• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年06月20日

WECが新しい規定で争われるようになるのも・・・

必然だろうなぁ・・・

以下はWebモーターマガジンさんの記事より。

-------------------------------------------------------------------------------

2020-2021年シーズン、ル・マン/WECはいよいよ「ハイパーカー」の
戦いになる【モータースポーツ】

2019年6月、トヨタTS050ハイブリッドがル・マン24時間耐久レースを連覇し、WEC
世界耐久選手権2018-2019シーズンも終了、ル・マン/WECが新時代へと動き出した。
2019-2020シーズンは現行レギュレーションの下で行われ、2020-2021シーズンより
いよいよ「ハイパーカー」規定が導入される。

ル・マンはハイパーカーで大盛り上がり間違いなし
昨年2018年、ル・マン24時間のレース期間中に現行の「LMP1」規定にかわる
新しいレギュレーションの導入が発表されているがその内容が具体化し・・・
2020年秋からの開催に向けて各メーカーは参戦の準備を急いでいる。

トップカテゴリーとして設定される「ハイパーカー」の基本的な車両規定は、
パワーユニットの最高出力は750ps、車両重量は1100kg以上という大まかな
もので、ハイブリッドシステムも搭載可能となる、その場合、電気モーターの
出力は270ps以下で前輪のみを駆動、後輪はエンジンで駆動する。

つまり4WDとなる。電気モーターの使用条件は現行WECの規定同様、厳しく
コントロールされる。エンジンのみの場合は2WDとなることから。おそらく
ハイブリッドシステムを搭載するモデルが多くなるだろう。

2年間に20台以上の生産という規定をクリアしてホモロゲーションを取得すれば、
市販車両をレース仕様に仕立てても、新たにレーシングカーとして製作しても
参戦することができる。

エンジンの種類や排気量、車両の形状などは規定せず自由とし、車両間の競争は
BoPと呼ばれる性能調整でコントロールする。その調整は、吸気制限、最低車両
重量、車高、ターボブースト圧など、多岐にわたるものになる。ハイパーカーが
その個性を存分に発揮できる魅力的な車両でレースを開催しようというのが基本
的な考え方だ。

メーカーが比較的ローコストで参加でき、しかもエキサイティングなカテゴリー
を模索してきた結果の規定であり、現行のLMP1規定を牽引してきたトヨタの
意見も反映されているという。

そもそも「ハイパーカー」とは・・・

「スーパーカー」の概念では括れない超々高性能車のことで、そのスペックには
最高出力1500ps、最高速400km/h、車両価格1億円といったとんでもない数字が
並ぶ。これで面白くならないはずがないということだろう。

現在トヨタとアストンマーティンが参加を表明しているが、この他フェラーリ、
ポルシェ、マクラーレン、フォード、ランボルギーニなどの参戦が予想されて
いる。

新しい規定のレースは、2020-2021シーズンから開催される予定で、各チームは
ライバルの動きを見ながら詳細を詰めている状況だ、6メーカーの激突で注目を
集める、現行のGTEクラスは継続される。

トヨタ GRスーパースポーツ コンセプト

alt

2018年の東京オートサロンとル・マン24時間レース会場で公開された「ハイパー
カー」のコンセプト。

WECに参戦している「TS050 HYBRID」とほぼ同じ主要パーツで構成された
モデルで、2400ccV6ツインターボチャージャーとトヨタハイブリッドシステム・
レーシング(THS-R)を搭載。高効率のEVシステムと希薄燃焼エンジンの組み
合わせ、パワーユニットのシステム最高出力は1000psを発揮するという。

トヨタはこのコンセプトを煮詰めて市販化し、この車両で参戦することを表明
している。すでにテストの動画をお届けしているが、開発は順調に進んでいる
ようだ。

アストンマーティン ヴァルキリー

alt

アストンマーティンはレッドブルレーシングと共同で開発を進めている「ヴァル
キリー」でWEC/ル・マンに参戦することをすでに表明している。

ボディは100%カーボンファイバー、コスワースと開発した6.5LのV12自然吸気
エンジンは最高出力1000ps/10500rpm、最大トルク750Nm/7000rpmを
発揮、従来のハイブリッドシステムとはまったく異なる機構により得られた電気
パワーでモーターを駆動する。

モーターの最高出力160ps、最大トルク280Nmを加え、1160psのパワーと900
Nmのトルクを獲得するとしている。

フェラーリSF90ストラダーレ

alt

フェラーリはまだ公式にコメントを出していないが、たとえば2019年5月に発表
された「SF90」はこのカテゴリーの候補となるだろう。3990ccのV8エンジン
搭載のプラグインハイブリッド(PHEV)で、最高出力は1000ps、最高速は
340km/hに達するという。

3個の電動モーターを組み合わせたハイブリッドで、エンジンに直結したリアの
モーターで発電し、この電力でフロント左右のモーターを駆動する4WDシステム
を搭載。WEC/ル・マンのハイパーカー規定に合致する。

-------------------------------------------------------------------------------

今はトップカテゴリーのLMP1だとトヨタしか参戦しておらず、来シーズンまで
レギュレーションで色々締め付けてもトヨタの一人勝ちが続くだろうから・・・

ハイパーカー規定によって色々なメーカーが参戦して競争状態になれば
確実に面白くなるだけに、歓迎すべき事でしょう♪(*´艸`*)

現段階ではトヨタとアストンマーチンが正式に参戦を表明しており、追って
フェラーリやポルシェ、マクラーレンやランボルギーニやフォードも参戦を
予定しているようですが、これにプラスして・・・

かつては耐久レースで名を馳せた日産や・・・


alt

少し手を加えたらハイパーカー規定に合致しそうなプロジェクトワンを世に
送り出しているメルセデス・・・


alt

ハイブリッド技術に関してはトヨタといい勝負なホンダや・・・

alt

「耐久王」の呼び声が高いヨーストと組み、現在ではIMSAに参戦している
マツダなどが加わればなおのこと魅力が増すかもしれませんね。

alt
ブログ一覧 | その他 | 日記
Posted at 2019/06/20 23:23:13

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

市販したとして何台生産して何台販売 ...
ウッkeyさん

ホントに市販化出来るのかね…
ウッkeyさん

え?コレで公道走行可能なの??
ウッkeyさん

トヨタに告ぐ❗😀(笑)値付けを間 ...
仁政さん

ハイパーカークラスに?
ライチュウ@滋賀さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@KONI さん このままホークスがスイープしそうな勢い・・・(;^ω^)」
何シテル?   10/20 21:56
紺ウサギです。 ゴルフ5GTI海苔になって7年目に突入しましたが、トラブル無く楽しんでいければイイなと思っております♪ 日頃はバタバタしていることが...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

日本のラグビー史に於いて・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/17 10:39:49
【ジュゴンの死】菱山南帆子氏「百田尚樹、マジ最っっ低! ジュゴンは辺野古周辺を餌場にして生息してたんだよ!あんたも同じ目にあってみろ」  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/03/27 12:25:20
印集 ガンダム スタンプラリー 行きますぅっ!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/23 09:24:04

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) お買い物ゴルフくん (フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック))
2013年4月7日にVW福生認定中古車センターにて購入契約~5月18日に納車され、現在に ...
輸入車その他 内緒 輸入車その他 内緒
公共交通機関及び徒歩、並びにレンタカーでの移動用にw
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
2003年4月10日:納車 2003年4月20日:町田市某所で右直事故(廃車寸前に追い込 ...
フォルクスワーゲン アップ! フォルクスワーゲン アップ!
お買い物ゴルフくんが車検を受けている間の代車でお世話になりました。 トランスミッション ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.