• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Forest-Shadowのブログ一覧

2014年09月27日 イイね!

ジャパンプレミアム応援団“LEXUS IS”を語る


■ISのココがカッコいい

GSE2#型のあの大きなドアミラーが好きです。

■ISの走りや技術のココが凄い

GSE2#型の現在の中古車相場のお得感。
今でも通用するデザインとともに、このお得感が走りや技術の凄いところだと思います。

■ISへの想いを語ろう

GSE2#型はレクサスが本格的に日本に展開した2005年から2013年までの8年間、
細かな改良を加えながらDセグメントのマーケットで闘った名車だと思います。

この8年間の間には国内でも海外でも経済的に大きな波がザッバンザッバンする中、
初志貫徹でポリシーを曲げず、レクサスの心を貫いたことがとても素晴らしいと思います。
デフレ真っ只中の頃には、ISだって値下げもしたかったはずです。
それでもIS250のベーシックグレードの価格を390万円台で守り、
CTが登場するまでレクサスのラインナップの中で値段帯のプレミアム感をキープした功績は
とても大きいと思います。

いつかは所有してみたい1台です(^^)
まぁ、もし所有することになったら真っ先にSARDのマニュアルミッションを組むでしょうねwww


※この記事はこれぞ日本のプレミアム「LEXUS IS & GSを語れ」 について書いています。
Posted at 2014/09/27 15:56:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
2014年09月15日 イイね!

スーパーGT 2014 Rd.6 鈴鹿1000km

24時間募金マラソンがあった8月31日、
鈴鹿サーキットでスーパーGT 第6戦 鈴鹿1000kmが行われました。






真夏の恒例行事、インターナショナルSUZUKA 1000kmも今年で43回目。


鈴鹿サーキットは世界中のドライバー(GT5含むww)達の間でも評価の高いサーキットですよね~(^^ )

独特の8の字レイアウトに度胸一発の高速コーナーや、S字や複合コーナーを織り交ぜた一周5.807kmのテクニカルコース。






このドライバーの腕が試される気の抜けないコースを173周して、誰が一着かを競うお化けみたいなレースイベントです。



ここ最近の傾向として、鈴鹿サーキットで行われるスーパーGTでは高い確率で大クラッシュやマシン炎上などのアクシデントが発生し、セーフティーカーが導入されます。
(記憶に新しいところではKEIHIN塚越のトリプルアクセルとか…)


さらに今年の夏は異常気象(^-^;)



この1000kmレースは荒れるものだと思い込み、腰を据えてテレビ観戦してましたが……






結局、お天気はピーカン(ゝω・)

レースの進行をストップする程のアクシデントもなく、遮るものが何もない言い訳無用のガチンコ競争でした。


そりゃもう、テレビ観る方も体力使いましたね(^^;)
フルセットまでもつれたテニスを観てる感覚と言えばいいのかな~?

約6時間、トイレにも行かず全てのラップを追いかけてました。



そんな陸上の10000mを400m走なみのペースで走るような長距離レースを制したのは…





(これは去年の表彰台)





(これが今年の表彰台)


昨年と使用するマシンが違うにもかかわらず、偶然なのか必然なのか表彰台に登った3チームは立つ位置が違いますが昨年と同じ。

いかにもプロスポーツって感じがします(^.^)






レース終了後、関谷監督が「このままサンロク(PETRONAS) とサンナナ(KeePer)が最終戦で優勝争い出来ればいいね♬」と語っていたのが印象的です。


ただ、そうウマいこと話は進まないのがスーパーGT(^^)


今回の表彰台でも84kgのウエイトハンデを背負ったNISMOが2位に来てますしね。
重くても燃料を絞られてもセッティングが速いという証明です。






とあるドライバーのブログによりますと、10月4日•5日に行われるタイ戦に向けて、GTマシンは一足お先にタイに出発したとか…


と言うことはチーム側は1ヶ月近く日程が空いてもマシンを改良出来ないという事になりますね…


日産のアドバンテージは次戦タイでも変わらないでしょう( ^-^)







ここで、最近気になった会話をひとつ。



仕事場にて、同じ職場の同僚から…


「Forest-Shadowさん、この前久しぶりに激走!GT観ましたよ。
NSXって、速いんですね~~。」

とまぁ、スーパーGTの話題で盛り上がりました。


>激走!GT……(^_^;

やっぱり日曜午後5時半の枠のインパクトは相当のモノだったんだな~と、思いました。
その後のBSフジで深夜に放送されたスーパーGTコンプリートは散々でしたもんね…


>NSXって、速いんですね~~。

…(^◇^;)
地上波で安定して中継してくれるプロスポーツって、もう大相撲とゴルフぐらいになりました。

特にスーパーGTはスポーツニュースでもneoスポ以外は取り上げてもくれません(-ω-;)






確かにNSXは速くなりました。
…というより、レクサスと日産と肩を並べるレベルまで来たという言い方の方が正しいかも。


もちろんその職場の同僚との会話では、NSXが今までどれだけ苦しんでたかとか、ウエイトハンデがどうのこうのとか野暮な話はしてません。


ただこの会話から私が感じ取ったのは、



スーパーGTを一年間通して、大河ドラマのようにチェックしている人がどれだけいるのか…です。



最近のGTプラスの番組でも、ウエイトハンデや獲得ポイントをあまり紹介せず、そのレース毎に速かったマシンを紹介しているように私は見えます。


長い冬の間、ストーブリーグやテスト走行で夢を膨らませ、春先の開幕戦からずーっと、秋のもてぎで誰が頂点に輝くのかを逆算して1年間通してハラハラ観戦するファンって、いまどれくらいいるのでしょうか…?



もっとバッサリ言うと、

ウエイトハンデなんてもう要らないんじゃないか…と。



先日の鈴鹿1000kmレースも、メディアはこぞって「伝統の…」とか「真夏のお祭り…」とか形容詞を付けて盛り上げてました。

それならばなおさら、ウエイトハンデは要らないのじゃないかと、職場の同僚との会話で思いました。






GT500はレクサスが6台•日産が4台•ホンダが5台の計15台。

その内、過去の5戦で結果を残した有力チームのマシンには、たくさんのウエイトハンデが載せられるので、
エントリーがたったの15台でも、実際はスタート前から実力がバラバラで、ウエイトの重いチームはハナから優勝を狙えない(狙ってない?)状態です。


レースの内容はウサギさん作戦とカメさん作戦が入り混じる見応えのある内容でしたけど、
もし全車ノーウエイトだったらどんなレースになっていたか気になります。






また、ウエイトの重いチームを応援するファンはどんな想いで1000kmを見つめていたのか…



スーパーGTは年間で8回しか開催されません。

しかもそのうち1回は海外のタイ。


世界に誇れる鈴鹿サーキットでのレースはこの1000kmレースの1回だけです。



ウエイトハンデ制を無くすと弱小チームはずっと日が当たらないとか、レースに関わってるエントラントからブーブー言われそうですが…


第6戦 鈴鹿終了時点でのポイントランキングを見ると一目瞭然、






結局、強いところは強いんですよね~



ウエイトハンデ制を優勝持ち回り制とか悪口言いたく無いですが、(ほぼ言ってるwww)

年間140試合以上しているプロ野球も、上位リーグ•下位リーグに分かれてるJリーグもハンデ制はありません。



来月のタイ戦でもウエイトを積んでレースする事になりますが、タイの人たちはどう思っているのでしょうね…(^^;)



試しにウエイトハンデ無しのシーズンを観てみたいんもんです。






結果、セ・リーグのジャイアンツみたいな事になっても、実力通りの結果じゃないのでしょうか。



この職場の同僚のように、見たまんま楽しめるシンプルなレースもいいんじゃないかなと、感じました(^^)








こんなチラシの裏みたいな内容に最後まで付き合っていただき、ありがとうございます。


長年、GTファンをやっているオッサンのボヤキでした♬
Posted at 2014/09/15 13:50:43 | コメント(5) | トラックバック(0) | スーパーGT | 日記
2014年09月04日 イイね!

新車情報2014 NX200t編

先日のWRX STIのブログにたくさんのイイね!とコメントをいただき、ありがとうございました<(_ _)>






こちらは先日のブログに載せきれなかったオプションパーツのページです。
いつかはこんな感じに武装したSTIに乗ってみたいな~と夢が膨らむ膨らむ膨らむ…www



実はこのWRX STIに試乗した日、みん友さん達と一緒にもう一件ディーラーにおじゃまして新型車の試乗を行いました。


それがコチラ!!






レクサスの泡姫こと(失礼ww)
NX200tでーす(^o^)


このアングルからだと複雑な造形がよく分かりますね~
彫りの深いカオしてますわ。


今回試乗したグレードはこちら。






NX200t F SPORTです。

搭載されるエンジンは今話題の2リッター直噴ターボ(^^)♪






AR型エンジンも「8」まで来たんですねwww

先だって日産がスカイラインに投入した2リッターターボエンジン。
レクサス(トヨタ)も対抗して用意してきましたよ~

時代は2リッターターボですね~~♬



…あ。

そういや、ついさっきSUBARUで2リッターターボエンジンを味わってきたばっかりだし(笑)


1日で2度も最新鋭の2リッターターボエンジンを味わえるなんて、なんて幸せなんでしょう(´▽`)



話を戻して、この試乗車の値段をチェック。






おえおえ、FFで492マンかよwww
しかも消費税だけで37マンぐらい取ってるし(^-^;)


普段フィットばっかり乗ってるオイラが、こんな高級車をインプレッションしてどーするの(笑)?

ですがここはいっちょズバーッと、これだけの値段を払うクルマなのか、辛口にチェックさせていただきます(ΘvΘ)



まずは外観から。






このアングル好き(≧∇≦*)
網のグリルが尖ってるトコロが超エグいwww






この上級グレードにのみ装備される三眼フルLEDヘッドランプ。

これは外せないでしょ~


だって、この目つき…






今シーズンのGT500のNSXにそっくりwww



ただ… スタイルで気になった点がひとつ。






アクティブさを演出するために、あえて前後のフェンダーアーチに素地を採用してますが…
実物を見て値段を見た後だと、若干違和感を覚えました。


その後、家に帰ってディーラーオプションのカタログを見てみると…






カラードフェンダーアーチモールを151200円で売ってるしwww
…商売上手やね~(▼∀▼)



さて、試乗と行きますか(^o^)

今回のコースはディーラーを出発して、マスカットスタジアムの周辺をぐるっと回るコースです。

WRX STIの時とは違い、落ち着いてドライブすることが出来ました(笑)



エンジン⇨ミッションに至る動力系はウルトラスムーズでしたね。

ターボのドッカーンなんてこれっぽっちも感じません。
しかもF SPORT専用装備としてこんな面白い演出がありました。






メーターパネル中心にターボのマークが見えるでしょうか?
ブーストメーターです♪

カタログによると、油温・油圧・Gモニターも表示されるみたいです(^^ )



エンジンに組み合わされるミッションは6速オートマチック。

…実はワタシ、試乗を終えてショールームでカタログを見て確認するまで、ずっと出来のイイCVTとばかり思ってました(^^;)

それくらいウルトラスムーズだと言うことですね。



続いてハンドリング&乗り心地です。

4630mmの全長に1845mmの全幅。
ホイールベースは2660mm。
225/60R18のタイヤを履き、全高は1645mm。
今回の試乗車の車両重量は1740kg。


これだけ数字を並べると決して重心は低くなく、車酔いしやすい人は運転の仕方次第で一発アウトしそうなパッケージです。


実際にドライブしてみると、さすがレクサス♪

余計な沈み込みなどなく背の高いクルマに乗っていることを忘れそうな足でした。


…で~す~が~~

ここであえて気になった点がひとつ。



マスカットスタジアム脇の道はワタシも普段から通勤に使っているので、路面の凸凹や細かいカーブのことまで体に染み付いています。

その下水道工事を繰り返してボコボコになってるステージを走ってみて感じたのが…






この矢印の方向に車体が不自然に少しだけ揺れていたことです。

路面の凸凹まで染み付いてるワタシがハンドルとアクセルを合わせて、なるべく揺れないように揺れないように…と神経を使いながら運転していたので、余計に気になりました。


家に帰ってカタログをよーく見ると…






今回の試乗車はNAVI•AI-AVS装着車です。
ショックアブソーバーの減衰力を車両状態の変化に応じて最適に電子制御するみたいです。

どうやらこれが引っかかります。

もし本気でNXを検討される方がおられましたら、すこーし気にして乗ってみて下さい。


あとついでにズバッと気になった事をもう一つ。

ひと通り試乗して後で思ったのですが、






なんか車幅の割にはシートのボリュームが小さいな~と感じました。
ワタシのフィットとほぼ同じくらいでした。

もちろん素材はワタシのフィットのせんべいみたいなクッションとは違い、フッカフカで疲れ知らずです。


ただ… カップルディスタンスが遠いというか、なんだかメガクルーザーに乗っているみたいでした(^^;)






ま、中央のセンタークラスターにこれだけのインターフェースが揃っていたら、そりゃ幅とりますよね~

最新の新車なんだなぁ~と、しみじみ感じました( ^-^)



値段が高いからといってケチ付けたみたいな内容になりましたが、新型エンジンを含めホントに素晴らしいクルマです。

私の試乗レポートが購入の参考になれば幸いです(*^o^*)



special thanks

プロフェッサーY
Posted at 2014/09/04 11:40:17 | コメント(6) | トラックバック(0) | 新車情報 | 日記
2014年09月03日 イイね!

うつつをぬかす WRX STI編

今まで黙ってましたが…






私、隠れスバリストですwww
ホンダ車に乗ってるくせにSUBIE!を欠かさず購読してます(^^)


今まで収集したインプレッサのカタログも長い歴史とともにたくさん貯まりました。






当時はこんなセダンで280馬力なんてズルいと思ってましたね~










ボクサー4WDの真実は私はまだ知りませんwww






新車当時、一度試乗したことがありますが、グニャっとしたシフト感覚(失礼)とシフトダウン時にアクセル煽ったらレブ寸前までビューンといって焦ったのを覚えてます。










あれ?意外とGD型のカタログ持ってないや…
どっか売ってないかな~( ^-^)










GRBに乗るとこんな芸当が出来るんですね~
…ウデがあればwww



堂々と白状します。
私、インプレッサの隠れファンです(爆)


インプレッサがデビューしてからもう20年以上経ちますが、ずーっと恋い焦がれていた憧れのマシンです(^-^)


そんなインプレッサが、(今回の文章の流れで行くとWRX STIの方です)
厳しい環境基準をクリアして新型車になるとなりゃあ…






乗るしかないでしょ♪♪♪

というわけで、前置きが長くなりましたが8月31日にWRX STIの試乗に行ってきました(^^)v






カタログゲーット☆☆☆
あ~、もう満足www

そして実車と御対面~~






…チョー感動www
全身の開いた口から汁が出そうです。

長年の好敵手、ランサーエボリューションが会社の事業の整理で幕を閉じる中、






新型WRX STIをリリースしてくれたSUBARUに感謝です(^^)



今回の試乗車は2種類あるグレードのうちの上級グレードの方のタイプSになります。

標準グレードとの違いは、BBSアルミとビルシュタインのダンパー、後はリアスポイラーですね。






あ… もうガマンできないwww

さっそくWRX STIの登場を私と同じく首を長~くして待ちわびてたみん友さんたちと一緒に、セールスを含め5人フル乗車しました(^o^)


今回の試乗コースは販売店を中心に反時計回りに市街地とバイパス沿いを走るコースです。

よって、Gをかけたようなコーナーリングとかはしていません。
…て言うか、出来ませんwww



ん?!(^_-) 試乗インプレッションですか?


当人、運転中は全身の口が半開きだったもんで、頭の中はお花畑でしたww

なので、このスーパーウエポンに対して、いつもの口調で新車を解説…なんて出来ませ~ん(爆)


でもそんな薄れゆく意識の中でも一つだけ試したのが加速テストです。



販売店を左折で出発して最初の左ヘアピンを曲がり、バイパス沿いのストレートに差し掛かった頃、

前走車との車間を取り、2速でグイッとイってみました(^^)






SI-DRIVEは一番エコなインテリジェントモードの[I]で5人フル乗車+エアコン。
あえて厳しい足かせをつけて右足に軽く力を込めると…






MAXトルク 43.0kgf•mは伊達じゃないwww
余裕の加速を魅せてくれました(≧∇≦)


フル乗車+エアコン&[I]モードでこの加速ですから、
1人乗車+エアコンなし&[S#]モードだと…

おそらくマッハ出ると思います(笑)



試乗レポートは以上です(ゝω・)

AWDやビルシュタインの良さなんかは、お買い上げしないと分かりましぇん。



ハァ… (*´∀`) ヤベェ……
欲すぅいぃぃ♪

リッター10km/l走るかな…


そしたら毎日の通勤が往復100km。
1日ハイオク10リットル消費…

月に22~23日出勤するとして、ひと月にハイオクを約230リットルww

現在の単価でかけ算して~…



…完全に赤字だ _| ̄|○
通勤手当からハミ出るwww






今、私は清水の舞台に立ってます。
いきなり背中を押さないで下さいね(爆)



special thanks

プロフェッサーY
Posted at 2014/09/03 00:33:03 | コメント(12) | トラックバック(0) | うつつをぬかす | 日記

プロフィール

「非ハイブリッドのフリード http://cvw.jp/b/1862686/43305612/
何シテル?   09/26 08:01
ガンダムと国内モータースポーツをこよなく愛するクルマウマシカです☆ よろしくお願いします。 Instagramもやってます。 「forestshadow572...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/9 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

平成29年九州北部豪雨災害 被災地 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/16 12:18:11
タダでリレーアタックを防ぐ方法!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/24 05:13:19
水害からの、復活の西ァーッ!① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/03 21:09:31

愛車一覧

ホンダ フィット ホンダ フィット
初度登録年月は2005年8月4日。 車台番号はGD3-1925*09。 グレードは1.5 ...
トヨタ クラウンロイヤル トヨタ クラウンロイヤル
もともとは親父のクラウンでしたが、もう親父は運転できないカラダになっちゃったので、息子の ...
スズキ アルトラパン スズキ アルトラパン
平成19年11月登録 車台番号 HE21S-972*16 初代ラパンの最終形態 Ⅵ型です ...
日産 マーチ 日産 マーチ
岡山日産自動車 カートピア23に並んでいた新古車です。 平成19年秋に購入し、以来ずっと ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.