• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年01月16日

超絶ディテールミニカーの世界 Part2(1/12スケール編)

超絶ディテールミニカーの世界 Part2(1/12スケール編)


1/43スケールの超絶ディテールミニカーをご紹介したPart1(こちら)に引き続き、1/18スケールは後回しにして今回は1/12スケールをお届けします。
1/12スケールは私のコレクションの守備範囲外の為あまり数を持っていないので、私の自作品を中心にご紹介します。



① Ferrari 312T, #12 Niki Lauda, F1 World Champ. 1975
これは市販ミニカーではなく、タミヤの1/12スケールのプラモデルです。
今から30数年前、私がまだ26~27歳位の時に1年がかりで組み上げたものです。今回久しぶりにじっくり観察しましたが、30数年経っても塗装に経年変化はほとんど見られず、ワックス掛けしてやったらピカピカになりました。


alt


alt


alt


alt

キットのメッキ仕上げのウイングでは全く実感がないので、アルミテープを貼った後に研ぎ出しを行って、アルミ板金物のウイングを再現してやりました。
alt

アルミ、マグネシウム、スチールといった金属素材の違い、板金、機械加工、鋳造部品といった加工法の違いによる質感の相違を出来るだけ再現してやること、配線や配管類を可能な限り再現することをテーマに、持てる技術を駆使して挑戦した力作です。
ディテールの分かる写真満載の資料本が簡単に手に入りネット検索も出来る現在と違って、一本の配線の行方を探るのに苦労したり、ディテールアップパーツなどほとんどない時代なので、手芸屋さんや電気パーツ屋さん巡りをしたり・・・・、大変苦労しました。
若いころは根気があったな~(笑)
alt


alt


alt


alt


alt


alt


alt


alt


alt


alt


alt

② Maserati Tipo 61, #5 Stirling Moss/ Dan Gurney、1st 1000km Nürburgring 1960
今から15年以上前に、青山のMake Upという老舗ハンドメイドミニカーショップが発売したレジンキットを私が組みました。
4年半くらい前のブログ記事で紹介済みなので、古くからの読者の方はご存知かもしれませんが、みんカラを始めて間もないころの記事なので、再掲載させていただきます。

このキットはフルディテールではなく完全なプロポーションモデルなので、ドアやカウルは開きませんし、エンジンやサスも再現されていませんが、外から見える部分は非常に精密に再現してあり、こういうガレージキットにしては非常に高精度で組立て易かったです。

少々アンダー目で撮影してやると、言われないと実車写真に見えるかも・・・・。
alt


alt


alt

Birdcageというニックネームの由来となった鳥かごのようなスペースフレームは、コクピットから見える部分は実車に忠実に再現されていますので、配線や配管を追加してディテールアップしてやりました。
alt


alt


alt


alt


alt

alt


ワイヤーホイールは、イタリアの模型職人ボシカが製作した手編みのすばらしい物がキットに入っています。
alt


マフラーの焼けもエアブラシ塗装で再現してやりました。
alt

③ Caterham Super Seven BDR
1994年に発売された、タミヤの1/12スケールプラモデルです。
プラモ発売当時に「モデルアート」という模型雑誌の表紙や巻頭記事を飾ったプロモデラー製作の作例そのものをヤフオクでゲットしたものです。

ボンネットやサイドパネルなどは、プラスチックではなく実車と同様のアルミプレス成型部品がキットに入っており、そのまま組立てても中々精密な仕上がりになりますが、この作品はさらに細部に徹底的に手を入れた逸品です。
alt


alt


alt


alt


alt


alt


alt


alt


alt


alt


次回は、量産ミニカーなのに驚きの超絶ディテールを持った独CMC社や米exoto社の1/18スケールミニカーをご紹介する予定ですので、乞うご期待!!


イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

超絶ディテールミニカーの世界 Pa ...
Rosso Alfaさん

1/24アオシマのGRS214クラ ...
てつ230さん

買ってきたミニカー(12/18オマ ...
ナッピ~さん

どうしてこうなった…
びるげさん

リベンジしたい。
根津見男さん

最近ゲットしたトミカ系列コレクショ ...
法被ねずみさん

この記事へのコメント

2018/01/16 22:02:52
素晴らしい仕上りですね❗
経年変化もなく保存状態もすばらし杉ます。

F1 1/12ビッグスケールモデルは、ルノーRE20ターボは作ったことあります。
埃がつき、テレビ台から落下、デカールandクリア剥がれで、いなくなりました(^^;
コメントへの返答
2018/01/16 22:10:53
こんばんは!

私もルノーRE20は作りましたよ。
この312Tよりは出来が悪いですが、今でもアクリルケースの中で健在です *\(^o^)/*
2018/01/16 22:14:16
312、本当力作ですね。
配線やホース類も加工されたんじゃ?
リアルです!
次回blogが楽しみです。
コメントへの返答
2018/01/16 22:30:46
力作です!
自分でもよくこんなの作ったな、と呆れます(笑)

キットにも配線コードやホース類が入っていますが太過ぎてあまり使い物にならないので、電気パーツ屋さん、手芸屋さん、東急ハンズなどで探し出して来た物を使っている所が多いです。

今なら、別売りのコードやホース類、継手などが豊富に販売されているので、こんな苦労はしなくて済むんですが、歳を食うともうこんな作品を作る元気がありません(笑)
2018/01/17 00:29:44
こんばんは。(^_^)

312T、本当に素晴らしいですね。
ディテールアップのお手本にしたい逸品です。
今ほど情報やディテールアップパーツもないなかで、本当に凄いと思います。

足元にも及びませんが…(^_^;)
僕も頑張ります。
コメントへの返答
2018/01/17 09:49:59
ありがとうございます。

最近は便利な物も一杯売っているし、情報もすぐ入手出来るので非常に効率的ですが、一枚の細部が分かる写真を求めて色々な本や雑誌を調べまくったり、模型用ではない材料を探し出して来て工夫して流用したりする昔のやり方は、一直線に目的地には辿り着けないけど、途中の寄り道の過程も自分の知識や肥やしを深めることになるのでこれはこれで楽しいです。

私の方は最近はサッパリ手が動きませんが、TOSIHIROさんは精力的に製作しておられますね。
頑張って下さい!!
2018/01/17 04:58:08
こんばんは
312T すごいですね
ここまで手を加えるなんて圧巻ですね

ワイヤーホィール 手組の物なんですね
いまなら手に入りませんね
お宝拝見させていただき
感動しました
コメントへの返答
2018/01/17 09:57:08
昔はこんな大作を作る気力も根気も有ったんだな〜、と自分でも感心します(笑)

ワイヤーホイールはやはりエッチングパーツを組んだ物よりワイヤーを手編みした物の方が見栄えがしますね。
Tipo 61のレジンキットは、今では入手困難な幻のキットです。
2018/01/17 08:30:13
おはようございます。

どれも、今でも走り出しそうですね~
マフラーの焼け具合良いですね!

そろそろ、輸送部隊も出場ですかね~爆!
コメントへの返答
2018/01/17 10:05:25
おはようございます。

まさに「オイルとガソリンを入れたら今にも走りそうな模型」を狙って製作しました。
単に綺麗に組んだだけだと、ショールームに飾ってある車のようで、生きている、オイルの匂いがする感じがしないので、エンジンや足回りなどは適度なウェザリングを施してあります。
マフラーの焼け表現も、生きている車らしさを演出するのに有効ですね。
2018/01/17 11:13:24
ご自分でも昔は作ってらしたんですね。

312T素晴らしいです\(^o^)/
agvのヘルメットも凄い作りこみで
感動しましたよ~

配管の話しですが、プロターの321Bは
燃料タンク他、全部つながってましたね。
軟質ビニール製なんでトホホでしたが(>_<)





コメントへの返答
2018/01/17 11:30:13
はい、子供の頃から(当時は飛行機専門でしたが)プラモ少年でした。
中年になってミニカーに嵌まってからも、レジンキットやミニカーの改造・ディテールアップなどをポツポツやっていましたが、ここ数年はさっぱりですね (^^;;

プロターの1/12 F1キットも何個か持っていますが、もう死ぬまで完成することはないだろうな〜(笑)
2018/01/17 16:20:07
ニキ・ラウダ 懐かしい。
この頃からモータースポーツが
好きになりましたね。
太っといタイヤ、ローフォルム
カッコ良かった〜
コメントへの返答
2018/01/17 16:58:23
昔は良かった、なんて言うと年寄りの証拠ですが、ニキ・ラウダの頃からターボ時代を経てセナ、プロ時代くらいまでの車は、どれも個性豊かでF1が一番輝いていた時代ですね。
最近の、スポンサーカラーとロゴを外すとどれがどの車か判別不能のF1には1ミリも興味がありません(笑)
2018/01/18 21:19:49
こんばんは♪
遅コメすいません。

ご自身でも制作されるのですね。
いんやぁ~、溜息しか出ない精密な出来です。技術がスバラシイ&うらやましい!

画像拡大して穴が開くほど見入ってしまいました。何時間でも見てられます!(^O^)
コメントへの返答
2018/01/18 21:27:06
もはや昔の話ですね。
今やこんな細かい作業は目が付いて行きません(笑)
2018/01/18 22:29:49
変態度も凄まじいですが、それよりもプラモ上手すぎます♪
コメントへの返答
2018/01/18 22:41:20
自分で言うのも何ですが、子供の頃から結構手先が器用な上に、何でも追求し始めるとトコトン逝ってしまうという困った気性なもんで…(笑)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@macyakinさん私は使ったことが無いのですが、最初のXFレンズトリオのなかでXF18mmは一番評判が悪いです。どうも周辺画質がイマイチのようです。もう一本のXF60mm f2.8はAFは遅いけど良いレンズです。23mm f2は開放近距離は甘いけどそれ以外は優等生レンズかな?」
何シテル?   05/13 13:54
セクシーな赤いイタリア娘をこよなく愛するRosso Alfaです。 ちょっと古めのレーシングカーとそのサポートカー、トランスポーターのミニカー収集も趣味の一つ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

【緊急告知】大人オフ開催日変更のお知らせ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/24 20:35:11
突然 四国  石槌スカイライン (゜ロ゜;ノ)ノ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/12 03:17:48
ターボホース 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/05 20:32:19

お友達

Alfaをこよなく愛する皆様とお友達になって、色々情報交換したいです、オフ会などにも興味あります。ミニカーマニアの方も是非お友達になってください。
422 人のお友達がいます
ぐんちゃぐんちゃ * hyperspacehyperspace *
一生バイエルン一生バイエルン * あるるにあるるに *
a_z(エ_ジ)a_z(エ_ジ) * 彰さん彰さん *

ファン

456 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
息子が都内転勤の為に車を手放さざるを得なくなったので、前車のジュリエッタを売却して、1年 ...
アルファロメオ 4C アルファロメオ 4C
営業さんと話をしてから1年2か月、平成27年1月27日やっと納車となりました。 全世界1 ...
アルファロメオ ジュリエッタ アルファロメオ ジュリエッタ
11年、12万km乗った156(2.5V6,6MT)から、2012年3月にジュリエッタQ ...
スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
もともと娘の専用車でしたが、就職で横浜に行ってしまったため、現在はジュリエッタのサブ車と ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.