• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Forest-Shadowのブログ一覧

2019年06月30日 イイね!

首都圏遠征2019GW 日産祭り

首都圏遠征2019GW 日産祭りここではゴールデンウィークの首都圏遠征中に出会った日産車をピックアップしてみます。




まずは新東名の清水パーキングエリア(上り)で特別展示してあったBNR32 GT-R NISMO!
500台限定のホンモノです!!





そしてGT-R NISMO繋がりでいきますと、みなとみらいの日産ギャラリーに展示されてたR35GT-RのNISMO(欧州仕様車)!








価格はBMW M5とほぼ同じ1870万円!
どっちを買うか悩みますよね~





そしてゴールデンウィーク中の日産ギャラリーには、オッサンホイホイなヘリテージカーが2台展示されてました。






まずはR32スカイラインの4ドアです。
ただこのR32スカイラインは、スカイラインファンにとっては見つけると幸運が訪れるとされる「四つ葉のクローバー」のような存在で有名です。






トランクリッドの右端に添えられた“26”という数字は伊達ではなく、あの日産の名機RB26DETTエンジンからターボを取り外し、天井までカチ回る2.6リッターの自然吸気エンジンとしてチューニングされたRB26DEエンジンを積んだ特別なスカイラインです。




ベース車はR32スカイラインのGTS-4なので、フェンダーラインは純正と同じです。




そして、手掛けたのはスカイラインの生みの親である桜井眞一郎氏が社長を務めたオーテックジャパンでした。




室内には4速オートマチックのセレクトレバーがニョッキリと生えています。

桜井眞一郎氏はこのスカイラインオーテックバージョンのコンセプトを、「大人向けのプレミアムなスポーツセダン」と定義して販売されてたのだと思いますが、R32スカイラインが発売されて30年経った今でも大人になりきれてないワタシは、なんでマニュアルミッションを積まなかったのか未だに意味が分かりません(笑)





そしてスカイラインのお隣にはS130Z!!




漢の2シーター、280Z-Lです。
しかもマンハッタンカラー☆☆




Tバールーフだから室内の撮影が明るい明るい♪

運転席からハコ乗りしてショットガン乱れ撃ちしたくなります。





ホント、えげつない食虫植物並みに喰い付きのいいオッサンホイホイでした。




日産ギャラリーはオッサンギャラリーです(爆)


さらにショップを覗くとマニアックなミニカーが販売されてました。






ただの赤いBCNR33スカイラインGT-Rではありません。




2016年の大阪オートメッセで展示してあった松田次生選手の愛機BCNR33をそのままミニカーで再現した特別なモデルです。




ちゃんと松田次生選手のフィギュアまで付属されています。

誰得?とか言っちゃいけませんww





そして首都圏から岡山に向けて帰っていると、東名高速 足柄サービスエリア(下り)で再び日産のヘリテージカーに出会いました。




1969年式 PGC10型スカイラインGT-R!








今さっき某中古車サイトで検索したら、1580万円とか2980万円なんていう鬼プライスがついてました(笑)

岡山市内だとマンション買えますww





巨大なGT-Rのオブジェもありました。


横から見ると~……




GT-Rのマンションになってました♪





再び東名高速に戻り、富士川サービスエリア(下り)で富士山の絶景をいただきました(^^)




そして東名高速をさらにGo Westし、ふと休憩で立ち寄った牧之原サービスエリア(下り)で日産ヘリテージカーにまた出会いました。




1970年式 初代フェアレディZ(S30型) Z-Lです!




子供の目にはこのフェアレディZがどう映ってるのでしょうか?






サービスエリアの建物の中に展示してましたが、利用客の通行の邪魔にもなってない佇まいを見ると、改めて全長4115mm・全幅1630mmのS30型フェアレディZのボディサイズのコンパクトさを実感出来ました。





そしてこのフェアレディZとの出会いで、GT-R/フェアレディZ生誕50周年&東名高速全線開通50周年でNEXCO中日本が企画したヘリテージカースタンプラリーをフルコンプすることが出来ました~♪

ナンカクレヽ(´∀`)ノヤッター!



日産自動車もこれだけのレガシー(遺産)をお持ちなんですから、これから始まる令和の時代も「Feel the Beat」のノリと勢いでオレたちクルマファンを楽しませて欲しいと願います(^o^)/
Posted at 2019/06/30 03:55:51 | コメント(3) | トラックバック(0) | 旅の思い出 | 日記
2019年05月01日 イイね!

首都圏遠征2019GW 5日目

首都圏遠征2019GW  5日目平成から令和に変わる瞬間を川崎市で迎えた我々は、祝賀ムードを直接肌身で味わいたくてクラウンで東京都内中心部に向かいました。




第一京浜を上り、札の辻を六本木方面に折れます。

そして新天皇の皇太子さま(何か言い方が変ですね?)が、午前10時半からの剣璽等承継の儀に備えて赤坂御所から皇居入りされる直前に、おのぼりさん丸出しの田舎者らしく岡山ナンバーのクラウンで皇居周辺を走ってみることにしました。




ただ、さすがに赤坂御所の正門から半蔵門までの赤いルートを走ると、クラウンから乗員みんな降ろされて車内の荷物検査や身体検査までされそうなので、赤坂御所の南側から走る246から三宅坂を目指します。




助手席の嫁さんは容赦なくお巡りさんにカメラを向けます(笑)





赤坂見附から三宅坂までの道沿いには、新天皇陛下をお祝いする国民の列がズラーッと並んでいました。

そんな祝賀ムードの246を岡山ナンバーのクラウンが空気を読まずに通過します(爆)

でもロイヤル(王室)なサルーン(高級セダン)が祝賀ムードに花を添えたと思って許して下さい(^^;





三宅坂の交差点に差し掛かったクラウンは、そのまま皇居外苑を反時計回りに走りました。









もう、やってることが完全におのぼりさんwww

ただ、どえらい通行規制や大渋滞にハマることなく走行できたことがラッキーでした。
日本って平和だなぁ~ってつくづく感じる瞬間でした。





皇居をかすめた我々のクラウンは、そのまま浅草を通過します。





曇天にそびえ立つスカイツリー。
高さ634m!

サイコガンダムが縦に15機並んだ高さといえば想像つくでしょうか?(笑)


そして我々はスカイツリーに目もくれず、国道6号線を黙々と北上しました。





そしてたどり着いたのは茨城県常総市にあるディスカウントショップ、トライアル石下店です。




クラウンのカーナビは2011年から地図の更新をしていないので、現在地はアピタ石下店になってます。



そうここは……、






2015年9月10日の常総水害(関東東北豪雨)で店舗そばの鬼怒川の氾濫により店舗1階が完全浸水し、2階と屋上に多くの買い物客や避難者が取り残された元アピタ石下店です。



平和最後の年に平成最悪の豪雨災害の西日本豪雨を経験した我々は、令和最初の日に自分の目線で平成27年9月関東・東北豪雨の被災地を視察するために、クラウンで自走してやってきました。




昨年のゴールデンウィークにも首都圏にクラウンで遊びに来てましたが、あの時に立ち寄ろうと思わなかった自分が情けないです……




視察とは言っても、事前にこちらの市役所の災害担当の方にアポをとって、説明を聞きながら鬼怒川沿いを歩くワケではなく、西日本豪雨で甚大な被害を受け、今もなお8000人もの人が自宅を離れて避難生活をしている倉敷市真備町の未来を知るヒントを得たくて、ただぶらりと立ち寄ったまでです。




右に鬼怒川、左のコンクリートとアスファルトのコンビネーションの道が堤防です。

災害前の堤防の様子は分かりませんが、発災から3年経った今もなお、災害対策の工事は続いていました。






そしてこのまま鬼怒川東側の堤防をてくてくと歩いて南下します。





我々も初めて訪れた地なので災害前の街の様子が分かりませんが、こうして堤防から眺めると、家屋を修理して災害前と同じ暮らしを取り戻したご家庭があったり、災害を機にこの街を離れたのか、畑の土の色でもない少し赤みがかった土が埋められた区画があったりしました。





そのまま南に歩くと、堤防の上に石碑がありました。







……『決壊の跡』

平成27年9月の関東・東北豪雨で鬼怒川が決壊した場所を示す石碑です。





悲惨な水害の記録として後世に伝え、このような悲劇を繰り返さない為に、発災から2年後の2017年9月10日に住民と常総市が建てた石碑です。


被災された常総市の方々が自分たちが経験した被害を教訓として、とても強い想いで建てた石碑ですが、その僅か10か月後に同じような線状降水帯によって死者200名を超える平成最悪の大水害、西日本豪雨が起きてしまいました。



岡山からやってきた私と嫁さんは、この石碑を前にしてただ立ち尽くすだけでした……。






石碑から街を眺めると、当時の報道などで話題になった“奇跡のヘーベルハウス”が確認できました。


徐々に人々の営みが戻って来ているように感じますが、この景色の中には西日本豪雨の被災地倉敷市真備町と同じように、復興への光と影がいろいろと交錯しているように感じました。





今年もおそらくたくさんの台風が日本にやってくるでしょう。


そして、たくさんの水を含んだ雨雲が亜熱帯のスコールのようにたくさん降り注ぎ、何十年に一度の雨量を観測することでしょう。





空振りを恐れない早めの避難行動が求められます。

令和元年は豪雨災害による犠牲者が出ないことを心から願っています。
Posted at 2019/06/19 00:17:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | 旅の思い出 | 日記
2019年04月30日 イイね!

首都圏遠征2019GW 4日目

首都圏遠征2019GW 4日目平成最後のこの日は、3月上旬の前売りチケット販売初日にゲットしていた横浜DeNA対東京ヤクルト戦を観に横浜スタジアムまで行ってきました☆




横浜大洋ホエールズ時代から30年以上ファンを続けている横浜キ◯ガイなワタシと、あざといくらいの可愛さを誇る球団マスコットのDB.スターマンが大好きなワタシの嫁さんが、遠路はるばる自走で聖地横浜スタジアムにやってきました。







座席は3塁側の内野の指定席。
3月上旬の前売りチケット販売開始当日にネットで購入しました。

2012年からDeNAが球団の運営に関わるようになり、次々とファンサービスの改革を進めて行った結果、ひと昔前のようにいつ行っても当日券が手に入るようなガララーガな雰囲気では無くなり、今ではチケットを手に入れる事が困難な人気球団に成長しました。





この日の天気予報は朝から晩まで横浜スタジアムは雨マーク(>_<)

最悪、試合中止も覚悟しましたが、雨もなんとか小降りになり、聖地横浜スタジアムで横浜DeNAベイスターズの試合を観ることができました。





ここ数年の横浜DeNAベイスターズの成績は、年間143試合戦って勝率はほぼ5割。

ただ、直近の成績は10連敗と泥沼状態で、前日の東京ドームでようやく連敗をストップしたばかりのフワフワしたチーム状態でした。



岡山から遠路はるばるやってきた我々としては、贅沢は言わないのでとにかく勝ってくれ……

勝負事なので勝ち負けはありますが、せーめて今日だけは勝って我々にイイ思いをさせてくれ……


願いはただそれだけでした(≡人≡ )





……が、そんな願いも届かず、
4回表終了時点でヤクルトさんは10安打で7点、横浜DeNAはノーヒットで0点(T∀T)


雨も次第に強くなり、5回終了雨天コールド7対0でヤクルト勝利という最悪のシナリオも現実味を帯びてきました。




しかし!
ここから怒濤の大反撃が始まりました。


まず4回裏に昨年のホームラン王のソト選手とキャプテン筒香選手の連続ホームランで3点取り返します!




続く5回裏には、この日一軍昇格したばかりの乙坂選手がライト前に痛烈なタイムリーヒットを放って7対4!





さらにランナーを貯めてソト選手が2点タイムリーヒットを打ち7対6!!





4番筒香選手には両手を前に出して揺らすお決まりの応援歌で念を送ります。

ワタシはいつ買ったか思い出せないくらい古いホッシーくんのメガホンで「よーこは~まのそーら高く~~」って念を送りました。


……ただ、相手ピッチャーも一段ギヤを上げて必死に投げてきたので筒香選手は三振に倒れてしまいました。


でもここで他球団も恐れる横浜DeNAベイスターズの重量打線が本領を発揮します!







筒香選手との勝負でくたびれた相手ピッチャーの球を、ロペス選手がレフトスタンドに運び2ランホームラ~~ン!!!

これで7対8!
横浜DeNAベイスターズが7点差をひっくり返して逆転!!




隣でヤケ酒を掻っ食らってたオッチャンもご機嫌になり俺たちとハイタッチ☆
ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノ



一度はノーヒットで5回終了雨天コールド負けも覚悟しましたが、まさかこんな野球漫画みたいな展開になるとはwwwwww


後はお互いのリリーフピッチャーの勝負です!




ただ……こんなルーズベルト・ゲームみたいなノーガードの殴り合いをビシッと締めるような頼もしいリリーフピッチャーがいたら、直前まで10連敗とかしてないワケでありまして~…


逆転した直後の6回表にはバレンティン選手に特大の一発を喰らい、これで試合は振り出しに戻って8対8の同点になってしまいました(-公- ;)




そしてこの頃から雨の降り方が激しくなりスマホでの撮影も難しくなってきました。


グラウンドでも攻守交代の度にぬかるんだマウンドに土を足すので試合時間は4時間を超えて18時を過ぎ、横浜スタジアムにも照明が入ります。





……なのでこの全国民が涙した退位礼正殿の儀が執り行われる間も、我々は愛する横浜DeNAベイスターズの勝利を信じて、ザーザー降りの雨の中、内野スタンドから大きな声で応援を続けていたワケであります(笑)


この先何年経っても忘れられない平成最後の日になりました(´∀`)







ん……?

試合結果?






10回表にツーベース2本打たれて、惜しくも1点差で負けてしまいました……



ただ、二塁すら踏めずケチョンケチョンに一方的に負けた試合じゃなく、ホームラン5本を含む両チーム合わせて26安打の打撃戦でしかも両チームがノーエラーだったので、お釣りが出るくらいチケット代の元は取れたと思います。



……まだまだ旅のレポートは続きますww
Posted at 2019/06/06 08:00:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅の思い出 | 日記
2019年04月29日 イイね!

首都圏遠征2019GW 3日目の続き

首都圏遠征2019GW 3日目の続きすっかり5月も終わりに近づいてますが、ゴールデンウィークの旅の話の続きです(^-^;



お台場のガンダムベース東京で被弾した限定ガンプラをクラウンのトランクに入れると、今度は甘いモノを補給しにヴィーナスフォートまで歩きました。




この日は朝からたくさんの外国人観光客にもみくちゃにされてたのでもうヘロヘロ……。

いちいちスマホでケーキが食べれる店を調べて、現在地を確認してそこまでぐるぐる迷いながら歩くのもメンドくさくなってきたので、インフォメーションのお姉さんに「ケーキが食べたい。」って言って最寄りのケーキ屋を紹介してもらいました。

たまにはオールドタイプになるのもいいもんですね♪





インフォメーションに紹介されたのはレインボーケーキで有名なコバラヘッタというお店。


ここは一発、映えを狙ってレインボーケーキに手を出したいところですが……




外国人観光客に揉まれてヘロヘロだったので、めっちゃ安全牌なケーキを選びました(^^;
美味しゅうございました😋

……ってか、ここのお店のケーキセットの値段はとても良心的♪
ぶっちゃけ岡山のイ◯ンよりも安い気がしました。


しかもこのお店でも店内のスタッフは半分ほど外国人。
私達にケーキを持ってきてくれたアジア系の外国人ホールスタッフがケーキとドリンクを持ってきてくれた後、「ご注文は以上でお揃いですか?」って聞くところを、『コレデオワリデスカ?コレデオワリデスカ?』って訪ねてくる姿がとても印象的でした(笑)





糖分補給を終えた我々は、ヴィーナスフォートからメガウェブに突撃します。




まもなく平成が終わるという時期だったので、まずは御料車センチュリーを舐め回しました。




昨年6月にフルモデルチェンジされたセンチュリーですが、ベタベタなキープコンセプトなのですぐにセンチュリーと分かるデザインですね~。




人ん家のセンチュリーをこんな間近から勝手に撮影してたら、間違いなくオドリャーされるでしょうね。




右フロントタイヤのすき間からマルチリンクサスペンションのアッパーアームが見えます。

アップライトとのジョイント部分がダブルになってますね~
私、こんなサスペンション初めて見ましたわ。






トヨタの市販車には大勢の外国人観光客がモーターショーみたいにタカっていたので、私はレーシングカーを取材しました☆

こちらは2012年のニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦し、総合15位の好成績を収めたレクサス LFAです。




純和風なドライバートリオですね。






岡山国際でデモランとかしてくれないかなぁ~





2階に上がってみると、今度は2014年のニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦したレクサス LFAが展示されてました。




トヨタのトップガン3人衆に混じって、豊田章男社長のお名前もありますね。
危険手当とか出てるんかしら……?(^^ )






ええわぁ~
こんなレーシングカーが無料で観られるなんて、とてもうらやましい。

メガウェブが自宅の近所にあったら毎日仕事帰りに寄りたいですわ。






こちらは後ろ姿しか観られませんでしたが、おそらく2012年のニュルブルクリンク24時間耐久レースでクラス優勝した86だと思います。

ノーマルのエンジンのまま24時間闘った走る実験室とも言えるこのマシン。
後々のGRシリーズの開発にも結びついたんでしょうね~


そういえばニュルを走ってる間、バルブスプリングの異常とかは無かったんでしょうかね~(イジワル)






そして、2階フロアの隅っこにはトヨタのGazooレーシングプロジェクトの黎明期に活躍した、ニュルブルクリンク24時間耐久レース仕様のアルテッツァがありました。




ドライバーの中にはトヨタの熟練マスターテストドライバーの成瀬 弘さんの名前もありました。

成瀬さんの弟子の中に豊田 章男社長がおられるのは、レース好きの間では有名な話ですよね~




国内各地にGRガレージを構えてクルマ好きをどしどし受け入れる体制を作った今のトヨタ自動車からは想像もつかないですが、今から10年くらい前はトヨタ自動車の中でもレース活動=暴走族という意識が社内を支配していました。


そんな肩身の狭い中で生まれたレース好きの同窓会みたいなサークルが、TOYOTA GAZOO Racingの元祖となるGazoo Racingプロジェクトでした。


クルマの持つ走る楽しさ、語り合う楽しさの追求。
人を惹き付け、感動させるクルマづくりとは何かを求めて、世界一の草レースことニュルブルクリンク24時間耐久レースに挑んだのが、このアルテッツァです。




2007年のニュル24時間にエントリーしてたので、このアルテッツァはおそらく中古車がベースだったのでしょう。

GRスープラがデビューした今となっては、とても愛おしく感じますね(^^)






タイヤサイズは215/45R17。
現行86と同じサイズなのでなんだか親しみ持てますね。



再び1階に降りてみて、「クルマを持つ」「クルマで走る」「クルマを語り合う」楽しさを気軽に体感できるエリア、GRゾーンにおじゃまします。




これは昨年の86/BRZレース クラブマンシリーズにエントリーしてたNo.70 OTG DL 86です。






サイド・バイ・サイドの激しいバトルで、隣のマシンから喰らったタイヤの痕らしきモノがそのまま残っています。





こちらは昨年の86/BRZレース プロフェッショナルシリーズで蒲生 尚弥選手がドライブしたNo.121 tomikaネッツ兵庫86BSです。




ブレーキローターの削れ方が異常です(笑)
ホイールのスポークにも他車のタイヤらしき痕が残っています( ;゚Д゚)

タイヤの表面もツルツルのドロドロで、激しいレースを闘いきったことがよく伝わります。



そんな86をジロジロジロジロ見ていた我々に対し、よせばいいのにGRゾーンで暇そうに立っていたメガウェブのお兄さんが話しかけてきました。

メガウェブ「こちらはトヨタ86をベースとしたレーシングカーです。カッコいいでしょ♪」



久しぶりに日本人と話したワタシはちょっと嬉しくなり、思わずイジワルな質問をぶつけてみました。

オレ「この86はナンバープレートも付いてて車検も有効だけど、タイヤの溝が無いから整備不良だよね?
こんな大きなトヨタのテーマパークで堂々と整備不良車を展示しているということは、トヨタ自動車が整備不良を認めていることにならないの?」

(これ、毎レース終了後にちゃんと運営側が車検をして、公道走行チェックまでしているので、整備不良にはならないが正解です。)



この質問に対してメガウェブのお兄さんは……

メガウェブ「こちらはレース専用車両でレース専用タイヤを履いているので問題ありません。」






ちーがーうーだろ~~~!
違うだろ!!!!(*`Д')


この後、我々の方で「86/BRZレースとは、いつも普段使いをしている愛車で週末にサーキットまで自走して乗り付けて楽しめる参加型モータースポーツ」でしょ!って、メガウェブのお兄さんにこんこんと優しく話しておきました(笑)



最近では日本を訪れて観光する外国人も増え、メガウェブもモーターショー感覚で大勢の外国人観光客が遊びにきています。

私もメガウェブには5~6回くらいおじゃましましたが、来る度に外国人の方が増えてきて、応対するメガウェブのスタッフも翻訳アプリを使いながら接客に苦戦されてるのをよく見かけるようになりました。


我が国もインバウンドを重要な産業としてとらえているみたいですが、池袋や梅田にアムラックスがあった頃のような格調高いトヨタのテーマパークに戻って欲しいとも感じてしまいます。



……まだまだゴールデンウィークの旅のレポートは続きます(*・ω・)
Posted at 2019/05/28 16:07:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | 旅の思い出 | 日記
2019年04月29日 イイね!

首都圏遠征2019GW 3日目

首都圏遠征2019GW 3日目2日かけて岡山県から川崎市にやってきた我々は、ようやく3日目からクラウンで観光に出掛けます。




この日の目的はお台場です☆






まずはフジテレビの7階でお買い物☆





混雑した店内でショッピングしてたら、朝の5時半から2時間半も生放送したアナウンサーが、その日の番組の反省会を終えた後に物品販売の残業でお店にやってきました。

どんだけ働かせるつもりやねんww



ただ、有名人が来たことでショップの中はワーキャーワーキャーの大騒ぎ(^_^;)

とりあえずフジテレビはこの辺で離れました。







そしてフジテレビから歩いてすぐのダイバーシティ東京で等身大ユニコーンガンダムを拝観します。

(人'∀'o)(人∀・)アリガタヤーアリガタヤー


全国のガンダム教における最も重要な聖地です。




美脚!




テェ~レェ~レェ~……♪
(……デデデン、デン! デ、デデデン!!)



テェ~レェ~レ~レ~……♪
(……デデデン、デン! デ、デデデン!!)



オペペペペペペ……デデン!!!!




わーーわーーわーーわーー……
わわわわ、わぁぁわぁぁ~♪

わぁわぁわぁわーー!
わーわわーわわぁぁー!!



……失礼(^-^;
今年も取り乱してしまいましたわ。


私の首都圏遠征の目的の半分は、この等身大ユニコーンガンダムにお参りしに来たようなもんです。





もう一つはコレです♪

全世界のガンプラファンに向けた公式ガンプラ総合施設。
ガンダムベース東京に巡礼することです。



……ただ今年は少し気になるライバルが存在していました。




岡山からわざわざ700kmも自走で東京まで来たにも関わらず、地元岡山のイオンモール倉敷にガンダムベース東京が出張して来るなんて……_| ̄|○



「……それでも!」










お台場まで来なきゃ見れないモノがいっぱいあったんだよな~🎵




プレミアムバンダイ人気投票 第3位
ペイルライダー陸戦重装備仕様!

まさに…「死の騎士」!
冷酷な雰囲気がプンプン出てますね~






そして!
今年の夏に発売予定のRG νガンダムが特別展示されてました☆


私はコレを見にお台場に来たようなもんです(^^)













どこから見ても完璧なプロポーション♥️
いつもお客さんに囲まれてましたね。

外国の方も注目されていたみたいで、ドレッドの髪型のщ(´Д`щ)ヘイヨーな外国人が、自撮り棒で生配信をしながら「イッツぁ~、ニューガンダム……」なーんて独り言を言ってましたわ。





店内ではここガンダムベース東京でしか買えない限定ガンプラがワシャワシャ並んでました。


もちろん私もお土産として限定ガンプラをお買い上げ~🎵
こういう時って、クルマで来て良かったっていつも思います。






……んで、後日談なんですが、

ゴールデンウィークが終わった後の5月8日に、よせばいいのにイオンモール倉敷に行ってきちゃいました。





うん、ガンダムベース東京の雰囲気が倉敷でもしっかり味わえますね。
(上から目線ww)








ここが倉敷であることを忘れるくらい、ガンダムベース東京の雰囲気を再現していますね。
(まだ上から目線☆)







おいおいおい……

6月発売予定のガンダムNT-1と7月発売予定のザクⅡ改が展示してあるし(;´゚д゚)


お台場じゃ展示してなかったよ~……









おえおえおえおえ……

お台場で売ってたガンプラが全部置いてあるじゃねぇか~!
(当たり前ww)





しかもさぁ、俺がお台場でゲット出来たガンプラは、このガンダムベース限定ガンプラだけだけど……、




イオンモール倉敷ではガンダムベース東京限定ガンプラはもちろん買えるし、さらにお台場ではゲット出来ないイベント限定ガンプラまで買えるとはぁぁ~……
ブルーディスティニーの1号機から3号機まで揃ってるじゃねえかぁぁ!

お台場じゃ1号機しか無かったのに~
(;´༎ຶ益༎ຶ`)ナイテナンカナイヨ



……まだまだGWの日記は続きます(*・ω・)
Posted at 2019/05/20 07:34:01 | コメント(9) | トラックバック(0) | 旅の思い出 | 日記

プロフィール

「非ハイブリッドのフリード http://cvw.jp/b/1862686/43305612/
何シテル?   09/26 08:01
ガンダムと国内モータースポーツをこよなく愛するクルマウマシカです☆ よろしくお願いします。 Instagramもやってます。 「forestshadow572...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/11 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

平成29年九州北部豪雨災害 被災地 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/16 12:18:11
タダでリレーアタックを防ぐ方法!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/24 05:13:19
水害からの、復活の西ァーッ!① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/03 21:09:31

愛車一覧

ホンダ フィット ホンダ フィット
初度登録年月は2005年8月4日。 車台番号はGD3-1925*09。 グレードは1.5 ...
トヨタ クラウンロイヤル トヨタ クラウンロイヤル
もともとは親父のクラウンでしたが、もう親父は運転できないカラダになっちゃったので、息子の ...
スズキ アルトラパン スズキ アルトラパン
平成19年11月登録 車台番号 HE21S-972*16 初代ラパンの最終形態 Ⅵ型です ...
日産 マーチ 日産 マーチ
岡山日産自動車 カートピア23に並んでいた新古車です。 平成19年秋に購入し、以来ずっと ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.