• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

634GTRのブログ一覧

2013年11月30日 イイね!

Lamborghini 本 #1 

Lamborghini 本 #1 Lamborghini 本 の紹介その1
HAYNES GREAT CARS Lamborghini Miura Countach Diablo Murce'lago RICHARD DREDGE
 (緑色ミウラの表紙)

英国洋書/英語/2007年
サイズ/変形・(約)縦25.7X横25.5cm
厚さ/約1.5cm
 
主に1966~2001迄のランボル歴代車を取り上げています。

2006年のミウラコンセプト等も載っています。 
Miura  Countach  Diablo  Murce'lago  を1冊で見たいかたへお勧めです。

今もAmazon等で買えると思います。

Posted at 2013/11/30 20:02:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | Lamborghini 本 | クルマ
2013年11月16日 イイね!

Diablo GTR フロントウインドウ

Diablo GTR フロントウインドウタイトル画像のようにGTRは、フィンランド/ピルキントン製です。
運転席側前面ガラスのボンネット近くに印字されています(白紙を当てて撮影)。
こんなところにもLamborghiniのロゴが入っています。
次は、GTR-Sの画像です。

GTRのダッシュボードはアルカンタラ貼りですが、GTR-Sはここもカーボン製です。
カーボン網目が写っています。

ちなみにGT・SVRフィンランド/ノルドメックス製です。
画像はGTです。
Posted at 2013/11/16 20:17:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | Diablo GTR パーツ | クルマ
2013年11月13日 イイね!

Lamborghini Miura 本 #3

Lamborghini Miura 本 #3Miura only 本その3です。
The Lamborghini Miura Bible Joe Sackey Veloce Publishing
英国洋書/英語/2008年
サイズ/変形・(約)縦26X横26cm    厚さ/約2.5cm 
流石バイブルと言うだけあって、1冊だけ「Miura only book」を買うとしたらこの本です。
今もAmazon等で買えると思います。
カラーページが大変に豊富、レストアや識別に最適です。

但しサイドマーカーが四角など、異種も載っているので、バイブルと言えども鵜呑みにしてはいけません。 載せてるからと言って正しいとは書いてありません。
ミウラの開発、販売、レストアプロモーション写真など多数あり圧巻です。
ボディカラーが黒のミウラは、書籍などであまり見かけませんが、ここに載っているのは、綺麗です。
亡きフェルッチョさんの「睫毛がついたSV」やサイン、カウンタック初期型写真等も巻末に。
1つだけ劣っている記事があります。

CHASSIS NUMBERS というタイトルの項、エンジンNo、シャーシNoの突合表だけは、以前のLamborghini Miura 本 #1にて紹介した本にある表のほうが見やすいし全リスト掲載されています。 この本では、直筆やタイプライタープリントの表が載っているのですが、全てではなく、不明瞭な項もあります。
Posted at 2013/11/13 10:33:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | Lamborghini 本 | クルマ
2013年11月10日 イイね!

Lamborghini Miura 本 #2

Lamborghini Miura 本 #2お勧めの「Miura only book」その2です。
Lamborghini Miura STEFANO PASINI
伊国洋書/3ケ国語(伊、英、独?)  1988年
サイズ/変形・(約)縦29X横28cm  厚さ/約1.4cm
当時¥10000位だった気がします。

カラーページ多数、ミウラの開発、各車種の紹介、諸元表、ミウラのパーツリストやテクニカルデータ、オーナーズハンドブック等の一部も載っています。

カラーページでミウラ各部の写真の掲載も多く、レストアなどの参考になると思います。

Posted at 2013/11/10 16:11:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | Lamborghini 本 | クルマ
2013年11月03日 イイね!

Lamborghini Miura 本 #1

Lamborghini Miura 本 #1Lamborghini Miura に関する書籍雑誌をシリーズで紹介していきます。
先ずは、お勧め洋書から。
Lamborghini Miura Peter Coltrin and Jean-Francois Marchet OSPREY UK
英国洋書/英文   サイズ/約B5   厚さ/約2cm   1982~83年?の発刊。
当時¥8000位だったと思います。
カラーページは少ないですが、お勧め「Miura only book」の1冊です。
内容は、ランボル社の起業創業に至るストーリー、ミウラの開発、ミウラ各種の紹介、諸元表、販売カタログなどが載っています。

ロードスター、タルガトップZn75、Jota’J’、svJ、1981年の試作品スパイダーまで網羅されています。
一番の推薦は、エンジンNo、シャーシNoの突合表が載っています。
制作年月日、ボディ色、内装色、エアコン車、右ハンドル車、著名なオーダー顧客名なども記録されています。

シリアルNoは、700(ラストミウラ762番)を優に超えていますが、リビルト等を含む為です。
欠番等もありますが、この辺の知恵蔵は、「urracoP250」さんの右に出るものはいないでしょう。
従って、この表からエンジンNo、シャーシNoの両方が合っていれば、乗せ替えではない事が判明します。   もし違っていたら、巷による、「2個1」かも知れません。 
しかし運悪く?「ニコイチ」だったとしても、既に40年以上経過しても、色褪せることない名車ですから恥じる事はありません。
むしろオーナーに成られた事のほうが価値ある人生と断言致します。
なお、シャーシNoはフロントの右側、燃料ポンプの隣にプレートで留められています。
そこに型式やNoが打刻されています。
エンジンNoは当然、エンジン部に打刻(確かVバンクの間)されています。
Posted at 2013/11/03 14:42:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | Lamborghini 本 | クルマ

プロフィール

ディアブロGTR オーナーです。 Lamborghini Diablo GTRやMiura等Lamborghini 関連記事を中心に書きます。 宜しくお願い...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/11 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ファン

44 人のファンがいます

愛車一覧

ランボルギーニ ディアブロ ランボルギーニ ディアブロ
ランボルギーニ ディアブロGTRに乗っています。
ランボルギーニ ディアブロ 634GTR (ランボルギーニ ディアブロ)
限りなくレーシースパルタン代表Lambor・GTR
ジレラ ランナー VXR200 RST ジレラ ランナー VXR200 RST
たまに通勤などで使用
BMW 3シリーズ プラグインハイブリッド BMW 3シリーズ プラグインハイブリッド
BMW 久々に買い換えました。 PHVです。 2000CCで、今のBMWは全てツインター ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.