• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちば犬のブログ一覧

2014年09月23日 イイね!

日光東照宮

秋分の日、関東地方はまさに秋晴れで気持ちの良い一日でした。(^o^)/

例によってお天気の日に家でじっとしていられず、今日もお出かけしてきました。
朝8時、行き先を決めないで千葉を出たのですが、東名、中央とも事故渋滞の模様。
消去法で東北道に乗って久しぶりに日光に出かけることにしました。

宇都宮から日光宇都宮道路に入って、日光インターで下り、国道119号線を少し行くと、世界遺産になっている東照宮などの寺社があるところに到着です。

すぐ近くの駐車場が満車だったので、少し離れた所にフォレを駐めて、まずは二荒山神社を訪れました。


拝殿の脇から拝観料を払って中に入ると、正面には立派な御神木が。
樹齢1000年以上だそうです。


この神社では本殿に入ることが出来ないので、そのすぐ近くの場所が「神様にいちばん近い場所」です。


縁結びに熱心だったり、「パワースポット」と謳われていたりと、結構現代的なところもありますが、観光客も多くなく落ち着いた雰囲気で、気持ちが穏やかになる気がします。

杉林の中の参道を少し歩いて、二荒山神社から東照宮に移動します。


拝観料をおさめて表門を入ると、すぐの所にある神厩舎に有名なこれがありました。


そして、鳥居をくぐって陽明門へと上がっていきます。
陽明門は現在補修作業中(あと5年くらいかかるそうです)で、工事用の足場に囲われていて見ることが出来ません。


鳥居にはしっかり葵の御紋が付けられています。


陽明門の両脇には立派な杉の木がありました。
こういった大木の生命力にあやかるということもあるのでしょうか。


徳川家康の墓所のある奥宮へ通じる坂下門には、これも有名な「眠り猫」が刻まれています。平和の象徴なのだとか。


そして家康公の祀られるご本社。中にも入りましたが、撮影禁止となっていました。


最後は陽明門の外にある本地堂へ。
こちらも撮影禁止のため写真はないのですが、天井には「鳴竜」が描かれていて、その顔の下辺りで拍子木を打つと堂内に共鳴して、竜の鳴き声のように聞こえます。
神社の方が実演されていたのですが、不思議なことに、竜の顔の下以外の場所では、拍子木の音は共鳴しません。緻密に設計されているんですね。


とまぁ、一通り見るものを見て、東照宮を後にしました。


久しぶりに訪れたのですが、世界遺産ということもあって、外国の方を含め観光客で混雑していました。
それでも、落ち着いた場所もあり、また建物の立派な装飾を見たり不思議な設計を体験したりと、なかなか楽しめました。

ただ、今日は本当に思いつきで出かけたため、デジカメを持って行っておらず、画像はガラケーです…。(-_-;)

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。m(_ _)m
Posted at 2014/09/23 23:18:07 | コメント(3) | トラックバック(0) | | 日記
2014年09月20日 イイね!

ひたちなか海浜鉄道

朝一で四街道の用事を終え、お天気がイマイチの中、お出かけしてきました。

止みそうで止まない雨を逃れて東関東道を北上。
大栄インターで下り、下道を通って神崎インターから圏央道に乗りさらに北上。
つくばJCTから常磐道に乗り、北関東道に乗り換えてさらに北上。

ひたちなかインターで下りて少し走って、勝田駅に到着〜。
駅近くの駐車場にフォレを置いて、今日はひたちなか海浜鉄道に乗ってみます。

勝田駅では、発車まで少し時間があったので、ひと駅歩いて、お隣りの日工前駅から乗ることにします。「日工」は日立工機の略のようで、駅前には大きな工場がありました。

こんなところから駅に入っていきます。


駅名標がいかにも工場前!って感じです。(^o^)


1両だけの列車(1両でも「列」車と言うのでしょうか…)がやってきました。


日工前駅には券売機がないため、列車の中で乗車駅が表示された整理券を取って、下りる時に運賃を払います。


車両1両分の長〜いロングシートは、ほぼ地元のお客さんで埋まっていました。
日常の足として活躍しているんですねー。


揺られること20分、終点の阿字ケ浦に到着です。
これまたかわいい駅名標。


駅はこんな感じ。
どの駅も小ぢんまりとしていましたが、ここはさすがに終着駅って雰囲気です。


とりあえず、ここから線路沿いに少し歩くことにしました。
ということで、乗ってきた列車とはここでお別れ。


と思ったら、途中で(当然ですが)追い越していきました。(^_^)


辺りは一面畑の田園風景です。


一つ目の駅、磯崎に着きました。
「磯」なのに、何故かサツマイモ。そういえば畑はほとんどサツマイモです。


さらに畑の中の道を歩きます。テクテク…。

この1駅間は30分かかりました…。平磯駅に到着です。


こちらはくじらとパラボラアンテナ?


ここから勝田行きの列車で戻ります。


列車には、阿字ケ浦帰りの非番の自衛隊員らしき男の子たちがたくさん乗っていて、中には地元の女の子をナンパしている子もいました…。若いなぁ〜。(^_^;)

勝田駅は、JRと同じホームに着きます。
すると、なんと、懐かしのブルートレインの車両が団体列車として発車するところでした。


駐車場に戻って、フォレでもう一度途中の中根駅に行ってみました。


近くには古墳があるのかな。


駅の近くはやはり田園風景。


もうお彼岸なんですね。涼しくなるはずです。


そして、日が傾いてきた空は、広くできれいな秋空でした〜。


帰りは、行きに通ったルートをそのまま戻って(普段はあまりそうしないのですが、ちょっと時間がなくて…)、千葉に帰ってきました。

途中で立ち寄った大栄PAにはセブンイレブンが出来てました。
高速道路のPAでセブンイレブンは珍しいですよね。



千葉は雨でしたが、現地では雨にも遭わず、ひたちなか海浜鉄道を満喫出来ました〜。
それにしても駅名標がかわいいですよねー。(^o^)/

今日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。m(_ _)m
Posted at 2014/09/20 20:40:45 | コメント(3) | トラックバック(0) | | 日記
2014年09月15日 イイね!

常念岳

久しぶりにお天気に恵まれた3連休、いかがお過ごしでしたでしょうか。

お盆休みに雨にたたられた甲斐駒ケ岳の無念を取り返すべく、ちば犬は長野県の安曇野から常念岳に登ってきました。

連休初日の土曜日は、朝4時半起きで千葉を出発。
首都高⇒中央高速と順調でしたが、例によって小仏トンネル辺りは大渋滞。
仕方なく八王子で高速を降りて、国道20号線を通って相模湖インターで中央高速に復帰、安曇野インターを下りて県道をとおり、鳥川渓谷を登って一の沢へ。

12時過ぎに一の沢の登山者用駐車場に到着。
さすがの3連休、満車かと諦めていたら、何と1台分空いてました。(^o^)v


フォレを駐車場に残し、さらに林道をてくてく歩くこと30分、登山口に到着です。
ここからが本番、頑張るぞぉ〜。(>_<;)


暫くは緩やかで綺麗に整備された広い登山道を歩きます。
沢沿いを2時間くらい歩いたところから、「胸突八丁」と呼ばれる急坂が始まります。


その名の通りの急傾斜、息が上がりそうです。(-_-;)
そんな坂道を登り続けること1時間、「常念小屋」のある常念乗越に到着しましたー。


辺りは霧が出てあまり眺望も効かない状態です。明日は晴れてくれるかなぁ。


初めての山小屋泊、中に入って受付を済ませます。
小屋の中は想像以上の大混雑です…。


受付してもらったのが午後5時、玄関辺りで部屋割りを待っていたのですが、なかなか呼ばれません。
そんなこんなで、夜8時頃に5回目のローテーションで夕食。
さらに6回目の食事が終わった夜9時、ようやく食堂に寝床を貰えました。(-_-;)
どうも、定員220名のところ、500人以上が泊まることになったようで、中には玄関に布団を敷いて寝た人も居るらしく、部屋の中に泊まれただけでもラッキーでした。

そして翌朝、食堂は朝食のために空けなければいけないので、朝4時に起こされます。
う〜ん、眠い。zzz

朝食も大混雑の様相なので諦め、支度をして明るくなり始める5時頃に小屋を出ました。
初めて体験する山の朝です。


見えるはずの安曇野の町は雲の下に。一面の雲海です。


そして5時半、常念岳に向かう途中でご来光を拝めました。(^o^)/


反対側には、朝日に照らされた槍ヶ岳の雄々しい姿が見えています。


登ること30分、かなり日も高くなってきました。雲海が光って見えます。


槍ヶ岳の左側には穂高の山々が。


さらに登ること30分、常念岳の頂上に到着しました〜。


それにしてもよいお天気。
遠くに富士山が見えて、テンションが上がります!!(^o^)/


山に差す日も強くなってきました。


山の写真をもう一枚。


もう一枚。絶景です。(:_:)


山頂近くで槍ヶ岳を眺めながらぼんやりしていると、手の届きそうなくらい近くを雷鳥の親子が通っていきました。ひな鳥でしょうか、かわいいです。(^o^)


それにしても良い天気。もうこれ以上の絶景は見られないんじゃないかと思うくらいの素晴らしい眺めでした。


雲一つない空の色が、本当にきれい。


3連休でこのお天気、頂上にはたくさんの人が。


頂上付近で1時間くらい過ごして、8時前に下山を始める頃には、ふもとから雲が上がり始めていました。


朝9時には常念乗越を通り、お昼過ぎには一の沢のフォレの待つ駐車場へ戻ってきました。
さすがにそのまま千葉に帰れるほどタフではないので、安曇野で一泊し、今日千葉に戻ってきました。

途中、上田の別所温泉駅で休憩。


クラシックな丸窓の電車が停まっていました。実際にはもう使われていないのかな。


そして、帰りは上信越道で東京方面へ…ですが、連休最終日の関越道は大渋滞。
いつものように渋滞に並びたくないちば犬は、上信越道⇒北関東道⇒常磐道と乗り継ぎ、つくばから圏央道で千葉側終点の神崎へ、下道で大栄インターまで走って東関道へ、無事家に帰ってきました。


今回の常念岳では、一生に一度見られるかどうかと思う程の絶景を見ることが出来ました。
ますます山が好きになりそうな、本当に満足の3連休でした。(^o^)/

最後までお読み頂きありがとうございました。<(_ _)>
Posted at 2014/09/15 22:41:29 | コメント(5) | トラックバック(0) | | 日記
2014年09月07日 イイね!

燧ヶ岳・奥只見湖

ごぶさたしております。
1ヶ月ぶりのブログ更新となりました。

8月のお盆休みには、甲斐駒ケ岳に登ってきたのですが、全行程「雨」、頂上は雲の中で「眺望ゼロ」という山行きになってしまったので、ブログにアップしませんでした…。
それ以降、出張に出たりと忙しくしていたり、雨で満足にお出かけ出来なかったりで、ブログに書くことが無くなって鳴りを潜めておりました。

ということで、昨日はお天気にも恵まれて、久しぶりに週末弾丸登山に行ってきました。
目的地は尾瀬・燧ヶ岳(ひうちがだけ)。

朝4時半に目が覚めて、そのままフォレスター氏に乗って首都高⇒東北道を一路北上。
西那須野塩原インターで高速を降り、国道400号線⇒国道121号線⇒国道352号線を走ること100kmちょっと、10時過ぎに御池駐車場に到着しました。
駐車場は予想に反し結構空いています。


早速準備をして登り始めます。


登山道はすぐに結構な急坂、金曜日に降った雨で足元がドロドロにぬかるんでいる箇所もあり、なかなか大変です。
歩くこと30分、ちょっと尾瀬らしい感じになってきました。


さらに進むこと40分、広沢田代という湿原を通ります。
水の色が綺麗です。


駐車場から歩くこと2時間ちょっと、一つ目の頂上「俎嵓」(まないたぐら)に到着です。


本当はここで休憩したかったのですが、ちょっと混雑しているので、さらに20分程歩いて、もう一つの頂上「柴安嵓」(しばやすぐら)に着きました。
こちらの方が、先ほどの頂上より10m程高いので、こちらが燧ヶ岳の頂上ということになっているみたいです。


頂上周りは遮るものもなく、良い眺め!!(^o^)/
右手には尾瀬の湿原が一望出来ます。


左手には尾瀬沼が見えています。


いい景色を眺めながら、持ってきたおにぎりとパンで休憩です。
これが一番のご褒美ですねー。

30分くらい休憩して、来た道を戻ります。
振り返ると、さっきまで居た柴安嵓の向こうに尾瀬湿原が見えています。


もう一枚。尾瀬沼です。


この時点で午後2時、来た道を引き返して下山します。
いつもそうですが、登るときは距離を感じないのですが、下山するときは本当にこんなに登ったのかと思う程距離を長く感じます。
それでも2時間くらいで、駐車場に戻ってきました。

ここからはフォレに山登りさせます。(^_^)
そのまま国道352号線「樹海ライン」を魚沼方面へ。
30分くらいで大好きな奥只見湖辺りにやってきます。


この秘境感が良いですよね〜。


奥只見湖沿いの道(湖面よりかなり高い場所についていますが)はこんな感じ。
急斜面に付けられた道は変化に富んでいて、運転していて楽しいですね。


日も傾いて暗くなり始めているので、さすがに通行量も少なく快適でした。



久しぶりの天気に恵まれ、大満足のお出かけでした。
でも、帰りの関越道は埼玉辺りでゲリラ豪雨並みの大雨でしたが…。(>_<)

最後までお読み頂き、ありがとうございました。m(_ _)m
Posted at 2014/09/07 08:30:02 | コメント(6) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

ちば犬です。 フォレスターに乗り換えたのをきっかけに、みんカラに登録してみました。 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/9 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

れえすちっぷ♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/17 00:15:37

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

スバル フォレスター スバル フォレスター
初めてのスバル車です。 4年10ヶ月で走行距離は100000kmを超えました。 運転すれ ...
三菱 エアトレック 三菱 エアトレック
北は北海道から南は四国まで、いろんなところに連れて行ってもらいました。 最後はミッション ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.