• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Masa@のブログ一覧

2013年11月30日 イイね!

昔の愛車その2

スターレットという、なんとも良い車に乗っていました。

自動車部に入り、昔から興味あったモータースポーツに取り組み始めたのですが、まぁ皆さん、やっぱり競技向けに弄った車を乗っているわけです。

新入生では、唯一車を持っていた私ですが、オートマのスターレットでは気が引けるというものですが、まぁ、チームの競技車両があるので杞憂でした。

CRXや、スターレットターボがメインで、ダートやジムカーナに取り組む事に。

その頃か、どうもトヨタに相性が良く、スターレットターボの方がタイムなどが良かったです。

通学、ドライブ用になっていた、ソレイユですが、
ある時、ジムカーナの練習会に同級生と先輩と参加したのですが、大会も近かったので、チームのマシンは先輩が占有。一年生が大会に向けてのサポートの練習を兼ねて先輩に従って整備などをやっていました。

でも、せっかく来ていて、同乗ばかりではつまらんだろ。と先輩が、私のスターレットで、一年生で走ったらどうかと。もちろん、先輩が助手席で、指導しますが。

とりあえず、オートマでノーマルだし…と同級生と不安に思っていましたが先輩が、とりあえず貸してみな!と。

すると、どうでしょう!

ロールは大きいものの、華麗な360ターンや、Fドリ、八の字など、周りと遜色の無い走りでした。

先輩曰く、良い車じゃないか(笑)と。

その日は、みんなでラストまで、楽しむ事が出来ました。

マシンのスペック的にもノーマルの懐の深さが初心者的にも手に余らず、ちょうど良かったのと、挙動がわかりやすかったという事でした。

悲しい事に、我々一年生のへっぽこな走りでは、タイヤもブレーキもへたることが無かったんですね…

続く
Posted at 2013/11/30 14:17:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2013年11月29日 イイね!

昔の愛車

オグさんのブログを読んでいて、ふと振り返ってみようと思いました。

最初の車は、祖母が乗っていたスターレット、ソレイユL。新車ワンオーナー(笑)でした。
もちろん、オートマ。

免許取って、練習用にと。
ちょうど、新しく軽自動車を買うことになったので、私に回ってきたのです。

1300cc. 80馬力程度。
まぁ、五人乗りで荷物もそこそこ、燃費も良く、大学生にはちょうど良い感じ。

ただ、高校の時にスープラを見かけて衝撃を受けて以来、欲しくてお金貯めてましたから、それまでのものと思っていましたが、なんせ程度が極上。
オイル管理からタイヤ、殆どうちと付き合いのある車屋さんがきっちりやっていましたし、祖母はあまり距離は乗らないので、まだ二万キロ程度。

それでも、タイヤ、ブレーキ、ブッシュ類に至るまで、定期点検できっちり交換サイクルよりも早めに交換されていました。
タイヤなんて、一年間で殆ど減ってないのに、美味しくなくなったと交換する程でした。車屋さんは、まだまだ大丈夫だよ。と言っても、聞きませんでしたね。

そんな車なんで、CD聞けるようにしただけで、とにかく運転が楽しかったですね。

まぁ、どっかで書きましたが、その後、妹の練習機となり、かなり長くうちにいました。

そしてまた、この車はモータースポーツに初めて参加したマシンでもありました。

続く
Posted at 2013/11/29 08:05:42 | コメント(3) | トラックバック(0) | | 日記
2013年11月28日 イイね!

ヤンデレな妹の兄がスネークだったら・・・笑

ヤンデレな妹の兄がスネークだったら・・・笑

スネーク・・・

ヤンデレは、怖いなぁ、
でも、このCDの他の女の子も怖いです。
植物寄生させられたり、5寸釘で・・・
夜中に部屋を真っ暗にして聞くことをお勧めします・・・

でも、このパッケージみたいな可愛い妹だったら・・・。
Posted at 2013/11/28 03:45:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | ゲーム | 日記
2013年11月28日 イイね!

デパマンチャンピオン!

23日、トヨタ『ヴィッツ』を使ったワイメイクレース「ネッツカップ・ヴィッツレース」のグランドファイナル戦が富士スピードウェイが開催され、現役デパートマンの“デパマン石渡”こと石渡眞佐之さんが決勝レースで優勝、2013年のヴィッツ使い日本一に決定した。

ヴィッツレースは、ナンバー付きのヴィッツを使ったワンメイクレース、全国各地のサーキットを舞台に5つの地域別で3~4戦開催されているシリーズ戦。特別戦となる「グランドファイナル戦」では、各シリーズの上位者などを招いて、日本一を決めた。

以上、ソースより


私が知る限り、富士の第3セクターを誰よりも無駄の無く、華麗にかつ最速で駆け抜ける男です。

アンダーパワーFFの神です。

実は、以前彼に憧れてヴィッツRSを買った・・・という経験があるんですが、
それほどまでに強烈な走りをする人です。

一言で言うならば、一切無駄が無い。

ダンロップ入り口から、最終コーナー立ち上がりまで、一切の無駄が無いのです。

兵ばかりのヴィッツカップの中でも異彩を放つその走りは、

感動物です。

Posted at 2013/11/28 03:18:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | モータースポーツ | 日記
2013年11月27日 イイね!

[とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟] 鳴護アリサ

[とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟] 鳴護アリサ
映画見た時も思ったんだけど・・・やっぱ、マクロスの影響受けすぎだなぁと。

演出的には、マクロスFと同じ構成。

ストーリー自体も、とあるシリーズ全般に言えることですが、
実は、結構90年代あたりにありふれている物語。
むしろ、2000年代以降、少し少なくなってきた、そんな物語。
なので、多分、私くらいの年齢の人が見ると、その妙な懐かしさで嵌ってしまうのもわかります。

キャラクターも魅力的です。
個人的には黒子がニーソキャラだったら・・・と。

まぁ、それは良いとして、

やっぱり、どこか漂う90年代臭が心地よいのでしょう。

ただ、たまに、パトレイバーとか見ると、その緻密かつ、しっかりとした構成に
今更ながら、今はこういうのないなぁ・・・と。
TV版でもストーリーや、設定自体がしっかりしているのと、ちょうど、設定されている時代に生きていて、そこで描かれているものがかなり現実になっていることを感じているのも、驚きです。
古さを感じないのです。

また、90年代後半の隠れた名作と思える、カウボーイビパップやトライガンもそう。
今尚古さを感じません。
今見ても尚、その無駄にカッコイイストーリー、演出はなかなかのものです。

トライガンなんて、真面目にいろいろ考えるもん。
で、泣ける。

特に最終話は、素晴らしい演出です。
今、こういう感じのラストが少ないように思えます。




鳴護アリサの曲そのものは、好きです。

朝、目覚ましに使ってます・・・(爆)
Posted at 2013/11/27 01:40:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽 | 日記

プロフィール

「すまん、ウチの猫は反こたつ派なんだにゃん。
ソファー&暖炉なハイカラにゃんなもんで。
湯たんぽも必要ですから。@Gustav11」
何シテル?   01/17 15:16
みんなの嫌われ者のMasa@です。よろしくお願いします。 かなり、過激な内容が多いですが、知らないでは済まされないと思います。 基本、ブラックリストなどには...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/11 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

ベスト更新! 2年8ヶ月ぶりにドラパレ那須に行ってきました♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/09 22:54:03
LEDって車検非対応!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/03 22:02:03
これスゲェ。ランボルギーニ風・軽自動車の完成度があまりにも高すぎた件 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/01 06:59:26

愛車一覧

レクサス SC レクサス SC
よろしくお願いします 品行方正、超優等生の美人さんです。 一番良い点は、呪われていな ...
ダイハツ コペン 天使のコペン (ダイハツ コペン)
ノーマルで気持ちいい、 コンパクトオープンカーです。 軽オープンは日本にぴったりです。 ...
スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
仕事であちこちへ乗っています。 ほぼメインカーとなりつつあります。 弄るつもりは毛頭あり ...
メルセデス・ベンツ Aクラス A (メルセデス・ベンツ Aクラス)
仕事用 あ、サンルーフ付いているんで、晴れた日はきもちいいです。 屋根は開かないと。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.