• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年11月14日

写真修業 関西編 ~ vol.20 伊丹空港 ヒコーキ修業 夏~秋の風景 前編

写真修業 関西編 ~ vol.20 伊丹空港 ヒコーキ修業 夏~秋の風景 前編


こんばんは(*^^*) すっかりご無沙汰しております。
あまりにも久しぶりでブログの作り方も画像の張り付け方なども戸惑っております。前回8月のお盆の頃にアップして以来となり、月一のペースもままならない状況ですが、これからもマイペースで活動しながら生存確認を発信していきたいと思います。

最近もちょくちょく横浜にも帰省してますが、愛車で帰ることも少なく息子とポケモンではなく、今さらながらモンストしたり、マルチプレイで遊べるので楽しいです。他にもベイブレードも一緒に遊んでいます。たまに自宅に帰ると息子の友人からレアキャラ登場?といじられている今日この頃です(*^^*) この手のゲームは今までは全然興味がなかったのですが、やってみると単純で面白くレアなキャラを集めるのに夢中です。

そんな中、今年春過ぎからのバタバタは続いており、落ち着かない日を過ごしております。撮影にも中々出かけていないのですが、伊丹空港での千里川を中心としたヒコーキ撮影だけは、日ごろのストレス解消に、足しげく通っております。

今回のブログは夏の頃からのアップしていないものをまとめてアップしようと思います。いかんせん枚数が多いので前後編の二部作でアップいたします。

みんカラ、車景写真なのに、一切クルマは出てきませんので、あらかじめ航空機の写真に興味のある方、日本有数の航空機撮影の絶景?の雰囲気を感じてみたい方のみ、おすすみください<m(__)m>

今回の画像貼付けは、写真をクリックするとフォト蔵にリンクしており、いつもは大きな画像が見られるだけでしたが、今回は大きな画像の下に撮影データが表示されるようにリンクを貼ったつもりです。興味ある方は撮影の設定などの参考になれば幸いでございます。

ただ、この場所での設定に王道はなく、その日の天候、日照時間、雲の出方、月の明るさ、湿度などなど、常にベターな設定は変化していきますので、その状況に合わせた微調整が必要となります。その辺になると中々説明しずらいところですので、レッツトライあるのみでございます。

(ISO、SS、露出、測光、AF)×(機材、レンズ)×(千里川土手、スカイパーク、猪名川土手)の各要素での掛け合わせを探るのが、難易度が高いのですが、まれにハッとする一枚に巡り合った時には楽しいです。でも試行錯誤ばかりで、いまだに迷走中です(^^ゞ


それでは前編と後編の二部に分かれる多くの枚数ではありますが、ご覧ください。毎回で恐縮ではありますが、改行作業にお付き合いくださいませ<m(__)m>



  ↓     ↓      <m(__)m>     ↓      ↓






  ↓     ↓      <m(__)m>     ↓      ↓






  ↓     ↓      <m(__)m>     ↓      ↓






  ↓     ↓      <m(__)m>     ↓      ↓






  ↓     ↓      <m(__)m>     ↓      ↓






  ↓     ↓      <m(__)m>     ↓      ↓







  ↓     ↓      <m(__)m>     ↓      ↓






  ↓     ↓      <m(__)m>     ↓      ↓






  ↓     ↓      <m(__)m>     ↓      ↓






  ↓     ↓      <m(__)m>     ↓      ↓






  ↓     ↓      <m(__)m>     ↓      ↓






  ↓     ↓      <m(__)m>     ↓      ↓



  
改行作業にご協力いただきありがとうございました。



1 たいてい出かけるのは夕日の時間帯からが多いですね。最近の土日の夕方では、千里川土手へのアクセスが劇的に改善したタイムズ豊中勝部一丁目が満車になることも多くなってきました。でも便利なのは事前にネットでリアルタイムの混雑状況を確認できるのが、今時のハイテク?でありがたいです。お値段も1h200円、最大500円とお値打ちです。月極も8000円といっそ借りてしまおうかと思いましたが、満車時には利用不可で意味がないのでやめました。

※参考までに タイムズ豊中勝部のサイトにリンクしときます。空車状況を確認できます。

夕方の滑走路点灯するとみなさんテンションあがりますね。私もスイッチオンで貴重なブルーアワーに照準を合わせます。







2 いつもの場所から少し外れて広角気味に撮影しました。やはり明るい時間帯は描写も精緻に映りますね。ノイズリダクションなどは考えなくていいのはありがたいです。最近RAW現像で普段ライトルームCCを使用していますが、便利なアドオンを試しています。すでに有名なのでご存知の方も多いと思いますが、Nik Collection by Google このソフトは無料ながら色々と便利でライトルームからも連携して使用できるので勉強しております。






3 この夕焼けの時間帯、季節によって沈む位置がずれていきます。これは夏の頃だと思いますが、冬に向けてどんどん左側にずれていきます。おそらく空港デッキからがうまく収まると思います。






4 夏の入道雲に夕日で色づいてきたところに大好きなB787が降りてきました。19時過ぎでもこの感じ、夏場ならではです。






5 B767のサンセットタイムでの着陸、定番の構図ですね。





6 チビアラ機体をアンコリ付きでおさえました。ウィングレットのANA塗装に萌えますね(*^^*)






7 妄想の色彩に着陸してくるANAの国際線機材B767-300ERにズームインです。





8 これからは日も暮れて、夜間撮影の本番です。大型機が頭上すれすれに飛び込んできます。





9 頭上を過ぎる時の大型ジェットエンジンの爆音、自転車などはよく倒されるほどの強風、三脚の大砲もろともセッティングが悪いと飛ばされていることもありますね。そして通過後に流れてくる航空燃料のケロシンの匂い、すべてが独特で臨場感に溢れた撮影スポットです。写真撮影以外にも大勢の家族連れやデートなどでも賑わっております。






10 主に着陸機は手持ちで85mmと50mmで撮影します。できるだけ明るいレンズで以前はF1.4の開放で撮影してましたが、最近ではちょいと絞って機体のライトの鮮鋭感がお気に入りです。






11 こちらは少し奥のサイド、いわば滑走路に近いところの土手を内野、遠い方の土手を外野と呼んでますが、この写真は外野のライト付近からの撮影です。土日の内野の中心のお立ち台はいわばピッチャーマウンド、多くのカメラマンが張り付いておりますね。でもここの強敵は明るい誘導灯の大群が並び、かなり露出に影響を受けるので難易度が高いと思ってます。デカアラの雄姿、やはりB7は迫力がありますね。




12 さらにライトよりで、がんばれニッポンの機体です。





13 この写真は不思議なもので、前の便の離陸へ向けて微速でタキシングしている機体をSS1/50の設定で撮影したまま、高速の着陸機を普通1/100~160で設定するのですが、変更しないで撮影してしまい、大量のブレ写真の中から、奇跡的に一枚だけ使えた写真です。上下動よりは奥に平行する移動だったのか、理由はともかく勉強になった一枚です。







14 漆黒の暗さの中でノイズ感はありますがまずまずです。





15 ここからは、手持ちの着陸機の撮影から、同時に複数体制で三脚にセットして離陸機の管制からのクリアードテイクオフの許可待ちの数秒間、静止した機体を狙う、通称あがり狙いです。





16 こちらは空港ターミナルから32レフトの滑走路へ向かう途中、着陸機の通過を待つ間に停止している機体です。普段は強力な前照灯が撮影を困難にしますが、クルマと同じように照明を消してくれることもあるので、着陸機の撮影寸前にこちらも狙います。離着陸の双方を狙うとかなりの忙しさですね。




17 中型機のB6、最初の頃は、長秒の露出でしたが、それだと一晩でも全滅のこともあるので、最近では短めの露出時間とISO感度を調整して歩留りを増やしております。本当はワイドバンドレシーバーで管制のやりとりを聞きながらが一般的なのですが、わが家の財務省からの決裁がおりないので、目視で対応しているのが悩みどころです。




18 自分的には珍しいJALのB7の練炭ジェット、片側のみ(^^ゞ ANAのB7の一部機体と思ってましたが、こちらも出るんですね。フェンスの蔦は夏場伸び放題で撮影場所が限られてきます。勝手にフェンスに触れるとセンサーがあるので、管理者がすっ飛んでくるようです。





19 これは通常、カメラを天井に向けて構えて通過する機体を追いかけながら撮影するのですが、滑走路側に構図を決めて、背後から接近する前照灯などの状況で連射を開始する撮り方で、ピント合わせが非常に難しいです。MF置きピンでも一枚だけならですが、ある程度の距離を追いかけますので親指シフトで機体を追っかけながら狙います。




20 これはぶれてますがあえて臨場感で載せてます。19と同じ撮り方です。





21 このあたりのところまで来るとピントは食いついています。





22 ぴっかぴかの機体は4月投入のエンブラの新機体ですかね。ガンダムちっく?な雰囲気で小型機ながらお気に入りです。翼のライト点灯が長めでぼんぼりを捕えやすいですね。





23 ANAのみが国内線に運行している最新鋭のB787、カーボンを多用した軽量で美しい翼が魅力的です。ライトも最新のLEDで夜間の上空を航行中も赤いアンコリライトが長く点滅するので、発見しやすい機体です。エンジンカウルからニョニョロ頻度高いですね。





24 素晴らしい反り具合ですね。エンジン音も静かです。





25 レフト方向からの一枚、機体お尻のツインLEDはB8の特徴ですが、これが明るすぎる仕上がりが好みでないので、アンダー目で撮影するのですが、難易度高いです。なぜかB8は便数も少ないいためプレッシャーからかミスが多いです(^^ゞ ちなみに伊丹から夜間の離陸はないため、離陸時の長秒撮影に憧れています。 昔一度だけ機体変更でB8の夜間離陸の目撃はあるのですが、撮影に失敗してました。





26 このB8の写真はかなりのお気に入りの一枚です。お尻のLED機体のメタリック感などいい感じですね。




27 JALのB7、最大の大型機を三方向から





28 この写真は夏場でしたが、レフトから撮影ですが内野のショートあたりにスマホで撮影されている赤ターボで有名なみんとも様が映っているかと思います。またピッチャーマウンドにも工場夜景の達人のみんとも様がおられて、帰りに近くの餃子の王将の旗艦店で晩御飯をご一緒させていただきました。短い時間ではありましたが楽しい時間をありがとうございました<m(__)m>






29 B7は機体の腹が平な面積が広いので映り込む紋様も様々で飽きさせません。






30 こちらの離陸待ちの写真は、短い時間ではありましたが、海外の投稿サイトの部門で念願の左上のポジションを獲得した思い出の一枚です。投稿後24時間以内で各種評価に応じたパルスという点数があがっていき、順位が変動して動くのが励みになりますね。でもまだまだ修業中の身、これからもコツコツ修業しないとです。






31 伊丹空港の離着陸は通常、ほぼ北北西からの風向きのため、通常の千里川土手の方にある32エンドは常に向かい風になります。ただ台風シーズンなど、ごくまれに南西からの強風が吹くと、航空機の離着陸に追い風を受け、非常に機体のコントロールがしづらくなるため、逆方向の14エンドから離着陸する、「14運用」「逆ラン運用」「ワンホー!」に切り替わることが、年間総稼動時間の5%未満ほどあります。

呼び名は色々ありますが、普段見られない景色、また普通は短時間で元に戻ってしまう事が多く、マニア憧れの大イベント?になります。私も約1年間で初めての機会が訪れました。ふつうの逆ランは、強風で雨模様などの悪天候が多いのですが、今回を含め「晴天」「長時間」というレアが二日間も土日で巡り合えて、存分に満喫いたしましたのでその模様を抜粋してアップいたします。またオマケですが後日羽田からの搭乗で初の機内からも体験することができました。機内はみなさん誰も気づいておらず、自分ひとりで盛り上げってしまい、後から振り返るとちょいと恥ずかしい感じでした。隣の紳士に声かけてみたりして(^^ゞ

普段は離陸機を真正面から狙うスポット、猪名川土手に離陸機がゴロゴロと向かってきます。W1の通称ロケットスタート?なので本当に近いところに向かってきます。この時点でテンションあがりまくってます。





32 W1のスレスレでスタンバイ完了、これより離陸開始です。





33 いつも対面の奥の千里川土手では、猛烈に上昇する機体が小さく見えていると思います。この日に土手に行かれた方は随分と迫力にかけてイメージが異なっていたことと思いますが、逆に貴重な経験をされたようですね。







34 空飛ぶ太刀魚?メタリック感ハンパないですね。





35 お待ちかねの大型機B7の離陸です。目の前にやってくる大型機は凄い迫力です。





36 生駒方面の山を見据えての離陸スタンバイ、いつもと異なる現像でミリタリーっぽく?仕上げてます。





37 この逆ラン運用、14運用の名物は普段の飛行コースから空港手前から大きく左にブレークして尼崎市上空を低空で飛行、その後宝塚のお山の手前で右に急カーブして14エンドから着陸してきます。この最後の急カーブが昔の香港の啓徳空港?の香港カーブを彷彿とさせる有名な飛行経路となり伊丹カーブと呼ばれ、マニアからすると見逃せないイベントで普段空いている猪名川土手にも人がワラワラと集まってきます。もちらん私もワラワラ?の一人です。 当日は雲の模様が幻想的で夕焼けと重なって見ごたえがありました。






38 頭をさげて眠っている?シンゴジラの脇を巨大な尾っぽに注意しまがら、ANAのB7がすり抜けていき、空港への着陸へラストの右カーブの前に向かっていきます。





39 下に山も映っていますので低空の様子が伝わるかと思います。ここから急激に機体を傾けて旋回していきます。





40 山肌に住宅が密集し、千里川からの風景では細かい光がアクセントになるエリアの横を飛んで行きます。





41 この誘導灯は普段、消灯しておりこの逆風運用時のみ点灯します。小さめの機体はカーブも余裕でまわるので、ある程度直線的に向かってきます。





42 B7などの大型機は、このように旋回がギリギリでまだ旋回中のまま滑走路に向かってきます。ここは32エンドの着陸誘導のシステムでなく、パイロットの操縦技量にかかる着陸方式となります。





43 猪名川土手の真上を通過していきます。





44 そして14エンドへ着陸、磨かれた機体のお尻に「14」の文字が逆映りしていますね。





45 ボンちゃんなどの機体も14Rへ同じように旋回して着陸していきます。





46 この晴天での運用は夜になっても継続し、待望の夜間離陸を迎えました。ローリングスタートではなく、きちんと一時停止してくれたので、何とか二コマ撮影できましたがちょいとぶれてますね。あせってたのが反映したかもです。普段の風景ではない景色が広がり、もっとハイポジションから撮影出来れば構図も変化が出たかなと反省です。次回があれば三脚、脚立持参ですね。





47 19時15分のB8も逆ラン継続です。ほとんど終日逆ランだなんて嬉しすぎました。このB8の構図では逆ランのありがたみはないですね(^^ゞ




48 こちらサイドでも誘導灯の映り込みはありますが、やはり奥の山の明かりがないのが寂しいですね。




49 こちらはB6の着陸、こちらの地上の照明等により、多少千里川サイドより機体の腹部がぼんやり明るく映りますね。





50 この左下の照明等が旋回して照らすので、明るくなります。これもB6ですね。最近気づいたのですがJALのB6は尾翼照明ありで、一部のANAのB6尾翼照明なし なんででしょうかね?




51 もはやラストまでと思っていたら、ここで通常の32運用へ転換。いつもの方向に戻りました。上空着陸待ちの機体が何機も連なってますね。




52 離陸後の腹部、さきほどの旋回照明かぼんやりと明るくなっていますね。





53 ここからはまた別の日、また土日に晴天下の逆ランに巡り合えました。今回は滑走路の真横の伊丹スカイパークに陣取りました。離陸期のバックが山並みというのは新鮮ですね。





54 山の傾斜に沿って密集する住宅地を背景に着陸をパチリ、スタアラは本当にカッコいいですね。





55 ここで千里川土手方面の進行方向に大きな虹がかかりました。




56 ちょうど大型機B7のテイクオフです。




57 逆方向にグングン加速していきます。虹と絡むのか?流し撮り設定でSSを落とします。




58 エアボーン 300kmオーバー




59 無事にテイクオフ、タイヤ6輪とお尻のペッタンコがB777の目印です。777-200と300ERは機体の長さが異なりますね。




60 エンジンから黒っぽい煙を吐きながら虹のかけはしへ向かいます。





61 この空の方が色彩的に色が出てますが、機体ははるか上空へ、なかなかうまくいきません。






62 こちらはミニアラ離陸の虹の前を通過するところでSS早くして機体と背景をピタッと停めます。





63 これはJALのB6、離陸のタイミングがもう少し早ければ・・・(^^ゞ まぁそんなもんですね。




64 ヒコーキ機体が小さいですね。日も沈んできて暗すぎです。





65 直前で何故か左旋回、虹に突入を期待してましたが残念です。





66 アンコリの紅い光がアクセント、虹、太陽、月なかなかむつかしいですね。またチャンスがあればトライしたいですね。






67 日も暮れて、スカイパークは流し撮り修業の聖地?いつもと異る左打席に入り左から右へレンズをぶんぶん振っていきます。
B737-500 スーパードルフィン 離陸直前の練炭で有名ですね。





68 しかし修業あるのみ、三振の山を築きました(^^ゞ




69 珍しく斜めに振ってみましたがアッパースイング、また次回の特訓に活かします。




前編の最後までご覧いただきまして本当にありがとうございました<m(__)m> この後、後編に続きますので、そちらもよろしければご覧ください。


ブログ一覧 | 写真修業 | 日記
Posted at 2016/11/14 23:53:15

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

S660と最高の休日を、専用サクシ ...
VS-ONEさん

外出自粛 巣ごもりの気分転換に洗車 ...
ウッドミッツさん

きっと他人は自分の先生なんだろうな ...
エイジングさん

準キリ番ゲット・3
unbalanceさん

今日のアマチュア無線📡
Dosan:5【どさんこ】さん

ミッション壊れた~💦
よっちん321さん

この記事へのコメント

2016年11月15日 0:58
こんばんは。ご無沙汰しております…
いつもながら素晴らしいお写真、特に60番以降の虹シリーズには感動、見とれてしまいました。
また67番以降、光量の少ない状況での流し撮りは神業ですね!流石でございます。
また機会がありましたらよろしくお願いしますm(_ _)m
コメントへの返答
2016年11月27日 20:24
こんばんは。

コメントいただきありがとうございました。返信もとてつもなく遅れて申し訳ありませんでした<m(__)m> 

最近も落ち着かない日を過ごしております。それでも撮影には行こうと先日も梅田のニコンサービスセンターにメンテナンスに行っておりました。

虹のシーンは急に現れあせってしまい、もっと色んな事を考えながらすればと思っております。

タイミングが合えばご一緒したいですね。それではまた(@^^)/~~~
2016年11月15日 1:57
Powerさん♪
こんばんはぁ(^ー^)ノ
待ってましたぁ〜(((o(*゚▽゚*)o)))
どれも凄いぃ〜
特に海外サイトupもの美し過ぎます( ◠‿◠ )
そして虹の橋へ向かうシーンは
感動ものですね〜♪

素晴らしい作品の数々をありがとうございます😊

ヾ(๑╹◡╹)ノ"
コメントへの返答
2016年11月27日 20:25
こんばんは。

コメントありがとうございました<m(__)m> 返信がとてつもなく遅くなり申し訳ありませんでした<m(__)m>

最近すっかりとヒコーキオンリーになってきてますね。正確にいうと伊丹空港にハマっているのが正解でしょうね。この千里川の土手はスッゴクテンションあがるスポットです。

ぜひ機会あればえいち様のアーティスティックな夜景を見てみたいと思います。

海外のサイトは500PXというところですが、色んなジャンルに分かれており投稿後24時間でヒストリーからは消え去っていき、常にフレッシュな作品が数多く掲載されており、大変勉強になるところです。

ただいかんせん英語が苦手で、トンチンカンな翻訳サイトのお世話になり意味不明な説明になっておりますが世界中の方々との交流も刺激になります。

それではまた(@^^)/~~~
2016年11月15日 10:15
その節はお世話になりました。┏○

これはもうITMドキュメント作品集ですね…
梅田ビル群に向く逆ランの離陸待機、鳥肌です( ̄▽ ̄;)
小型機と大型機の14進入角度の違いも、こんな風に “見せてお話” して貰うと「なるほどー!!( ; ゜Д゜)」ですね。

虹と絡んだシリーズも、傑作揃いだと思います。(・∀・)
コメントへの返答
2016年11月27日 20:26
こんばんは。

コメントありがとうございました<m(__)m> また過ぎ去りし夏の日は、わざわざ訪ねていただきありがとうございました<m(__)m>

 タイムズのクルマのフロントウィンドウの紙を見つけたとき、何故か国庫への寄付金の催促状かと肝を冷やしました(^^ゞ 

以前猪名川沿いで緑の方々の餌食になったことがありトラウマでした。そんなことはともかく土手帰りに王将、定番のコースではありますが不思議なメンバーでの会食は楽しかったですね。

今回初の14運用への遭遇もRedさんのつぶやきがきっかけ、非常に貴重な経験をさせていただきこちらも感謝です。

今度は土手周辺の路地で大型機が飛び込んでくるシーンなどもロケハンしようかと思ってます。

それではまた(@^^)/~~~
2016年11月15日 18:30
こんにちは。
またごっつい大作揃いですね!
雑誌の表紙になるような作品ばかり。
あっぱれですっ(`_´)ゞ

駐車場いっぱいですか。
近々帰省の予定があるので、三脚と脚立を持参してリベンジの予定です(^^;;
コメントへの返答
2016年11月27日 20:28
こんばんは。

コメントありがとうございました<m(__)m>

早いものであの夏の日から早何か月経過しました。最近ではシグマの新作アートがデビューで中でも夜のヒコーキ&尾根遺産用の85mmに興味津々です。

純正の重量の二倍!、フィルター径はなんと86mmの大口径で頑張ってみたいです。

また帰省される際にはメッセージ頂ければ、時間が合えばお付き合いいたします。

それではまた(@^^)/~~~

おすすめアイテム

プロフィール

「@Harry** さま コメントありがとうございました。久々で中々厳しい修業でした。使えるものがあればいいんですが(/o\)」
何シテル?   12/10 07:43
2014.1.18 更新 みんから始めて半年が過ぎました。最初から考えるとまさかここまでハマるとは思いもしませんでした(^v^) いやはや趣味を介してのS...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/1 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

写真修業 ~ すっかりとご無沙汰しております<m(__)m> 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/30 05:29:38
‘ 東京ビッグサイト 2015 ’ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/07 17:39:33
‘ 親愛なる友へ ’ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/04 17:54:08

愛車一覧

BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
BMW523D EXCLUSIVE SPORT
日産 セフィーロワゴン 日産 セフィーロワゴン
V70の前に乗っていたセフィーロワゴンスポーツパッケージです。 2リッターでV6、VQ ...
ボルボ V70 ボルボ V70
VOLVO V70 ダイナミックエディション
その他 D7100 その他 D7100
2013年7月購入、デジイチ購入から世界が大きく変わりました*\(^o^)/* ※20 ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.