• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年02月27日

SUPER GTの現在と未来 ※長文注意※

SUPER GTの現在と未来 ※長文注意※ 気がつけばもうSUPER GT 2019年シーズンの幕開けまであと1ヶ月半となりました。


GTファンの憧れの存在、GT500クラスのマシンに乗るスーパースター達も続々と発表され、4月13日-14日の開幕が待ちきれなくなってきましたね~。


ホンダ勢は年明け早々のオートサロンに今シーズンの体制発表がありましたが、10年前なんかホンダ勢は2月の末に体制発表をしていたのが何だか懐かしく感じます。





2018年シーズンを振り返ってみると、マシンの仕上がりで若干出遅れたレクサスLC500や、予選重視に振ったマシンのキャラクターが裏目に出てしまい、1年通してライバルより前に出れなかったニッサンGT-Rに対して、過去4年間苦労に苦労を重ねながらも着実に速さと強さを身につけてきたNSX-GTにようやく勝利の女神が微笑んだシーズンでしたね。




ホンダ陣営としては童夢のweider HSV-010が2010年にチャンピオンになって以来、8シーズンぶりのシリーズチャンピオンになりました。

また、チーム国光としては1994年にポルシェ911でドリキンと国さんが参戦を始めてから25年目で掴んだ初めての栄冠です。




No.100 RAYBRIG NSX-GTのAドライバーとしてチームを引っ張った山本 尚貴選手は、GT500クラス参戦9年目にして初めてのシリーズチャンピオン。

もちろんBドライバーの大型助っ人ジェンソン・バトン選手も、ぶっつけ本番で岡山国際やSUGO・オートポリスを走ったにも関わらず、来日1年目でシリーズチャンピオンを獲っちゃいました。




何よりも昨年3月の公式テストで、極限までナーバスになっていたジェンソン・バトン選手に、私が「ジェイビーー!!」って声をかけて励ましてあげたことが最大の勝因でしょう( ・`д・´)キリッ

GT300クラスを追い抜きながらライバルより速く走ることに最初は苦労していたジェンソン・バトン選手ですが、レースを重ねていくうちにGT300クラスをスムーズに追い抜く呼吸法を徐々に身につけ、シーズン終盤は日本刀の居合斬りをあっさりマスターした外国人観光客のように、目にも止まらぬ早業でGT300を処理するまで成長しました♪


異国の地での初めてのサーキットで慣れないレギュレーションに揉まれながらもキチンと結果を出す姿は、さすがF1ワールドチャンピオンです。
引き出しの多さを感じます。





……さて、前置きはここまでにして。



ここからは結構辛口になることをご了承下さい。





昨年、RAYBRIG NSX-GTとの壮絶なチャンピオン争いの末、僅か1.6秒差で負けてしまったKeePer TOM'S LC500のニック・キャシディ選手。


今年も昨年と同じKeePer TOM'S LC500を駆り、昨年と同じく平川 亮選手とタッグを組み、チャンピオン奪還を目標にシーズンオフもテスト走行を繰り返しながらマシンの戦闘力を磨いていってます。


そんなニック・キャシディ選手が某モータースポーツ専門サイトのインタビューでこんなことをおっしゃってました。





・・・・・“なんらかの理由”


ニックも本音でズバズバ言ってくれます。

毎戦毎戦サーキットまでたくさん駆けつけて下さるGTファンや目をキラキラさせたGTキッズに対し、その“なんらか”の部分をおっぴろげに出来る訳がないじゃないですかww( ̄▽ ̄;)




でもその“なんらかの理由”を全てぶっちゃけちゃいますと……




ドイツツーリングカー選手権とスーパーGTのGT500クラスは、コスト削減や自動車メーカーの参戦機会の拡大などを目的にハコ車の世界一決定戦に向けて2014年から徐々にルールの共通化に向けて動き出した事は、スーパーGTファンならご存知かと思います。

日本のスーパーGTでも2014年シーズンから、それまで使ってきた3.4リッターV8エンジンから2リッター直4ターボに変わりましたし、日本車のガワは残したまま左ハンドルになっちゃいましたよね。


そして駆動方式に関しても、ドイツツーリングカー選手権(DTM)とスーパーGTとの間で、フロントエンジン・リヤドライブ(FR)で戦うことが最初から決まっていました。



それなのにホンダさんは、NSXのマーケティングに反してるっていう自分の都合でFRベースのモノコックを無理やり魔改造し、さらに頼んでもないのにハイブリッドシステムまで組んで参戦してきました。




これだけのワガママが通用した背景は、トヨタ(レクサス)・日産・ホンダという国内3大メーカーがガチンコでぶつかり合う図式を興業的にも無くしたくなかったスーパーGT側の弱腰がもたらしたとも言えますが、よくまぁトヨタ(レクサス)も日産もそんな勝手を許したもんだと個人的に思います。


しかもわざわざレースに有利なミッドシップに仕上げておきながら、周りからはGT400なんてバカにされるくらい遅かったのだからタチが悪いww

参戦してしばらくはミッドシップ自慢のコーナーリングでアドバンテージを取ることができず、ハイブリッドパワーを生かしてストレートスピードでどうにかGT500らしさを見せていました。



あの頃の速いNSXはどこへ行ったのか……

2016年シーズンはとうとうNSX-GT未勝利のまま終わってしまい、レクサス陣営も日産陣営もあまりの歯ごたえの無さに呆れてしまいます。

そしてとうとうスーパーGTの運営側も、GT500クラス全体の戦闘力のバラツキによるレース自体の衰退に危機感を覚え、2017年シーズン途中からはNSX-GTに対して15kgの重量軽減を言い渡しました。



……そして昨年のNSX-GT復活劇に繋がるワケです(-公- ;)



ホンダファンを中心にして「最強のNSX復活!」って盛り上がっているところに水をさしてしまい申し訳ないですが、NSX-GTはハイブリッドシステムを外したもののミッドシップのレーシングカーであることに変わりはありません。


DTM側のアウディやBMWからしたら、スーパーGTのNSX-GTはルール無用の悪役レスラーに見えているのでしょうね。


今年はいよいよ11月の勤労感謝の日のあたりに富士スピードウェイで、DTMとスーパーGTのマシンが同じグリッドに並ぶ交流戦も予定されていますが、特別に参加が認められたNSX-GTがこの交流戦で勝った場合、ホンダファン以外誰が喜ぶのでしょうか……?




ただ、このままですとおそらく2020年シーズンにGT500が世界統一規格寄りに車体規則を変更しても、我が道を行くNSX-GTはミッドシップのまま“日本の”GTカーとしてトヨタや日産と混走するつもりなのでしょう。

運営側も興業的にスーパーGTからホンダファンを減らしたくはないですしね~




スーパーGTとDTMとの間で足掛け10年に渡り車両規則の統一に向けた話し合いを続け、私も熱烈なGTファンとしてワクワクしながらGTレースの未来を見守ってきたので、ホンダがミッドシップのGTカーで戦い続けることに関して違和感しかありません。




特に昨年は世界各国から強豪チームが集結した鈴鹿10時間耐久レースがあったので、余計にスーパーGTの弱点ばかりが目立って見えてしまいましたね。


それはもうレースのスタートシーンから一目瞭然です。







同じ鈴鹿サーキットでのローリングスタートを切り取ってみましたが、鈴鹿10時間の方が何倍も迫力がありますね。
まるで新年初売りのデパートの開店直後みたいです。


特にSUPER GTは2017年の最終戦でスタート直前に起きたアオリ運転からの追突事故を踏まえて、今年から小学校の運動会の行進の練習並みに隊列を整えるようにルールが改正されたので、オープニングラップのファーストコーナーでのハラハラするようなバトルが無くなってしまいました。

また、SUPER GTの総エントリー台数は毎戦40台ほど集まりますが、GT500クラスとGT300クラスに分けてレースをするので、自然とスタートシーンは空間だらけのスカスカな絵になってしまいます。




エントリー台数が29台だったGT300クラスでもご覧のとおりです。

スタートラインを越えるまで隊列を乱してはいけないルールなので、自然と縦に長い車列になってしまいます。


このままGT300クラスの話を続けますと、プリウスとポルシェとマークXが肩を並べてレースをすることがGT300の自慢でしたが、この隊列の中身はプリウスやマークXなどのJAF-GT300車両と、ポルシェやBMW・メルセデス・ベンツなどの自動車メーカーが販売しているFIA-GT3車両の2つの車両規則がミックスされています。



載せるエンジンも自由でマシンセッティングも自由自在に出来るJAF-GT300車両に対し、自動車メーカーから買ったままカスタマイズも出来ず、サーキットに応じてギヤ比も変えれないFIA-GT3車両。

言い換えると日本のサーキットに合わせてプロフェッショナルドライバーが最高のパフォーマンスを発揮できるようにワガママなセッティングが決められるJAF-GT300車両に対し、プロフェッショナルドライバーからアマチュアドライバーまでどんな人が乗っても世界中のサーキットで安定したパフォーマンスを発揮できるように大人しく設計されたFIA-GT3車両という図式が成り立ちます。



ここまで前置きを長くすると、さぞかしJAF-GT300車両が連戦連勝を繰り返しているのだろうと連想させますが、実際は2017年シーズンから2018年シーズンまでの丸2年間全16戦中、日本のJAF-GT300車両は3回しかFIA-GT3車両に勝ててません。


さらに昨年の夏に開催された鈴鹿10時間耐久レースでは、賞金総額1億円目当てに集まってきたFIA-GT3車両の強豪チーム相手にホームコースで迎え撃ったJAF-GT300車両ですが、ケチョンケチョンに返り討ちに遭い最高で27位と惨めな成績に・・・



負けたJAF-GT300勢の言い訳としては、「タイヤが不馴れなピレリだった」とか「ピットの回数やピット作業の最低時間も決められたのでタイヤ無交換作戦が使えなかった」……などが挙げられますが、こればかりは相手も同じ条件なので全く説得力がありません。



このように国内で盛り上がって世界戦で叩かれるこの見慣れた展開はまるで……




史上最強のスター軍団と担ぎ上げられた後にアジア選手権で韓国と台湾にケチョンケチョンに殺られた侍ジャパンU-18代表のようでした。


甲子園を沸かせた球児の打撃力は、大人たちが興業的に盛り上げる為に選んだ金属バットのおかげなので、国際大会で標準規格の木製バットを普段から使用している韓国や台湾には打撃の面でどうしても劣ってしまいます。




このガラパゴスな雰囲気こそ、日本のサーキットをメインに戦うJAF-GT300車両が、世界中のレーサーが世界中のサーキットでライバルよりも速く強く戦えるように作られたFIA-GT3車両に勝てない構図のようです。



そう、何が言いたいかというと……、

GT500のNSX-GTやGT300のJAF-GT300車両は、この先世界のモータースポーツの戦線から取り残され、どんどんガラパゴス化していくのではないかと心配しているのです。




そしてガラパゴス化の心配はレースマシンだけにとどまらず、今国内で人気絶頂のスーパーGTそのものにも当てはまると考えてます。




昨今のスーパーGTではすっかりお馴染みとなったタイヤ無交換作戦は、レースラップで敵わない相手に対して意表を突く作戦としてレースを盛り上げます。

ですが、これも高校野球で例えると夏の甲子園で初戦から決勝まで一人で800球以上投げたエースピッチャーみたいなもので、国際大会をメインにピッチャーの球数制限が導入されている昨今では時代遅れの感があります。



実際に昨年の鈴鹿10時間では、1回のスティントの長さが最長で65分までと決まっていて、さらにピットインは最低でも9回以上、ピット作業時には最低でも52秒間は停止しないといけないルールでした。

ピット作業時間を短縮するために、スタート前にセットしたタイヤを労りながら走り、給油時間を短縮するためにスタートドライバーが燃費走行をする日本のスーパーGTとは全く逆のルールですね。



どちらのルールもそれぞれ良さがありますが、ピットの戦略やピット作業の速さで勝負するかコース上の速さで勝負するか、観客の分かりやすさから言えば鈴鹿10時間のルールの方がいいかなと私は思います。





また、速いクルマの勝ち逃げを許さず、シーズン終了まで全てのマシンの実力を拮抗させてチャンピオン争いを最終戦まで盛り上げる目的で導入されているウェイトハンデ制度も見直す時期に来てるのではないかと個人的に思います。


最終戦のファイナルラップまでチャンピオン争いが盛り上がった2018年シーズンも、最終戦のひとつ前の第7戦オートポリス終了時点でシリーズチャンピオンの可能性を残したマシンはわずか4台。

2017年シーズンは5台、2016年シーズンは熊本地震の関係で最終戦が2連戦となったので飛ばして、2015年シーズンは接戦だったけどわずか6台でした。


別にゆとり世代の運動会みたいに横一線に広がって手つなぎゴールをしろとは言いませんが、せっかくウェイトハンデ制度を敷いているんですからもう少し最終戦まで団子状態でファンを楽しませて欲しいもんです。



またトップとラスのポイント差にフォーカスを当ててみると、2018年シーズンにシリーズチャンピオンを飾ったNo.100 RAYBRIG NSX-GTの獲得ポイントは78ポイント。
それに対してGT500全15台中最下位だったNo.64 Epson Modulo NSX-GTの獲得ポイントは僅か4ポイントでした。


年間で8戦しか戦わないのにこのポイント差はちょっと開きすぎな気がします。


ウェイトハンデ制を敷いているのにこれだけ差がつくのなら、いっそのことウェイトハンデ制を無くして全戦ノーウェイトで戦ってみたらいいのにと思います。



私のホームコースでもある(笑)岡山国際サーキットのイベントや最終戦のツインリンクもてぎのイベントでは、いつもウェイトハンデ無しのガチレースを堪能できるのに、同じく年に1度しか来ない宮城県のスポーツランドSUGOや大分県のオートポリスを拠点としているGTファンは、毎年ハンデウェイトが載ったGTマシンによる50%~80%程度のパフォーマンスの走りを観させられてるので、同じGTファンとしてとても可哀想に思います。





おっと、つい熱くなって長文になってしまいました。

これまでの要点を整理します。



①速度の異なる2クラスのマシンが混走するのがウリのスーパーGTですが、あまりにもレギュレーションが複雑化してきてバランスを取るのが大変になってきているので、DTMとのコラボも止めてFIA-GT3車両で統一したらどうでしょうか?

レクサスからはRC F、日産からはGT-R、ホンダからもNSXがFIA-GT3車両が発売されているので、日本車不在のレースになることはなさそうです。

さらにピット作業のレギュレーションも鈴鹿10時間にならっていけば、シンプルで観客も見てて分かりやすいレースになるのではないでしょうか。



②このままGT500とGT300のマシンを残してスーパーGTの興行を継続するのなら、ウェイトハンデ制度を廃止して全戦ノーウェイトのガチバトルを魅せて欲しいですね。

おそらく全国各地で同じマシンが連戦連勝してしまい、これまでのシーズンよりもトップとラスの点差が大きく開くことが予想されますが、日本一速いマシンが日本中のサーキットで日本一の速さを観客に見せつけてもいいじゃないですか☆



ずいぶんと過激な内容のブログになってしまいましたが、平成の30年間ずっと日本のハコレースを愛してきた私の熱い想いがここまでの長文になったと受け止めて下さい。



新しい元号に切り替わっても末永く日本のハコレースが発展していくことを、心から願っています。
ブログ一覧 | スーパーGT | 日記
Posted at 2019/02/27 00:29:04

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

SUPER GT 2017 Rd. ...
Forest-Shadowさん

LEON AMG、波乱含みの鈴鹿1 ...
たく@独車/48・46全力応援さん

スーパーGTが人気な訳
マスタングさん

SUPER GT 2017 Rd. ...
Forest-Shadowさん

SUPER GT 2018 第2戦 ...
Forest-Shadowさん

出没!チョコ街ック天国~SUPER ...
チョコレースさん

この記事へのコメント

2019/02/27 02:13:00
お久しぶりのコメントです。

そうウエイトハンデなんていらないのです。
同じレギュレーションの中でマシンを開発して速さに差が出てもそれが実力であり、ごまかしてイコールコンディションにする意味はありません。

その辺がスーパーGTに熱狂出来ないので、私はスーパーフォーミュラーの方がレースとして面白いと思います。
人気は全然でないのですが、近年はGP2やF2のシリーズチャンピオンがF1に乗る前にレース勘を維持するのに参戦し、参戦初年度にシリーズチャンピオンに手が届きそうになっています。

ヨーロッパのレース関係者からも注目され有力外国人ドライバーと、日本人ドライバーの戦いも面白い。

何で皆さんスーパーGTの方に魅力を感じるのか不思議です。

フェラーリとプリウス(インチキ臭いですが)が同じクラスと言うのがそもそもおかしいんですよ。
コメントへの返答
2019/02/27 10:08:05
まいどです(`・ω・)ノ

ZENGARさんは以前からウェイトハンデ廃止派でしたよね~
私もJGTC時代はウェイトハンデ制を楽しんでいましたが、最近は燃リスやら絡んできてもうお腹いっぱいになりました。

昨年もイベント前の優勝予想ではいつも、ウェイトが少なめのNo.19やNo.3、No.12にNo.24やNo.16とかNo.64の名前が上がっていたのに、ウェイト有る無しに関わらず強豪チームが上位に来てましたから、だいぶ違和感がありました。

とか言いながらタイトルの写真は今月頭に雪の岡国で行われたテスト走行の時のモノです。
あのGT500のオバケ染みた速さはコースサイドで観るとタマリマセン♪

スーパーフォーミュラも血の気が多いガイジンが多数参加されてて私もとても楽しみです。
出来ればイベントの回数ももっと増やして欲しいですよね~
2019/03/02 22:46:56
いやーいつもながら大変わかりやすく興味深いお話でした。
そうですね。特にNSXはずるいくせに弱いと本当に思ってました。
だいたい、スポーツカーがハイブリットになるために、自ら率先して重くなるなんて、宗一郎氏が聞いたら工場長以上企画に携わった幹部全員クビですよねきっと。
おっしゃるとおり、ガラパゴス化していくのは良くも悪くも我が国の傾向ですね。かつてのスマートフォンもそうでした。
しかし、現状を見ると、必ずしも悲観するばかりでもないかと。何故ならば、我々は必ずそこから這い上がる類いなので。今のスマホがまさにそれを示しているかと。
きっとJAF系は駆逐され、GT3が日本のレースを席巻するのでしょうか。それとも伏兵300クラスにGT4規格が参入したり(んなわきゃないか)、とにかく国際規格に合わせてより多数の国、レース、マシンが参戦できるSGTにして欲しいです。
私としては、GTの方が知っている車、ドライバーがいるのでとっつ来やすいので、引き続き状況を観察しようと思います。
大きな動きが’あった時はまた解説お願いします\(^o^)/ 
コメントへの返答
2019/03/03 07:48:44
先日、今シーズンのエントリーリストが発表されました。
GT300クラスに注目してみますと、エントリーは全部で29台ですがその中でFIA-GT3車両は23台も占めています。

昨年の開幕戦で優勝したアップガレージもマザーシャーシの86からFIA-GT3のNSXに切り替えましたし、同じくマザーシャーシの86を使ってるマッハ号はまだ今シーズンの車を決めかねているところです。

GTアソシエイションの肝入りで2015年から始まったマザーシャーシ構想ですが、今シーズンはとうとうHOPPY 86とマークXとロータスエヴォーラの3台(マッハ号が入れば4台)だけになりましたし、かつては紫電やガライヤなど自由なクルマがあふれていたJAF-GT車両も今年はBRZとプリウスPHVが2台、あわせて3台だけになっちゃいました。

これはまさしくおっしゃる通り、アメリカや中国・韓国のスマートフォンばかりが並ぶ日本の携帯電話市場のようです。

このままだと運営側がとやかくルールをいじる前に自然とJAF-GT勢やマザーシャーシ勢が淘汰されていきそうですね……
今年のGT300クラスがJAF-GTやマザーシャーシの見納めとならないよう、シーズン終盤まで混戦が続く熱い戦いになることを願うばかりです。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「非ハイブリッドのフリード http://cvw.jp/b/1862686/43305612/
何シテル?   09/26 08:01
ガンダムと国内モータースポーツをこよなく愛するクルマウマシカです☆ よろしくお願いします。 Instagramもやってます。 「forestshadow572...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/11 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

平成29年九州北部豪雨災害 被災地 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/16 12:18:11
タダでリレーアタックを防ぐ方法!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/24 05:13:19
水害からの、復活の西ァーッ!① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/03 21:09:31

愛車一覧

ホンダ フィット ホンダ フィット
初度登録年月は2005年8月4日。 車台番号はGD3-1925*09。 グレードは1.5 ...
トヨタ クラウンロイヤル トヨタ クラウンロイヤル
もともとは親父のクラウンでしたが、もう親父は運転できないカラダになっちゃったので、息子の ...
スズキ アルトラパン スズキ アルトラパン
平成19年11月登録 車台番号 HE21S-972*16 初代ラパンの最終形態 Ⅵ型です ...
日産 マーチ 日産 マーチ
岡山日産自動車 カートピア23に並んでいた新古車です。 平成19年秋に購入し、以来ずっと ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.