• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年03月29日

SUPER GT 2018 GT500クラス全車紹介

SUPER GT 2018 GT500クラス全車紹介 ・・・の取材をするために、3月17日に岡山国際サーキットで開催されたスーパーGT公式テストに乗り込みました。




天気は快晴。
最高のテスト日和です。

…言い換えると、もうここからスーパーGT 2018シーズンが始まっているとも言えます。


この好天の下、どれだけたくさんのデータが取れるか、すでにライバルとの競争が始まっている雰囲気でした。










同じような黒いタイヤに見えても、微妙に性格を変えたタイヤをたくさん履きつぶし、4月7日-8日に行われる開幕戦 岡山ラウンドに持ち込むタイヤを決めることが主なテストの目的です。



昨年は大幅なルール変更があった為、GT500クラスは全車イチから作り直したNewマシンでシーズンを争いましたが、今年は車体に対して大きなルール変更の話は聞かないので、昨年一年間全国各地のサーキットでレースしまくったマシンのデータを今年に持ち越して、2018年のGT500クラスのマシンは前人未到の空飛びそうな領域まで、各メーカー各チーム速さを磨いて闘います。




私がパドックにいて真っ先に感じたのは、2017年11月12日の最終戦 ツインリンクもてぎから続く緊張感!

・・・まるでシーズンオフ返上で自主トレを繰り返してきたプロ野球選手のように、身体(マシン)が仕上がっている雰囲気が各ピットからぷんぷん漂っていました。



GT500に参戦するレクサス・日産・ホンダの全15チームの頭の中を支配しているのは、2017年11月11日のスーパーGT最終戦 ツインリンクもてぎでロニー・クインタレッリ選手がMOTUL AUTECH GT-Rを駆って魅せてくれたあのフライングラップ……





この衝撃が脳裏にくっきりと残っているはずです。


あの圧倒的な速さを見せつけて幕を閉じた2017年シーズンから約5カ月後には、2018年シーズンが始まるという事実・・・

2018年シーズンのスタートラインは間違いなく、ツインリンクもてぎを1分36秒316で周回したMOTUL AUTECH GT-Rが基準になります!






昨シーズンは2017年規定の新GT500車両の開発合戦で一歩抜け出し、序盤戦で荒稼ぎしたポイントを抱え込んで最終的にはMOTUL AUTECH GT-Rとわずか2ポイント差で逃げ切ったレクサスLC500勢。




ゼッケン1番が真新しいNo.1 KeePer TOM'S LC500は、平川 亮選手とニック・キャシディ選手というドライバーコンビを入れ換える理由はもちろんなく、2018年シーズンもシリーズチャンピオン有力候補です。

二人とも今年で24歳と若いので、チャンピオンだからといって守りに入る事なく、昨年のようなアグレッシブなドライブを見せてくれればチャンピオン連覇も十分ありえます。




昨年のゴールデンウィークの富士500kmで勝ったNo.38 ZENT CERUMO LC500も、今年でコンビ結成4年目になる立川 祐路/石浦 宏明組で戦います。

42歳と36歳という円熟夫婦のようなコンビも、そろそろチャンピオンという結果が欲しい頃なのではないでしょうか。



・・・とまぁ、昨年と同じクルマ同じコンビで戦うのはレクサス6台中わずかこの2台。



日産GT-RやホンダNSX-GTを払いのけてGT500チャンピオンに輝いたレクサスLC500ですが、その激闘の2017年シーズンを振り返ると速い馬を手に入れた武将達の衝突がとても目立ちました。




アンドレア・カルダレッリ選手やジェームス・ロシター選手は、助っ人外国人ドライバーという非正規社員みたいな立場だったので、レクサス同士のもつれ合いの責任をとって解任されました(私感)




また、チャンピオンナンバーを背負いながら2017年シーズンを堂々と戦った平手 晃平選手も、レクサスチームから見るとタラレバが特に多く印象に残る結果となってしまい、残念ながらGT300へ都落ち……(私感)




脇阪寿一監督が就任して3シーズン目となる今年のNo.6 WAKO'S 4CR LC500は、今年でGT500ステップアップ10周年を迎える大嶋 和也選手のパートナーに、昨年のスーパーフォーミュラで来日1年目にも関わらず、天才のような才能で同じチームの大嶋 和也選手より上位の成績を残したフェリックス・ローゼンクヴィスト選手が加入。

ただ、この大事な岡山での合同テストに、まだGTマシンに不慣れなフェリックス・ローゼンクヴィスト選手が2日間とも欠席しているので、開幕戦からのスタートダッシュはそう甘くないでしょう。




昨年は毎戦優勝候補に挙げられながら結局1年間ずっとパッとしなかったNo.19 WedsSport ADVAN LC500。

今年は国本 雄資選手をAドライバーに格上げし、相方に国本 雄資選手と同じトヨタ・ヤングドライバーズ・プログラムの階段を登る22歳の山下 健太選手をステップアップさせて、2018年シーズンをひっかき回しにかかります。




そして、山下 健太選手のステップアップによって、昨年までWedsSportのAドライバーだった関口 雄飛選手は名門トムスのエースナンバーNo.36 au TOM'S LC500のBドライバーの座につき、昨年からGT500に復帰してまだマシンに慣れてない(私感)中嶋 一貴選手のサポートに回ります。

2人とも額面通りの実力を発揮すれば、シリーズチャンピオン争いの中心に来ること間違いなしですが、FIA 世界耐久選手権と掛け持ちする中嶋選手の事を関口選手が横目で見ながらどう理解するか……、そこに注目ですね。




平手 晃平選手が抜けたNo.39 DENSO KOBELCO SARD LC500は、今年も元F1パイロットのヘイキ・コバライネン選手がAドライバーとしてチームを引っ張ります。
……今思えば、2016年シーズンからヘイキ・コバライネン選手をAドライバー、平手 晃平選手をBドライバーに入れ換えたのって、この日の為だったのかもしれないですね。

そして空席のBドライバーには、元F1パイロットの小林 可夢偉選手が加入しました。
今年のNo.39 DENSO KOBELCO SARD LC500は元F1パイロット同士のコンビという、とても豪華な布陣で戦います!

テスト内容を見る限り、他のLC500と比べるとだいぶ試行錯誤しているようですが、長いシーズンのうちには必ずどこかで上位に食い込んでチャンピオン争いに絡んできそうな雰囲気がありますね。



続けて日産GT-R勢の紹介です。



日産のエースナンバーを背負う、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rですが、今年の岡山の合同テストにはカーボン素地のボディのまんまで登場しました。

ドライバーラインナップも昨年と同様、松田 次生選手とロニー・クインタレッリ選手なので、素人考えですが昨年の最終戦もてぎでライバルに圧勝したマシンのまんま岡山に持ち込めばいいのにと安易に考えてしまいます。

ところがそーはいかないのが世界一のハコレース、スーパーGT!

昨年来からテストを繰り返し、自らが叩き出したツインリンクもてぎのあのフライングラップにライバル勢が追い付いてくることを読んで、ニスモは昨シーズン中から気になっていた弱点をつぶしにかかります。



しかし、この作業は行列が出来る有名ラーメン屋が秘伝のスープをいじるようなもので、何かエッセンスを足せば必ずプラスに働くとは限りません。

日産GT-R NISMO GT500の2018年シーズン仕様の完成は果たして開幕に間に合うのか……、そこが1番の注目ですね。




No.23 MOTUL AUTECH GT-Rと同じミシュランタイヤを履くNo.3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rは、昨年までGT500クラスで活躍していた日産のサテライトチーム、No.46 S Road CRAFTSPORTS GT-Rが今シーズンのエントリーを見送ったことで参戦が実現しました。

ドライバーラインナップは、昨年No.46 S Road CRAFTSPORTS GT-Rを駆っていた本山 哲選手と千代 勝正選手が乗り継ぎます。

メンテナンスはGT500クラス初挑戦のNDDP RACINGが担うので、この合同テストの間も他のGT-Rより少し仕上がりが遅れていますが、得意なサーキットや得意なコンディションを味方につけてがんばって欲しいですね。




続いて紹介するのは、昨シーズンわずか17ポイントしか獲得できなかったNo.12 カルソニック IMPUL GT-R。

2014年以降、富士スピードウェイでわずか2勝しか出来ていないチーム・インパルは、悪い流れを断ち切るために、2014年からカルソニック IMPUL GT-RのAドライバーとして活躍した安田 裕信選手をクビにし(私感)、2014年からコンドーレーシングで3勝を挙げた近藤監督の秘蔵っ子、26歳の佐々木 大樹選手を引き抜き、同じ年のヤン・マーデンボローと組ませて、昨年のKeePer TOM'S LC500の23歳コンビのような化学反応を期待しています。




佐々木 大樹選手を取られた形になったフォーラムエンジニアリングNo.24 ADVAN GT-Rは、J.P.デ・オリベイラ選手をAドライバーに格上げし、相方に2016年の鈴鹿1000kmでNo.46 S Road CRAFTSPORTS GT-Rを3位に導いたことのある日産の若手ドライバー、高星 明誠選手を呼びました。

No.19 WedsSport ADVAN LC500と同じく、ヨコハマタイヤを履くNo.24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R。
昨シーズンはWedsSport同様、毎戦毎戦優勝候補に挙げられていながらまわりの期待に応えられない地味なシーズンでしたが、今年は合同テストから目立っていますので、タイヤのアドバンテージを生かした近藤監督のキレキレの采配が今年は見られそうですね。



最後に、今シーズンのストーブリーグからGTファンや関係者の注目の的になっている、ホンダNSX-GT勢の紹介です。


話題の中心はもちろん、ジェンソン・バトン選手のスーパーGTフル参戦決定ですよね~



元F1パイロットの肩書きを持つドライバーがスーパーGTに参戦することは今までもありましたし、スーパーGTで腕を磨いてF1やWECといった世界選手権に旅立ったドライバーも数多くいます。

2015年シーズンからは、F1で優勝した経験のあるヘイキ・コバライネン選手もスーパーGTに参戦し、スーパーGTも一気に格が上がりました。


そしてとうとう、2009年F1ドライバーズチャンピオンのジェンソン・バトン選手が一年間日本のサーキットを転戦して、スーパーGTに挑戦することになりました!


……こんなに嬉しいことはない。
(アムロ・○イ風に)



3月17日の岡山国際サーキットには、私と同じようにアムロ・○イ状態に舞い上がった数多くのGTファンが、サイン色紙やF1のミニカーを手に、朝早くからホンダのパドックの狭い通路を埋めつくしました。



奥の人混みがそうなんですが、この写真の時点はまだまだカワイイもんで、ジェンソン・バトン選手が現れる直前には階段や2階の廊下にもGTファンがビッシリ埋まり、ちょっとレース関係者の方々には迷惑なくらいの群衆にまで膨れ上がりました。




ちなみに私はパーテーションの目の前、特等席でジェンソン・バトン選手の登場を待ちます。

午前と午後に行われるテスト走行と、そのインターバルのお昼休みにはオープンピットもあるので、ジェンソン・バトン選手に近づけるチャンスは朝一番しかほぼありません。


朝8時半くらいからずっとトレーラーの前でサイン色紙とマジックを手にずっと待つワタシ……



そして、午前のテスト走行開始直前の9時半くらいだったか、マネージャーみたいな人に引きつられてジェンソン・バトン選手がいきなり登場!!

ただ、マネージャーみたいな人が先達となり人混みをゴリゴリ引き裂き、車から降りたばかりのジェンソン・バトン選手は早足で立ち止まることなく、私の目の前を通ってトレーラーハウスに消えていきました。


突然のスター登場に私は声が出ませんでした……(・・;)


ただ、目の前を左から右に横切っていったジェンソン・バトン選手の横顔は、どこか緊張していて不安そうでした。



岡山生まれのスーパーGTファンの一人として、アイルトン・セナも走った岡山国際サーキットを前に緊張しているジェンソン・バトン選手にエールを送らないといけないと思った私は、サイン色紙をバッグにしまい、トレーラーハウスから着替えて出てくるジェンソン・バトン選手を待ちながら、バクバクしてる心臓を深呼吸で整えます。



そして!……再びジェンソン・バトン選手が現れます!


私は大きく息を吸い込んで、「ジェイビ~~~!!」って名前を呼んでエールを送りました。

ついでにカメラでパシャっとシャッター切った1枚がこちら。




…カメラ目線頂いちゃいましたwwwwww

不安たっぷりの気持ちがジェンソン・バトン選手の目元によく表れていますね。


ジェンソン・バトン選手は、今年でGT500クラス9年目となる山本 尚貴選手とタッグを組み、No.100 RAYBRIG NSX-GTを駆ってスーパーGTに挑戦します!




助手席側のフロントガラス上部にある識別灯が青の時は、Bドライバーのジェンソン・バトン選手がドライブしていることを示しています。

私も一日中サーキットでNo.100 RAYBRIG NSX-GTの姿を追いかけていましたが、家に帰って撮った写真を確認すると、いつも識別灯が青色でした。


後にモータースポーツ関係のニュースで知ったのですが、岡山での合同テストの間、チームはずっとジェンソン・バトン選手にマシンの作り込みを任せていたみたいですね。

チーム・クニミツとしても、ジェンソン・バトン選手の不安を取り除く為にはマイレージを稼ぐ事が一番と思ったんでしょう。


スーパーGTの常識からすると、初参戦に近い外国人ドライバーに初めて走るサーキットのセッティングを任せることは、もし煮詰め方が間違っていた場合取り返しのつかないことになりかねないバクチですが、ジェンソン・バトン選手の仕上げたRAYBRIG NSX-GTに後から乗った山本 尚貴選手も、違和感なくセッティングの好みも似ていたということみたいなので、二人の相性もバッチリということでしょう。

先日の富士スピードウェイでの合同テストでもジェンソン・バトン選手は好タイムを出していたので、今年のNo.100 RAYBRIG NSX-GTの活躍を大いに期待しちゃいますね~




そして、ジェンソン・バトン選手にシートを奪われた形になった伊沢 拓也選手は、2009年のARTA NSX以来久しぶりにARTAカラーのスーツを着て、No.8 ARTA NSX-GTのBドライバーとして、5歳年下の野尻 智紀選手と共に今シーズンを戦います。

二人ともホンダのトップガンとして、たくさんのHonda Racingファンの応援を受けてがんばってますが、もうそろそろ11月のもてぎの夕暮れの空の下で大泣きしながらチャンピオンの報告をする姿がみたいですね。
(超上から目線ww)


ホンダチーム全5台のうち、ドライバーの変更があったのは以上の2チーム。

これから紹介する3チームはドライバーの入れ替えもなく、昨年と同じ体制で戦います。




昨年夏、最後の鈴鹿1000kmを制したエプソン・ナカジマレーシングのNo.64 Epson Modulo NSX-GTは、ベルトラン・バゲット選手と松浦 孝亮選手で戦います。
今年も安定のGT500クラス唯一のダンロップタイヤユーザーです。

昨年のレースを振り返ると、ポイントを獲得できなかったレースはあるものの、全8戦すべて規定周回数をクリアしています。
熟練ドライバーの腕と確実なピットワーク、そしてナカジマレーシングのエンジニア力と中嶋監督の采配で、今シーズンもダンロップの風を巻き起こしてくれることでしょう。




昨シーズンはGT500クラス全15台のうち最下位のわずか7ポイントしか獲れなかったNo.16 MOTUL MUGEN NSX-GT。

まー、昨年はヨコハマタイヤを履くLC500もGT-Rもこぞってみんなブービーだったので、全部タイヤのせいにすればいいんですけど、昨年夏の鈴鹿1000kmでジェンソン・バトン選手をインターンシップで受け入れたにもかかわらず、今シーズンはジェンソン・バトン選手をブリヂストンタイヤに引き抜かれたのは痛いッスね~

今シーズンも武藤 英紀選手と中嶋 大祐選手のコンビで、ゼッケン16のエースナンバーをつけた無限カラーのホンダ車らしい活躍を期待しています。




そして地味にホンダチームの中で一番チャンピオンに近そうなマシンがこちら。
No.17 KEIHIN NSX-GTです。
塚越 広大選手と小暮 卓史選手の天文学的なコンビも3年目に突入します(笑)

今回の岡山での公式テストでは、土曜日も日曜日も速かったこのチーム。
昨シーズンみたいにカウルを吹き飛ばしたりタイヤをバーストさせたりしなければ、開幕戦 岡山からLC500やGT-Rの間に割り込んできそうでワクワクします♪



昨年の開幕戦 岡山を顧みると、電装系のトラブルが原因でまともにレースができなかったホンダNSX-GT。

そしてあまりの遅さに見るに見かねた運営側の忖度で、昨年の第3戦 オートポリスからNSX-GTは15kg軽くなってます。


……ということは、NSX-GTと岡山国際サーキットとのマッチングはまだ未知数!

俺たち岡山のGTファンもまだ、本当のNSX-GTの実力を知りません。





3月17日(土)のスケジュールの最後に行われた10分間のGT500クラス専有走行帯では、各チームともマシンにニュータイヤを取り付け、ガソリン空っぽにして予選タイムアタックをシミュレーションしてましたが、NSX-GTの動きは若干オーバーステア気味で、この高速で右~右と曲がるマイクナイトコーナーから最終コーナーの区間は少し慎重でしたね。




対して日産GT-Rは、昨年同様鬼のようなブレーキの突っ込みでコーナーに進入して、素早くクルマの向きを変えて脱出するダイナミックな動きでした。




レクサスLC500のコーナーリングはまるで日本刀のような切れ味でした。
コーナーの入り口と出口を定規で結び、ペンでビヤッと線を引くような感じで高速コーナーを攻略していましたね。





今朝の地元紙の週間天気でも、来週水曜日までは見事に晴れマークが並んでいます。

この分だと、3月の合同テストが参考にならないくらいの暑さになりそうですね。



いや、もしくは……


これだけ晴れマークが並んでいるにもかかわらず、雨の岡山国際サーキットを予測してセッティングをシミュレーションしているチームがいるかもしれないッスよ~~
ブログ一覧 | スーパーGT | 日記
Posted at 2018/03/29 06:23:31

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

スーパーGT500クラスシリーズチ ...
395さん

SUPER GT 2018 Rd. ...
Forest-Shadowさん

早朝ミーティングから帰宅して。
EG-K氏さん

【スーパーGT】ジェンソン・バトン ...
milky_takeさん

2018 AUTOBACS SUP ...
『もりたけ』さん

SUPER GT 2018 第2戦 ...
Forest-Shadowさん

この記事へのコメント

2018/03/29 09:51:27
凄く解りやすかったです(*´-`)
開幕戦楽しみにしてます♪激走GTで見ることになりますが…。
コメントへの返答
2018/03/29 19:48:41
最後までこの長文を読んでいただきありがとうございます(^-^)

開幕戦楽しみですね~
レースウィークだけ雨の国岡山にならないおとを願うばかりです。
……そんな私も自宅でスカパー観戦です(^o^;)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「非ハイブリッドのフリード http://cvw.jp/b/1862686/43305612/
何シテル?   09/26 08:01
ガンダムと国内モータースポーツをこよなく愛するクルマウマシカです☆ よろしくお願いします。 Instagramもやってます。 「forestshadow572...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/11 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

平成29年九州北部豪雨災害 被災地 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/16 12:18:11
タダでリレーアタックを防ぐ方法!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/24 05:13:19
水害からの、復活の西ァーッ!① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/03 21:09:31

愛車一覧

ホンダ フィット ホンダ フィット
初度登録年月は2005年8月4日。 車台番号はGD3-1925*09。 グレードは1.5 ...
トヨタ クラウンロイヤル トヨタ クラウンロイヤル
もともとは親父のクラウンでしたが、もう親父は運転できないカラダになっちゃったので、息子の ...
スズキ アルトラパン スズキ アルトラパン
平成19年11月登録 車台番号 HE21S-972*16 初代ラパンの最終形態 Ⅵ型です ...
日産 マーチ 日産 マーチ
岡山日産自動車 カートピア23に並んでいた新古車です。 平成19年秋に購入し、以来ずっと ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.