• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

toro_555のブログ一覧

2015年11月29日 イイね!

50型プリウスと30型プリウスのサイトから見る燃費について

 昨日インターネットを散策していると、プリウスのアメリカEPA予想燃費の掲載を見かけた。

○トヨタ プリウス 新型、米国仕様の燃費公表…量産乗用車で最高
http://carview.yahoo.co.jp/news/market/20151127-10234784-carview/?kn=1

これによると、
50型プリウスの通常モデルは、
市街地が約23km/リットル、高速が約21.3km/リットル、複合モードが約22.1km/リットル

50型プリウスのエコグレードが、
市街地が約24.7km/リットル、高速が約22.5km/リットル、複合モードが約23.8km/リットル

では、比較に
30型プリウスの通常モデルの燃費は、
市街地21.7km//リットル、 高速が20.4km/リットル、複合モードが約21.3km/リットル


 みんカラのプリウス30の燃費が、レギュラー 21.16km/リットルと、EPAの燃費21.3km/リットルに近いことから考えると、新型に買い直しても、1km/リットル燃費が改善するかどうかということになる。

 個人的にも、プリウス30(S ツーリングセレクション)のカタログ燃費が、30.4km/リットルのため、市街地燃費が32.3km/リットルになったとしても、燃費ためだけに乗り換えるには余りにも意味がない。

 50型プリウスの、走行フィーリングと安全性にはとても期待はしているが、自分に取って、買い替えても燃費が伸びないとなると、買い替える目的が本末転倒してしまい全く意味が無い。ちょっと残念な結果だった。しかし、50型プリウスの高速燃費はかなり改善するのではと期待している。


 個人的には、プリウスの燃費が上限に達しているため予期していた事で、ト○タの燃費改善が悪いという訳ではない。HVの燃費限界がこの辺にあるように思う。

 マイプリウスの燃費テストにおいてタイヤの空気圧を極度(3.0越え)に上げていない理由は、HVシステムの燃費改善の限界が知りたかった為だった。
 結果、購入後(10月)の翌年で夏場に近づき30km/l(復路 晴れ 100km HSI)を超えている事を考えると、基本カタログ燃費は出る素養がある。システムを改善しても、5km/l程度の改善がベストで、後は記録的な問題で、7-9km/lの伸びとなる。

 新型プリウスでは、リチウムイオンバッテリーの採用(一部のモデル)で、高出力で軽量となった。恐らくこの改善だけでも2km/l程度燃費が伸びると思われる。しかし、リチウムイオンバッテリーは発熱反応のため、かなりの熱を出す、あの空○で大丈夫かちょっと心配になる。
Posted at 2015/11/29 10:16:13 | コメント(4) | トラックバック(0) | 情報散策 | 日記
2015年11月23日 イイね!

秋の燃費 マグネットリングの最終テスト 外気12℃ 編

秋の燃費 マグネットリングの最終テスト 外気12℃ 編 ノーマルモードで走行(滑空時テスト的にエコモード)
マグネットリングの最終テスト(北川工業製)
翼(片側当たり):前翼Ver.3(ミラーサイド)1翼 主翼1翼 リア2翼 サイドミラー側面タービュレーター
リアスポイラー裏タービュレーター装備
リアアンダーカナード装備

晴れ 路面:ドライ ベスト エアコン 往路;23.5℃ 復路:オフ A/C オフ (スタート時 HVバッテリー5セグ) 片道40km程度 夕方
17”ノーマルタイヤに交換済み。空気圧 (前2.8、後2.7)

環境オーバーライド装置 EGR加温 アクセラレーターPLUS に変更
吸気加温 差異設置完了 動作中
新エコモード 設置完了 動作中

       燃費      平均速度  気温   水温  HV排気口 最終吸気温度 到着時ER温度
往路  30.1km/l  45km/h 12℃  76℃  26.1℃    31℃     20.5℃
復路  34.6km/l  44km/h 12℃  80℃  34.1℃    28℃     20.1℃

「往路、6km走行で燃費は21.8km/l、8.3km地点は21.7km/l 8.5kmで水温??℃」

 往路、1分ほど暖機後スタート。暖機は水温56℃まで、その後、新エコモードで再暖気はない。7km前後でBL2から増えない、水温が新エコモードの影響で60℃と抑えられているからだろう。中間で28km/lを超えた。到着も、やっと30km/lの乗せられた程度。(一杯一杯)
 復路、「グリルシャッターのようなもの」はOPENで閉まることはなかった。断熱対策が良すぎて、復路は暖房が必要ない程だ。中間で32.3km/lと伸び続ける。最終も34.6km/lと、外気温12℃としてはかなり良い。

まとめ 往路、水温が抑えられるが、走行しながらの充電は、水温が80℃に近づかないと効率が悪い。(ブレーキの回生は問題ない)
 復路、暖房を使わなかったからか、外気温12℃(実質11℃)でも34km/lを超えた。マグネットリングの効果があるのだろうか?(継続確認の必要がある)

 往路も復路も遅い車が前方にいたため、意外と燃費が伸びたように感じる。
Posted at 2015/11/23 22:15:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2015年11月22日 イイね!

50型と30型プリウスの動画を見て

2016 Toyota Prius - WR TV Walkaround & POV Test Drive
https://www.youtube.com/watch?v=u072QbaYZG4

2015 Toyota Prius Three - WR TV POV Test Drive
https://www.youtube.com/watch?v=5pje_ep3kvM

 今日、Youtubeを散策していると、50型と30型プリウスを比較できそうな動画があった。速度やコースが違うようだが、違いをあからさまにしたような動画だ。

○外装
 単純に比較しても意味はないだろう。走行時の風切り音は30型が気になる音に対して、50型はとても静かに感じる。

○内装
 単純に内装だけでも、50型が豪華に感じる。30型で成功した予算を惜しみなく!?投入した感じも受ける。

○ハンドリング
 30型は確かにフラフラした走行、50型は安定した走行を実現している。
 ・・車高の低さの違いが大きいように感じるが、確かに50型の足回りは良さそうだ。

○エンジン
 30型はスタート加速もゆっくりだが何となく静に感じる。50型はスタート時の加速が良い。しかし加速時は独特の音がする。
 この音、どこかで聞いたことが!! ツインカム(ハイメカツインカム?)の音かも!! 確かに2軸なのでそうなるのか!?
 50型は、20km/hからエンジン走行かと思っていたが、この動画では15-16km/hでエンジンが始動している感じがする。(30型と変わらないのか!?)
 確かにスタート加速は良いのだが、これがモーターの力なのか!!エンジンのトルクバンドの変更によるものなのか!! 分からない気がする。

○まとめ
 発売前に少し分かり易い動画が見れて良かった。
 
Posted at 2015/11/22 18:29:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | 情報散策 | 日記
2015年11月19日 イイね!

秋の燃費 マグネットリングのテスト 外気温14-13℃ 往路:一般道 復路:高速 編

一般道:ノーマルモード 高速:エコモードで走行

翼(片側当たり):前翼Ver.3(ミラーサイド)1翼 主翼1翼 リア2翼 サイドミラー側面タービュレーター
リアスポイラー裏タービュレーター装備
リアアンダーカナード装備

晴れ 路面:ドライ ベスト エアコン 22.0~23.5℃ A/C オフ (スタート時 HVバッテリー3セグ) 片道30km程度 午後->夕方
17”ノーマルタイヤに交換済み。空気圧 (前2.8、後2.7)

環境オーバーライド装置 EGR加温 アクセラレーターPLUS に変更
吸気加温 差異設置完了 動作中
新エコモード 設置完了 動作中
マグネットリングテスト

       燃費      平均速度  気温   水温  HV排気口 最終吸気温度 到着時ER温度
一般道
往路  32.0km/l  44km/h 14℃  77℃  33.1℃    36℃     25.8℃
高速(前後一般道8km程度)
復路  29.0km/l  53km/h 13℃  77℃  33.9℃    28℃     20.6℃

ディーラーのコースを走行した。

 往路、15時半を過ぎてスタートしたため、段々と気温が下がり気味だ。スタート時、暖房なしで暖機1分+放置3分,、その後暖房ON。スタート時は伸びはないが、やはり効果があるように感じる。日中もあるが、6kmですでに20km/lを超える。平らの道路なら、35km/hから60km/hは車速に伸びがある。少しの上り勾配でも、伸びる感じで、60km/h程度で燃費計が25km/lに近づこうとしている。(驚) いつもの中間で28.8km/lと順調。段々寒さが増し、気温は実質12℃程度かも知れないが、燃費は30km/lを余裕で超え、ディーラーまでのコースは上りで、通常は失速気味、30km/lとなるハズだが、今回はこの気温で32km/lにぎりぎり乗せた。
 復路、急いでいたので高速を使ったが、全く伸びない。燃費計は30km/lをなかなか超えようとしない。「グリルシャッターのようなもの」がOPENで有ることも失速の理由か? 降下後ゲートで、25.4km/lと恐ろしく低い。その後、帰宅で29km/lが限界。

まとめ 実は、フェライトコアでMGの直径をまかなえる物が見つかったので付けてみた。しかし、全長が短いためだろう効果が感じられない。(一部取り付け場所ミスもあったが、交換しただけで半端でない失速感を味わった)
 本当に効果があるように感じる。プラセボ効果か!?
 20km/hのモーターからエンジン切り替わる感じ(音)が違う。リニアに切り替わる感じがする。(最近はノーマルモード走行が少ないから感覚ズレか!?)
 マグネットリングで、モーターの効率が上がると思っていたが、実はモーターがエンジンを失速させていたのだろうか!?疑問が募る。
Posted at 2015/11/19 22:38:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 燃費 | 日記
2015年11月18日 イイね!

インプレッション プリウス プロトタイプ 試乗を見て

 今日、Car Watchに、プロトタイプのプリウス試乗動画が掲載されていた。
http://car.watch.impress.co.jp/

 6年半ぶり全面改良。新型プリウス試乗
http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/hobby_cooking_life/p1caf8e28fbb2e914c4fa742c73a428fc

 また、YouTubeにも、海外の動画が掲載されていた。
 2016 Toyota Prius - The PriusChat First Drive Review
 https://www.youtube.com/watch?v=iAC_tw_USJQ

 50型プリウスは、走行時の室内音は確かに静かだ。海外動画ではスラロームもあるが、ダブルウイッシュボーンの採用で走行性能が格段に良くなって感じる。(評価も同じような物だ)

 静かさに関しては、動画を視聴しただけでもよく分かる。まるで、自分が鞠の中にいるような感じすらする。(ポーンという音が響いている感じがそう思わせるが、実際は違うかも知れない)

 走行性能(ハンドリング)は、ダブルウイッシュボーンの効果が大きいと思うが、単純に低重心の効果で改善した可能性もある。

 HVシステムは、走行音から、時速20km/hを超えないとエンジンが掛からないように感じる。それは、30型と同じに感じるだろうが、登坂時も20km/hまではエンジンが掛からないのだから、凄い事なのかも知れない。(音からの想像)
 更に平らな道路では、25km/h程度までは、エンジンが掛かっていないように感じる。結果、更に燃費が改善できるように思える。
 動画では、速度が上がって、60km/h走行でも、モーターでアシストしている音がする。そう、エンジン走行時もモーターが不足分をアシストしているようなのだ。
 しかし、60km/hでもモーターが積極的にアシストすると言うことは、裏を返せば滑空ができるか心配になる。

 エンジン音は、2軸となり、音が変わった気がする。ボンネットの遮音材も少ないのだろうが、加速時、音が意外と大きいように感じる。

 実車に乗ってみないと分からないが、動画が少し掲載され、50型と30型の違いが分かるようになって良かった。

 12月の試乗が楽しみです♪
Posted at 2015/11/18 23:07:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | 情報散策 | 日記

プロフィール

「[パーツ] #プリウスPHV パワーブレース フロント + フレームサポートブレース https://minkara.carview.co.jp/userid/1813900/car/2404534/9256220/parts.aspx
何シテル?   06/09 22:47
toro_555です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/11 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

フェライトコアの効果を見る 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/10 08:31:10
プリウス20Thアニバーサリーが出ましたね。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/25 13:00:02
お初にお目に掛かります(^^ゞ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/08 21:55:02

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プリウスPHV トヨタ プリウスPHV
大きな家電製品買いました♪
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
トヨタ プリウスに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.