• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たかぴよのブログ一覧

2013年09月01日 イイね!

読み終えた後、出光でガソリンを入れたくなる本

読み終えた後、出光でガソリンを入れたくなる本私が最近、すっかりはまっている作家の一人
百田 尚樹(ひゃくた なおき)さん。

著書、『夢を売る男』を初め、『永遠の0』、
そして先日、『海賊とよばれた男』上下巻を読み終えました。


出光興産の創業者・出光 佐三をモデルにしたノン・フィクション小説。

戦後、ほぼ全てを失い、還暦でゼロからのスタートとなった主人公。

なりふり構わず生きるのでさえ、困難な時代に、義理人情を重んじ、仕事すらろくに無いのに
従業員の誰一人として首を切らないどころか、仕事が無い従業員にさえ給料をちゃんと払い続けていたという。

その後も、自身や会社の利権には目もくれず、その選択の為に窮地に立たされるのを覚悟で
日本の為、社会の為になる決断をし、何度も絶体絶命のピンチにさらされながらも、奇跡的な
出来事や人物の助けで窮地を逃れるという、痛快ながらもハラハラドキドキなストーリー。

登場人物の名前を変えていたり、セリフ等に多少の脚色はあるでしょうが、内容に関しては、なんと全て事実という事に驚きを隠せません。


読み終えて、どこからどう解説して良いのか悩む程のボリュームでしたので
こちらの解説がわかりやすいかもしれません。

出光 佐三さんの奮闘がなければ、今の日本の発展は、かなり違ったものになっていたと思うと
ついつい出光でガソリン入れたくなると思いますよ(笑)

ちなみに私は、昔から出光でしかガソリン入れないのですが。
この本を読んで更に熱心な出光党になりました。

過去、こんな凄い、凄まじい人物が創立した会社の利益になると思えば、ガソリン代なんて全く気になりません(笑)




ちなみに、百田 尚樹さんのベストセラー『永遠の0』は今、アマゾンで見たら
「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」となっていました。

8月30日の時点で、累計部数が300万部となったこの本、決して大衆向けのテーマでは
無いのに、ありえない程の反響です。

百田 尚樹さん、今一番のお勧めです!!
Posted at 2013/09/01 13:47:30 | コメント(4) | トラックバック(0) | | その他
2013年04月27日 イイね!

人生でふと立ち止まった時に読みたい本 喜多川 泰

人生でふと立ち止まった時に読みたい本 喜多川 泰つい最近読み始めてはまりつつある喜多川 泰さんの著書

まだ3冊しか読んでいませんが久しぶりに万人にお勧めしたい本です。



「考えなければならないのは、どうやって自分の欲しいものを手に入れるかではない。
どうしてそれを手に入れなければならないのかである・・・。」
「福」に憑かれた男 人生を豊かに変える3つの習慣


「今は昔と違って個人の幸福を最大限追求することが許されているにも関わらず、本来の幸せとは遠ざかっている。今の子供たちは自分のほしいものを手に入れることが幸せだと教えられて育つが、それは本当の幸せではない。人間は自分が誰かから必要とされていると感じて初めて幸せを感じることができる存在であり、自分のためよりも自分の大切な人のために行動するときこそ、思ってもみなかった力ができる」
母さんのコロッケ ~懸命に命をつなぐ、ひとつの家族の物語~


「自分がいかに周囲の価値観影響を受けていたか」
「また、必ず会おう」と誰もが言った。


図書館にも置いてある所多そうですので機会があればお勧めです。
Posted at 2013/04/27 11:18:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | | その他
2013年01月12日 イイね!

『なぜ、あのガムの包み紙は大きいのか ドラッカーに学ぶお客様を幸せにする会社の作り方』

『なぜ、あのガムの包み紙は大きいのか ドラッカーに学ぶお客様を幸せにする会社の作り方』先日読んでなかなか良いと思った本
なぜ、あのガムの包み紙は大きいのか ドラッカーに学ぶお客様を幸せにする会社の作り方

ピーター・ドラッカー氏の著書は素晴らしい(らしい)のですが私にとっては難しすぎて今一つ理解しきれませんでした。
この書はドラッカーの教えを元にしながらもとてもわかりやすく、適切な実例も導入されておりある意味ドラッカー入門としても適していそうです。

わかりやすくも本質をついたかなり深い内容、且つ単に知識を得て
「なるほどなるほど」とただ感心して終わってしまわないように実用的なエクササイズも収録され
単なるノウハウ本では無く自分で考えを導く道しるべとなりそうです。

見開き冒頭の言葉

『ドラッカー教授が追及されたものは、「人間を幸せにする社会です」。

世界を構成する一つ一つの国々が、
各国にある一つ一つの組織が、
そして、組織を形づくる一人ひとりが
一人の人間を大切にすることによって
「人間を幸せにする社会」がつくられていきます。

それが、マネジメントです。』

昔なら「そんなのは理想論の絵空事、キレイ事」だと一笑されてしまいそうな考えですが
これからは顧客満足のみならず、そこで働く人間の幸せも考慮出来ない組織は衰退して
行くのではと感じました。

この本、かなり売れているようで2012年12月8日に出版されたばかりなのに私が年末に
アマゾンで注文したすぐ後に在庫切れになってしまったようで1週間以上待たされました。
その後も又在庫切れで今現在アマゾンでは「通常1~4週間以内に発送します。」

レビューの中には
「もしドラ(もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら)」と同等に
お勧めとの評も多いです。
Posted at 2013/01/12 08:31:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | | その他
2012年12月01日 イイね!

『強く生きる言葉』 岡本 太郎

『強く生きる言葉』 岡本 太郎岡本 太郎 先生の著書、『強く生きる言葉』を購入して読んでみました。

以前読んだ本『壁を破る言葉』と比べると少し柔らかく平易な言葉となっていますが、それでも相変わらず情熱がほとばしる表現が多いです(笑)

帯に書かれている岡本 敏子さんの言葉
「通して読まなくても、どこから読みはじめて頂いてもいい。パッとひろげた、そのページをその日のお告げだと思って、運命的な出会いを試してみるのもいいかもしれない。」
にならって開いてみた今日のページには

「相手に伝わらなくてもいいんだと思って純粋さをつらぬけば、逆にその純粋さは伝わるんだよ」
とのメッセージが。
Posted at 2012/12/01 09:37:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | | その他
2012年11月05日 イイね!

『壁を破る言葉』 岡本太郎

『壁を破る言葉』 岡本太郎太陽の塔との再会以来、すっかりはまっている岡本 太郎 先生の言動。

この本『壁を破る言葉』には先生の爆発的情熱がほとばしる言葉が溢れかえってます!

その多くが、他人の評価なんて一切関係無い、理屈や上手いヘタなんて関係なくやりたい事をやれというメッセージ。

確かに現代人は他人の目を気にしすぎていて、一体誰の為に生きているのだろうというケースが多いと思います。
そして昨今の溢れんばかりの情報に、ロクに試してもみないで他人の経験やアドバイスばかり参考にしてあたかも自分が体験して試したかのような錯覚に陥っている感があります。

どこで読んだか覚えてませんが太郎先生の言葉で特に好きなのが
「絵を描いていてはみ出したら紙を継ぎ足せばいい」という趣旨の言葉。

昔、読んだとあるインターナショナルスクールの先生の話で
そこでは世界中から集まって来た子供たちが学んでいるのですが、外国人の生徒は絵を描いていて紙からはみ出してもお構いなしで書き続けるが日本人の子供は紙という枠から決してはみ出さないで描く、枠内に上手く収めて描くのは上手いがダイナミック感に欠けると。

多分日本人だって生まれついてそういう性質では無い気がします、きっと物心付いて絵を描き始める頃には既に
日本ならではの枠にはめられたがんじがらめの思考になっているのでは?

私が親から聞いた話しで、私が子供の頃線路の絵を描いていて紙からはみ出してしまうのでその先に紙を継ぎ足したと。それでも次から次へと紙をはみ出して書き続けるので紙を継ぎ足し続けるのが大変だったと(苦笑)

そんな事もあったのかと全く記憶に無いのですが、その私も今まで生きて来て周りから植えつけられてしまった既成概念、枠、壁、思い込みの限界等を外す作業を続けていて、いくら壊しても次から次へと又新たに見つかる壁に日本の社会、教育の根深さに驚かされます。

良くスポーツ等で「自分との闘い」、「最大の敵(ライバル)は自分自身」という言葉を聞きますが、多くの人が自分の
限界と思っている事が実は周りから植えつけられて信じ込んでいるだけに過ぎない事が多いのだと思います。

岡本 太郎 先生の言葉で自分の壁を破ってみませんか?







Posted at 2012/11/05 08:29:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | | その他

プロフィール

「PIAZZA HOTEL http://cvw.jp/b/187121/40973184/
何シテル?   01/12 12:42
反復性うつ病という精神疾患にかかって長期療養中ですので ブログ更新のみならず、いただいたコメントへの返信や 付けて頂いた『イイね!』返しも、なかなか難しい状...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/11 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

FUSION FACTORY(野口硝子) 
カテゴリ:ガラス工房
2018/09/26 17:03:37
 
足立自動車 
カテゴリ:クルマ関連
2017/04/27 07:13:26
 
赤軍派 ANNEX 
カテゴリ:ピアッツァ
2016/01/05 18:15:41
 

愛車一覧

トヨタ パッソ ぴよ号 (トヨタ パッソ)
トヨタはパッソをプチトマトのイメージで宣伝してますが自分はどちらかと言うとボテッとした鳥 ...
トヨタ デュエット ドルちゃん号 (トヨタ デュエット)
パッソ(ブーン)はデュエット(ストーリア)の後継車という事で ぴよ号の兄、ドルちゃん号で ...
いすゞ ピアッツァ ミロ号 (いすゞ ピアッツァ)
昔々初めて購入したクルマ、PIAZZAを再び購入して乗る事になりました、 名前のミロ号 ...
いすゞ PAネロ SYLVAN号 (いすゞ PAネロ)
数奇な運命でやってきました、PAネロハッチ。 このハッチバック イルムシャー160Rは一 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.