• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

だっく916のブログ一覧

2018年12月07日 イイね!

カスタムパーツ購入【バイク用品】

カスタムパーツ購入【バイク用品】今回のブログは買い物ブログです。


今年の7月1日で、

うちにDUCATI916が来て20年が経過しました。

以前のブログで
「20周年記念でカスタムします」と、書きましたが
まだ何もしていませんでした。


今回は20周年記念、第一弾用のカスタムパーツ購入記録です。
(第二弾以降もあります。)


と、言う訳で

ネットショップでポチポチッと色々な商品を購入。


で、



到着しました。

京都にある
バイクカスタムパーツメーカー「アエラ」

色々と購入しました。



箱を開封して中身を取出し。


これだけ購入しました。


購入部品は


DUCATI916用パーツ その1

「クロモリ製アクスルシャフト」
フロントホイールを支えるシャフト部分です。
純正は鉄ですが、素材をクロモリ(クロームモリブデン鋼)へ変更する事で剛性アップを狙います。
(クロモリは車のロールバーとかに使用されている凄く硬い素材です。(重いですけどね。))

「チタン製アクスルナット」
アクスルナットをチタン製にする事で軽量化を狙います。



他にも


DUCATI916用パーツ その2

「アクスルスライダー」
上記のフロントアクスルシャフト内を貫通する様に装着する事により
左右にスライダーが装着されるので
もしもの転倒時にも車体へのダメージを緩和してくれる商品です。


「ドレンボルト」
純正のドレンボルトとあまり変わり無いのですが、
こちらのドレンボルトはワイヤリング用の穴開け加工されているので
緩み防止用に購入しました。


「リアアクスルナット用ロックピン」
純正のロックナットピンは外れやすいのでロック機構が強化された商品を購入してみました。


「ハンドルバーエンド チタンカラー(3mm)」
ハンドルバーとグリップエンド間へ挟み込む事により振動を緩和させるための商品。
振動が大きいと疲労度が大きいので疲労軽減対策用に購入しました。


DUCATI916用カスタムパーツは以上です。



本来、20周年記念の買い物でしたのでDUCATI916用パーツだけ購入する予定でしたが、
ネットショップをウロウロしていると
MVアグスタ F3用の商品でも欲しいものを発見してしまいまして
つい、ポチポチッと押しました。(笑)


と、言う事で、

MVアグスタ F3用に購入した商品はこちら。

はい。2点だけです。


「クラッチケーブルホルダー」
MVアグスタ F3のクラッチはワイヤー式で、
純正は鉄製ケーブルホルダーがエンジンのクラッチ付近にボルト留めされているのですが、
厚みが薄く強度が不足している様でクラッチレバーを握る毎にホルダーが動くので
毎回、クラッチの切れ具合が違うのです。
ホルダーの厚みを増して強度を上げることで正確なクラッチ操作が出来る様になると思われます。
(実際にまだ体感していないので、あくまで想像です。)


「ハンドルバーエンド チタンカラー(3mm)」
DUCATI916と同じく振動を緩和させて疲労軽減対策用に購入しました。
(DUCATI916用に購入した商品と同じ物です。)


画像に金額が表示されているので今更、隠しませんが、
第一弾の購入額は8万ほどです。

20周年記念のカスタム目標は「剛性アップと足回りの強化」です

ね!!

目標通りの購入内容でしょ。
(クロモリシャフトで足回りの剛性を上げて旋回性能アップを狙ってみました。)




ちなみに、
MVアグスタ F3用パーツは明日(12/8)、装着して試走予定です。

どれだけクラッチの切れ具合に変化があるのか今から楽しみです。(^-^)




本来、ここでブログが終わる予定だったのですが、


箱の中に入っていた封筒

明細書だと思って持ち上げると、紙一枚にしてはちょっと重い。


ん?

広告も一緒に入っているのかな?

と、思って中身を出してみると、
明細書の他に

「ステッカー」4枚、
「アルミ製エンブレム」2個、
「手紙」が入ってました。


手紙の内容は

こんな文章です。

ネットショップで買い物していた時の事、
ちょっとした不具合を発見したので、
「お問い合わせ」項目で情報として伝えたのですが、
お礼との事で入れていただけた様です。

見返りを求めていたわけでもなく、ネットショップでの買い物ついでに
気付いた事をお知らせしただけでしたので、
良い意味で意表を突かれて嬉しかったです。

アエラ様、ありがとうございます。

うちのDUCATI916とMVアグスタ F3に貼らせていただきます。m(_ _)m ペコペコ
Posted at 2018/12/07 21:59:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | DUCATI916 | 日記
2018年07月20日 イイね!

続・スリーブ取付 前編【DUCATI916】

続・スリーブ取付 前編【DUCATI916】今回のブログは
作業途中で一時中断していた内容。
「DUCATI916用スリーブ装着」の続きです。

対策方法を見つけたので、その作業内容です。


以前のブログで

(3本ある内の一番上がDUCATI916の純正エンジンハンガーボルト「23cm」)

DUCATI SS900のエンジンハンガー(24cmと25cm)を購入して
「これで装着出来る」と喜んでいましたが、

24cmのボルトはネジピッチが違う(916純正が「1.25」に対し、24cmボルトは「1.5」でした。)事が判明したので、
25cmボルトを使用(こちらのボルトはピッチ「1.25」なのでOK)する事にしたのですが、


ボルトの径が違うことが判明して作業中断してました。


それを解決するために用意した物がこちら。

アストロプロダクツ製の「ネジ山修正キット」

このキット、本来、ネジ山が潰れた時に

「ドリルでネジ山を削る様に穴を広げて」、


「ドリルで広げた穴に合う様にタップでネジ山を切り直して」、


こちらの「スペーサー」を入れることで、元のネジ山の大きさに戻すと言う商品。

なので、


こちらのタップがスリーブに合えば、


このスペーサーをスリーブに装着すると、M10サイズのネジ山になります。


早速、確認。




うん。ピッタリ合いました。

と、言う事は、


こちらのスペーサー、内径が「M10」、外径が「M12」ですね。


ちなみに、

今回、DUCATI916が、家に来て20周年記念と言う事で

新しく、「エンジンハンガーボルト」を購入しました。

画像を見て気付いた方もいらっしゃると思いますが、
「64チタン製エンジンハンガーボルト」です。

軽くて丈夫です。(高価でしたけどね。(汗))


念の為、スペーサーを装着して確認します。


うん、ピッタリ。


遂に、スリーブへスペーサーを取付けます。

専用工具で

グリグリと回しながら挿入します。


時計回り方向はスムーズに回りますが
スペーサーに引っ掛かりがある様で、反時計回りは一切出来ませんでした。

そして、

装着完了。

これでM10サイズのナットになりました。


ただ、この状態では専用工具で取付ける際の

取っ手部分が残っているので

取っ手折り専用工具を

取っ手部分に当てて

コツンッと叩けば


取っ手が綺麗に取り外せます。


完成です。


最終確認しておきます。

スリーブにボルトを装着してみました。


隙間なくピッタリとハマッてます。

反対側も

隙間なくOK


これでDUCATI916に装着出来る準備が整いました。

次回休日に装着予定です。

ここまで長かった。(汗)
Posted at 2018/07/20 11:14:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | DUCATI916 | 日記
2018年07月01日 イイね!

20周年【DUCATI916】

20周年【DUCATI916】今日(7月1日)、DUCATI916がうちに来て20年が経過しました。

今年で20年と言う節目なので、
記念にちょっとカスタムしようかと考えています。

カスタムの方向性は、「剛性と足回りの強化」を目指します。

あと、

以前のブログでアップしていたパーツ(スリーブと部品)の取付、

インジェクションコントローラーとか
後付けトラクションコントローラーも気になるところです。


その他にも、
そろそろ純正の赤色外装も見慣れて来たので

20周年記念という事もあり、またカーボン外装へ戻します。


うちのDUCATI916は生涯、所有する覚悟で購入しましたので
手放す気は一切ありません。


916さん、これからもよろしくお願いします。m(_ _)m ペコペコ
Posted at 2018/07/01 08:35:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | DUCATI916 | 日記
2018年05月30日 イイね!

ユーザー車検【DUCATI916】

ユーザー車検【DUCATI916】4日ほど前、
DUCATI916のユーザー車検に行こうかと
ネットで予約を休日一日目(5/29(火))に取りました。


5/28の夜、仕事から帰って来て
天気予報を確認すると「5/29は雨」(悲)

5/29当日、朝5時ぐらいに起床して外を確認すると
かなり曇ってる・・・

天気予報で「雨の動き」を確認すると、朝9時には広島県福山市の全体が雨。

なので、

5/30も雨の予報の為、
車検予約を次回休日(6月初旬)に変更しました。


(文字だけだと寂しいので916の画像を表示してみました(笑))

そして、

今日(5/30(水))、朝6時に起床した時、
外を確認すると曇っています。
天気予報で「雨の動き」を確認すると、昨日の予報とは変わって
「福山市で雨は降らない」事が判明。

よし。

車検予約を急遽、「5/30(水)の第3ラウンド(13:00~14:15)」に変更。
(車検予約はネットで24時間受付なので、枠が開いていればいつでも変更できます)


と、言う訳で
DUCATI916のユーザー車検に行って来ました。


天気は大丈夫だと思いますが、
素早く移動するため、最短距離を駆け抜けて行きました。




そして、

福山の陸運局(福山市の西側にあります)に到着

画像の題名 「リアタイヤと検査場」


早速、受付で書類3枚「検査票」、「重量税納付書」、「申請書」を貰って
記入例を元に車検証に書かれている内容を書類に記入します。

記入内容的には「使用者名」、「住所」、「車体番号」、「ナンバー番号」、「原動機の型式」、「車検予約番号」等です。
一枚だけ「認め印」が必要ですのでお忘れなく。

書類記入が終わりましたら
「重量税印紙」、「検査登録印紙」、「審査証紙」を購入して書類に貼ります。
(印紙購入時、受付に提出すると、印紙が貼られて返ってきます。)


余談1:
 重量税印紙は、通常4000円ですが、
 うちの916は初年度登録から20年目なので課税されて
 5000円になります。


さぁ、車検受付します。

受付「整備記録簿はありますか?」

だっく「後整備でお願いします。」

受付「判りました。では、車検受付は終わりましたので検査レーンで車検を受けてください。」

だっく「ありがとうございます。」



受付も無事に通過しました。


ここで、前回の車検時から変更した内容の説明です。


前回の車検時に「ヘッドライト常時点灯でないと通りません」と、言われたので
(新車時から着いていたものを駄目だと言われました(涙))



ヘッドライトON/OFFスイッチ付きから


ヘッドライト常時点灯式(ヘッドライトON/OFFスイッチ無し)
へ変更してます。
(車検時以外はライトスイッチOFF出来る様に配線加工してますけどね。
 うちの916は電装系が弱いのでヘッドライトを常時点灯させている
 場合ではありません。)


リアタイヤを新品に変更したのですが

偏平率が55%から60%に変わっているので
ヘッドライトの光軸が下向きにズレている可能性あり。



検査レーンに到着。


だっく「よろしくお願いします。」

検査員「灯火類の確認から始めますね。」


検査員の指示通り、
「ヘッドライトHI/LO切り替え」、
「ウインカー左右切り替え」、
「ホーン」、
「ブレーキランプ点灯確認」

無事に終了。

検査員がハンマー片手にボルトの緩み確認。
10箇所ほど叩いて終了。

「車体(フレーム)番号」、「エンジン番号」の確認も無事にパス。


ここから車両に乗った状態で検査レーンへ入ります。



「スピードメーター検査」

足元にある「フットスイッチ」を踏んだ状態でしばらく待ちます。
下にあるローラーがタイヤを回すので
スピードメーターを確認しながら「時速40km」に到達した時点で
踏みっぱなしだった「フットスイッチ」から足を離します。
(うちの916はフロントタイヤにスピードセンサーが付いているので
 フロントタイヤがローラーに乗っている状態です。)

うん。
電光掲示板に「〇」印出た。(喜)



続いて
「フロントタイヤのブレーキテスト」

スピードメーター検査時と同じ場所で
再度、「フットスイッチ」を踏みます。
(フロントタイヤ部分にスピードセンサーがある場合。)

スピートメーター検査時と同じ
ローラーが回るので
電光掲示板に「ブレーキを掛けてください」と出たら
フロントブレーキをギュっと握ります。

うん。
電光掲示板に「〇」印出た。(喜)



続いて
「リアタイヤのブレーキテスト」

車両を移動させて、フロントタイヤが乗っていたローラー部分に
リアタイヤを乗せます。
(準備が出来たら足元にあるフットスイッチを踏みます。)

あとはフロントブレーキテスト時と同じく、
「ブレーキを掛けてください」と電光掲示板に表示されるので
リアブレーキをギュッと踏みます。

電光掲示板に「〇」印出た。(喜)



さぁ、今回、一番の不安要素にやってきました。

「ヘッドライトテスト」

上で書きましたが

現在履いているリアタイヤ、偏平率が55%から60%に変わっているので
リアの車高が上がってフロントが若干、下向きになっています。

車両を指定の位置(白線が引いてありました)に止めて
足元にあるフットスイッチを踏みます。

電光掲示板に「ヘッドライトを上向きにしてください」の表示が出たので
ヘッドライト切り替えスイッチで「HI」に切り替え。

横からテスターが移動して来て
916の前を右に左に移動します。

ドキドキ・・

誤差の範囲内でありますように。(祈)


電光掲示板に「〇」印出た。(安心)

タイヤの偏平率、5%ぐらいだと誤差の範囲内なのですね。
安心しました。(^-^)


これで全ての検査が終わりました。

あとは合格印を貰うだけです。






と、思っていたのですが、

突然、検査員から思いがけない一言が。


検査員「あの~、こちらの車両はカーボンホイールですよね。」



だっく「は、はいっ。何か問題があるのでしょうか。」

(前回、ヘッドライトスイッチの件で車検に一度、落とされたのでドキドキしてました(笑))

検査員「何か車検適合の認定マークとか刻印はありますか?」

だっく「見た事ないですけど、ダイマグ(カーボンホイールのメーカー)のWebサイトには車検適合と書いてありました。」

検査員「ちょっとホイールを見させてください。」


それから1分程、検査員がライト片手に色々と見てました。

検査員「うーん。マークとか刻印は無いですね。」

だっく「JWL(車検適合ホイール)みたいな刻印が必要なのでしょうか?」

検査員「いいえ。JWLは金属ホイールのみにある刻印なので、
     カーボンホイールの様な炭素繊維ホイールには無いのですけど、
     強度証明書の代わりになるようなものがあればと、思いまして確認してました。」

検査員「今までこのホイールの状態で何度も車検を通されたのですよね。」

だっく「はい。いままで5回ぐらい車検に通ってますね。」

検査員「では、問題ないでしょう。
     ですが、今後の車検制度の変更で強度証明書が必要になる可能性がありますので
     入手出来る様でしたら用意しておいてください。」


そんなやりとりの後、


無事に検査レーンを通過。



合格印も頂きました。(^-^)


ふぅ。
カーボンホイールの事を聞かれた時はどうなる事かと。

実は、うちの916に履いている

こちらのカーボンホイール。

「車検適合の文字」や「刻印」、「強度証明書」は一切、ありません。
「DUCATIパフォーマンス」(DUCATIのオプションパーツメーカー)から
販売されていたホイールで、ダイマグ製という事は判っていて、
「ダイマグ」から全く同じ形状のホイールが販売されている事は知っていますが

多分、ダイマグに強度証明書の事を問い合わせても、
OEM販売の「DUCATIパフォーマンスに問い合わせてください。」と、
門前払いを喰らうのは目に見えてます。

なので、強度証明書は入手出来ないのです。



まぁ、
なにはともあれ合格です。

車検に合格したので、
「自賠責保険」を2年分購入して
車検受付に提出。

待つ事、約3分程。

新しい「車検証」と、

新しい「車検シール」頂きました。

これでまた2年間、乗れますよ。(^-^)



余談2:
 掛かった費用はこちら。
  ・車検用書類         0円
  ・重量税印紙     5,000円
  ・検査登録印紙     400円
  ・審査証紙      1,300円
  ・自賠責保険    11,520円

   合計        18,220円

 今回も安く抑えられました。
Posted at 2018/05/30 23:34:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | DUCATI916 | 日記
2018年05月26日 イイね!

スリーブ取付 一時中断【DUCATI916】

スリーブ取付 一時中断【DUCATI916】突然ですが、前回の「スリーブ取付 前編」からちょっとした問題が出来まして、

スリーブ装着はちょっと時間が掛かりそうなので、一時中断する事になりました。

一時中断になるまでの経緯をご説明します。


この間の休日にヤフオクで落札した「DUCATI900SS用エンジンハンガーボルト」を
福山市のバイクショップまで受け取りに行って来ました。

受取った商品がこちら。

ボルトの全長が24cmと25cmです。

ここへ、うちのDUCATI916のボルトを追加すると

こんな感じ。(一番上がDUCATI916用のボルトで23cmです。)

ここで、スリーブに合わせてみる。


ん?

んん??

隙間、開いてない?

反対側から見ると、

スリーブ側のネジ径、「M12」だよ・・・(悲)
(ボルト側は「M10」です。)

半日ほど考えて、M10のボルトとM12のナットを繋ぐための解決策は出しましたので
部品を入手するまで取付は一時中断になりました。



ここでブログが終わってしまっては楽しくないので、
同日に整備した内容を書きます。

それは、ヘッドライト常時点灯配線加工作業。

うちのDUCATI916、前回の車検時に
一度、落ちました。

内容は、
検査員「1998年式のバイクからヘッドライトは常時点灯が義務付けられていますので
     ライトスイッチが付いている車両は不合格です。」

だっく「新車時から付いてましたし、今まで9回ほど車検を受けましたけど問題なかったですよ。」

検査員「駄目です。」

そんなやりとりの後、検査場近くのホームセンターで、
瞬間接着剤「アロンアルファ」を購入。
ヘッドライトスイッチを接着剤で固定して、合格となりました。

ホームセンターで同時に「アロンアルファ剥がし剤」も購入。
車検に合格した後、検査場の駐輪場で、接着剤を綺麗に剥がして
ヘッドライトスイッチを復活させて帰ったのはここだけの話です。(笑)

あれから約2年。

来月に、DUCATI916は車検です。

ヘッドライトスイッチでまた不合格になるのは嫌なので、
ヤフオクでDUCATI748用左側スイッチ(ライトスイッチ無し)を中古品で購入後、
取付ける事にしました。

仮組みしてHI/LOの切り替え確認してみると、動き方が違う。
LO側のランプが点灯し続けるのです。

うちの916に最初から付いていたスイッチでは
HIに切り替えた時にはLOは消灯するのです。
(パッシング時には両方、点灯します。)

動き方を同じ様にしたいので、配線を加工する事にしました。

まず、

アッパーカウルを外して、
(画像はカウルを外した時のネジと工具を分類分けしてます。)

ヘッドライトも

外します。(ヘッドライトケースもカーボン製だったりします。)

DUCATI748の常時点灯スイッチの内側は

こんな配線。

うちのDUCATI916に最初から付いていたヘッドライトON/OFF付きスイッチの内側は

こんな感じ。

基本的に配線の色は同じです。

構造を確認して判明しました。

この配線の中で、
「黄色」と「茶色」はポジション球配線。
「緑」がヘッドライトのプラス配線。
「黒」はヘッドライトLO側マイナス配線。
(ヘッドライトスイッチからHI/LO配線までは白色がヘッドライトのプラス配線)
「白」(HI/LO切り替えスイッチ部分)はHI側マイナス配線。


ヘッドライトスイッチはゴッソリ無くなっていますが、配線の内容は同じです。

同じ端子の部分に「緑」と「黒」が配線されているのがLO側常時点灯の原因ですね。

これを加工して、

こんな感じに。
(赤と黒の2本が追加されていますが気にしないでください。(ちょっとした悪巧みです))

車検後にヘッドライトスイッチを後付けするために
ハーネスの途中に「緑」配線を繋ぎ変えられる様にカプラー化なんて
してませんからね。(自分でバラす(笑))

配線加工した時、ついでに

接点部分を磨いて、カーボングリスでグリスアップしておきました。


さぁ、今年の車検は落ちる気がしない。(自信満々)

一発合格します様に(祈)
Posted at 2018/05/26 01:24:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | DUCATI916 | 日記

プロフィール

「クラッチケーブルホルダー交換【MVアグスタF3】 http://cvw.jp/b/1846387/42277273/
何シテル?   12/09 13:20
だっく916です。よろしくお願いします。 以前から、整備の事で色々と参考に させていただいていましたが、 S2000やDUCATI916の整備やパーツ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

フルバケットシートワイド発売! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/06 16:28:04
PRO-TECTA スマートキーケース 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/06 16:26:15
NDロードスターで学ぶ「ギア比」と「最終減速比(ファイナル)」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/07 08:29:37

お友達

機械は基本的に何でも好きです。
整備やパーツの事で情報交換出来ればと、思います。

工具屋さんで工具を見ていると癒されますww

そんなちょっと怪しげな人物ですが
よろしくお願いします。 m(_ _)m ペコペコ
53 人のお友達がいます
コンフェイトコンフェイト * ワイズファクトリー&エターナルワイズファクトリー&エターナル *みんカラ公認
にゃんれおにゃんれお * huracan_kazuhuracan_kazu *
creative311creative311 * 彰さん彰さん

ファン

31 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ S2000 ホンダ S2000
ホンダ S2000(初期型 AP1)に乗っています。 父親が1999年に新車で購入後、 ...
ドゥカティ 916SPS ドゥカティ 916SPS
1998年式のDUCATI916SPSです。 ブレンボのディスクローターにガタが出てい ...
MV AGUSTA F3 MV AGUSTA F3
2014年3月23日に納車。 しばらくの間、大阪のショップに預けてあり、 大阪で慣らし運 ...
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
2017年7月29日(土)に納車されました。 グレードは「G・ローダウン」です。 (立 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.