• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年12月09日

中古車を買う時の注意点

中古車を買う時の注意点 こんばんは。気が付くと今年も残す所二週間ちょっととなります。
車好きにオフシーズンは無いのです。

しかし北海道の自動車フリークにとって冬場は特に機械に厳しい季節となります。

何故かって!? 人間は寒けりゃ着込めば何とかなります。しかし、機械はそうはならない。
車ってのは人間の体に例えることが出来るのですが、ここだけはやはり機械です。

そこで今回は中古車を買う場合に対する注意点を語っていきましょう。

中古車ってのは大きく分けて二種類・・・屋内保管と屋外保管があります。
今回は特に屋外保管の車・・・特に北海道のユーザーに聞いて欲しい点を紹介します。

皆さん中古車はまずどこを見て購入しますか? 1番は修復歴、そして年式・走行距離・・・と見て行く訳ですが、間違いではないです。

その他にもゴムのブッシュ類等の老化も考えたいですが、今回は優先的にエンジン関係にスポットを当てて行きたいと思います。

そこでさらにつけ加えておくと、走行の進み過ぎている車に関しては1度エンジンをバラして洗浄する費用を前提に選ぶと良いでしょう。

その費用が追いつかないのであれば、最低限の処置としてフラッシングをしてオイルをシッカリと温めてまた新しいオイルを入れる事をしてあげたいものです。

どんな状況にせよ、長時間放置してあるエンジンと言うのはオイルが完全に下がり切り、ヘッド周りの燃焼室にはサビがある可能性があります。
それに対する処置が必要・・・
これはどの車にも言えることです。

私が毎日通勤する際に気になる車を見掛けますが、ユーザーカーであるにも関わらず、綺麗なままカーポートに止めてあり、乗ってる所を見た事すら無いのです。当然走行距離も少ないはず・・・。

さて・・・そのような車は程度の良い車と言えるでしょうか・・・・・・??

当然悪くはないです。もし1~2万キロ程度の距離で売られるとすれば挽回の余地が十分に有るからです。

「挽回の余地」・・・と言う意味が分からない、もしくは何故そこまで気がかりかと言えば、その乗り方なのです。

車は実は距離数に拘るよりも正しくエンジンに熱が行き届く乗り方に拘る方が長持ちするのです。

エンジンと言うのは発する熱が多く、外気と内部の温度差が大きい程にエンジンの内壁に水が発生しやすいのです。
その水分が実は永きにわたって蝕んで行き、故障の原因を作り出しているのです。
そうならない為にはエンジンがしっかりと温まってから止める(理想を言えばシッカリと水分が飛ぶ油温が100℃の状態を5分間程が走行中に有る)事が理想といえば理想です。

エンジンが温まる前に目的地へ到着してエンジンを切る繰り返しをして来た3万キロと、シッカリとエンジンが温まる距離を走行して尚且つオイル交換をこまめに行ってきたいる5万キロの車・・・ 実はシビアコンディションは前者と言えます。

しかし、最悪なのは市街地の近場を行き来して、温まる前にエンジンを切ってしまうような乗り方をされて来た5万キロオーバーの車です。そして最悪な場合、オイル交換もあまりされていない場合、オイルと水、スラッジが混ざり、白濁したオイルが入っていた・・・そういう車はあまり良い状態とはいえません。

輸入車メーカーで目にする管理・・・ディーラー指定で15000…20000キロ交換のロングライフオイル・・・なんてのも有りますが、環境には良くても機械に良いはずは有りません。
なのでディーラーの認定車両等でも5万キロ以上乗られたディーラー管理の車なんかは私は個人的に絶対に買いません。
あくまで「個人的」には^^;

それでも自分の欲しかったレアな車があるとすれば、オイルフィラーキャップを開けて見て下さい。出来れば蓋を開けた時、ヘッドカバーの内壁を指で擦って見て下さい。

実はこのキャップの裏やヘッドカバーの内壁は、エンジン管理の情報が色々と見えてくる部分でもあります。

シッカリと管理している人とそうでない人の車は、ここで一発で分かります。

サボってきた人の車は、指に付着したオイルにスラッジが混ざり、何やらくっ付いてくる感覚・・・分かりますか? 例えていえば時間の経った缶コーヒーのように砂糖のネバネバしたようなあの指ざわり・・・、色も真っ黒。それがあるような車のエンジン管理はまず最悪と言ってもいいです。

シッカリとエンジンの温度やオイル管理に気を遣って来た人の車にはまずそのような異物は付着しません。

それでもその車が欲しい場合は、値段と相談しましょう。車本体の値が安ければエンジンをバラしてバルブ周りの洗浄・・・ピストンリング・コンロッドメタルの交換と言った整備費用を上乗せして考えるとエンジンを買って載せ替えるような費用も抑えられ、エンジンは良い状態となります。
分解整備ってのは効果絶大です。

そのままでは(サビが多い状態)では、エンジンが思わぬ異音という名のお経を唱え始め・・・あらぬ負荷が掛かり、いづれは齧りを起こして故障をしてしまうことなんてのもあるんです。
凄腕エンジニアから言わせると、異音は気にしなくても良い場合と、暫し放っておくと走行不能になる音も聞き分けられるそうです。

これらから分かるように車を選ぶ場合は、実際に車を見に行き、上記の事もつけ加えておく事をお勧めします。
北海道の方はなるべく本州からの低走行車を買う事をお勧めします。

本州の方は北海道にある車(低年式・過走行)を極力避けて選ぶ事をしたいですね。
そして購入店と別に、信頼出来る腕利きの整備屋さんとのお付き合いを強くお勧めします。

どちらにせよ分解整備をする場合は、エンジン洗浄・最低限消耗部品を交換出来たりするのでエンジンの程度に拘る事をせず、ボディーのシッカリとした修復歴の無い個体を手に入れておきたい所です。




ブログ一覧 | 日記
Posted at 2018/12/09 20:03:27

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

ATF全量交換 オイル交換 タイヤ ...
ORANGE WOLFさん

アイドリング物語( *´ω`* )
≡sunny≡39さん

3機目。
SHI-GEOさん

ドロヘドロ
Cloud-nineさん

Land Cruiser PRAD ...
うめお@テストドライブさん

トッポBJのオイル管理
ろんさむろーどさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@とし1049 それで油そば作ってみますか(*゚▽゚*)」
何シテル?   01/19 19:40
team S.S.Sを宜しく☆

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

インチアップ話の続き 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/11 20:53:49
さいてー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/13 18:32:31
まあまあでしょう。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/19 21:55:32

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) ひき肉だいこん号 (フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック))
いつかはフォルゴルの「フォルゴル6最終型」を購入しました(´・ω・`) 広島なので輸送費 ...
トヨタ ポルテ トヨタ ポルテ
可愛らしさと室内空間の広さにビビりました(;゙゚'ω゚')…!
日産 セレナ 日産 セレナ
5万キロの無事故車(ヾ(´・ω・`) エンジンストップ機能が付いており、このクラスの ...
トヨタ ヴィッツ フランダース1号 (トヨタ ヴィッツ)
足:TEIN.street.SPL車高調/他車流用キャリパーピストン.dexelブ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.