• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

toro_555のブログ一覧

2017年10月28日 イイね!

新型PHV 10月従量電灯での燃費を計算 編

新型PHV 10月従量電灯での燃費を計算 編 ESPOから、10月の燃費を計算してみた。

 走行距離は、電気料金の期間に合わせる。
 10月の走行距離 876+(0)先月差異なし=876km
 電気料金 69kwhで、1,417円
 ガソリン 8.5+(0)先月差異なし=8.5Lで、1,046円(@123円)

 2,463円÷876km=2.81円/km

 今月はそれなりに走った。
 40km往復で、U系列の無料給電をしているが伸びない。
  気温低下で、電費も10km/kwhに乗せられなくなっていることが原因だろう。
 走行距離 876kmで、2,500円程度の維持費用は、さすがPHVだと思う。
  無料給電に無駄時間も多いが、それを楽しめれば、それはPHVのメリットなのかも知れない。
  いかにガソリンコストが高いか分かるが、すぐ給油できるでき、エネルギー密度が高いのもメリット。

○計算遊び
ガソリン単価、123円
プリウスが30km/lとして、876km走行に、
3,592円 4.1円/km
アクアが25km/lとして、876km走行に、
4,309円 4.9円/km
SAIクラスが15km/lとして、876km走行に、
7,183円 8.2円/km
(冬場は2km/L程度下げるべきか)
Posted at 2017/10/28 09:00:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月22日 イイね!

新型PHVとEVの今後とは 編

 新型PHVに6ヶ月(実質5ヶ月)、短距離ではEVのみ、中距離ではEV・HV、CHGとの組み合わせで乗ってきた。
 EV専用車両よりEV走行距離が落ちるPHVは、本当にお得なのか!?ただの繋ぎなのか!?日々疑問を抱く。
 新型リーフが出て、EV航続距離が伸び、更に実用的になったのかとも思っていた、しかし、運用を考えると実用性と低コストは反比例するようにも思う。(個人的意見)

○お外で充電のメリット
EV車両(リーフ)
 バッテリーが大きくなれば実用的と信じてきたが、実際は急速充電器で1回30分縛りで制限を受ける。急速充電器の性能にも寄るが、1回の22-25kwの充電では、40kwのバッテリーの半分に満たない。
 いくらたび放題でも、一箇所で30分以上の充電となると、禁断?の2回充電で、利用者も回りも負担が大きすぎる。
 更に無料を2回も差す事になると、倫理に問題を感じざるを得ない。
 無料200V充電では、どれほど足しになるのかよく分からない。(無いよりマシ?)

PHV車両(プリウスPHV)
 急速充電器では、バッテリーが小さく、1回の充電で、12-17分程度と短いが、当然走行距離も短い。
 得を考え、無料200V充電もするが、空からだと1時間では+30km走行程度が増える程度。
 
○うちで充電
EV車両(リーフ)
 40kwではもう深夜電力時間でフル充電できない。よって最大のメリット?の安い電力料金のみ(1日)ではフル充電が完了しない。(もともと基本料金を割り入れると、大して得でもないのだが・・、心理的問題)
 いつフル充電できるのか!?多分、お外で充電してきたのち、うちで追加充電する時が一番可能性が高いのか!? (何にしても無駄時間が多すぎる 個人的見解)

PHV車両(プリウスPHV)
 ほぼ毎日フル充電ができる。問題があるとすれば、フル充電したくないときもフル充電になってしまう。(フル充電で一週間以上ほ放置はバッテリーに悪いそうです トヨタより)
 100Vの充電は、効率の悪さと時間が掛かるが、バッテリーの負担が少ないだろう。

◎まとめ
EV車両(リーフ)
 現在のリチウム電池の限界だろう、大きくしても充電時間がとれない。(やり方次第か?)
 たび放題で月額 2,000円が可能だが、家充電で調整しなければコストと時間が無駄になる。(個人的見解)
・月 1,000km程度走行
 たび放題 月額2,000円+家充電 2,000円程度の運用が現実的なのだろうか。(個人的推測)

PHV車両(プリウスPHV)
 もう少しバッテリーがあればと思うが、エンジンを使わないのも、これはこれで問題がある。
 現在の運用を考えると、MAX 15-16kw程度の電池搭載がベストのように感じる。(急速充電器で30分程度) この車体では電池が搭載できる部分がもうないので、実際は難しい。
 動力性能として、これ以上手の入れようがないほど充実していて文句の付けようがない。(エンジンの熱効率、EV性能、バッテリーの充電・冷却・加温 管理)
・月 1,000km程度走行
 家充電 2,000円+ガソリン給油 2,000円程度の運用が現実的なのだろうか。(個人的推測)
 
未来のEV
 今、凌ぎを削って開発中の全固体電池ができれば、一挙に問題が解決するのだろうが、当然充電器も変更が必要となる。
 ト○タがディーラーに急速充電器を設置しないのも、この目測があるからだろうか!??
 現在開発中の日本と、EV新規参入のダイソンを含め、2020年まで予断を許さない状況が続くだろう。(現状が○ぎとなる可能性も大きいのか!?)
Posted at 2017/10/22 10:52:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月17日 イイね!

新型PHVでの最近の出来事っ 冬近し 編

 最近は、新型PHVの組み込み予定パーツを見ながら、装備が進まない現実に直面している。(寒くなる前に装備したいのだが・・)

 やっと暖房の季節となり、新型PHVの売り、ヒートポンプの出番。先日は、気温が15℃まで低下して、気づくと暖房になっている。
 しかし、当然と言えば当然だが、エンジンが掛かり冷気から段々と暖房になる訳でもなく、まるでサウナのように、気づくと温度が上昇している。(湿度が低い感じがする)
 暖房では、電費は、A/Cに14%も消費、その後距離が出ても、11%とかなりの電費を消費する。そのため、走行距離も伸びず、電費も8km/kwh台を行き来するのみで全く伸びない。
 復路では、暖房を切ってみたが、気温のせいもありそれ程寒くならなかった。

 新型PHVの暖房は、恐ろしく静かで、気づかない程の温度差で、多くの電費を消化しながら、確実に動作しているという感じだった、

○余談
 最近は、定番コースで途中給電できないか、色々テストしてみている。
 この近辺の官庁の給電設備は、一部24H運用の充電器もあり、いつでも充電できる。さすがに夜は穴場でがら空き、接続から13分ほどで充電完了となる。これは使えるが、回りが暗すぎてちょっと不安だった。
 次は、SSCのア○タのG-Stationで、90分まで給電可能。これまで2回ほどトライしたがいつも満員?で充電できない。(1回目リーフ、2回目35型) 3回目やっと給電が空いていて、慌てて止めてカードをお借りして給電をした。
 県内にSSCとして数があるア○タだが、近くで給電施設を備えているのはこの店舗だけ。とても残念だ。
 ユ○ー系列のこのSSCは、最近では、GMS(ゼネラルマーチャンダイズストア)と呼ぶようだ。まあ、専門用語(短縮)なのでどうでも良いが、今後、GMSと書いても良いのかも知れない。(更に分かりにくくなるだけか 笑)
 ア○タも経営は厳しいとの話しなので、ド○キとの資本提携や総合店舗としてツ○ヤを組み込んでいく方向なのだろう。何ら感だ言っても、110%以上の伸張を続ける?イ○ンには遠く及ばないのだろう。
 今後のGMSの成長には、EV、PHVの取込が不可欠だと思う。現状も見ても、無償で多くの充電接続ポイントをもつGMSが成長しているは実情だろう。(実際はWA○Nの成功なのだろう)

 願わくば、今後多くの給電施設が増えて行くことを望むばかり。(今の数では、お休みに給電するのは多くの場所では至難の業 無料だからだね ○乏性)
Posted at 2017/10/17 21:06:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月14日 イイね!

新型PHVに乗ってマイプリウス30を思い出す 編 もしや兄弟!?

 購入から6ヶ月(実質5ヶ月)、最近、EV距離が意外と伸ばせない事に気がついた。

 今日は夜19℃を下回る気温で、出足の電費も8km/kwhを超える程度と全く伸びはない。(エアコンはオフ)
 これは、何故だろう??? タイヤの転がりが落ちてる? でも13℃を超えていればそこそこ伸びても良いように思うのだが? 何故だろう???

 復路でためしにエアコンをON。 やっと9km/kwhを超えて、最終は9.3km/kwhまで伸びた。
 ん、この感じ、どこかで体感した記憶が・・・。 あっ、マイプリウス30の改良前後と同じ状況だ。

 よく考えてみると、プリウスPHVの設計の基本は、マイプリウス30にとても似ている。もしや兄弟なのか!? 笑

○グリルシャッター
 基本動作はさして変わらない。気温やエバポレーターの保護ための配慮も設計基本は同じ。個人作成なので、水温や速度を取り込んでない部分に違いがある程度。(手動で空けられる点はマイプリウス30の方が優れていたか?)

○HVバッテリー簡易温調
 マイプリウス30の時は、夏でも冬でもオールシーズンエアコンONで走行することでHVバッテリーを温調、燃費を改善していた。
 新型PHVは、夏の猛暑でない限り、夏はエアコンONでもOFFでも燃費が変わらないようだった。逆に冬場はエアコンOFFでは燃費が悪くなるように感じる。
 この改善も、PHVでは取り込まれているのだろうか!?
 PHVは充電後のバッテリー加温が出来る点が優れているように感じる。

◎まとめ
 システムが完成に近づくと、その出来映えはオリジナルに近づく。
 まあ、結果同じ完成度になるってことだろうから、マイプリウス30のイメージで乗れば良いのかも知れない。
 追加として、マイプリウス30の時にやっていた、窓やルーフの改善をやれば更に良くなるのだろうが、余りにトラブルが多く、意欲は湧かない。(一部試作済み)
 ネタは尽きないが、時間はない。

Posted at 2017/10/14 23:14:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月11日 イイね!

高速充電なび って、高速では使えそうだけど!?

高速充電なび って、高速では使えそうだけど!? 今日、過去の日刊工業新聞をななめ読みしていると、「高速充電なび」なるものがあることに気が付いた。
 確かに,EVユーザーにとって、高速での充電は切実な苦行ですが、殊更、次のEVチャージスポット(充電予定)でEVorPHVがチャージしていようものなら・・・と、心持穏やかではいられないでしょう。
(PHVに乗っているtoro_555でも、いざチャージスポットで充電器が埋まっていると落胆が凄いです 寒)
 この「高速充電なび」、ナビと言いながら地図は出ない、ただチャージスポットをターゲットに作ってある感じです。(路線基準)
 しかし、このナビの凄いところは、充電が何時から開始されたか!!今日のメンテナンスは何時からか!!コース取り上の高速に何個のチャージスポットがあるか!イメージ図による正確な位置!!過去3か月のチャージスポットの込み具合!!充電情報!!料金!!などなど ほしい情報がてんこ盛りです。
 残念な部分は、高速のみの情報であることでしょうー

 新型PHV(プリウス)では、利用が限定される気がします。(高速ではEVよりHVの燃費が良くなるため?

○高速充電なび
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.charge.navi
Posted at 2017/10/12 00:00:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@Ocean5 さん、確かにアンブッシュしてますね♪ 考えると!!こう見ると、通常の大きさで距離の走れるPHVを作る難しさを感じますね。」
何シテル?   11/05 07:41
toro_555です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

セメダイン ラピーテープ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/13 08:25:37
フェライトコアの効果を見る 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/10 08:31:10
プリウス20Thアニバーサリーが出ましたね。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/25 13:00:02

ファン

50 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プリウスPHV トヨタ プリウスPHV
大きな家電製品買いました♪
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
トヨタ プリウスに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.