• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年11月16日

新型PHV 1年半で気づいたこと 編

 新型PHVに乗って、やっと2回目の冬がやって来る。
 高価な車すぎてカスタマイズも意外と進みが悪かった。(ミスで機能が失われるとショックが大きい)
 30型ほど、性能に不足を感じない車で改善も余り思いつかなかった。

1.レーダークルーズ特性と改善
 LDAのハンドルアシスト、低速では余り強く働かないが、70km/h?を超えた辺りで左右の障害物(車線)が壁表示となり、アシスト量が増えるように感じる。
(新型Pに装備されている LTAもオンにすると左右が壁?となるので、そういう意味だろうか!?)
 自動停止後の再発進を改善?で装備させたが、ある意味標準であっても良い機能だと思う。
(完成は微妙だが、動作としては面白い装備だと思う)

2.BSM、RCTA(未搭載)
 Sモデルなので、どちらも搭載されていない。
 今年都心を走ったが、意外とあると良い装備だなっと思った。
 プリウスのBSMを調べたが、意外と性能は低い。現在のBSMは後方60mからの接近も感知でいるが、プリウスのBSMは近接の車両のみに限定される。
 RTCAは、C-HRに搭載されているが、プリウスには搭載されていない。(海外の2次モデルは搭載済み、マイナーチェンジでは搭載されるだろう)

3.リチウムイオン電池
 リチウムイオンである限り劣化すると思うが、その劣化を測るすべは無い。(勝手に増減する充電距離か?)
 新型PHVのEV最長距離が伸び悩むのは、リチウムイオン電池の特性なのだと最近わかった。
 リチウムイオン電池は、25℃以上では性能差が無いようだが(上限は?)、25->0℃では性能が徐々に低下していくようだ。(タイヤかと思っていたが、電池の温度の影響が大きい?) また、0℃では急激に性能が低下するため、新型PHVでは床下にウオーマーを装備している。(0℃で動作)
 電池温度が25℃以下で電池をウォームできれば、EV距離の低下は防げるが、逆に電池の劣化を速める可能性もある。また、こんなに巨大な電池を温めるにはかなりの熱量がいるように感じる。改善すべきか悩むが、BESTな改善方法もまた分からない。

◎まとめ
 やはり、販売が1年半ほど遅れた新型PHVは、装備の面でも少し遅れている部分があるようだ。
 近々に予定しているプリウスのマイナーチェンジで、やっと追いつく感じだろう。当然、1年後にはPHVもマイナーチェンジとなるではないだろうか!?
 テ○ラのリスクと背中合わせのパソコンのようなアップデートが支流化すると、現在の販売方法に限界が見えてくる気もする。
 その反面、カメラやセンサーを変えず、アップデートのみで性能を追求すると、センサーやカメラが認識できず大きな問題を起こす可能性が大である。(ト○タは夜間認識の高いカメラ搭載より、LTAを装備したことは十分うなづける事象だ)

 やがて、車の有り方が変わっていくのかはまだまだ分からない。

○補足資料
電池における高温特性とは?【リチウムイオン電池の高温特性】
http://kenkou888.com/category18/%E9%AB%98%E6%B8%A9%E7%89%B9%E6%80%A7.html


ブログ一覧 | 日記
Posted at 2018/11/17 00:10:06

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

電動車、どうしても燃えない電池が欲 ...
散らない枯葉さん

プリウスマイナーチェンジの目指す未 ...
toro_555さん

パナソニック 全固体電池はあと1 ...
em90dさん

もう少し見て分かる位エアロがエグく ...
ウッkeyさん

日本は決して好きになれないが、「こ ...
利根川の天然水さん

インターネット散策 全個体電池採用 ...
toro_555さん

この記事へのコメント

2018/11/17 07:00:53
リチウム系のバッテリーは、気温が下がると著しくパワーが落ちる特性がありますよね。
電動のラジコン飛行機で良くそれを体感しました。
特に気温が5度以下にもなるとパワーが半分ぐらいになってしまうので、冬はいつも内ポケットに入れて温めてから使ってました。(^-^;)
コメントへの返答
2018/11/17 08:54:19
Sekiai さん、おはよーございます。

なるほど!!
さすが師匠いろいろな体験がとてもためになります。
m(_ _)m
ニッケル水素の時は吸熱反応といわれていたので、温めていたのですが、リチウムも低温では意外と温かくならないようです。
高温ではかなりの発熱で劣化と扱いにくい電池なのだと良く分かりました。

2018/11/17 07:15:11
こんにちは、toro_555さん。
EV満充電が6,0kWをコンスタントに切るようになっきました。気温からか、北斗の拳のトキのようにリチウムが衰えてきたのか分かりません(^_^;)、リーフ的にダメージを標準する裏モードがほしいなあ😃
コメントへの返答
2018/11/17 08:58:01
Ocean5 さん、おはよーございます。

リチウムも温度で充電出来る量が変わる感じですね。
低温だと少し少なくなるような記載でした。
別手配で、ハイブリッドモニターの方をお願いしているので、いずれそのうち、正確なバッテリー量が分かるようになる予定です。
2018/11/17 08:12:25
toro_555さん、おはようございます!

本日!
自分なりに
ハイブリッドバッテリーの温度に関して
なんとなくの答えを出した次第です!

それは
まったく同意見でした!

ハイブリッドバッテリーは
25℃くらいまで温めないと
パワーダウンが
著しいと言う事です!
そんなことを考えると
バッテリー温度が10℃を切らなければ
良いかな!?

そんな気もして来ました…(笑

さすがに25℃キープは
ハードルが高いです!(笑
コメントへの返答
2018/11/17 09:05:32
SIRVA さん、おはよーございます。

グラフを貼り付けました。
今年の走行を振り返ると、確かに25℃ほどないと最大距離に到達しません。
が!!その頃には暑くてエアコンが欠かせません。(黒 笑)
PHVの場合、この巨大な電池の温度管理は厳しいと思いました。
(テ○ラのような電池の温度管理が良いでしょうが、日々電気を食うのでは、本末転倒と言うか!?何とも言えません)
一度温まると、その後燃費が伸びれば良いのですが、PHVではその差 1km/kwhも有るかどうか!?
リモートエアコンで室内を暖めても、電池が大きく、大きな効果が得られません。
・・・更なる低温なら効果的?
2018/11/17 23:26:41
な…なるほど…(汗)

だからなのでしょうか…ウチのPHVは電池残量を%表示にしてますが、
普段なら急速で80%まで充電出来る電池が76%位で止まったりするんですよね…(^_^.)

それとナゼか日産製の充電器だと66%までしか充電出来ません…なんでしょうかね…(汗)

9月の暑い日から乗りだしたばかりなので、まだまだ様子見の段階ですが、非常に参考になります…ありがとうございます!
コメントへの返答
2018/11/18 08:07:32
チョーレル さん、おはよーございます。

まあ、バッテリーの状況に合わせて充電している感じでしょうね。
ハセテック(Nなど)は、実際の総量から計算しているので、66%程度になるのだと思います。(見えない領域、HV領域など)
冬は電費は落ちていきますね。
HVの方が暖房が暖かいので、逆にHVになった時安らぎを感じます。 (笑
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@nop_all さん、仰るとおり改悪だと思います。人の素行が見えますが、閲覧の志向が広がりとても参考になってました。フォロワー増えにくいね!!残念!!」
何シテル?   01/17 19:38
toro_555です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

100V 13A 充電器 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/27 00:24:41
セメダイン ラピーテープ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/13 08:25:37
フェライトコアの効果を見る 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/10 08:31:10

愛車一覧

トヨタ プリウスPHV トヨタ プリウスPHV
大きな家電製品買いました♪
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
トヨタ プリウスに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.