています。橋台と橋脚の高さが相当ずれています。橋脚からさらに木組みをして橋桁を支える構造だったそうです。





渡った先も岩壁を削った険しい地形を通り抜けていきます。





またレールがありました。これは前回訪問時にはわからなかった物ですね。確認のため、靴で周囲を掘り返しました。



写真左側に対になるレールがあったはずですが、そちらは見つけられませんでした。



珍しく山側に石積み擁壁があります。ここは山へと登っていく古道が交差しています。



ふたたび沢へ向かい、路盤跡が山へと入り込んでいきます。



橋梁跡です。対岸にカーブを描く橋台が見えています。



前回訪問時はさらにこの先へと進んでいきましたが、ここは先ほどの沢よりもさらに鋭く抉れたV字型の沢。沢の周囲は手掛かりの無い滑らかな岩盤が露出しているので、沢に降りることすらできません。



進むためには大きく迂回する必要があるため、今回はここで引き返すことにしました。「一度歩いたルートだし、もういいや。」というのが本音です(笑)。

先ほどの石積み擁壁の所まで戻ってきました。まだ時間もあるので、ここから交差する古道を山側へと登っていってみます。



想像以上にしっかりとした道跡が残っています。この先に集落があるわけでもなし、なぜでしょうかね。





尾根の上に出てきました。奥に向かってまだまだ道跡が続いています。



細尾根の道になりました。



本来の尾根よりもかさ上げされて道が造られているのがわかります。わざわざこんな道を造る必要があるものがこの奥にあるんですかね?



依然、道跡ははっきりと残っています。





荒れた凹地へと出ました。ここで本来の道跡は消えていましたが、細い踏み跡がさらに先へと続いているので、それを頼りに進みます。



ふたたび道跡が現れました。



この先に炭焼き窯の跡がありました。



そして、炭焼き窯跡があるこの平場で道跡は完全に途絶えてしまったようです。



どうやら、私が登ってきたこの道跡は、この炭焼き窯で焼いた炭を麓へと搬出するための道だったようです。

周囲を見渡していたら、沢沿いに踏み跡があったので、もう少し登ってみることにします。



尾根を登り詰めていったら、巨岩に行く先を塞がれてしまいました。やはり峠道という訳ではなかったようです。





先ほどの平場まで戻ってきました。



この平場の下方は崖になっていて、沢の流れが滝となって落ちていきます。



森林鉄道跡まで戻ってきました。道跡はさらに下へと続いているので、このまま国道420号まで降りていくことにします。



山へと登る側の道とは打って変わって、人一人がようやく歩けるほどの細道です。



もしかしたら、搬出した炭は今の国道まで降ろさずに、森林鉄道に便乗して搬送していたのかもしれません。想像ですけどね。

国道420号へ出ました。落石防護柵で塞がれていたらどうしようかと思っていましたが、ちゃんと切れ込みが造られていて助かりました。やはり昔は人の出入りがあったのでしょう。



やや場所は飛んで、鳴沢橋まで戻ってきました。現橋の真横に残る旧鳴沢橋の橋台です。この橋は1932年(昭和7年)に竣工したようです。





傍らに欄干の柱だけが残っています。



鳴沢橋で対岸に渡り、川沿いにあった細い道へと入り込みます。先ほど居た旧橋の橋台を反対側から見ようと思ったからです。

何と、その細い道に石仏があります。



見てみると馬頭観音です(仏頭に馬の頭が乗っています。)。これがお地蔵様ならさして気にしませんでしたが、馬頭観音となれば話は別です。この道が昔の街道であった可能性があります。



光背に年号が刻まれているようでしたが(誰かがなぞった跡があった。)、はっきりと読み取れませんでした(大正?)。

歩き進めていくとすぐに川べりで道が途絶えました。



これは石積みの橋台ですね。ということは、鳴沢橋の旧旧橋がここにあったということになります。これは想定外でした。





1908年(明治41年)測図・1932年(昭和7年)発行の地形図を見ると、現在の鳴沢橋の場所には橋も道路も記載されておらず、掲載されている前身の橋と道は「鳴沢の滝」を避けるためか、もっと下流にありました(その道は「新城市作手守義字小滝から設楽町三都橋までの古道を探索」ですでに探索済み。こちらでは橋跡を見つけられませんでした。)。

記載が漏れたのは、地図の内容更新がめったにされなかったためでしょうが、類推すれば旧旧橋の架橋は1908年以降ということになるでしょう。図書館へ行って「作手村誌」でも読み返してみないといけません。

こちらは旧鳴沢橋の橋台。昭和戦前物なのでオーソドックスなコンクリート橋台です。



車へと戻ってきました。今回、個人的には一番最後に予想外のものを見られたのが良かったですかね。そして、またモヤモヤが増えましたが…(笑)。

Posted at 2020/12/29 06:56:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 設楽森林鉄道 | 日記
2019年05月02日 イイね!

設楽森林鉄道鰻沢線跡をちょっと歩く(7)

今日は1年ぶりに設楽森林鉄道鰻沢線跡へ出かけてきました。



今回は「設楽森林鉄道鰻沢線跡をちょっと歩く(5)」の続きとなる区間を歩いてみます。



(5)で引き返した沢から廃線跡に入り込んで歩き始めたわけですが、すぐに途絶えてしまいます。現在、真下を通る国道420号が拡幅工事中なので、削り取られてしまったようです。



斜面を高巻きして廃線跡の続きへと移動しますが、ここもすぐに途絶えてしまいました。





ここは高い所まで法面工事がされていたので、施工部分の頂上まで登って迂回。



ふたたび廃線跡に戻り、進んでいきます。





今回歩いた区間は沢が少なく、石垣の橋台が残っていた沢はここだけでした。





戦前の宮内省の境界石はこの辺りでも所々残っています。



しっかりとした石垣が続いています。





珍しく開けた場所を通り抜けます。



小さな神社の参道と交差します。この辺りは廃線跡の上の斜面に小さな神社が点在してます。



ここも石垣がきちんと残っていて、廃線跡がきれいに保たれています。





しばらく先で廃線跡はまた消えてしまいました。



この先は山の斜面に廃線跡と思われる平場が見当たらなくなってしまったので、国道の路肩を歩いていきます。



廃線跡が見当たらないまま落合橋まで来ました。森林鉄道はここでは渡河せず右折していましたので、そのとおりに歩いていきます。



設楽森林鉄道の栃洞線が分岐していた新城営林署団子島事業所という所まで歩いていきました。それらしい小さな木造建物がいくつか集まって建っている場所を巡ってみましたが、これというものは見当たりませんでした。

建物の横にレールが突き出ていたので撮っておきました。なぜか鹿の糞が乗っかっていますが(笑)。



落合橋まで戻って橋を渡り、すぐに右折して坂を登っていきます。坂の途中で廃線跡と交差するので、一旦、団子島事業所へと戻る方向に進みます。



団子島川のほとりに石積みの橋台が残っていました。



対岸の団子島事業所の眺め。



道路まで引き返して、今度は右の路地へと入っていきます。



ふたたび廃線跡が現れました。



が、じきに国道によって削り取られてしまっていました。



また高巻きして続きの部分に降ります。



今回歩いている区間は山が川に迫っていて余地が無く、国道の拡幅が進むたびに廃線跡が削られてしまっているようです。ただ、道路脇に民家がある区間は、民家の裏手の山側を通過しているため、そのまま残ったみたいですね。



あれ?廃線跡に物置を置かれてしまっていますね。私有地になってしまったのでしょうか。



無理に辿る必要もないので高巻きして迂回しましたが、迂回した先ですぐに国道へと降ろされてしまいました。



この後、10分ほど国道を歩いていきましたが、山の斜面に平場は全然見当たらず、国道になってしまったみたいです。

この先もまだ続いているわけですが、暑さでくたびれてきたのと廃線跡がないことに気が削がれてきたので、ここで引き返すことにしました。
Posted at 2019/05/02 21:13:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 設楽森林鉄道 | 日記
2018年04月28日 イイね!

設楽森林鉄道鰻沢線跡をちょっと歩く(6)

今日は、設楽森林鉄道鰻沢線跡を歩いてきました。歩きつないで6回目となります。

今回は、旧豊橋鉄道田口線田峯駅と接続していた地点から上流へと歩いていきます。

旧田峯駅付近に残るトンネル。区間唯一のトンネルです。









廃線跡を利用してわずかな区間が遊歩道にされたらしいですが、トンネルのすぐ先で柵が崩壊してます。



転がっていた宮内省帝室林野局の境界標。地中に埋まる基礎部分の大きさに驚かされます。



遊歩道は右上へと登っていきますが、廃線跡は直進します。



先を少し進むと、廃線跡は旧段嶺隧道の上で途絶えてしまいました。旧国道を拡幅した際に削られてしまったようです。



山の斜面を登り、途絶えた先へと移動します。廃線跡が途絶えているのは100mくらいでしょうか。

迂回した先には用途不明の大きなコンクリート柱?が横たわっていました。



ふたたび路盤の跡が明確になってきました。



森林鉄道に関係するものか不明ですが、多分、滑車のようです。



宮内省の境界標が頭を出しています。



沢が洗い越しのように流れています。



下の国道との高低差は20mくらいでしょうか。



路盤が大きく崩れています。



振り返って見ると高い石積みの擁壁。



ベンチが現れました。田峯城跡への遊歩道との交差点に出たようです。



すぐ近くの沢に石積みの橋台が残っています。



反対側には長い谷積みの擁壁。苔に覆われています。



次の大きな沢にも石積み橋台が残っていました。



来た方向を振り返って。



道中は相変わらず倒木が多くて歩きづらいです。













境界標に「七三」の刻印。意味は不明です。



森林鉄道が通っていた所だけあって、山深さを感じます。



また沢の流れが路盤を横切っています。ここは溝がまだ現存していたので、スムーズに流れています。



碍子に金具が付いた物が落ちてました。用途不明です。



堀割りを通過。



石垣がきれいに残っています。







南向きの斜面に入り、日が差し込みます。



急傾斜地を進みます。



法面工事のために伐採しているようです。



資材運搬用のためか、モノレールが設置されてます。



大きなカーブを描く石積みの築堤が現れました。破損もなく、今回一番の大物ですね。











また洗い越しを通過。





路肩が崩れて路盤の幅が狭くなってます。通過に支障はないので難無く通過。





二段になった石垣。普段から磨かれているみたいにきれいです。



廃線跡が道路に吸収されてしまいました。



この先は民家の前を通り(1)で歩いた廃線跡に続くので、今回の探索はこれにて終了とあいなりました。

合流地点の少し手前にある石積みの暗渠。本体である森林鉄道の築堤はほとんど欠落しています。増水時に沢の流れを阻害しないよう壊したのかもしれません。



ここまで3時間の行程。気分的には、「えっ?もう3時間経ってるの?」という感じでした(笑)。

当貝津川沿いを通る国道まで降りて、旧段嶺隧道前に停めた車まで戻ることにします。

戻る途中の交差点で撮った国道おにぎり3段。知っている人は知っているという程度のものですね。



引き返し地点から約40分で車に到着。膝がパンパン、腰も痛い…。タイトルの「ちょっと歩く」がだんだん合わなくなってきてしまったな…。
Posted at 2018/04/28 23:25:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | 設楽森林鉄道 | 日記
2017年08月06日 イイね!

設楽森林鉄道鰻沢線跡をちょっと歩く(5)

うだるような蒸し暑い日が続いていますが、懲りずにまた設楽森林鉄道鰻沢線の跡を歩きに行ってきました。

今日はまず寄り道。

北設楽郡設楽町小松の県道10号に残る旧制の道路標識。





以前にも載せたことがありますが、すっかり錆び錆び。本来は白地になっている部分が青色で、錆びている部分が白色だったみたいです。「徐」の字の下にはうっすらと「SLOW」の文字も。

ここは設楽ダムが完成すれば湛水区域になるので、余命あと何年でしょうかね…。

次は、設楽森林鉄道本谷線跡と林道が交差する地点にあるという林道用道路標識を見に行こうかと思いましたが、入口がよくわからなくてパス。そのまま県道33号を裏谷まで登って、県道365号で国道420号へと下っていきます。



今回は、国道420号と県道35号の交差点のさらに上流、道路の2車線区間が終わる辺りに車を停めて、斜面を線路跡へと登っていきます。



線路跡に着きました。



ここから上流の豊邦地区へ向けて歩いていきます(下流側は(2)で確認済み。)。













下を通る国道に削られて線路跡がなくなってますが、そのまま斜面を進んでいきます。



線路跡が復活して先へ進んでいくと地面からレールがニョッキリ。





先へと進みます。



建設当時にこの周辺の御料林を管轄していた宮内省の境界標識だそうです。



石垣の先で路盤がなくなってます。





岩を登れないこともなさそうですが、無理はしないということでここは高巻きして迂回。

崩れた個所を上から見下ろしてみます。



再び線路跡を歩いていきます。





緩いヘアピン区間。







ここまで大きな遺構はなく、ひたすら線路跡を追うのみ。







路盤が崩れた場所でレールが飛び出しています。





巨岩が露出する沢を高巻きして迂回します。





その先、地面からレールが頭を出してました(ちょっと掃除しました。)。



反対側にも埋もれているかもと思い、地面を掘り返してみたところビンゴでした。



久しぶりに現れた石積み橋台。





この辺りまで来ると段々惰性で歩いている感じに(笑)。





















新しい砂防ダムがある沢筋へ出ました。





この先の線路跡はより薄暗い感じ。集中力も切れてきて、時間も間もなく15時半。今回はここで打ち止めとしました。

すぐ下を通る国道420号へ下りて、自分の車へ向かいトボトボ歩いていると聞き慣れた大きいエンジン音。カーブから姿を現したのは、母を連れてドライブでたまたま通りがかった弟のレックスでした。

「お~い!」と手を振って呼び止めたところ、車まで乗せていってくれました。こんなまぐれもあるんですね(笑)。



今回は結局、豊邦地区まであと一歩という所で2時間弱の行程でした。まだ先は長いですが、あと何回歩けば終点に着くのだろうか…。まあ、はまっているうちにマイレージを稼がないとね(笑)。
Posted at 2017/08/07 09:44:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 設楽森林鉄道 | 日記
2017年07月16日 イイね!

設楽森林鉄道鰻沢線跡をちょっと歩く(4)

今日は久しぶりに設楽森林鉄道鰻沢線の跡を歩いてきました。

前回と同じく国道420号と県道35号の交差点、鳴沢の滝付近の路肩に車を停めて、近くの沢筋から廃線跡へと登っていきます。

前回はここから下流側へ向かい、途中で引き返してしまったので、今回はその先を目指すことにします。



前回引き返した橋梁へとやって来ました。



橋桁の幅があるので、上を歩いて対岸に渡ります。





しばらく歩くとレールが残っていました。



ここよりも上流側で1本だけ突き出ているのは見ましたが、ここは2本並んでいるので、敷かれていた当時のままかもしれません。



結局のところ、今回歩いた区間でレールが残っていたのはここだけでした。



なんで残っていたのでしょうかね?回収前に土砂に埋もれて放置したのでしょうか?

先へと進みます。



橋梁跡に出ました。石積みの橋脚が2つあります。





橋脚を下から見上げるとお城の石垣のように反っています。



橋台の上には木製橋梁の一部が朽ちていました。



この橋から先は急斜面に岩盤が露出している険しい地形が続きます。





次の橋梁跡に来ました。立派な石積みの橋台が残っています。



ここの沢は岩盤が深く抉れていて、廃線跡から沢まで10~15mくらいの深さがあります。

周囲は苔むした岩場か玉砂利が拡がる急斜面であり、自分の感覚ではとても沢まで安全に降りていけそうになく、一旦、降りられそうな所まで引き返します。

木立ちを使えそうな場所から急斜面を降りて、沢の下流に設置されていた砂防ダムを渡り、対岸の急斜面を廃線跡まで登り直します。

廃線跡を逆戻りして、対岸の橋台まで来ました。



見届けたところで、再び下流側へと廃線跡を辿っていきます。









またコンクリート製の橋桁が残る橋梁跡が現れました。先ほどと同じく分厚い橋桁です。





さらに先へと進みます。



地元の人が使っているのか丸太が架けてあります。



周りから車の音が聞こえ、家の屋根が見えてきたら廃線跡は途絶えてしまいました。



出てきたところは旧三都橋小学校の前。



写真を撮りながらですが、ここまで約2時間の行程でした。並行する国道からではわかりませんが、いくつかの深い沢があり、なかなかに険しい地形を通っているんだなと体感しました。

これで1回目に歩いた区間と大体つながりました。次の機会にはさらに上流側を歩いてみたいと思います。
Posted at 2017/07/16 19:46:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 設楽森林鉄道 | 日記

プロフィール

「旧熊野街道 船木橋・神瀬橋・ねじりまんぽの道路橋 http://cvw.jp/b/1796277/45557442/
何シテル?   10/21 19:30
小林あにと申します。よろしくお願いします。 休日はドライブしたり、たまに廃線・廃道を歩いてみたり、ごくたまにミニサイズのラリーに出場してみたり、やる気がな...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/10 >>

     1 2
345678 9
10111213141516
17 181920 212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
所有4台目(4代目)となるインプレッサ。 ガチガチのマニアというわけではないですが、4 ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
平成16年夏に購入。 自身3台目のインプレッサとなります。 購入理由は、2台目インプレ ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
平成9年夏購入。 インプレッサ2台目。 行きつけの車屋さんへタイヤ交換の依頼をしに行っ ...
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
平成7年夏購入。 インプレッサ1台目。 購入動機は、WRCのビデオを見たのが一番。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.