• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年06月01日

Enjoy Honda 2017 岡山国際サーキット

Enjoy Honda 2017 岡山国際サーキット 5月28日の日曜日、紫外線がサンサンと降り注ぐ快晴の中、岡山国際サーキットでホンダをしっかりエンジョイしてきました♪





2013年の開幕戦 岡山を制したNo.100 RAYBRIG HSV-010!





まだレジェンド入りするには若すぎるマシンです。

是非とも2リッター直噴ターボを積んで今年のスーパーGTに速攻で復帰してもらいたいですね。







7月には国内販売予定の新型シビック。
このSUV全盛の時代に敢えてセダン!
全幅はクラウン並みの大衆車ww

後は価格設定でしょうね~







新型シビックのハッチバック。
ミニバン全盛のこの時代に敢えてハッチバック!
マーケットが振り向いてくれてらいいですね~

フィットの立場が無くなるくらいの値段を期待しています(笑)











ニュルを7分43秒80で走った、320馬力のシビック TYPE R!

きっと東堂塾も予約を入れてることでしょう。
待ってろ!とうふ屋ハチロク!!!





くま吉とワタシのwifeのツーショット☆

ホンダなのに“くま吉”?
気にしない気にしない(笑)


ワタシのwifeも首都圏遠征から大きく成長したみたいで、5年ぶりに岡山国際サーキットにやっとこさ来ることが出来ました\(^o^)/

5年前にwifeが観に来たレースはこれですわ。

あの伝説の名実況「こんなレース観たことない!こんなレース観たことない!」が生まれたレース…





2012年の開幕戦 岡山国際サーキット以来です。

めでたい!じつにメデタイ!



さて、なぜホンダのイベントなのに“くま吉”がいるのかというと…、





スーパーフォーミュラ 2017 Rd.2 岡山がエンジョイホンダと共に開催されていたからです。


しかもホンダカーズ岡山の粋な計らいで、場内駐車券だけで国内トップカテゴリーのフォーミュラレース、スーパーフォーミュラを観れちゃいました♪





しかもこの日は午前中に予選、午後から決勝という1日で2度おいしいワンデーレース!

午前中の予選はダブルヘアピン立ち上がりから観戦しました。











肉眼でステアリング操作がよく見えるくらいの近さからスーパーフォーミュラを楽しみました♪









自宅に帰ってテレビ中継を観てみたら、ドライバーのオンボードカメラにちゃっかり映ってましたww




拡大してみると~




人混みの一番右端、頭の位置がちょこんと下がっているのが座っているwifeです。

砂かぶり席のようなエキサイティングな場所から観戦してました。
日本中見渡しても、ドライバーの目線と同じ高さからこんなに近くで楽しめる場所って、ここ岡山国際サーキットくらいしかないでしょうね~



スーパーフォーミュラの予選が終わり、F3の決勝レースを砂かぶり席で楽しんだ今度はS660オーナーズパレードが始まります。


今回はツレのS660がオーナーズパレードに参加するということで、ワタシは撮影係を担当することになりました。


時間になったのでS660の車列が来るのをカメラ構えて待っていると~





ツレ、パレードの先頭だしwwwwww





いぇーーい♪
行ってらっしゃ~い!





ツレに続いて白いS660達がゾロゾロとやってきます。

見てるこっちも幸せになる光景です。





ホワイトのS660が終わると、今度は黒のS660が続きます。





さらにレッド・ブルー・イエローと続いて岡山国際サーキットにコースインして行きます。





キタキタ(°∀°)
フロント・リヤ共にキャンバーを寝かしているからすぐ分かる!(ウソ)











まるでチューリップの花のように鮮やかなS660の車列が続きます。

ワタシもS660欲しくなるじゃないですかww





バックストレートエンドのヘアピン!
寝かしたリヤのキャンバーがよく分かるツレのS660です。





イェ────v( ´∀` )v────ィ

ツレの夢舞台、しっかりと撮影させていただきました。





そしてS660達は専用駐車場に導かれ、チューリップ畑のように並びます。




ツレのS660はパレードの先頭だったので、NSXのすぐ真横に駐車☆

うらやましい図ですわ。





それにしてもでっかいホイールにでっかいブレーキローターですな。



午後からはスーパーフォーミュラの決勝レースを観戦するために、グランドスタンドに陣取りました。





決勝レースはピットインが絡むと順位がワケわからなくなるので、グランドスタンドがちょうどいいですね。

2レース制で開催された今回の第2戦 岡山国際サーキット。

昨日の土曜日は30周で争い、ピットインの義務も無かったので、全車等間隔に車間距離を保ったままハイスピードのパレードという悲惨なレースになってしまいましたが、今日は51周のレースでタイヤ4輪交換の義務があるため、土曜日より見ごたえのあるレースが期待できそうです。





ドライバーの緊張がフェンスを越えてグランドスタンドに届いてきます。

ハァァァァ……ってエンジン回転数を上げてシグナルに集中し、5つ点灯したレッドシグナルがブラックアウトしたら、クラッチを合わせてスタートです!



51周のレース、ポイントはピットインのタイミングです。

理論上はレース半分の25周目くらいでタイヤを交換するのが最も速そうに思えますが、スーパーフォーミュラのマシンが履いている横浜ゴムのタイヤはとても優秀なので、51周ずっとレースペースで走りきるくらいの寿命があります。


なので、レース1周目には約半分のマシンがタイヤを交換するためにピットインしてきました。

予選3番手からスタートしたNo.19 ITOCHU ENEX TEAM IMPULの関口雄飛選手は、オープニングラップで4番手に落ちながらも果敢に1周目からピットに入り、タイヤ4本交換してゴールまで走ります。


それに対して、ポールポジションからスタートしたNo.2 P.MU / CERUMO ・ INGINGの石浦宏明選手は、前に引っ掛かるマシンも無いのでピットインもせず、ラップリーダーのままレースを作っていきます。



石浦選手は履いているタイヤを使いきり、34周目にピットインしてタイヤを4本交換。

素早い作業で石浦選手はピットから送り出されたものの、コースに戻った時には関口選手が前を走っていました!


関口選手はコース上で危ない思いをして抜くことなく、颯爽とトップに躍り出ちゃいました!!!

コースサイドで観ていたら???となるレースです。



ただ、トップを走る関口選手のタイヤは、石浦選手のタイヤより3倍近い距離を走らされています。

残り十数周の間にタイヤライフのアドバンテージを生かして、石浦選手がトップの関口選手をコース上でオーバーテイク出来るのかどうか?!


しかし、岡山国際サーキットにとってスーパーフォーミュラは狭すぎるのか、すり減ったタイヤで逃げる関口選手をラップタイムで勝る石浦選手は追い抜くことが出来ません。

まるでF1モナコグランプリのようです。



残り10周ほどで単独クラッシュがあり、セーフティーカーが導入されコース上はフルコースコーションとなりました。

トップ関口選手と2番手石浦選手との差も詰まり、レースが再開した後は激しい接近戦となりましたが、結局0.408秒差で関口選手が逃げ切りトップチェッカー!



グランドスタンドの我々は熱いバトルを楽しむことが出来ました(^-^)v





…が、フォーミュラニッポン時代からずっと十数年見続けているワタシは、こんな晴れたコンディションで、タイヤのアドバンテージが断然有利な石浦号が関口号をオーバーテイクできない現実を憂いてます。


予選も毎回コンマ1秒の間に3~4台入る程の僅差なので、レベルの高い者同士なかなかオーバーテイクしづらいのも分かります。


しかしこれで2年続けて、オープニングラップにピット作業を済ませたドライバーが勝ちを収めているので、来年もまた今年と同じフォーマットでレースが開催されたら、1周目のピットは入場制限がかかるくらい多くのマシンで混雑しそうですね(^-^;

そしてお互いに決め手がないまま淡々と周回が増えていく…、


速いマシンがぶっちぎりに独走していくのを妨害するのはマ◯オカートだけでいいとして、
スーパーフォーミュラも、もっとオーバーテイクを煽る装置が必要かもしれないですね。



すでに採用されているマ◯オカートのキノコみたいなオーバーテイクシステムも、レースの見える化を目的にLEDライトをフラッシュさせて使用中であることをアピールしてましたが、後ろからピカピカLED光らせて迫ってきたら追われる方もピカピカ光らせて逃げればいいだけなので、一度LEDライトのフラッシュを隠してレースしてみませんかね?


また、タイヤのライフも横浜ゴムさんの企業イメージに関わることなので難しいのは承知してますが、今のタイヤ寿命だと優秀すぎてオーバーテイクが起きにくいので、タイヤの美味しいところを過ぎると一気に崖が来るような極端なタイヤとか用意して頂けないでしょうか?(^-^;


他にもピットストップのウィンドウを、レースの半分くらいの周回の前後5周くらいに決めてみるとか、昨年のもてぎ戦でチャレンジしてみたような複数のコンパウンドのタイヤを用意するなど、ドキドキするようなレース展開を演出して欲しいです。





1日中スーパーフォーミュラを生で観て感じたのは、テレビカメラを通した中継映像だとスーパーフォーミュラのスピード感が半分ほどしか伝わってなかったんだな~ってことでした。


猛スピードで空気を切り裂くスーパーフォーミュラのマシンのビリビリ感は現地でしか味わえません。

タダで観ておきながら好き勝手文句書いてしまいましたが、ワタシのレポートでスーパーフォーミュラに興味を持って頂けたら、ワタシもシェアした甲斐があります(^_^)


さて、スーパーGTのレポートの続きでも仕上げようかしら~…(爆)
ブログ一覧 | スーパーGT | 日記
Posted at 2017/06/01 14:26:53

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

個人的テクノロジーラボラトリー! ?
ヤスキチ2さん

SUPER FOMULA Rd7 ...
浪速のひでやん☆さん

1日でまとめてレース観戦(スーパー ...
ホシノテンパる!?さん

もてぎ2&4レース観戦へ!
4気党さん

SUPER FOMULA Rd5 ...
浪速のひでやん☆さん

来季は・・・
ライチュウ@滋賀さん

この記事へのコメント

2017/06/01 17:57:36
こんにちは。

来られていたんですね。私も土日ともうろうろ徘徊してましたよ。

ご存知かも知れませんが、オーバーテイクシステムは押して少ししてからフラッシュするので、チカチカを見てから防御で押しても間に合わないんですよ。
オーバーテイクシステム自体押してもそれだけで抜けるほどパワーアップしないギリギリに設定されている様ですしね。
コメントへの返答
2017/06/01 20:56:05
ども、こんばんは(^-^)

土日ともいい天気で特に日曜日はクソ暑かったですよね~
おつかれさまでした。

私もネットか何かで、オーバーテイクシステムで追い抜きできるかどうかは腕次第って聞いたことがあります。
本文中のLEDフラッシュを隠そうってアイデアは、可夢偉選手の言葉をそのまま借りただけです(^_^;)

スーパーフォーミュラでDRSとか見てみたいですけど…、無理だろうなぁ~
2017/06/01 20:34:51
うちのvai子もSUGOでもらったホンダの帽子にトヨタのくま吉のピンバッチを刺していました。
こっちから見ると矛盾なのですが、女性からしてみるとかわいさの方が優先らしいです(笑)
コメントへの返答
2017/06/01 21:02:04
カワイイからいいんです(笑)

フィットにTRDって貼ると指差されて笑われそうですが、くま吉ならフィットに貼ってもいいかな~とも思っちゃいます(^^)

嫁さん曰く、くま吉はとてもフカフカして臭くなかったみたいです♪
2017/06/02 20:47:08
こんばんは♪

奥様のモザイクがネコなのがとてもキュートに感じられました(*´▽`*)

岡国行ったことはありませんが、いいサーキットですね。あんな目線で観戦できるなんて。

しかし、レースの解説が本当に知っている方の指摘で感嘆ものです。

シビックにはぜひ頑張ってほしいです。でもきっと車格に見合った高級なお値段のお車になってしまうんでしょうね。

そういうところがHが好きになれないところです(/ω\)
コメントへの返答
2017/06/03 04:00:24
こんばんは(^○^)

嫁さんの画像処理は途中から悪ノリ始まっちゃいました(笑)
病気と戦いサーキットに帰ってきた嫁さんですが、モータースポーツ歴はとても長く、本山選手がザナヴィニスモGT-Rに乗っかっていた頃に遡ります。

岡山国際サーキットで写真を撮るときは、コースとコースサイドとの近さが伝わるように意識して撮ってました。
岡山国際サーキットの危ないくらいの近さが伝わったみたいで嬉しいッス♪

シビックの発売も来月に迫っているので、プロトタイプの試乗記事とか結構盛り上がってきてますね(^^)
ライバルは国内でCセグメントの輸入車に流れてるお客さんだとか…。

値段設定が気になるところです♪
2017/06/05 23:05:19
今晩は(^o^)

「サーキットに帰ってきた」
この響きいいですねー。(*^^*)
奥さまお元気そうで何よりです。
またお出掛けしましたブログを
楽しみにしてまーす!😹🐾

S660いいですねー。
毎朝お会いするブルー💕
でもやっぱりイエローが
ワタクシにとっては、
イメージカラーだし\(^_^)/
あんなにたくさんきれいに
並んでいるのを見てしまうと
発作が起きそうですよ。(^_^;)

317の父様の有り難い情報のもと
ローソンへ行ってしまいそうです。

コメントへの返答
2017/06/05 23:05:19
こんばんは。
お返事が遅れてしまってスイマセン(^ー^;A
バタバタな日々を過ごしているうちにお返事書くのを忘れておりました(大汗)

6MTのS660に以前試乗したことがありますが、もうあの人馬一体感はタマリマセンわ。
もう少し荷物が入ればいいんですが、今のままだとほぼバイクと同じですからね~……

私の嫁さんのことも励まして頂き、ありがとうございます。
皆さんから頂いた暖かいエールのおかげですわ(^-^)
実は今度の土曜日もちょっとしたレースイベントを観に、岡山国際サーキットまで嫁さんと行ってきます(^-^)/
まずは人混みの少ないうちから慣らしていきたいですね。

頂いたコメントに対しては順次お返事入れますんで、しばらくお待ち下さいませ。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

小学生の時にスカイライン2ドアクーペGTS-X(R31)を見て一目惚れし、MT限定免許を取得して今に至る団塊ジュニア世代のクルマ好きです。 他にもグループAの...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

水害からの、復活の西ァーッ!① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/03 21:09:31
ヘッドライト&ポジション LED化♪ その2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/31 16:37:32
エコパサンデーラン→トリトンオフ🎶 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/11 22:46:36

ファン

44 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フィット ホンダ フィット
初度登録年月は2005年8月4日。 車台番号はGD3-1925*09。 グレードは1.5 ...
スズキ アルトラパン スズキ アルトラパン
平成19年11月登録 車台番号 HE21S-972*16 初代ラパンの最終形態 Ⅵ型です ...
トヨタ クラウンロイヤル トヨタ クラウンロイヤル
もともとは親父のクラウンでしたが、もう親父は運転できないカラダになっちゃったので、息子の ...
日産 マーチ 日産 マーチ
岡山日産自動車 カートピア23に並んでいた新古車です。 平成19年秋に購入し、以来ずっと ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.