• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

toro_555のブログ一覧

2018年03月30日 イイね!

新型PHVとEVのバッテリー積載 編

 新型PHVのバッテリーは、必要にして十分だ。敢えて、欲を言えば、もう少し多く積んで欲しいと思うのが、ユーザーニーズというものだろう。しかし、現在の構成では、これ以上大きなバッテリーを詰めそうにない。 いや、詰めるはずだ!!という意見もあるだろうが、慎重なト○タが、そんなリスクマネージメントを採るとは思えない。

○バッテリーの積載の問題
 必要な場所にめいいっぱいバッテリーを積みたいというのが心情だろう。
 しかし、縦積み、横積み、スタックなど、その試案に効率を求めることは適切とは思えない。
 例えば、HDを水平でスタックすると、上部には下部の二乗?の熱量になるようで、現在、複数のHDを搭載する場合は、垂直に立て横並びとなっている。
 例えば、国内有名どころのEVを見ると、縦積み、横積み、スタックなどを駆使して多くのバッテリーを搭載している。
 結果、バッテリー容量が増えるごとに劣化進度が早くなっているのが現状ではないだろうか!?
 理論的には、新型PHVやテ○ラのフラット積みが一番バッテリーに優しく、動力効率も良い気がする。(テ○ラはフラットに積み、更にバッテリーの接続には並列直列を駆使していると言われている 液冷)

○バッテリーの搭載位置の問題
 EV車両の多くは、バッテリーを床下に搭載している。
 確かに、最もバッテリーをフラットに積める場所で有ることは間違いない。
 しかし、本当の意味で安全さと引き換えになっていないのだろうか!?
 理由は、以前航空機用のリチウムイオン電池が消失?(粉になった?)したあの事故だ。
 また、先日のテ○ラの痛ましい事故では、前席床下が崩壊、電池として残った部分と反応で粉となった部分が入り乱れている。
 結果、今の電池でト○タが床下に搭載するなどという○挙は考えられないだろう。

◎まとめ
 EV普及時代がすぐそこにやってきているように思う今日この頃だが、いざトラブルが起こると、そこには効率のために見送られた問題が露呈する。
 現在のリチウムイオン電池では、ひとたび不安定な状態になると、○爆弾のように連鎖的に反応が広がる恐れがある。
 結果、ト○タなどの爆発を危惧するメーカーは、今のリチウムイオン電池を、決して床下には搭載しないだろう。
 ト○タが開発を急いでいる全個体電池はその面でも安全性が高いのだと思う。
Posted at 2018/03/31 22:31:43 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月29日 イイね!

新型PHV 2018年3月従量電灯での燃費を計算 編

新型PHV 2018年3月従量電灯での燃費を計算 編 ESPOから、3月の燃費を計算してみた。

 走行距離は、電気料金の期間に合わせる。
 3月の走行距離 1,183+4先月差異ー0今月の差異=1,187km
 電気料金 73kwhで、1,521円
 ガソリン 12.0+0.1先月差異ー今月の差異=12.1Lで、1,670円(@138円)

 3,191円÷1,187km=2.69円/km

※ESPOの掲載誤差があると思われるが調整の範囲か!?

 3月に入り、意外と出歩いた事が分かる。(リコール、障害の呼び出しが多かった?)
 今回は、帰宅時も積極的に外充電を行ったため(無料急速)、走行距離に合わないほど、究極的に経費は安い。
 ガソリン消費が異常に低いと、もはやEVと変わらない。しかし、充電のための無駄時間が増えて行く。(暖かくなってきたから良いかな 笑)

○まとめ
 PHVを活用すると無駄時間が減り経費が増える。
 EVを活用すると無駄時間が増え経費が下がる。
 どちらも選べる事がPHVの素晴らしさなのだろう!!
Posted at 2018/03/29 08:18:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月28日 イイね!

新型PHVのソーラー toro_555用!?対策 編

 新型PHV 夢のソーラーを買ったハズなのだが・・、予想外の事は常に起こるもの!!

○まえがき
 ソーラーの電池が極限?まで減ると、ソーラーの活動が停止する!!
 これまで、2回バッテリー交換をして頂いたが、次回はない何故かクレームをもらう!?
 まあ、初期モデルを買った以上、被験者となるのは仕方がないが、カタログに記載されていない事で条件を付けられるのは頂けない。

○本題
 一応、無駄・無理を承知で可能な限り日干しを続けたが、日中全力で日が当たるところなど家の周りにはない。一か月で、0.24kwhと伸びない。(今日の夏日で、いきなり0.37kwh)
 先週、担当営業から、ファーム更新の用意できたので、早く来てほしいとの連絡あった。
 やっと時間を作り、ファーム更新に出かけた。(何とも日々車のデバッグのために休みを消化しているという有様)
 代車を1日存分に楽しめる点は嬉しいが、こんなにディーラーに通い詰めることこそ凄い事だ。(笑)
 しかし、色々言われたが、toro_555のためにオリジナル対応する点は、ほかのメーカーでは考えられない事、感謝この上ない!!
 結果、対策は、カスタマイズされたコンピュータに交換する事となったようだ。
 ・・カスタマイズということは、この苦行はまだまだ続くということなのか!?

○まとめ
 まあ、全てが万事塞翁が馬と言いたいが、まだ終わってない。(笑)
 初期モデルを買った以上、被験者で仕方がないと思うが、是非、次のモデルに生かすため、最善の対応をお願いしたい。
 
Posted at 2018/03/28 22:45:39 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月25日 イイね!

新型PHV 春の電費 気温13℃

新型PHV 春の電費 気温13℃ 夕方、電費のテストため走行をしてみた。
 予想通り、気温が高くなり、夕方でも気温が13℃(到着地点気温11℃)を維持できるようになると、急激に電費は上がる。(プリウス30で実証済み) 理由は、単純にタイヤの転がりが良くなるからだ。
 スタート時5km地点で1km毎の電費が10km/kwhを超え、その後アップダウンを繰り返すが、往路最終も平均10km/kwhを超えた。 復路はクルーズ走行もあり、電費は98km/kwhまで下がった。

 初春で、10km/kwhを超えてきているので、もう少し気温が上がると、更なる燃費のアップに期待が持てる。今回、燃費がアップしている理由が、タイヤの空気圧が高いことか、ボディ強化による効果なのかは分からない。

Posted at 2018/03/25 22:34:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月21日 イイね!

カーメイト 純正フラットワイパー用撥水替えゴム車種別セット 交換後の状況

 今日、雨の中走ってみた。
 確かに、「カーメイト 純正フラットワイパー用撥水替えゴム車種別セット」に交換後は、ワイパー鳴きしない。
 しかし、問題はゴムではなく、ワイパーブレードなのだとよく分かった。

○症状
 撥水ワイパーなのに、撥水にムラが出る。
 助手席側は問題ない。
 運転席側のブレード中央が浮いている。(正確には密着不足で浮いている訳ではない)
 また、中央から離れた一部?も浮いているようだ。(説明が難し)

◎結論
 ワイパーブレードのアーチ精度をもっと正確にデザインしないとだめ!?
 もしくは、ブレード自身の強度に問題があるようにも見える。(押さえ切れてない)
 ブレード中央が浮いていたのでは、どんなに頑張っても鳴きは止まらない。
 ワイパーゴムが均一にガラス面に密着してないと鳴きを止めようなどと言うことは、到底無理なお願いだ。(個人的見解)
 メーカーも「カーメイト 純正フラットワイパー用撥水替えゴム車種別セット」に交換して、浮き具合を確認して見てほしいほどだ。
Posted at 2018/03/21 23:12:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@Ocean5 さん、確かにアンブッシュしてますね♪ 考えると!!こう見ると、通常の大きさで距離の走れるPHVを作る難しさを感じますね。」
何シテル?   11/05 07:41
toro_555です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/3 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

セメダイン ラピーテープ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/13 08:25:37
フェライトコアの効果を見る 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/10 08:31:10
プリウス20Thアニバーサリーが出ましたね。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/25 13:00:02

ファン

50 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プリウスPHV トヨタ プリウスPHV
大きな家電製品買いました♪
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
トヨタ プリウスに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.