• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年07月24日

【訂正】新型PHV激夏と電費とA/C負荷率とマイルームモード 編

本日、再確認したところ、マイルームモード利用の前後で、電費、A/C負荷率とも変化がありませんでした。
 訂正してお詫び申し上げます。 m(_ _)m

 追記として、極度にバッテリーが減ると、マイルームモードに移行できないようです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 余りに暑い夏、若干曇りでソーラー発電に伸びはない。
 気温は32℃あるが、電費はどんどん伸び 10.7km/kwhに到達、A/C負荷率は19%と20%を割り込む。
 冷媒配管の断熱対策の効果はかなりあるようで、風量も1、2セグと低い。(前回の39℃がひどすぎたのだろう)
 目的地についた時点で30kmほどの残距離があるが、折角なので新しい急速充電器に出向いた。
 この充電器は役所にあり、充電器の上がソーラーとなっている。(おおっ先進的だ!!)
 発電状況も表示されているので見ると、PHVのソーラーより一桁多い。(お飾りとはやっぱり違う 笑)
 当然、充電しながらマイルームモード!! ソーラーは・・・、充電器のソーラーで陰になるため充電していない。(笑)
 その後、移動で転々とする。夕方、帰宅方向で途中HVになりながら、再度急速充電を突っ込む。

○マイルームモードでも電費、A/C負荷率とも悪化
 充電中でも電費とA/C負荷率は消化される。
 システムONで走行距離がゼロのため、両値をどんどん下がっていく。

 最終は、電費 9.3km/kwh A/C負荷率 21%となった。

◎まとめ
 微動だにしないマイルームモードでも、電費とA/C負荷率は悪化する。結果、夏の電費とA/C負荷率が、一概に暑すぎる夏のせいとは言い難い。
 実際の走行データを見ると、夏も冬も配管の断熱効果は十分にある事が分かった。(目標 常時A/C負荷率 20%以下)
 
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2018/07/24 23:25:19

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

新型PHV EV走行重視でEV走行 ...
toro_555さん

暖房配管断熱対策 実際はそんなに甘 ...
toro_555さん

充電ちう。
miz!さん

新型PHV 夏日のフォースインプレ ...
toro_555さん

ロアブレースパネル取り付け後の燃費 ...
toro_555さん

実験 ソーラー発電 ー リーフ充電 ...
ぱっぴー9973さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

toro_555です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

フェライトコアの効果を見る 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/10 08:31:10
プリウス20Thアニバーサリーが出ましたね。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/25 13:00:02
お初にお目に掛かります(^^ゞ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/08 21:55:02

お友達

ファン

50 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プリウスPHV トヨタ プリウスPHV
大きな家電製品買いました♪
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
トヨタ プリウスに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.