• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年04月01日

新型PHVと前車30型のジレンマ 気温18ー14℃ 編

新型PHVと前車30型のジレンマ 気温18ー14℃ 編  今日は午後からの行動でPHVの装備は進まず修正程度で終わった。
 気温もかなり上がり、せっかくなので夕方出かけた。


 さすがに18℃もあると異様に転がる感じがする。
 出足はいつも通り転がらないが、15km地点付近から夏のような転がりを感じた。
 得に減速して走行するわけでもなく、バイパスは63ー68km/h程度、一般道は48-58km/h程度。
 往路、到着で、10.6km/kwhとカタログ値に届いた。
 その後、お買い物&充電、バッテリー80%程度、EV距離50km弱となっていた。
 復路、途中立ち寄り、気温も低下、走行パターンは同一。
 復路、到着で、10.6km/kwhと同じだが、多少の調整走行も行った。

○まとめ
 前車30型の改善の陰に怯える新型PHVの実情をいつも感じる。
 30型では、15℃を超えると、30km/lを超えカタログ値に近づいていたが、新型PHVも現状やっと同じレベルに到達する程度。
 高架橋からの滑空も、前車30型より1km/h程度落ちる気がする。
 当然、前車はブレース&17インチでハンドリングがコントローラブルで良かったが、新型PHVはブレースで固めても15インチと重量で思い通りにはならない。
 新型PHVは、静かさでは断然に優れているのだが、運動性能で圧倒的に優れて感じる面が少ない。
 新型PHVは前車30型の改良と同等の装備があり、不足はないが、伸びしろも少ない。
 しかし、何よりも安全装備が充実している事はこの上ない事だと思う。
 toro_555的には、画期的な改善ができない点が少し面白みに欠けるかも。(個人的見解)
 突出して優れている面は、行きは自己負担、帰りは他力本願という、ほぼ常識外れな運用ができる事。この車は、これまで生活スタイルを一新、新しい生活スタイルを映し出している。
 空から注ぐ太陽エネルギーを走行エネルギーに変換するソーラーも、これまでの常識を超越した装備だと思う。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2018/04/01 23:35:06

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

新型PHV 17インチ装着後の実燃 ...
toro_555さん

ロアブレースパネル取り付け後の燃費 ...
toro_555さん

新型PHV EV走行重視でEV走行 ...
toro_555さん

この記事へのコメント

2018/04/02 02:32:06
まあ、THS IIのままですからね(^^;)←わかっていて買ったけど
コメントへの返答
2018/04/02 07:24:34
ムーミン谷の仲間 さん、おはよーございます。

皆さんおっしゃる通り、
所詮THS II 、されどTHS II。
動力配分でこれを超えるシステムが作れない以上、現状ではこれが最高なのでしょう。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

toro_555です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

フェライトコアの効果を見る 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/10 08:31:10
プリウス20Thアニバーサリーが出ましたね。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/25 13:00:02
お初にお目に掛かります(^^ゞ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/08 21:55:02

ファン

50 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プリウスPHV トヨタ プリウスPHV
大きな家電製品買いました♪
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
トヨタ プリウスに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.