• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

びーばー坊の"エクザル" [スバル エクシーガ]

整備手帳

作業日:2014年11月5日

光るスカッフプレート(自作)の取付作業(その1)

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 チューニング・カスタム
作業 DIY
難易度
作業時間 12時間以内
1
前々から温めていた、光るスカッフプレートの製作を行いました。
製作するに当たって、いくつか目標を立てました。

 1.なるべく安く仕上げる(総額2,000円以内)
 2.簡易的にでも光らせる
 3.構造はシンプルに
 4.純正・既成品には追いつかなくても、手作り感を少しでも脱却する

です。
結果、総費用は1,200円程(2セット)で、1セット600円程度で出来ました。

今回の製作の肝は、100円ショップのマグネットスイッチ式LEDライトとアルミ板(0.3mm)です。

光らせたい部位の色を青と考えていましたが、カーテシランプが青ですので、今回は敢えて、白文字としました。
LEDライトは白ですので、そのまま流用でき、また光量も抜群でしたので、1灯だけで文字を浮かび上がらせる事が出来ました。
そして、ドア開閉に連動して、ON/OFFも可能となりました。

1個100円で、実現出来るところが素晴らしいです。

次に、スカッフプレートの外装ですが、過去の実績から当初、カーボンシートで覆うつもりでしたが、純正品の金属(ステンレスなど)光沢も憧れたため、何か代用できないかと探していたところ、加工しやすい&廉価のアルミ板がありましたので、これを採用しました。

曲げ加工部分の完成度が微妙ですが、アルミ表面の金属光沢が程よく、汚れも付きにくく、そして高級感も出ました。

アルミ板裏面にシールが全面に貼ってありますので、加工後の接着が、簡易な点が良いです。

例のごとく、試行錯誤しながらの製作でしたので、ロゴ部分のボロ隠しが必要になり、化粧モールで隠しましたが、その費用が無ければ、500円以内で出来ます。

ただ、化粧モールが付いたことで、高級感がぐーんとアップしているので、必要な出費と考えても良いかと思います。
2
簡易設計図です。

製作時には、光り漏れ防止&反射用アルミテープ、防水処理を施しています。
3
製作部材です。左上から

 ・マグネットスイッチ式LEDライト 2個
 ・PP厚板(1.2mm厚) 1枚
 ・カラーボード(5mm厚) 1枚
 ・アルミ薄板(200×200×0.3mm) 2枚

全て、100円ショップ(ダイソー)品です。

その他、印画紙、アルミテープ、カーボンシート、透明プラ板、LED延長ケーブルなど、手持ち品より使用しました。
4
製作過程です。
基本的には、光るシリーズの方法を踏襲しています。

・導光板の表示部は、日中の見映えを考えて、青地としました。

 裏話)ここは、読み飛ばしても結構です。
黒地のロゴをもつ画像から、青地にするため、ペイントソフトで一生懸命塗りましたが(30分ほど)、エクセルを使うと一瞬で好きな色に変えられることに気付き、一時、放心状態になりました(笑)

・裏板、縁(基材)となるカラーボードを切抜きます。
5
次にマグネットスイッチ式LEDライトを改造します。

左上:分解したところ。ネジ1本とツメで留まっています。

右上:本商品はLED1灯ですが、基板には2灯点けられるような回路パターンになっています。

左下:LEDマイナス側にマジックで印を付けて、カットします。

右下:空いているスルーホールを利用し、1m程度の延長ケーブルを半田付けします。
取り外したLEDの極性に注意して、ケーブルの先端に半田付けします。
6
LEDの仕舞い込み手順です。

左上:アルミテープで、縁の光漏れ防止と反射材とした後、LEDを端にアロで接着し、埋め込みます。
防水処置として、配線溝に木工ボンド(※)を流し込んでおきます。

右上:光量ムラ取りをした後、導光板、保護用透明プラ板を取り付けます。

左下:配線から水が浸入しないよう、こちらも木工ボンド(※)で蓋をします。

右下:点灯状態。紙の繊維が見えますが、マジマジと見る部分ではないので、OKとしました。
LED1灯だけですが、十分な光量があることがわかります。

※ 木工ボンドは水性なので、溶ける恐れがあります。シリコンコーキング(バスコーク)が適正です(J's工房さん、アドバイスありがとうございました)。
7
外装部の製作。

左上:アルミ板を寸法通りにカットします。写真にはないですが、真ん中に当たるアルミ板は、ロゴ部分を四角くくり抜いておきます。
(右から2つ目は使用しません。端材です)

右上:それぞれ(※)を曲げ加工します。カッターで2~3回軽くキズを付けた後、指先でゆっくりと90度に曲げます。
一気に曲げると、撓んだり、切れてしまう(折れる)事があるので、少しずつ様子をみながら、曲げていきます。

左下:取り付けた状態。金属光沢がいいかも。しかし、ロゴ周りが見苦しいですね。

右下:化粧モール(4mm幅)と、BTIシールの貼付。

※ 今回は、100円ショップのアルミ板を使用したため、3分割となっていますが、市販のアルミ一枚板(他の金属板)を使用すると、繋ぎ目もなくなり、完成度やバリエーション(質感、色味など)が、一段上がると思います。
8
マグネットスイッチを車内に搭載するので、白いボディが目立たないよう、カーボンシートを被せます。

これで、光るスカッフプレートの製作が完了しました。

車載手順について、その2に続きます。

関連パーツレビュー

イイね!0件




タグ

関連整備ピックアップ

運転席パワーウィンドウスイッチの白LED打ち換え

難易度:

アイサイトの白LED打ち換え

難易度:

オートクルーズの白LED打ち換え その1

難易度:

オートクルーズの白LED打ち換え その2

難易度:

VDC(横滑り防止装置)の白LED打ち換え その1

難易度: ★★★

VDC(横滑り防止装置)の白LED打ち換え その2

難易度: ★★★

関連リンク

この記事へのコメント

2014年11月6日 17:22
コスパ&アイディア最高ですね♪
もちろん出来ばえも!
お見事です(*゚▽゚)ノ
コメントへの返答
2014年11月6日 17:33
こんばんは~ (^o^)丿

米、ありがとうございます!
しかし、早々の食い付き、ぽにょっちさんは隅に置けないですね (p_-)

今から車載手順の方をUPしますが、実際に取り付けてみると、結構しっくりきていいですよ。

1コ、600円ならば、及第点の出来ではないでしょうか。
2014年11月6日 17:55
発光具合もイイですねぇ!
コストを考えると素晴らしい!

1点だけアドバイスを。
木工用ボンドは水性で水に溶けますので防水にはシリコンコーキング(商品名:バスコーク)をオススメします。
コメントへの返答
2014年11月6日 18:33
こんばんは!

あっ、J's工房さんのご指摘で気が付きました。

手近にあったので、これでいいかと木工ボンドを使っていましたが、確かにバスコークが適正ですね。

家のDIY(修繕)で、バスコークを使っているのに、何で気が付かないんだろ (^_^;)
まだまだ修行が足りません。  

アドバイス、ありがとうございました!

プロフィール

「8月に行った旅行のブログを上げたいのですが、忙しくて(-_-;)
どんどん記憶が薄れていく…((((;゜Д゜)))」
何シテル?   09/11 21:07
びーばー坊です。よろしくお願いします。 通勤、レジャーとほぼ毎日運転しています。 あまり車に詳しくないのですが、カーステ、カーナビ等の電装品の取り付...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

MITSUBA / ミツバサンコーワ アルファーⅡグリーン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/08 23:31:26
LEDリフレクター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/02 18:15:37
フロントドアのデッドニング その1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/21 21:36:10

愛車一覧

スバル エクシーガ エクザル (スバル エクシーガ)
スバル エクシーガに乗っています。 自己所有で5台目となります。 マツダ車×2→トヨタ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.