• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年09月05日

【F1】よもや俺たちのフェラーリが【ベルギーGP】

勝つとは思わなんだでした!

以下、motorsport.comさんの記事を抜粋。

-------------------------------------------------------------------------------

F1ベルギーGP決勝:ルクレール悲願の初優勝! ホンダ勢は3台入賞

F1第13戦ベルギーGPの決勝が行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールが
F1初優勝を果たした。


alt

約1カ月のサマーブレイクが終わり、後半戦がスタートしたF1。

しかし決勝の前日に行われたFIA F2のレース1で、悲劇が起きてしまった。
2周目に起きた多重クラッシュに巻き込まれたアントワーヌ・ユベールが死去。
モータースポーツ界全体が悲しみに包まれる中、決勝レース前にはユベールに
捧げる1分間の黙祷が行われた。

予選ではシャルル・ルクレールがポールポジションを獲得。2番手にはセバス
チャン・ベッテルが入り、フェラーリのフロントロウ独占となった。2列目には
メルセデス勢が入り、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは5番グリッド
からのスタートとなった。

なお、スタートタイヤはほとんどのドライバーがソフトを選択。

ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)、アレックス・アルボン(レッドブル)、
アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)、ダニール・クビアト(トロ
ロッソ)、ロバート・クビサ(ウイリアムズ)とグリッド後方勢がミディアム
タイヤを選択した。

44周の決勝レースがスタート。

ターン1でフェルスタッペンとキミ・ライコネン(アルファロメオ)が接触。
左フロントタイヤを痛めたフェルスタッペンはオー・ルージュを曲がりきれず
クラッシュ、今季初めてのリタイアとなった。

これにより、オープニングラップからセーフティカーが出動することとなった。

ライコネンだけでなく、ダニエル・リカルド(ルノー)も1周目に接触があり
後退。カルロス・サインツJr.(マクラーレン)もトラブルによりセーフティ
カー出動中にストップするなど、序盤から波乱含みの展開となった。

レースは5周目から再開。ルクレールが綺麗に加速を決めトップをキープした。

この週末ではフリー走行からフェラーリが圧倒的な速さを見せていたが、下馬
評通りメルセデス勢とりわけルイス・ハミルトンがレースペースでフェラーリに
対抗。ルクレール、ベッテル、ハミルトン、バルテリ・ボッタス(メルセデス)
という予選順位通りのオーダーで膠着状態となった。

11周目のニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)を皮切りに、各車が1回目のピット
ストップへと向かっていった。上位陣ではベッテルが真っ先に動き、15周目に
タイヤ交換を行った。

そのベッテルは17周目に1分47秒087というタイムでファステストラップを
記録。ピットインまでは1分48秒台後半〜1分49秒台前半で周回しており、それ
より2秒前後速いタイムをミディアムタイヤで叩き出した。

一方のルクレールは21周目にピットインしたが、先にピットインしてマージンを
稼いでいたベッテルに逆転される形となってしまった。

しかしながらフェラーリは予定外のアンダーカットで順位が入れ替わったことを
理由に、ベッテルに対しルクレールに前を行かせるよう指示。ベッテルはそれに
従い、27周目のホームストレートで首位をルクレールに譲った。

2番手となったベッテルはペースが上がらず32周目にケメルストレートエンドで
ハミルトンに交わされ3番手に。4番手のボッタスにも追いつかれた34周目に2度
目のピットインを行い、ソフトタイヤへと交換。実質的に順位を失うことなく、
4番手でコースに復帰した。

ホンダパワーユニット勢では、新型“スペック4”投入によってグリッド後方からの
スタートとなったアルボンとクビアトが躍動。ミディアム→ソフトというタイヤ
戦略もはまり、2台揃ってポイント圏内にジャンプアップしてきた。

ルクレールは終盤にハミルトンの追撃を受けたが、なんとか守りきりトップ
チェッカー。

これまで速さを見せながらもトラブルに泣かされるレースが多かったが、スパで
悲願の初優勝を成し遂げた。また、フェラーリにとっても今季初優勝となった。
2位にはハミルトン、3位にはボッタスが入った。

ベッテルはレースを通してペースに苦しみ4位。

フリー走行から予選まで全てのセッションでワンツーのフェラーリだったが、
肝心の決勝でパーフェクトを逃した。

5番手以下は最終ラップに大きな波乱があった。

9番手を走行していたジョビナッツィがプーオンでクラッシュ。さらには5番手
だったランド・ノリス(マクラーレン)がホームストレート上でストップする
など、順位に大きな変動があった。

結果的に5位に入ったのはアルボン。レッドブルでの初レースで、リタイアした
フェルスタッペンの穴を埋める活躍を見せた。ここスパを得意とするレーシング
ポイントはセルジオ・ペレスが6位、ランス・ストロールが10位に入り、ダブル
入賞となった。

トロロッソも波乱のレースを戦いきり、クビアトが7位、このレースでレッド
ブルから出戻ったピエール・ガスリーが9位と、こちらもダブル入賞を果たした。

-------------------------------------------------------------------------------

今シーズンに関しては予選まで好調なものの、決勝だと両ドライバーやピット
戦略のミスで落とすことがしょっちゅうで、”俺たちのフェラーリ”ぶりを遺憾
なく発揮していたわけですが・・・

とうとう勝っちゃいましたし、しかも勝ったのはエースのベッテル選手
ではなくF1に本格的に参戦して2年目のルクレール選手ですから、
それにもビックリです\(◎o◎)/!

2位~3位のメルセデスAMGですが、FP~予選を通じてイマイチだったものの
決勝で2台とも表彰台ゲットですし、もしもあと数周あれば逆転できるところ
まで迫れたんですから、やはりチャンピオンチームなだけにしぶといと言うか
強いと言うか・・・

このチームを負かすのはやはり容易ならざるモノがあるやも(´・ω・`)

そしてレッドブルでは初陣となったアルボン選手についてですが、ほぼ最後尾
からのスタートながらも終わってみれば5位入賞ですから・・・

いきなり乗ってしかもルーキーでこれは天晴ですし、当初はフォーミュラEに
行く話がありましたがそうしなかったのは大正解でしょうし、前任のガスリー
選手よりも多分チーム内で機能できるでしょうから、次戦以降も期待できそう
ですね(*´∀`*)


今度はトロ・ロッソの二人についてですが、決勝までスペック4を積んで出走
したクビアト選手は最後尾スタートながら7位、アルボン選手とシートを交換
する形でまた戻ってきたガスリー選手は9位と入賞し、スペック4の有用性と
両ドライバーの速さを証明できたでしょうから・・・

次戦でレッドブルとトロ・ロッソは全車スペック4に換装される予定ですが、
年間使用数の上限を超えることでグリッド降格ペナルティを受けるだけに
優勝や表彰台は厳しいでしょうが、まぁ何があるか?分からんでしょうし、
そのペナルティが明けるであろう翌々戦以降の戦いぶりに期待を持てそうな
気が致しますね。

で、ちょっとビックリしたのは・・・

昨年半ばよりずっと上位入賞し続けてきたフェルスタッペン選手が1周目に
リタイヤしたこと。

そして昨シーズンの焼きパパイヤことマクラーレンはほとんど良いところが
なかったのに、今シーズンは中団グループでトップを走ることが度々見受け
られることで、今回もノリス選手が終盤までフェラーリやメルセデスAMGの
2台に続くポジションを走行しておりましたが、PUトラブルさえ無ければその
まま入賞出来ただけに・・・

速くて巧いけど、それ以上にチーム内でゴタゴタを起こすことに長けている
眉毛さんがいなくなったこと、そしてレースマネジメントに長けた人や技術
面に明るい人をチームに迎え入れたことに加え、ドライバーが二人とも若い
ことで活気が出て来たので、直ぐに強豪復活とまではいかずとも来シーズン
以降もどんどん良くなるんだろうなと。

※ただ、PUを供給しているルノーよりも上位にランクインしているので、
残りのラウンドで変な小細工をされないか?が心配ですが・・・(;´Д`)




まぁドライバーズやコンストラクターズのチャンピオン争いはほぼ終止符を
打ったと言っても過言ではありませんが・・・

ホンダ勢の活躍ぶりや中団グループ同士の争いの激化がなど、最終戦
までまだまだ目が離せませんね♪(*´艸`*)
ブログ一覧 | その他 | 日記
Posted at 2019/09/05 22:30:08

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

ホンダ2勝目!
ベイサさん

ホンダF1 13年ぶりの優勝~♪
masato5555さん

HondaF1 PU13年ぶり優勝 ...
RA272さん

雨のドイツグランプリは荒れた展開
ルネッサンスさん

まっていたぜ!この瞬間(とき)をよ ...
waiqueureさん

この記事へのコメント

2019/09/06 13:19:28
ルノーを疑ってはいけません・・・(,,゚Д゚)†
チョッカイなんて掛けませんよ
パーツ寿命が足りない、年間使用数が足らないので、リカバリーしたパーツの品質が足らないとか
現場のルノーエンジニア苦しめるルノー上層部の活躍が光るだけです

まぁそれで、勝手にマクラーレンが、焼きパパイヤになっても
知らん顔ですよ
透明性を求められても、黄色と黒で塗り固めるのです
("⌒∇⌒") キャハハ
僕らのフェルスタッペンが帰ってきましたね
あそこで飛び込んで、クラッシュするのがタッペンですよ( ^▽^)

ルクレールの優勝は、歴史を覆す出来事になるのか
非常に興味深いです
まぁベッテルが素直にチームオーダーを受け入れてくれた結果なのですが・・・これが眉毛なら・・・
それよりもベッテルに車を合わせられない跳ね馬技術陣は・・・
残り1周で、KYハミルトンだったのですが
アルファのクラッシュ・・・ウェストゲート事件を思い出す・・・
まぁ偏見な話です

コメントへの返答
2019/09/08 20:30:48
こんばんは♪

一昨年もシーズン途中まではPUを供給して
いたトロロッソに負けていましたが、何故か
残り数戦で逆転した経緯があるので、今回も
同じことをやらかすのではないか?と危惧
しております。

そもそもルノーワークスはPUが全然頼りない
のに加え、車体も戦闘力を欠いているのが悪い
わけなんですがねぇ・・・(;´Д`)

まぁタッペンさんはスパとあまり相性が良く
ないこともあるだけに、これは致し方無しと
見るべきでしょうか(;^ω^)

跳ね馬さんに関しては、ルクレールを献身的に
サポートしている感が強いですね。

本来から言えばエースはベッテルなんでしょう
けど。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@KONI さん このままホークスがスイープしそうな勢い・・・(;^ω^)」
何シテル?   10/20 21:56
紺ウサギです。 ゴルフ5GTI海苔になって7年目に突入しましたが、トラブル無く楽しんでいければイイなと思っております♪ 日頃はバタバタしていることが...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

日本のラグビー史に於いて・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/17 10:39:49
【ジュゴンの死】菱山南帆子氏「百田尚樹、マジ最っっ低! ジュゴンは辺野古周辺を餌場にして生息してたんだよ!あんたも同じ目にあってみろ」  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/03/27 12:25:20
印集 ガンダム スタンプラリー 行きますぅっ!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/23 09:24:04

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) お買い物ゴルフくん (フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック))
2013年4月7日にVW福生認定中古車センターにて購入契約~5月18日に納車され、現在に ...
輸入車その他 内緒 輸入車その他 内緒
公共交通機関及び徒歩、並びにレンタカーでの移動用にw
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
2003年4月10日:納車 2003年4月20日:町田市某所で右直事故(廃車寸前に追い込 ...
フォルクスワーゲン アップ! フォルクスワーゲン アップ!
お買い物ゴルフくんが車検を受けている間の代車でお世話になりました。 トランスミッション ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.