• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年09月23日

GD3乗りがGP5に乗ってみた

GD3乗りがGP5に乗ってみた
レビュー情報
乗車形式試乗
メーカー/モデル名ホンダ / フィット3 ハイブリッド Lパッケージ (2013年)
乗車人数2人
使用目的レジャー
おすすめ度★★
走行性能
まず最初にお断りしますが、初代フィットを13年/300000km乗った私の評価は自然と激辛になってしまう事をご了承下さい。



……よろしいでしょうか?

では最初にこのフィットハイブリッドのスペックからご紹介します。


年式は平成29年2月。

デビュー直後から5回もリコールを繰り返し、国土交通省から散々叩かれた頃から約3年半経ったモデルです。


グレートはフィットハイブリッドの中でも上級グレートに位置するHYBRID・Lパッケージ。
クルーズコントロールや革とファブリックのコンビシートなど、サイズの大きいクルマからダウンサイジングで乗り換えたユーザーも満足するプレミアムなコンパクトに仕上がっています。


ただ、第一印象を狙ってキラキラ装備で飾り立てたこのフィットハイブリッドですが、車両重量が1140kgもあります。

ちなみに私のフィット(平成17年式の1.5W)はジャスト1000kg。
安全装備の違いこそありますが、ちょっとフィットにしては重すぎです。

現行のカローラフィールダーのガソリン車(1.5G 前輪駆動)でも1130kgしかありません。


のっけから厳しい意見ですが先入観を抜きにして実際に走らせてみますと、ハァァァァァァァァっていうハイブリッドカー独特の作動音を響かせながら、フィットハイブリッドはごく普通に発進してくれます。



ボンネットの中に鎮座している110馬力の1.5リッターDOHC16バルブエンジンは、コントロールユニットによって始動も停止も勝手に仕切られ、29.5馬力のモーターとの協調制御で街中の制限速度60km/h程度のドライブくらいはクールかつスマートにこなしてくれます。

冒頭でフィットハイブリッドは重い重いって言ってましたが、後続車に迷惑をかけるような加速の悪さを感じることもなく、大人4名乗車でもモーターパワーの踏ん張りで1名乗車とあまり変わらない感覚で走ってくれました。


ただ、POWERED by HONDAなワタシとしたら、ひとっつもドライブが楽しくありません(笑)

ガソリンを焚く内燃機関特有のトルクの谷間や盛り上がりを一切感じることなく走る感覚は、それがハイブリッドカーだと言われればぐうの音も出まへん。


でもどうしてもドライビングの主導権が欲しくてセンターコンソールにあるSモードスイッチをONにしてみますと、アァァァァァァ~ッ!!ってL型エンジン特有のうなり音が室内に入りスポーティーな雰囲気にはなりますが、低燃費や高効率を追求しすぎたせいかパワーの出方に熱く立ち上がるような盛り上がりも無く、まるで炭酸の抜けたコーラのようでした。



……そして結局デフォルトのハイブリッドシステムに任せたエコドライブモードに戻るワケであります('~`;)

運転手は余計な感情を持たずに、ただただ交通の流れに乗せて車体をコントロールさえしてくれたら、後はハイブリッドシステムがその場その場に応じた最適な走行性能をエンジンとモーターでブレンドして産み出してくれます。



「パイロットはもはや、受信した感応波を運転に変換する処理装置だ……。」

大げさですが、そう思いたくなるくらい運転手が置いてきぼりなドライブフィールでした。
乗り心地
ドアを開け閉めするだけで感じる剛性の高そうなシャーシのおかげで、街中のドライブやワインディングのシーンでステアリングを通して伝わる手応えは、コンパクトカーとは思えないくらいのガッチリした感覚がありました。

ペラッペラな私のGDフィットと大違いです(爆)


ただ、走りの項目でも触れましたが1140kgという重めの車重に合わせたセッティングのせいもあるのか、1名乗車だとショックアブソーバーの減衰力が若干硬めのように感じました。


何て言えばいいか……、四輪のタイヤがぶら下がっている脚がしなやかに動いてなくて、路面の変化を全てスプリングがドスコイ!ドスコイ!って受け止めてる感じでしたね。



しかし、大人4名を乗せて走ってみるとフィットハイブリッドのキャラクターは一変し、沸き上がるモーターパワーと高剛性ボディ、そして硬めの足回りのおかげでどこまでも走って行けそうなクルーザーのような乗り味になりました☆


しかもフィットハイブリッドには電動サーボブレーキシステムを採用しているので、ハイブリッドカー特有の強烈な回生ブレーキと相まって、多人数が乗車して車重が増してもブレーキが頼りなくなることはありませんでした。


そのかわり、1名乗車の時のブレーキはゲームセンターのマリオカートの筐体みたいなフィーリングなので、右足に路面からのフィードバックを感じながらブレーキを掛けることができず、慣れるまではどうしてもカックンブレーキになってしまいます(^^;


マイカーのGDフィットの車検が終わり、代車で借りてたこのフィットハイブリッドをお店に返却してマイカーのGDフィットを運転すると、お店を出る前の最初のブレーキの力加減を間違えてしまい、“オンドリャー!”って昔の刑事ドラマみたいなアクションになってしまいましたww
積載性
初代GDフィットを13年使っている私からすると、このフィットハイブリッドの積載性の悪さに少し驚きました。



スーパーで食料品をゴッソリ買い込んだ写真です。

リヤタイヤが張り出している分だけ左右の幅が狭くなるのは仕方ないですが、ちょっと狭すぎな気もします。



さらに荷室の床下にリチウムイオンバッテリーを収めているため、天地の高さも若干物足りません。



荷室の床に段差があるのもマイナスポイントです。
買い物バッグ程度の荷物ならちょうどいい段差ですが、もう少し大きな荷物になると段差が悪さしてしまい、荷物の積み込みに影響を与えそうな気がします。

どうせならもう少し上げ底してフラットにすればいいのにと思いました。
満足している点
フィットハイブリッドは走りの面でも実用性でもとても高いレベルでまとまったイイ車であることなのは間違いないのですが、そんなに誉めるところがないクルマなんですよね~


燃費がいいのはハイブリッドカーなので当たり前ですし、室内が広いとか使い勝手がいいというのもフィットだから当たり前…。



私みたいにクルマに対して神経質につつき回すような性格の方でなければ、非常に満足して何年も乗っていただける名車です。



ただ、せっかく車検の代車で用意していただいたGP5フィットハイブリッドなんですが、長期間借りて街中や山道などを走り回ったにも関わらず、結局最後まで満足したポイントを見つけることが出来ませんでした。

私もまだまだ修行が足りません(^-^;
不満な点
GP5フィットハイブリッドといえば、デビュー直後からハイブリッドシステムのトラブルが連発し、エンストや発進不能、意図しない急発進・急加速、電動パワステの不具合などで合計7回もリコールを叩き、すべての膿を出しきるまでデビューから3年ほどかかってしまいました。



華々しくデビューした2013年に購入されたお客さんのフィットハイブリッドには、まるで撃墜王のようにリコールステッカーが並んでしまい、プロトタイプを掴まされたユーザーの気持ちを考えると、役員報酬一部カットなんてお茶を濁すようなお詫びじゃ済まないくらい怒りで煮えくり返っていることでしょう。


ちなみに今回車検の代車でお世話になったこのフィットハイブリッドは2017年2月登録だったので、全てのリコールの対応が済んだモデルです。

「DON'T STAY.」のコピーをひっさげてビッグマイナーチェンジを果たしたモデルよりは前になりますが、あらゆる膿を出しきった完成形であることには間違いないはずです。



……ですが、

度重なるリコールでケチョンケチョンに叩かれまくったせいなのか、ご自慢の7速デュアルクラッチトランスミッションの変速制御がどうも弱気に感じました。



トルコンATやCVTにはないダイレクト感が特徴のデュアルクラッチトランスミッションですが、エンジンから駆動輪までマニュアルミッションのように一本スジの通った変速制御が見られず、どことな~く消極的でたまに変速に迷って空走したり車体がシャクったりしましたね。


特に発進直後はクリープ現象が弱いのか、エコなアクセル開度だと加速がもの足りずに失速してしまう時もあり、スムーズに発進するだけでもアクセルコントロールに気を使う時がありましたf(^_^;
総評


そんなにハイブリッドに乗りたいカァ?

……結局この問題にぶち当たります。



最初にハイブリッドシステムありきで、空気抵抗の少ないデザインのボディでパッケージしたプリウスやアクアは除き、フィットハイブリッドのようにガソリン車とハイブリッド車を併売しているモデルの中途半端さが、今回フィットハイブリッドをドライブしてよ~く分かりました。



デビューから丸7年をもうじき迎えてもまだまだコンパクトカー市場のベストセラーをひた走るトヨタ・アクアを取り囲み、アクアがデビューした当初の37.0km/lという天文学的な燃費の数字を追い越してギャフンと言わせようと、日産・ノートと共に戦ってきたフィットハイブリッドは、結果としてリコール7連発をカマしてしまい日常使用域でのドライバビリティに難があるクルマになってしまいました。


年間12000km走るユーザーを例にとり、燃費が15km/lのガソリン車と燃費が25km/lのハイブリッド車の燃料費の比較をしてみますと……


ガソリン車の場合は12000km÷15km/l=800リッター
⇒レギュラー単価を150円でかけ算すると年間の燃料費は120000円。


一方のハイブリッド車の場合は12000km÷25km/l=480リッター
⇒同じくレギュラー単価150円でかけ算すると年間の燃料費が72000円です。


よって、ガソリン車よりハイブリッド車の方が一年間で48000円ガソリン代が浮く計算です。



ただ、今回のテストカーのフィットハイブリッドと同じ程度の装備を持つガソリン車との値段の差は425520円。
(HYBRID・L Honda SENSINGの小売価格から13G・L Honda SENSINGの小売価格を引いた値段です)


ハイブリッドカーもガソリン車もエンジンオイルの交換は必要ですし、12Vのバッテリーの交換も必要です。
冷却水もファンベルトもスパークプラグも両方同じ数だけ使っています。

ハイブリッドカーがガソリン車よりも安く上がるポイントは消費するガソリンの量だけです。

売却する時の買い取り額はハイブリッドカーの方が有利になり、購入時の金額の差がチャラになる可能性はありますが、最初から売ることを考えてクルマを買う人はハナからこのサイトはご覧にならないと仮定して話を続けますと…、


2079000円のフィットハイブリッド(HYBRID・L Honda SENSING)が、1653480円のガソリン車のフィット(13G・L Honda SENSING)よりお得になる分岐点は、年間12000km走行を約9年間続けた距離……つまり、106380kmになります。


めちゃくちゃ意地悪な言い方をすればフィットハイブリッドは、425520円払ってトータルの重量が120kgもあるモーターとリチウムイオン電池を買い、106380km走ってモーターとリチウムイオン電池の代金を支払っているクルマとも言えますね。



街で見かけるFIT3の半分以上がハイブリッドとなったこの時代に、こんな時代遅れな発言はしたくなかったのですが、ディーラーから長期間代車として借りて、初代フィットを13年/300000km以上走ってきた者の目線で見ると、良い点より悪い点ばかり目立ってしまいます。



せめてフィットハイブリッドに100V/1500Wのコンセントがついていれば、台風や地震の後の停電時に非常用電源として役に立つので、425520円の値段の差でクヨクヨすることもないんですけどね~
ブログ一覧 | 新車情報 | クルマレビュー
Posted at 2018/09/24 08:08:36

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

GD3乗りがGP5に乗ってみた
Forest-Shadowさん

フィット、マイナーチェンジ
ユタ.さん

車の経済学(45) 消費税10%時 ...
denglijunさん

ガソリン車とHV車の価格差は取り戻 ...
シロナガスさん

フィットハイブリッド試乗
こんにゃくさん

Fit3 ハイブリッドF、初ドライ ...
Tatsuya2002さん

この記事へのコメント

2018/09/24 11:00:54
エンジン特性が気に入ってれば、その分の値段差として納得というか、買い替えの動機にもなるのでしょうが、そうでないとすれば車として厳しいですね。
人それぞれなのでしょうけど。

自分のも同じようにやると、自車12000km÷16km/L×125円=93,750円
に対して、ガソリン2000cc車が12000km÷11km/L×160円=174,545円で、、、
となり、自車が2200ccなので、税金分とディーゼルエンジンで高い分と尿素代をペイするには8年も乗ればお釣りが来る状態で、なおかつエンジンが発進前後にだけ煩いのを我慢すれば文句無し♪

あとは、5年後の維持費が問題。。。( ̄▽ ̄;
コメントへの返答
2018/09/24 12:54:47
ぴにふぇろ~る公爵さんのC220dのことを思い浮かべているうちに、ふとデミオのクリーンディーゼルのことを調べてみると、レザーシートを装備した最上級グレードのXDツーリングLパッケージ(2WD・6AT)の価格が2073600円でした。
今回のテストカーが2079000円だったので完全にバッティングしてますね(^^)

装備の詳細はまだ全て把握していませんが、おそらく双方とも充実装備で横並びだと思います。

……となるとC220dと同じくドライバーズファーストなクルマ作りでロングツーリングが得意なデミオがとても魅力的に見えてきましたね♥️
災害時にもガソリンより軽油の方が行列に並ばなくて済むって話を聞いたことがありますし、ますますデミオが気になってしまいます(´∀`)
2018/09/24 13:10:20
デミオ、安いですね。(((゚Д゚;))) ガクブル

実は、かみさんのA180を買うにあたり、アクセラも試乗しているのですが・・・
最初、間違って2200CCディーゼルに案内され乗ったのですがw
それがレザーシートでして、物凄く良いシートでした。

次に案内された正規の試乗車(1500ccディーゼル)の普通のシートは、イマイチでした。(とはいえ、国産の一般的シートよりも上等でした)

デミオのレザーシートがアクセラと同じかどうかは分かりませんが、もし同じ物なら超お勧めしたいシートです。し、1500ccディーゼルはガッツリとトルクがあり、好印象でした。
コメントへの返答
2018/09/24 22:55:11
確かにA180とアクセラ2.2ディーゼルは値段もサイズもバッティングしてますねww
ただ、例えアクセラ2.2ディーゼルの最大トルクがA45 AMGくらいあったとしても、メルセデス・ベンツAクラスにはあってマツダ・アクセラスポーツには無いモノがいっぱいありそうだから、どれだけスペックに優れていても私もA180を選びそうです♪

デミオは現行型がデビューした直後にディーゼルを試乗したことがあります。
定員いっぱいにツレを乗せてもモリモリ沸き上がるトルクでストレスなく走ってくれることにとても驚きました。

試乗した後にはカタログをもって帰りましたが、セルフスタンドをよく利用する私としては、いつかきっと軽油と間違えてガソリンを入れてしまいそうで怖いので今はちょっと遠慮しています。
2018/09/29 16:38:28
i-DCDデビュー当時のダイレクト感を味わいたくて、昨年後期型に試乗しガッカリしたのですが、前期型でも最終モデルになるとそうなんですね...
GDのクラッチ式CVTがGEでトルコン式に変わったのとよく似た構図。FIT4ではi-MMDになるとも噂されてますね。

世間の常識外れの発想で突き進んで製品化してしまうところにホンダらしさを感じるのですが、大衆車市場の性格上、浄化せずに一般受けは難しいんですかね。

レビュー読んでるだけでも、こんなのフィットじゃないって気持ち、よくわかります。他車にならって、フィットもそろそろ原点回帰が必要な時期なのかもしれませんね^^
コメントへの返答
2018/09/30 00:13:51
原点回帰…、いい言葉ですね。
ガソリンエンジンを1.5リッターに絞ったデミオや、車重の軽さを生かしたスイフトなどは個性的でとても魅力を感じます。

FIT3に関しては街でそもそもガソリン車を見る事が少ないくらい、ハイブリッドがよく出回っていますよね~
FIT3の1.3ガソリンは昨年のマイナーチェンジ後に試乗しクルマレビューにも上げましたたけど、完成度の高いとてもいいクルマでした。
けれどハイブリッドの影に隠れてしまっているのがとても残念です。

4代目にi-MMDが採用されると最強フィットが完成しそうですよね♪
e-POWERが霞んでしまいそうなくらいのメカニズムですから、後はCMで「電気自動車の新しいカタチ」とか言って誇大広告を振り撒いている某メーカーに負けないくらいのアピールポイントを作り出して欲しいです。
2018/09/30 19:57:59
そういうことだったんですね!
失礼しました^^;
世の中国内はCVTばかりでおもしろくなく、CVT選ぶくらいならHVでもいいかと思っていたところ、i-DCDは楽しげなユニットというイメージだったので、その視点ではどの話題もネガティブなイメージにしかなってませんでした。

インバーターやバッテリーがある分、同じパッケージングでHVと非HVを両立してHV専売車に立ち向かおうなんて、よくよく考えてみれば無茶ですよねw その点ではノートをライバルにするのはありですね♪
コメントへの返答
2018/10/01 09:39:28
おっしゃる通り、フィットやノートがアクアに立ち向かうことってムチャですよね~
アクアの38.0km/lって燃費は後席がハンドパワーウィンドウのLグレードですし。
フィットも一番下のグレードは燃料タンクを小さくして立ち向かってますし、ノートも37.2km/lを出したグレードは後席がハンドパワーウィンドウですから、I-DCDのメカニズム的な欠点も含め、JC08モード燃費の競争にユーザーが振り回されてる感じです。

クラス違いで直接比較は出来ませんが、新しいCクラスに登場した1.5リッター4気筒+48Vマイルドハイブリッドの方がよっぽど好感が持てます♪
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「非ハイブリッドのフリード http://cvw.jp/b/1862686/43305612/
何シテル?   09/26 08:01
ガンダムと国内モータースポーツをこよなく愛するクルマウマシカです☆ よろしくお願いします。 Instagramもやってます。 「forestshadow572...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/11 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

平成29年九州北部豪雨災害 被災地 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/16 12:18:11
タダでリレーアタックを防ぐ方法!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/24 05:13:19
水害からの、復活の西ァーッ!① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/03 21:09:31

愛車一覧

ホンダ フィット ホンダ フィット
初度登録年月は2005年8月4日。 車台番号はGD3-1925*09。 グレードは1.5 ...
トヨタ クラウンロイヤル トヨタ クラウンロイヤル
もともとは親父のクラウンでしたが、もう親父は運転できないカラダになっちゃったので、息子の ...
スズキ アルトラパン スズキ アルトラパン
平成19年11月登録 車台番号 HE21S-972*16 初代ラパンの最終形態 Ⅵ型です ...
日産 マーチ 日産 マーチ
岡山日産自動車 カートピア23に並んでいた新古車です。 平成19年秋に購入し、以来ずっと ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.