• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

tama465のブログ一覧

2015年06月15日 イイね!

嵐を呼ぶ男(後編)

嵐を呼ぶ男(後編)前編からの続き。



そんなこんなで、どうにかエアコンを設置して男が帰った後の出来事。
前編同様に愚痴混じりの長文なので、その点ご承知の上お読みください。





■換気扇が...

例の男に汚されたトイレと洗面所を掃除していると、換気扇が回っていないことに気付く。スイッチは入っているがファンが回っていない。換気扇が直結している浴室乾燥機のコントローラーも、どのボタンを押しても反応しない。
(入居して10年以上使ってるものだし、ブレーカーの上げ下げの影響で壊れたのかも)などと考えながら浴室乾燥機のメーカーである東京ガスに電話。日曜の夕方なんで、オンサイトサービスはやってないとのことだったが、換気扇が全滅じゃ入浴どころかクソもできんと無理に頼み込んでサービスに来てもらう。訪問料だけで通常の3割増しって話だけど、そんなことはかまってられない。

てなわけで前編に登場した東京電力と、今回の東京ガスで、1日のうちに両方のサービスを呼び出すことに。
『あの家は何したんだ』などと近所やマンションの外来受付で変な噂になんないといいんだけど...


■考察

東京ガスのサービスを待つ間に以下考察。

❗️10年選手とはいえ、換気扇は当日朝までは問題なく稼働していた
❓そもそもブレーカー上げ下げしただけで簡単に壊れるものなのか?

もしやと思い分電盤を確かめると、設置したリビングのエアコン用の回線と浴室乾燥機の回線は隣り合っていた...

⁉️テスターが故障していたため、エアコン用の電源が200Vに切り替わらないと誤解。それならばと浴室乾燥機用の回線を試しに切り替えてブレーカーを上げちゃったのではないか?...で、壊れたテスターは200Vを検出してないけど、実際は200Vが流れてしまって壊れたのかも
⁉️さすがにプロの電気屋なら、そんな素人みたいなマネはしないだろうけど、相当パニクってたので間違って隣の回線を切り替えたって可能性もありそう


■基盤交換

で、やって来た東京ガスのサービスにスイッチ等の状況を見てもらう。
おもむろにテスターを取り出し電圧を測るが、東電がチェック済なので、この時点では問題なさそう。

200Vの電流が流された可能性を伝えると、『ありうるねー』とのこと。『スイッチ類が全く反応しないんで、多分浴室乾燥機の基盤ごと逝ってるわ、こりゃ』ってことで基盤を交換することに。
その話を受けて、すぐにエアコンを買った量販店に電話。浴室乾燥機が壊れたことと、今日の作業が原因と考えられることを伝えると、当日夜に例の男と販売店の工事担当の責任者がやって来て状況を確認することになった。

東京ガスのサービスは、電源切替えの過程で過電流が流れたことが原因であれば、基盤交換の部品代や作業費はエアコンの販売店もしくは実際に作業を担当した例の男が負担すべきであるため、店側と話し合ってどうするか決めてから連絡して欲しいとのこと。
こちらとしては、誰が負担するかはさておき、交換しないとまともに生活できないので、翌日交換する段取りを進めてもらうようにお願いして帰ってもらった。


■別のエアコンが...

浴室乾燥機が壊れたってことは別の家電も壊れた可能性があるわけで、家中の家電をチェックすると、案の定、去年買ったばかりの寝室のエアコン(これは100V規格)がお亡くなりに...
送風フィンが中途半端に開いた状態で、リモコン操作に全く反応しない。

で、分電盤を確かめると寝室のエアコン用の回線はリビング用の回線のすぐ下。
断言はできないけど、印象はもう限りなく『黒』

ちなみに寝室のエアコンも今回買ったところと同じ量販店で購入。この時の取り付けは別の人の担当で、何の問題もなかったんだけど...


■現場検証

で、夜になって例の男と責任者が到着。両者の関係は販売店工事担当の責任者に対して、例の男は下請けの配送&設置担当者ってことになる。

東京ガスに診てもらった話に加え、寝室のエアコンも壊れたことを伝えると、責任者もテスターを取り出す。(出た!! これで本日4つ目のテスター)
家中の電源を計測したり、壊れたエアコンや浴室乾燥機の写真を撮ったりした後、責任者が例の男と廊下に退出。
そこでどんな話し合いがあったかは不明だが、二人が戻ってくると、以下のような話となった

(1)浴室乾燥機の基盤交換にかかわる実費は例の男が負担する。交換作業に男が立ち会って支払うか、男の都合が合わない場合は一旦ウチが立替えて後日男から支払ってもらう。

(2)壊れたエアコンは店側が手配したメーカーの担当者が修理を行う。修理予定は翌日メーカー側と調整する


(1)については、下請けがやらかしたことなので店側は知らん、ということなのだろう。実際その通りなので、同情することもない。

(2)については、当初例の男が部品揃えて修理するみたいないことを口走っていたが、それだけはやめてくれと責任者にお願いした。


ということで話がついて両者退場。
やっと長い一日が終わった。その間、昼食を食べ損ね、晩飯もかなり遅くなってしまった。
換気扇が壊れてるんで自宅での入浴は避けて、通ってるジムの風呂場を利用。疲れてるんで今日は運動はパス。


■修理日程の調整

翌日は月曜日だが、換気扇の修理は早く済ませたいので休暇をもらって、まずは電話をかけたり電話を受けたり。

で、浴室乾燥機の修理はその日の午後に。エアコンの修理は最短で火曜日の午後から。そう何度も休めないのでこちらは土曜日にやってもらうことに決定。

決定事項を販売店に連絡すると、折り返し、地区の配送の責任者(昨日の責任者の更に上の人?)から電話があり、例の男が、修理の予定時間に合わせてこちらに来るとのこと。


■浴室乾燥機の修理

で、その日の午後、東京ガスの修理担当者と例の男が登場。
男は修理前に壊れた浴室乾燥機、エアコン、分電盤の写真を撮らせて欲しいと要望。
「何のために?」と尋ねると、『保険請求に必要』ってことらしい。
なるほど、今回の修理費を保険で賄うのね。

ほんとはもう室内に上がって欲しくなかったのだが、とりあえず写真を撮らせ、終わったら修理が済むまでマンション1階エントランス横の来客用ソファーで待ってもらうことにした。

修理はもう恒例となったテスターによる電圧測定から始まる。
乾燥機のカバーを外して、基盤を引っ張り出す。
基盤を見せてもらうと見事にヒューズが焼け焦げていた。明らかに過電流が流れたってことらしい。

で、やっぱり基盤ごと交換したほうがいいだろうってことで、新しい基盤を取り付けてカバーをはめて作業完了。乾燥機や換気扇の動作を確認。


■お支払い

作業を終えた東京ガスの修理担当者と連れだってマンションの1階に。
例の男はというと...そんなに待たせたとも思えないが、ソファーで寝てるし。

東京ガスの修理担当者が、目を覚ました男と支払について確認。

で、東京ガスから男が代表取締役を務める(!?)電器店に請求書と振込先を連絡することになったのだが、男曰く、『振込んだら領収書を送って欲しい』とのこと。『最近保険屋がうるさくてねー』だと。
傍で聞いてて(保険屋がうるさくするほど保険金請求してのか...つーか、どんだけやらかしてんだよ、この男)と内心あきれることしきり。

ということで、浴室乾燥機の修理が終わって、あとは寝室のエアコンを修理するだけ、のはずだったのだが...


■ポコポコ

火曜日はふつうに出勤。
水曜日もふつうに出勤のはずが...

朝食の準備でキッチンの換気扇(これは元気に稼働中)を回したら、日曜に設置したエアコンからポコポコ音が。
この音、検索すれば多数出てくるが、エアコン内部や排水ホースに溜まった水が換気扇等で発生する負圧に吸い上げられ〜重力に負けてすぐ落ちるってことを繰り返して発生する有名な現象。

ただ素人ながら、設置していきなり発生するものかと納得がいかない。
去年設置した寝室のエアコンは、昨夏ずーっと稼働して1回も音は発生してなかっただけに、施工の仕方が悪かったのではないかとつい疑ってしまう。

月曜日と火曜日は涼しかったのでエアコンは使ってないから、音の原因は日曜日に排水を確認するために流した水か、試運転で発生した水。月曜と火曜日も音が出てたのか、気づかなかっただけなのかは謎だが、日曜の水が水曜日まで残っているのは『排水に問題あり』ってことじゃないかと。
音の問題もあるけど、長期間水が溜まっているとなると衛生面の方が心配。

で、店側に連絡して寝室のエアコンを修理する土曜日に併せて診てもらうことになった。
その際、「例の男以外の人をお願いします」と頼んでおいた。


■千客万来

そして土曜日。

10時頃、日曜に設置したリビングのエアコン異音の件で販売店の工事担当者二名が到着。
続いて、寝室のエアコンのメーカー修理担当者一名が到着。
更にw 週中に不在通知が入ってたので再配達を依頼したクロネコさんも荷物を持って到着。

と、やたら来客が多い週末。


■エアカットバルブ

まずは、リビングのエアコン異音の件。

こっちとしては、設置作業を疑って再施工を希望していたのだが、確認してもらうと室内機はきちんと水平に取り付けられていて設置作業は問題ないとのこと。

説明を聞くと、最近の機種の方が異音が発生しやすいらしい。

❗️除湿能力が向上し、エアコン内部のドレンパンが大きく(深く)なったこと
❗️室内機の左右どちらからも配管可能とするため、ドレンパンは傾きがなく排水しにくい形状になっていること
❗️このため、新しい機種ほど内部に水が残りやすくなっており、異音が発生する傾向にあるとのこと

加えて衛生面については

❗️残った水を放置すると、カビによりゲル状となって排水管を詰まらせる可能性があること
❗️対策としては、市販のエアコンクリーナーを熱交換部分にかけて水で洗い流すこと

てなことらしい。


で、音の対策としてベランダの側の排水口にエアカットバルブを取り付けることになった。

バルブを取り付けて室内機に水を流してキッチンの換気扇をつけてしばし様子を見ると...

『ボコ』⁉️

青ざめる工事担当の二人。

って、音はその1回だけ。隣の寝室を見ると、ちょうど修理担当がエアコンのカバーを開けたところで、その音が壁を通してリビングに伝わっただけだった。

てなわけで、びとまずバルブの効果はあったようで音は発生せず。
今回設置したエアコンは、ひとまずこれで納品完了ってことに。


■半田付け

さて、寝室のエアコンはというと...

例によってテスターで電圧を測定した後、基盤を外して...交換するかと思いきや、おもむろに半田ごてが取り出され、破損したヒューズだけ交換するらしい。
なんか基盤を交換した東京ガスを例えると、なんでもかんでもユニットごと交換する外国車のディーラーで、こちらは壊れた部品だけ交換する国産車の修理ってイメージ。
それでも手際よく新しいヒューズを取り付けた基盤を元に戻して修理完了。


で、最後に修理作業費の支払について、メーカーの修理担当と店側の工事担当が調整。
修理担当から工事担当の窓口に請求することになったが、今回の件が、購入時の保証の範囲なのか、事故扱いなのか、はたまた例の男がどうからむか等々、ようわからんが深入りしないことに。


というわけで、波乱の一週間が終わり、やっと普通の生活に。
この一週間が涼しくてほんとに助かった。
これでなんとか夏を迎えられそう。



【今回の教訓】
電気工事関係者にとってテスターは武士の刀同然なのかも。なまくら刀は命取りってことで。
Posted at 2015/06/15 22:21:46 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2015年06月14日 イイね!

嵐を呼ぶ男(前篇)

嵐を呼ぶ男(前篇)これはたった一人の男が、わずか半日程度の間にやらかした出来事の数々である。


※すいません、クルマと全く関係ない話です。その上、愚痴混じりの長い話なんで、その点ご承知の上お読みください。


■遅れてきた男

とある日曜の朝。

その日は午後から某家電量販店で買ったエアコン入替え工事の予定があったが、午前中は特に予定なし。珍しく送られてきたフェアの案内持ってディーラーでも行こうかと考えていたら電話が鳴って...

『本日、エアコンの取り付けを担当するものですがー』

  「はぁ...」

『午後の予約だったんですが、午前の方が都合がいいんですがー』

  「はぁ...」
  (てか、そっちの都合かよ。まぁディーラーは午後行けばいいか)

『よろしいですか?』

  「いいですよ」

『それでは9時半から10時の間にお伺いします』



で、10時まで待ったが玄関からの呼び出し音は鳴らず、代わりに鳴ったのは電話の呼び出し音。

『すいません、近所まで来てるんですが、道が混雑してるんで、あと20分ほどかかります』

  「はぁ...」
  (こいつ絶対嘘ついてる。このへん日曜は混まないし、
   近所に来てたら20分もかかるはずない)

『すいませんが、もう少しお待ちください』


で、結局やって来たのは10時半過ぎ。
当日朝に予定変更させた上に、その時間さえ守れないとは。

この時点で嫌な予感はしていたのだが...


■がさつな男

一人で現れた男は「遅れてすみません」の一言もなく作業に入る。

玄関先に用意した来客用スリッパを無視して靴下裸足で室内に。
リビングを通り過ぎてベランダに持ってきたホース類と玄関で脱いだ革靴を置く。
革靴は見事に踵が踏みつぶされている。
ベランダには家主のサンダルが置いてあったが、その上に平気でホース類を置いてしまう。

その無神経っぷりというか、がさつさを見て悪い予感は更に募る...(こいつ、ヤバい)...

鉢植えなど邪魔になりそうなものは予め片づけておいたが、予感に従いリビングのラグマットやソファーなど汚されそうなものをできるだけ端に寄せておくことにしよう。


■話がかみ合わない男

量販店で「室内でのホース類のビス止めは不要」と頼んでおいたが、この男、壁に取り付ける室内機用の鉄板を持って『これ、ビス止めしないと設置できないんですが』と言い出す。(そんなの当り前だろうが)と思いつつ、「じゃなくてビス止め不要なのはホース類のこと」と説明。その他、店で頼んでおいたことと男が言う話がほとんどかみ合っていない。こりゃ男の作業内容を逐一監視しとく必要がありそう。


■臭う男

それにしてもこの男、体臭がひどい。推定年齢50代後半のいわゆる加齢臭。
作業っぷりを後ろで見ていると、後頭部に多数付着したフケが嫌でも目につく。
男が帰った後も臭いが残っている気がして、ずーと空気清浄機を回すことに。


■手伝わせる男

これまで何度かエアコンを購入しているが、設置担当は必ず二人のチームでやって来た。
今回はなぜかこの男一人。
二人でやればすぐの作業も一人だと時間がかかる上に、この男、なんだか段取りが悪い。
目についた作業から片づけてるんじゃないかと思うような効率の悪さ。

その上...
『旦那さん(私のこと)、すいませんが室外機が重いので運ぶの手伝ってください』
ときた。

(配送先に男手がなかったらどうするつもりだったのか)などと思いつつ玄関から廊下に出ようとしたら自分のサンダルがない。なんと家主のサンダルを断りもなく男が履いている。(当人の靴は室外作業用にベランダに置いたまま)。
しょうがないのでベランダ用のサンダルをさっきのホースの下から引っ張り出して、廊下に置いてあった室外機を室内に搬入。

すると今度は、
『すみません、古い室外機の搬出もお願いします』
だそうな。

てなわけで、ひと汗かいて手は泥だらけ。

更に、排水ホースがうまく壁を通せず難儀すると
『すいません。ここ押さえてもらえますか』
と、いいように使われる

(俺はお前の助手じゃない)と思いながらも、とにかく臭いがつらいので早く終わらせたくてせっせと手伝う。


■汚す男(その1)

洗面所で汚れた手を洗いながら、(そういえば一緒に古い室外機を運んだんだから、あの男だって手が汚れてるはず)と思い至り、作業現場に戻ると男は設置する新しい方の室内機を触っているところ。そこで気が付いたのか『洗面所貸してください』って遅いわ。
洗面所から戻った男は汚れてしまった室内機をタオルで拭くが...それって首から下げた汗拭きタオルじゃねーか。

この時点で、もう引き取ってもらおうかとも思ったが、新旧のエアコンやら配管やらがちらかって収拾がつかない状況。設置後に自分できれいすることにして、とにかく最後までやってもらうことに。


■信頼度ゼロの男

で、どうにかこうにか設置と配管が終了するも最後にまた問題が。

今回買ったエアコンは店の勧めもあり電圧200V規格のハイパワー。ってことで配電を200Vに切り替える必要がある。

店では切り替えは簡単そうな話だったが、男曰く、エアコン専用の回線だけではなく、全体のブレーカーを一旦落とす必要があるとのこと。落とす前に影響がないかあちこち確かめると、タイミグの悪いことにケーブルテレビでやっている映画をHDD録画中。放送終了まで待ってられないので、後日再放送を録画することにして、予約キャンセルして録画中断。

電源切替え作業に取り掛かった男だが、様子がなんかヘン。分電盤のある玄関が狭くて作業内容がよく見えないが、何度もブレーカーを上げ下げしている。その都度、室内の電話やインターフォンから起動音がして落ち着かない。どうやらうまく200Vに切り替わらないらしい。

「すいませんが、やり方わからないなら東京電力とかに確認してください。こんなの試行錯誤するもんじゃないでしょう」と言って、東電に電話させる。

電話でやり取りするがらちが明かず、東電のサービスに来てもらうことになったらしい。
ところが、待っている間に、テスター(電圧計)に問題があったことが判明。ほんとは200Vに切り替わっていたのに、テスターがそれを検出できなかった模様。

『このテスター買い替えたばかりなのに...』
  (って買い換えたら試運転くらいしといてくれよ)

やって来た東電のサービスに測ってもらって、ちゃんと200V出てることを確認。

東電のサービス曰く『本来は料金取るんですけど今回は結構です。次回はいただきますから』とのこと。
なんだか、余計なことで無料サービスを使ってしまった気分。

もうとことん この男が信頼できないので、帰ろうとするサービスを呼び止めて、他の回線が100Vであることを確認してもらう。
「他の回線に200V流れたらヤバいっすよね」
と言うと、東電のサービスは『まー流されたら家電が壊れるだけですよ』とのこと。
で、この会話が後編の伏線に。


■汚す男(その2)

そんなこんなで200Vでのエアコンの試運転も終わり。
暫く運転して排水の様子を見ようとしてたら、それに気づいた男が給水ボトルを取り出す。
期待してなかったが、やっぱりこいつ、気づかなきゃ排水チェックしようとしなかったな。

で、室内機に流した水が排水ホースから出てくることを確認...なんだけど、これも後々問題に。

ひとまず設置完了ってことで、とっとと引き取ってもらう。
時計を見るともう15時過ぎ。9時半に待機態勢に入ってから6時間近く経過。
さすがにこれからディーラーに行く気力は残っていない。

リビングは加齢臭の残り香とともに、配管をやり直した際に剥ぎ取ったパテの残骸やらテープの切れ端が散乱。前日に掃除したばかりだったが、もう一回掃除機かけ直し。

やっと掃除が終わって、やれやれとトイレに入ると、貯水タンク上部の手洗いが泥まみれ。
そういえばあの男、手洗う前にトイレに入ったっけ。
更にチェックすると洗面所も泥だらけ。
(どうやったらこんなに汚せるんだ?)と、もー半泣きでトイレと洗面所の掃除。



てなわけで、文字通り嵐のように災厄を振りまきながら去って行った男。
しかし、これは更なる災厄への序章でしかなかった...


後編につづく
Posted at 2015/06/14 11:55:31 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「2度目の車検 http://cvw.jp/b/1856646/41387871/
何シテル?   04/23 19:58
tama465です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/6 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

嫁号納車ドライブ ハスラー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/06 09:10:44
勝手にインプレ!No.1 Mercedes-Benz A45 AMG 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/13 18:22:53

お友達

お気軽にお誘いください。
36 人のお友達がいます
hajikun2002hajikun2002 * KSP-ENGKSP-ENG *みんカラ公認
ユミユミ@姐御ユミユミ@姐御 shige67shige67
ちょび819ちょび819 ハムマヨハムマヨ

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Aクラス メルセデス・ベンツ Aクラス
ずっと乗っていたいって気にさせる車です。 週末にしか乗れてませんが(_ _;)
アルファロメオ 147 アルファロメオ 147
楽しい車でした。
BMW 3シリーズ ハッチバック BMW 3シリーズ ハッチバック
初めての外車。 いろいろ勉強させてもらいました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.