• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

toro_555のブログ一覧

2014年11月30日 イイね!

冬の燃費 雨 13℃ HVバッテリー簡易高気密高断熱対策2 編

晴れ 到着手前で小雨 路面ドライ エアコン 24.0℃ A/Cオフ (スタート時 暖気運転水温40℃まで  HVバッテリー3セグ程度?) 片道40km程度
17”ナノエナジー2に交換済み。空気圧 (前2.8、後2.7) 先週確認済み

環境オーバーライド装置は動作したまま走行している。(ジャケット改良Version5 )
吸気加温を再修正 完成度100%

       燃費      平均速度  気温   水温  HV排気口 最終吸気温度 到着時ER温度
往路  30.5km/l  44km/h 13℃  83℃  24.5℃    29℃     22.1℃
復路  32.4km/l  48km/h 13℃  78℃  33.1℃    28℃     21.2℃

「往路、6km走行で燃費は21.1km/l、8.4km地点では22.1km/l、8.5km地点で水温77℃。、HV排気口温度は15.2kmで20℃を超える。29.8km地点で30km/lを超えた。」
「グリルシャッターのようなもののセンサー」設定温度 約25℃。

 復路、グリルシャッターのようなものがCLOSEで暑いため、エアコン設定を24.0℃とした。そのためか、到着のHV排気口温度は24.5℃止まりだった。燃費はコースが少し違うため、31から下がって30.5km/l止まりとなった。
 復路、グリルシャッターのようなものがOPENだが、環境オーバーライド装置の効果で32.4km/lとまずまず。

まとめ HVバッテリー簡易高気密高断熱対策の確認走行だったが、エアコンの温度設定が低いと送風温度&量も小さく結果的に加温も進まない。しかし、HV排気口温度が早期に20℃超えると走行は快適だ。気温が13℃でも往路29.8km地点で30km/lを超えた。
 もう少し気温が下がらないと、効果の程は分からない。(寒いほど送風温度&量も大きくなるため、効果がはっきりするか!)
Posted at 2014/11/30 21:00:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 燃費 | 日記
2014年11月29日 イイね!

冬の燃費 雨 15-14℃ HVバッテリー簡易高気密高断熱対策 編

往路:曇り 路面ウエット、復路:雨 路面ウェット 往路:エアコン 24.5℃、復路オフ 片道40km程度 夜
(スタート時 暖気運転水温43℃まで  HVバッテリー4セグ程度?)
17”ナノエナジー2に交換済み。空気圧 (前2.8、後2.7) 先週確認済み

環境オーバーライド装置は動作したまま走行している。(ジャケット改良Version5 )
吸気加温を再修正 完成度100%

       燃費      平均速度  気温   水温  HV排気口 最終吸気温度 到着時ER温度
往路  28.2km/l  42km/h 15℃  80℃  33.5℃    34℃     25.2℃
復路  31.3km/l  50km/h 14℃  80℃  26.9℃    28℃     21.1℃

「往路、6km走行で燃費は19.8km/l、8.4km地点では21.2km/l、8.5km地点で水温75℃。、HV排気口温度は10.2kmで20℃を超える。」
「グリルシャッターのようなもののセンサー」設定温度 約25℃。

 往路、グリルシャッターのようなものCLOSEでスタート、意外と気温が高いが雨で燃費が伸びない。9km地点でHV排気口温度は19.9℃、10.2kmで20℃を超える。その後は、雨にも関わらずモーター走行では積極的に転がり、冬を思わせない。(雨の転がりの悪さはあるが、冬特有の失速感がない) 40kmコースとしては少し距離がある方だが、到着のHV排気口温度は33.5℃にもなった。燃費は28.2km/lだが、雨としては良いほうだろう。
 復路、余りの暑さにエアコンをオフ、グリルシャッターのようなものは到着までOPENのまま、環境オーバーライド装置の効果で燃費は下がらない。エアコンがオフのためHV排気口温度は26.9℃まで下がった。雨の復路でも、30km/l越えとなった。

まとめ 気温15℃と微妙だが、10kmでHV排気口温度が20℃を超えた事はこれまで記憶がない。(冬場の通常は20-25km程度は必要) これまので経験で外気温15℃の場合は、復路到着で25℃程度が一般的だ。(外気温16℃以上では30℃を超えられるかも知れない)
 HVバッテリーの簡易温調が進まないのは、余りにもケースが気密や断熱対策が施されていない事が原因のようだ。

※注意
 HVバッテリーに高気密高断熱対策を施す事はHVバッテリーに対してマイナス効果があるかも知れません。おススメしません。

Posted at 2014/11/29 23:38:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 燃費 | 日記
2014年11月24日 イイね!

冬の燃費 1年間の環境オーバーライド装置 を振り返って 中距離編

晴れ エアコン 24.5℃ 片道20km程度 夜
(スタート時 暖気運転水温35℃まで  HVバッテリー2セグ程度)
17”ナノエナジー2に交換済み。空気圧 (前2.8、後2.7) 調整済み

環境オーバーライド装置は動作したまま走行している。(ジャケット改良Version5 )
吸気加温を再修正 完成度100%

       燃費      平均速度  気温   水温  HV排気口 最終吸気温度 到着時ER温度
往路  23.8km/l  33km/h 12℃  78℃  21.5℃    28℃     20.1℃
復路  31.3km/l  34km/h 11℃  76℃  32.9℃    28℃     20.6℃

 往路、この気温では中距離コースは燃費が伸びない。「グリルシャッターのようなもの」はCLOSE、吸気加温のブーストは20℃程度、やはり水温が上昇するまで、暖機時間も長く、燃料も濃いのだろう。
 復路、国道を使うため燃費は伸びやすい。「グリルシャッターのようなもの」はOPENでも、吸気温度のブースト20℃程度、水温も80℃を前後で、燃費は31km/lを超える。

◎環境オーバーライド装置の効果とは

〇気温から「環境オーバーライド装置」の役割を考える
20℃以上・・・「環境オーバーライド装置」の燃費への影響はほぼないと思われる
15℃以上20℃未満・・・エンジンルーム内の冷気による影響を各オーバーライド装置で調整
9℃以上14℃未満・・・「グリルシャッターのようなもの」で冷気を遮断、燃費を維持
1℃以上9℃未満・・・「グリルシャッターのようなもの」+「環境オーバーライド装置」で燃費を死守

 ※気温15℃程度の場合、復路で「グリルシャッターのようなもの」がCLOSEなら、「オーバーライド装置」オフでも燃費30km/lは超えられるデータもある。(未記載)


〇走行距離から「環境オーバーライド装置」の役割を考える(外気温15℃以下程度 暖房オン)
10km以内・・・暖機が多く燃費が悪い 燃費20―22km/l以下程度
20km以内・・・初期の燃費の悪さに引っ張られ燃費が伸びない 燃費20km/l台
40km以内・・・燃費が盛り返し、頑張れば 燃費30km/l台

〇過去の記録から役割を考える
☆今回のデータ
       燃費      平均速度  気温   水温  HV排気口 最終吸気温度 到着時ER温度
往路  23.8km/l  33km/h 12℃  78℃  21.5℃    28℃     20.1℃
復路  31.3km/l  34km/h 11℃  76℃  32.9℃    28℃     20.6℃
----------------------------------------------------------------------------------
☆過去のデータ
      燃費      平均速度   気温  水温  HV排気口 最終吸気温度 到着時ER温度
往路  29.4km/l  33km/h 23℃  81℃  27.6℃    40℃     31.4℃
復路  34.5km/l  32km/h 21℃  83℃  34.3℃    39℃     31.6℃

       燃費      平均速度  気温   水温  HV排気口 最終吸気温度 到着時ER温度
往路  32.2km/l  33km/h 19℃  81℃  27.6℃    35℃     27.4℃
復路  37.5km/l  35km/h 20℃  80℃  34.6℃    35℃     28.4℃

      燃費      平均速度  気温   水温  HV排気口 最終吸気温度 到着時ER温度
往路  30.6km/l  34km/h 17℃  77℃  26.1℃    38℃     30.1℃
復路  31.6km/l  32km/h 16℃  77℃  34.2℃    30℃     25.3℃

      燃費      平均速度  気温   水温  HV排気口 最終吸気温度 到着時ER温度
往路  23.5km/l  33km/h  6℃  76℃  18.1℃    23℃     15.6℃
復路  29.6km/l  42km/h  6℃  78℃  23.0℃    21℃     14.2℃

 気温15℃を切ると、往路の燃費は伸びない。「環境オーバーライド装置」だけでは燃費低下を止められない。復路の燃費は「環境オーバーライド装置」で30km/l超えが可能のようだ。
 気温15℃を超えると、燃費は劇的に伸びる。往復とも30km/l越えが可能のようだ。
 気温20℃を超え始めると、燃費は往復とも30km/lを超える。(1は標準タイヤ、2はナノエナジー2) ナノエナジー2の転がりも格段に良いようだ。

※比較データでは、タイヤは17インチだがタイヤ種類とその空気圧に若干の違いがある。

〇まとめ
 「環境オーバーライド装置」は、エンジンブロックヒーター+猫騙しから見ると性能は落ちる。実際暖房なしで走行開始すればスタート燃費を稼げると思われるが、BL温調がないため、最終的には燃費は落ちると思われる。
 「環境オーバーライド装置」及び諸装置で燃費を追求するには、片道40km程度の走行が必要と思われる。(速度も必要)
 復路でみれらる通り、一度水温が上がれば、「環境オーバーライド装置」は燃費低下を阻止するため、低温(天候、路面最適、1℃以上)でも30km/l越えが期待できる。

 「環境オーバーライド装置」は装置として微妙だが、実験結果として面白かった。
Posted at 2014/11/25 07:54:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 燃費 | 日記
2014年11月24日 イイね!

冬の燃費 環境オーバーライド装置 改良後 編

晴れ(雨の後) エアコン 24.5℃ 片道40km程度 夜
(スタート時 暖気運転水温40℃まで  HVバッテリー4セグ程度?)
17”ナノエナジー2に交換済み。空気圧 (前2.8?、後2.7?) 確認したいがキャップが取れない!

環境オーバーライド装置は動作したまま走行している。(ジャケット改良Version5 )
吸気加温を再修正 完成度100%

       燃費      平均速度  気温   水温  HV排気口 最終吸気温度 到着時ER温度
現地  29.4km/l  45km/h 10℃  80℃  23.9℃    26℃     17.9℃
帰宅  31.9km/l  45km/h 12℃  79℃  32.9℃    30℃     20.3℃

※グリルシャッターのようなものCLOSEで、実際の外気温より2℃程高いようだ。

「往路、6km走行で燃費は22.9km/l、8.4km地点では22.9km/l。」
「グリルシャッターのようなもののセンサー」設定温度 約25℃。

 往路、雨の後の晴れのためか転がりが悪い。暖機は、1.3kmで水温58℃、その後52℃再暖機となる。暖機延長2回程度で、8.5kmで水温72℃だった。BLの加温が進まないためか、出足7km地点では新走行パターン3でもBLはなかなか増えない。結果、燃費は30km/lを超えられず、29.4km/lとなった。
 復路、吸気、クールドEGR、BLも温まっているが、燃費はそれ伸びない。冬特有の、失速気味の走行。到着燃費は31km/lを超え、31.9km/lとなった。

まとめ 吸気加温も安定動作で、外気温に対して+8~11℃をブーストしている。クールドEGR加温も、88℃まで加温で停止、70℃近くで再加温となるようだ。(動作温度は変動的、70℃以上維持を目標)
今回、環境オーバーライド装置の動作は完璧だが、燃費はそれほど伸びてない。前年度、往路は28km/lに届くか?という燃費のため、改善はしているようだ。
 この気温でも、環境オーバーライド装置の効果によって、エンジン走行時でも、吸気温度は20℃前後を維持、水温も80℃台。(連続のモーター走行でも70℃を下回らない)

 「環境オーバーライド装置」は、「グリルシャッターのようなもの」CLOSE時の吸気温度を維持し水温低下を阻止する装備となっている。

〇今回の走行について考察
 気温が10℃付近で意外と燃費が伸びない。9-8℃でも燃費が高い時があったためシステム上の問題とは思えない。
 前年度、冬の燃費走行を振り返って見ると、外気温が10℃を切り、風や雨で路面が極度の冷えると、燃費もかなり落ち込む気がする。例えエコタイヤでも、冬で外気温が10℃を切り始めると、通常タイヤと燃費が変わらなくなると言うことだろうか!?
Posted at 2014/11/24 00:53:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2014年11月15日 イイね!

冬の燃費 環境オーバーライド装置OFF 雨 往路リセット忘れ2km後 編

 みん友 かげともさんのご要望に合わせて「環境オーバーライド装置OFF」での走行テストをしてみた。
 残念ながら天候が雨、また往路でリセット忘れのため、往路燃費が良い。

往路:小雨上がり気味 ウェット 水たまり無し 復路:雨荒れ気味 水たまり有り 到着で雨上がる エアコン 24.0℃ 片道40km程度 日中
(スタート時 暖気運転一分程  HVバッテリー3セグ?程度)
 17”ナノエナジー2に交換済み。空気圧 (前2.8、後2.7)

環境オーバーライド装置(吸気加温&クールドEGR加温)はOFFで走行

       燃費      平均速度  気温   水温  HV排気口 最終吸気温度 到着時ER温度
現地  29.8km/l  42km/h 7℃  82℃  21.6℃    23℃     16.6℃
帰宅  27.2km/l  39km/h 7℃  80℃  31.9℃    21℃     15.0℃

日中の走行で優位性はありかも。
「水温は8.5kmで74℃。」
「グリルシャッターのようなもののセンサー」設定温度 約25℃。

 往路、リセットを忘れ2kmも走ってしまった。まあ、雨のマイナス分のアドバンテージだと考えよう。暖機はなぜか水温55℃で停止、しかし、1km程度の走行で51℃となり、再暖機となる。その後、モーター走行をしようと思うのだが、40km/hで少しアクセルを踏むだけでエンジンが掛かる。50km/hでも状況は同じ。(システム完成前の苦行を思い出す 苦笑) 吸気温度もエンジン走行時は外気温+3℃と低い。 その後6kmを超えて地点でBL2セグでエンジン走行をするが、新走行パターン3を継続しても1.5km走行しないとBLが3セグにならない。8.5km地点で水温75℃だったが、エンジン走行が多いので当然か!20kmを超えた地点で「グリルシャッターのようなもの」CLOSEの効果でアクセルが軽く感じるようになる。 HVバッテリー排気口温度も、32~35km地点まで来ないと20℃を超えられない。燃費はアドバンテージが効いて、29.8km/lとなる。(アドバンテージ無しで25(復路△2)-28km程度か?)
 復路、雨がひどくなった。「グリルシャッターのようなもの」は、スタート時25℃を超えていたため一度OPENで15.8℃を下回りCLOSE。吸気温度はエンジン走行時 外気温8℃で13~14℃、モーター走行時で20℃に近づく。往路より快適さはあるが、雨の失速と、モーター走行のトルクのなさで燃費が伸びない。到着時の減速走行不足もあり、燃費は27.2km/lとなる。

まとめ 「環境オーバーライド装置 OFF」で走行してみて、かつての苦行を思い出す結果となった。
 吸気加温は、それど吸気温度をブーストできていると思われないが、切ってみると アクセルが鉛のように重い。(少し踏んだだけでエンジン走行となり踏めない) 更に、クールドEGRが停止しているため暖機終了を感じることもなく、ダラダラと燃費を消化してしまう。
 実際、クールドEGRの加温と暖房に関係はなさそうだが、少し寒く感じる。(気温と設定温度のせいか?) 当然、暖房の上昇が遅い分、HVバッテリーの加温も進まない。
 結果、マイナス要素満載で、運転していてストレスが多すぎる。「環境オーバーライド装置」のスイッチを何度も押そうかと考えた!!

考察 雨で、実質的な差が見えにくく、またポンミスでリセット忘れでデータも不正確だが、現在のシステム構成で、「環境オーバーライド装置」なしで、30km/lの燃費を超えることはかなり難しいと感じた。 「環境オーバーライド装置」を切って、過去の走行の辛さを思い出す結果となった。

◎同じコースで雨
〇冬の燃費 14℃ 雨
雨 水たまり有り エアコン 24.0℃ 片道40km程度 夕方
(スタート時 暖気運転水温38℃まで  HVバッテリー3セグ?程度)
 17”ナノエナジー2に交換済み。空気圧 (前2.8、後2.7)
環境オーバーライド装置は動作したまま走行している。(ジャケット改良Version5 )
吸気加温を再修正 完成度100%
       燃費      平均速度  気温   水温  HV排気口 最終吸気温度 到着時ER温度
現地  30.4km/l  47km/h 13℃  82℃  24.3℃    27℃     20.3℃
帰宅  30.7km/l  45km/h 14℃  79℃  30.1℃    27℃     22.1℃
「往路、6km走行で燃費は??.?km/l、8.3km地点では24.2km/l、水温は8.5kmで80℃、30.5kmで30km/lを超えた」
Posted at 2014/11/15 16:24:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@Ocean5 さん、それ豪華過ぎる♪」
何シテル?   12/11 21:59
toro_555です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/11 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

セメダイン ラピーテープ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/13 08:25:37
フェライトコアの効果を見る 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/10 08:31:10
プリウス20Thアニバーサリーが出ましたね。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/25 13:00:02

ファン

51 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プリウスPHV トヨタ プリウスPHV
大きな家電製品買いました♪
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
トヨタ プリウスに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.