• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年01月11日

『我が皇軍は天降る』

Youtube を徘徊していたら、こんな動画に出会いました。

亡き父が海軍に居た事で、僕らは幼い頃から訳も分からないクセに、軍歌のメロディだけは耳に焼き付いて来たんですよね。

しかし、この動画を見て(聴いて)、想像していた歌声とのギャップに驚きました。
そしてドンドン引き込まれて ・・・素晴らしい・・・。






寄せられているコメントを引用させて頂きます:

『現役空挺隊員です。この歌好きです。』

『この唄は横須賀の教育隊時代に班長から教わりました。
あれから40年、この曲を聴く度に涙がでます。
青春を自衛隊で過ごせたことに感謝しています。』

『この曲の女性バージョンは初めて聞きました。佳館杏ノ助さんですか、素晴らしいです。更にこの曲が好きになりました。
ホント感謝! 』

『「この青空も敵の空 この山河も敵の陣」 敵地深く降下する空挺の勇気を表した素晴らしい歌詞です 』

『もともと好きな軍歌ですが、この歌声には驚きました。まさに神!』

『すばらしい・・日本の戦時歌謡では一番好きな歌です。画像はインドネシアでしょうか?空挺部隊が活躍したのは、太平洋戦争初期の頃です。「空の神兵」とはインドネシアの古い言い伝えに、”” 空から白い衣服をまとった神が舞い降りる時、我らは幸福になれる”” があったからだと聞いています。事実、当時オランダの植民地だったインドネシアという国の独立のきっかけとなったのです。 』

『空挺部隊の祖父もないて喜んでいると思います 素晴らしい 』

『曲と歌唱が素晴らしく、落ち込んだ時に聞くと何だか元気をもらえます。歌っている人を女性と勘違いしてる人もいますが、実は男性(正確には中性の人です。本人もそう公言している)です。 去年の夏、旅行でマラッカ海峡上空を通過した時、パレンパン空挺作戦に参加された勇士の皆様が、73年前に見たのと同じ景色だと思うと、ついこの歌を機上で歌っていました。 』

↑返信:『杏ノ助さんは女性ですよ。もともと「男装唄うたい杏之助」と名乗ってましたから。
プロフィールに「戸籍上は女です。めんどくさいやつです」とハッキリ書いてあった時期もあったなぁ 』

『この曲は古今東西のメロディーの中でもトップクラスの美しいものだ。かつて四家文子さんや春日八郎さんやそのほか多くの方にうたわれるのを聞いたが、この人にうたわれれると聞き惚れるね。この神兵達がインドネシア独立に与えた影響はどれほどのものがあったか。このことだけでも歌い続けるべきものだろう。 』

『軍歌には名曲が多いですね。
戦争は悲しい歴史ですが・・・私は、今の平和ボケ日本人の方が怖いです。

例えば、大東亜戦争について、その真実の歴史を紐解く時期にきているのでは!?
「空の神兵」は、落下傘部隊を歌ったものですが、
たしか、スマトラ島への奇襲作戦によって、オランダ軍を追い出し海洋油田を押えた。
オランダ🇳🇱はインドネシアなどを、300年近く植民地としていましたから・・・
さぞや奇襲作戦にビックリしたことでしょう。

戦争を肯定するつもりはありません。
しかしながら、日清・日露戦争がそうであったように
周辺諸国のイザコザに巻き込まれ、軍艦を作らなければならない時がある。
地政学を学ばなければならない時がある・・教科書が教えない真実を軍歌に感じます。 』
ブログ一覧 | Look back to the old..... | 日記
Posted at 2019/01/12 00:16:50

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

東京裁判、無罪主張の葛藤 レーリン ...
Thomas@20Gさん

ShAtTeReD
neutoxinさん

絵の具を混ぜ合わせ旨そうな色を作り ...
AUTOさん

今日の結果
super8さん

The White Mass
s.s.soulさん

日本語メタルについて
じろう・ザ・ウォリアーさん

この記事へのコメント

2019/01/12 15:20:27
これ歌えます\(^o^)/
ぼくは訳あって小学校5~6年の2年間伊豆の全寮制の学園にいたのです。
ありがちなパターンで教師は元青年将校(学徒出陣?)で元海軍、元陸軍がいました。
ガリ版の軍歌集で海軍編、陸軍編を合唱したものです。
ぼくの担任だった人は元陸軍の青年将校でよく授業中に「ちゃんころ追って中国の奥地まで攻めてった」なんて言ってましたが、40年後には日中友好協会とかいう団体の埼玉支部長をやってました。
コメントへの返答
2019/01/12 22:20:05
>全寮制の学園に

ふ~ん、想像しがたいですけど

>ガリ版の軍歌集で

良き伝統と言えば、そうなんでしょうね。

>40年後には

父も満州で少年時代を過ごしたそうで、日本人街は城壁で囲まれていて、あまり『外には出るな』と大人たちから言われていたそうですが、こっそり抜け出して街の露店で 真に旨いシューマイだか豚饅頭だかを 良く食べたそうです。

少しはその文化に触れた経験があれば、懐かしさもあったでしょうし、それも有りかな と。

この人の唄はどうですか?
僕はいっぺんでヤラれました・・・色褪せて眠っていたモノが本当に鮮やかに蘇った様に思えます。

勇敢にも命を捧げて行った方たちの事に想いを馳せると、目頭が熱くなります。
2019/01/12 23:23:53
当時は教育のよろしきを得て
家族の為に町の為に国の為に
体張って戦おうって人が居ましたが、
現在はどうなんですかね~・・・。
コメントへの返答
2019/01/12 23:40:23
引用コメントの・・・

『戦争を肯定するつもりは・・・』

核心を突いていると思うんです。


降りかかる火の粉は・・・

2019/01/12 23:49:25
こんばんは、お元気ですか。😃


いい声の方ですね・・・軍歌は、小学生のころ父のC10 スカイラインの8トラックカセットである程度馴染みがあります・・勿論、この曲も存じております。

当時は意識してなかったのですが・・・こうして聴き直すと・・とても味わい深く、詩も曲も良いものがありますね。😐

思うに、父の仕事の取引先には、少なからず軍隊経験、軍歴のある方々が現役の時代ですから、接待や懇親の余興には、おそらく軍歌の一つも歌われたのだろうと想像します。

その頃・・・国鉄上野駅や御徒町駅の側では、真っ白な衣装の傷痍軍人の方達がよく演奏していたこと・・あれが軍歌だったのか、童謡や懐かしの名曲だったのか、もう思い出せませんが・・・突然、そんな記憶が蘇ってきました・・その方達のお姿もいつの間にか(平成あたりか?)見ることが無くなりました。


本稿、最後の5〜6行について・・・私もまったく同感です。

そして・・インドネシア(オランダ)のくだり・・・高山正之 氏の本を読むと、目がさめるような解釈に至り・・なかなか面白いものがありました。 釈迦に説法ですね。 m(_ _)m


@ブルネロ

コメントへの返答
2019/01/14 00:41:54
こんばんは、返信遅れて申し訳ありません。

>いい声の方ですね

正直言って今頃

「軍歌を唄う人など皆無」

と、思っていたんですが この人の唄声には衝撃を受けました。

>父のC10 スカイラインの8トラックカセットで

うはは!以前にも8トラの話題がありましたよね?僕も同じくです。
それ以外にも鶴田浩二さんのレコードとか・・。

>少なからず軍隊経験、軍歴のある方々が現役の

でしょうねぇ・・・陸軍だろうと海軍だろうと、あの時代に苦楽を共にした「仲間意識」は一生消えないんだろうと思います。
これは戦争と、そして戦争の是非以前の問題で、もっと小さな学校や職場と言うエリアで、現代でも起こり得る心理かと。

>真っ白な衣装の傷痍軍人の方達が

ええ、僕も良く覚えています。
こちらでは、大きな神社の祭りに露天商に混じってハーモニカなどを吹いていたと思います。
全くの子供だった僕でさえ、父から

「聞かされていた戦争」

でケガをした元兵隊さん

と言うのが理解できていたんですが

それ故に、あるお祭りで父に

「可哀そうな あの人にお金あげてや」

と言った僕に父は

「うん、可哀そうやねぇ・・でもな あの人たちは偽物なんや。」

と言われ、僕は

分かった様な分からなかった様な(??

片手or片足の無い白装束のハーモニカおっさんを 再び見やって何か社会の裏を勉強出来た様な気もするんです。

被害者ヅラ

特にハラスメントとかコンプライアンスなんてクソな言葉が闊歩する今

こんな美味しい商売は無いでしょうねぇ。




侵略?解放でしょ!
恩を仇で返す様な連中とは決別すべき時が来てませんか。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「言い訳と難癖が仕事ですが 何か?


https://www.msn.com/ja-jp/news/national/韓国海軍駆逐艦による自衛隊機への火器管制レーダー照射に関する防衛省の最終見解について%ef%bc%88全文%ef%bc%89/ar-BBSwPDb#page=2」
何シテル?   01/21 22:30
★時々「クルマいじり」しますが、新しい物には疎いです。 ★アメリカ車、旧車も好きです。 ★このHN見てピンと来た人は趣味が合うかも!?
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

【サプライズ】 Nos2Daysで砂子義一氏と立ち話d(^▽^) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/21 20:16:46
197X年 中体連 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/11 14:23:00
マイカー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/12 19:53:54

愛車一覧

スバル インプレッサ アネシス スバル インプレッサ アネシス
プレマシーからの代替・・・我が家のメイン機であると同時に、普段は嫁さん用(今は自分が乗っ ...
ホンダ N-WGN ホンダ N-WGN
家内のクルマ。 スバルの純血・軽自動車が消滅した今、止む無く手放したステラからの乗り換え ...
三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
正確にはコルト ギャランです。今はそれぞれ別物でネーミングが復活してますが、こんなのは他 ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
ギャランが逝った後、先輩に譲ってもらった車です。俗に言う「ダルマ」の前期型なのでLBノー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.