• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kamakamaのブログ一覧

2015年06月17日 イイね!

新型ロードスターを試乗しました

先程、新型(ND)ロードスターを試乗してきました。



試乗車は、S Special Package の 6MT車。

ボディカラーは、クリスタルホワイトパールマイカという有料色でした。



試乗は、もちろん、オープンで♪




実は、今まで、歴代ロードスターの運転経験が全くなく、

過去に唯一同乗したことがあるロードスターは「ヨシムラ MCL ロードスター」ということで(笑)

ロードスターに乗ったことは皆無と言ってよいでしょう。




運転席に乗り込んで違和感を感じたのが、ペダル配置とペダル間の狭さ。




「ペダル操作に戸惑うかな」と不安に感じたものの、

走り出してすぐ、頭で考えなくても足が自然に動き、ペダル踏み間違いを起こすことはありませんでした。

そして、初めて運転したことがウソのように、すぐにロードスターの運転になれることが出来ました。


さすがは、しっかり考え貫かれて造られていますね。




ボディのシッカリ感、ボディの軽さ、必要にして充分なトルク、エンジン音(排気音)の良さに感動しました。




想像以上に運転しやすいクルマですが、それが「面白くない」という意味ではなく、

とても運転が楽しいクルマで、運転中ずっと顔がニヤけていることが自分でもわかるほどでした(笑)




新型ロードスターは、σ(^_^)に経済力があったなら、今すぐ注文したい!!・・・そんなことを思わせるクルマでした。


Posted at 2015/06/17 11:44:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗記 | クルマ
2015年01月21日 イイね!

BMW i3を試乗しました。

BMW i3を試乗しました。

「i3 1泊2日モニター体験」キャンペーンを利用し、BMW i3を試乗しました。

http://bmw-i.jp/Campaign/
※ 現在、このキャンペーンの応募は終了しています。












2002年頃、当時勤めていたレンタカー会社に、カーシェアリングの実証実験用として軽1BOXがベースの電気自動車が導入され、σ(^_^)も運転したことがありました。

そのときに率直に感じたことは「速い」と「静か」でした。
でも、運転して楽しいとは感じられませんでした。

それから10年以上が経ち、電気自動車がどれだけ進化しているか!?興味津々だったのです。








地元のBMW iディーラーで各種説明を受けて、ヴィヴィオT-topを人質に(笑)、i3を借り出します。

ディーラーの敷地内で早速、ギクシャク(苦笑い)

走り出してしばらくは、回生ブレーキの減速の効きに戸惑いました。
内燃機関なクルマの感覚で一気にアクセルを抜くと、ものすごく減速します。
例えるなら、MT車2速の状態で加速して一気にアクセルを抜いた感じです。
アクセルを徐々に抜けばギクシャクしなくなりました(もちろん、ディーラーでレクチャーを受けていました)

慣れれば、ブレーキを踏まずにアクセルの微調整だけで停まる事ができるそうです。
確かに出来ました。
ある一定の減速Gがかかると、ブレーキランプが自動に点灯するとのことでしたが、
個人的にはそういう「自動」が信頼できず、後続車に知らせるためにもブレーキを踏むよう心がけました。

ステアリングは反応が良すぎると感じました。
個人的な感想は、もう少し、ステアリングの反応が遅い方が好みです。

i3の日本仕様はサスペンションに車高調が奢られていて、ヨーロッパ仕様と比較して4cmほどローダウンされているそうです(全高を1550mmにするための処置)

クイック過ぎると感じたステアリングは、カーボンのボディによる電気自動車としては軽めの車重とローダウンによる影響もあるかもしれません。

発電用エンジンを装備しないi3の車両重量は、1260kg。
発電用エンジンを装備したi3 レンジエクステンダーの車両重量は、1390kg。
※ i3のライバルと目されている電気自動車 N社のLは、車両重量1430kgです。


1桁国道のバイパスも走行しアクセルを踏み込んだところ、恐ろしいほど加速します。
加えて速度感が無いので、メーターを見ていないと危ないです(笑)
速い代償として、スピードが増すほどに電池の減りも速いです(^_^;



走行中の車内は想像していたよりも音がします。
10年以上前に乗った軽1BOXベースの電気自動車よりも静かでは無かったです。
音の主はロードノイズでしょうか?
でも、音がするからこそ、自分で運転している感覚を感じられたのだと思います。

また、電気自動車であっても、そこは、流石の欧州車。
路面との接地感を感じることが出来、ステアリングフィールがしっかりしていて、クルマに乗せられている感は全くありませんでした。



発電用のエンジンは、電池残量があと数キロ程度走行可能なギリギリの状態まで始動しません。
最初のレクチャーで担当者から教えられていたことではあるものの、実際にエンジンが始動するまではドキドキしました(笑)
前席に居てもエンジンがかかったことが音でわかる程度の音量のエンジン音です。
音質は、例えるなら、屋台に置いてある発電機と同じような感じ。
i3 レンジエクステンダーのエンジンはあくまで発電用ですから、当たり前なんですが(笑)
後席に居たら、もっと、耳に響く音ではないでしょうか?
コレに関しては、好き嫌い(我慢できるか否か)がハッキリ分かれる部分だと思います。

でも、実際に売れているのはレンジエクステンダーとのこと。
やはり、安心感が違うのでしょうね。


i3 レンジエクステンダーを借りた時のオドメーターが1906km。
ディーラー最寄のガソリンスタンドで給油した時のオドメーターが2044km。
何だかんだで、138kmも走行していたのですね(笑)
給油量は、3.63リットルでした(原付か?/爆)







細かい部分で気になる点はあったものの、
総合すれば、考え抜かれて造られたイイ車だと感じました。




もし、知人から「i3が欲しい」「i3が候補の1台」旨の話があったら、胸を張ってお勧めできるクルマです。










え!?「アンタはどうなんだ??」って!?!?







某テレビ番組で松任谷正隆さんが代弁してくれました(違?)

















BMW i3の画像をフォトギャラリーUPしました。


その1

その2





Posted at 2015/01/21 20:21:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | 試乗記 | クルマ
2014年07月09日 イイね!

新型コペンを試乗しました。




先程、新型コペンを試乗してきました。




CVT車で、パールホワイトのボディカラーに黒い内装の仕様でした。




雨が降っていたので、屋根は閉めたままの試乗となってしまいました(残念)




走り出してすぐに驚いたのが、ボディがしっかりしていること。

メーカーでも「売り」にしている部分ですね。

車内はかなり静かでした。




意外に乗り心地も良かった。




CVTは、独特の違和感が少なくて良いと感じました。




試乗コースには1桁国道のバイパスも含まれていましたが、

雨の為にスピードは控えました。




ステアリングは適度な重さがあり、ブレーキのフィーリングと共に、個人的には好印象でした。

















試乗で気になったことをいくつか・・・




● 右折待ちの交差点の真ん中でアイドリングストップするのは、やはり精神衛生上良くありません(苦笑い)



● メーターに「平均燃費」が表示されるのですが、14km/L台が表示されていました。

CVT車はJC08モードで25.2km/Lだったような・・・(^^;;;;;;;;;;;;

まぁ、試乗車なので、過去にエンジンを回して乗った人も居るのでしょう。



● 運転席の座面が好みではありませんでした。

座面が硬すぎるのか、形状が悪いのかはわかりませんが、もう少し尻にフィットする座面であってほしいものです。















総合して好印象でした。




オープンで試乗ができなかったことが悔やまれます。

雨が降りそうのない日に、もう1度試乗したいです(MT車も乗ってみたい)




Posted at 2014/07/09 17:41:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | 試乗記 | クルマ
2008年04月09日 イイね!

【試乗記】New Fiat500 1.2 pop 5MT 並行輸入

【試乗記】New Fiat500 1.2 pop 5MT 並行輸入New Fiat500(4代目チンクエチェント) 1.2pop 5MT 並行輸入車を試乗しました。

自分で運転して約5km、助手席に乗って約5kmの個人的な感想を箇条書きに書いてみます。


●ドアの閉まる音が、ホントにフィアット?(笑)
4代目チンクエチェントは「ぼむっ」。
3代目チンクエチェントは「ばんっ」。

●フロントシートのサイズは大きめ。
車のボディサイズを考えると、大き目のシートが奢られています。

●1.2Lで必要十分。
パワーのある車から乗り換えると低速トルクの不足を感じる人が居るかも・・・ですが、イタ車らしくエンジンを回して乗る楽しみが・・・ワクワク

●MTシフトノブの位置がベスト。
2代目ムルティプラを思い出す。

●シフトフィーリングは良好。
ノブの位置がベストということも手伝っているのですが、シフトストロークが長めの割には、シフトフィーリングは良好。

●ブレーキの効きが良好&タッチが自然。
違和感がまったくありません。

●アイドリング時のエンジン音が静か。
車内に居て窓を閉めていると、エンジンがかかってないような錯覚に陥る(苦笑い)

●ドリンク置き場は、細缶に不向き?
前2つ、後2つの設定があるドリンク置き場は、細缶を置くとグラつく(と思う)

●ラジオはAMしか入らない。
並行輸入車故の現地仕様のため、ラジオは日本の周波数に適合していません。
よって、現時点ではAMのみが受信可。
・・・かと言って、社外品のオーディオを取り付けてFiat500の内装の雰囲気を壊すのは、個人的には如何なものかと。
何か対策はないのかしら?

●パワーウインドのワンタッチ機構は、運転席(左)は開閉、助手席(右)は開に対応。
これで、左ハンドルでも料金所に入りやすいね(笑)

●視界はルーミー。
サイドミラーがイタ車らしからぬ(?)大きさで、非常に見やすい。


短い間の試乗でしたが、すぐにクルマに慣れ、良く完成されたクルマだと思いました。
半月後にまた試乗する予定なので、気になった点が出てきたら書きたいと思っています。


試乗途中で、右折レーンに進入したところ、
直進レーンのVW New ビートルの方が指を指してNew Fiat500を見ていました。
New Fiat500横の通過時だけ、異常に速度が遅かったし・・・(爆)
Posted at 2008/04/09 14:37:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗記 | クルマ

プロフィール

「あれ?「ピクシス スポーツ」とか「ピクシス コンバーチブル」って車名ぢゃないんだ??」
何シテル?   10/16 01:48
自他共に認めるクルマ好き。 特に『カルトカー』と呼ばれる「様々な理由で世間一般に認知度が低いクルマ」が大好き。 性格は「天の邪鬼」。 クルマ選...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

▲ンタイ車乗りの逸話 その1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/10 14:40:41
スズキ セピア と 一世風靡セピア 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/31 07:40:55
三菱ギャラン・アクセサリーカタログ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/12 16:22:54

愛車一覧

スバル ヴィヴィオ スバル ヴィヴィオ
現在の愛車1号機「Cinquecento Sporting Abarth」を延命させるた ...
三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
第3のエコカーならぬ、第3のマイカー(おバカ) 初代愛車と同型・同グレードです。 ht ...
フィアット その他 フィアット その他
このクルマは「Cinquecento Sporting Abarth」 愛称は「末期色 ...
アルファロメオ GTV アルファロメオ GTV
愛車2号のアルファロメオGTV「にょろ吉」です。 このクルマは正規輸入当初のV6 2.0 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.