• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

紺ウサギのブログ一覧

2016年09月30日 イイね!

今夜くらべてみました・・・Part9

前回の”あさが来た”の後を受けて放映された今回の朝ドラである”とと
姉ちゃん”は残すところ最終回のみとなりましたが・・・



ストーリーのテンポは前作の方が良かったものの、

全編を通して丁寧に描かれていたので最後まで安心
して見ることが出来たなぁ♪(^_^)☆


とまぁ前置きはそのくらいにして、今回の朝ドラとほぼ同じタイミングでCS
局のファミリー劇場にて放映された2013年前期朝ドラの”あまちゃん”と、
それから丁度2年後に放映された”まれ”が今回のネタです。



実は”あまちゃん”を見るのは2度目になりますが、まず主役を務めた能年
玲奈(現:のん)さんを始め、キャスティングがピッタリだと思ったのが一点。

その前作に当たる”純と愛”が不幸の連続で憂鬱なストーリーだったのに対し、
これはとても明るくテンポの良いストーリーだし、脇役に至るまで丁寧に人物が
描かれていたりで流石はクドカンさんだなぁと思ったのが一点。

そして話の中にちょいちょいと'80年代のアイドルシーンやTVや映画の話を盛り
込んだことで、普段朝ドラを見ない層(特に昭和40年代男)を取り込めたことが
大きいと思えたのが一点。

なもんで、少なくとも2010年代の朝ドラの中では名作に挙げられようし・・・

歴代の中でも良作の一つに挙げられてもおかしくは
ないとボクは思います♪( ´▽`)


ちなみに能年玲奈さんではなくてマエアツに主役をやらせて、東京編の辺りで
大島優子を出そうなんてサプライズ案もあったみたいですが・・・

両案とも幻に終わって本当に良かったと思いますw

そしてお次は”まれ”についてですが、結論から言えば・・・



※ここより先は”まれ”好きの方はお読みにならない方が良いでしょう。

少なくとも2010年代の朝ドラの中では迷作もっと言えば駄作の一つに挙がる
だろうし、歴代でもワースト10の中に入るだろうと思います。

じゃあ何がそんなにダメかって?!

何もかもがダメなんだよ!( *`ω´)

って片付けてしまいたいところですが、ひとまず挙げてみましょうか。

・まずはストーリーの展開がグダグダなこと。

・次に主人公を始め、周りの人物の描写がいい加減すぎて、登場人物たちに
感情移入が出来ないこと、及びシンパシーを全く感じられないこと。

・出演陣の顔ぶれは前出の”あまちゃん”よりも豪華なれど、キャスティングが
全然合っていない点。

※特に大泉さんとか田中裕子さん及び田中泯さんは無駄遣いが過ぎるだろうと
オモタ(;´Д`)


・あまちゃんの二匹目のドジョウを狙ったのかどうか?はいざ知らず、悉くここで
笑って(泣いて)もらおうってシーンでスベりまくったこと。

※あまちゃん風を狙っておいて、実際は不幸な要素をできるだけ排除した”純と
愛”みたくなったのがなんとも・・・(´・ω・`)


それでも当初は”マッサン”の後だし、丁度北陸新幹線が金沢まで開業したし、
ボクが以前金沢に住んでいたこともあるので久々にあっちの言葉も聞けるしで
楽しみにしていたんですが・・・

いざ始まったら上述の理由でこの上なくつまらない話が続き、いつ面白くなるん
だろう?と思いながら見ていても、一向に面白くなる気配が無く・・・

8月の時点でとうとうギブアップしました。゚(゚´Д`゚)゚。

まぁ辛うじて横浜での修行編は見られたけど、その前後の話がとかくグダグダ
すぎましたから。

本人たちに責任はないだろうし、とばっちりなのは承知の上で言わせていただく
ならば・・・

TV番組で主役を務めた土屋太鳳や旦那役を務めた山崎賢人の顔を見たら、
迷うことなくチャンネルを変えちゃうのよね・・・(´・ω・`)

そんな”まれ”でも同情すべき点があり・・・

一説によると局があまちゃんの二匹目のドジョウを狙うべく、脚本を手掛けた
篠崎絵里子さんや演出を担当したスタッフに強要したらしいのですが、それが
もしも事実なら・・・

元々篠崎絵里子さんはシリアスな脚本を書くことの多い脚本家なのに、畑違い
とも言えるコメディドラマの脚本を書かせること無理があろうし、それだと演出も
ちゃんとした仕事が出来ないだろうから・・・

そりゃあこんな結果になって当然だろうし、篠崎さんや
演出の方がとても気の毒に思えました。


そうは言っても、仮にまた再放送をやる話になっても絶対見ないけどねw

うん、またつまらぬものを斬ってしまった・・・(・∀・)ニヤニヤ
Posted at 2016/10/01 04:09:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2016年09月29日 イイね!

あなたが選ぶ!「日産の珍車?(迷車?)」を教えて下さい!(その2)

あなたが選ぶ!「日産の珍車?(迷車?)」を教えて下さい!の第2弾ですが、
今回はこんな車種を取り上げてみました(;´∀`)

4.オースターJX/スタンザFX/バイオレットリベルタ



当時ブルーバードとサニーの中間的なポジションにいたオースター、スタンザ
及びバイオレットですが・・・

'80年代初頭にスッキリしたデザインを纏い、当時の日産ではまだ珍しかった
FF方式を採用して登場しました。

※各車の取扱店は下記の通り。

・オースターJXはパルサー販売会社
・スタンザFXはサニー店
・バイオレットリベルタはブルーバード販売会社

ボディ形状は4ドアセダン/5ドアHB/3ドアHBですが、スタンザFXやバイオレット
リベルタには3ドアHBが用意されず、逆にオースターJXには5ドアHBの設定が
ないなどビミョーに差別化が図られていたようです(;^ω^)





そして後にFR系車種にも搭載され、日産小型車の主軸エンジンとなったCA系
エンジンがこの車種で初めて搭載されました。



また、先代では各車ともリアサスがリジッドだったところをストラットにして、4輪
独立サスに進化させたり、FF方式を採用しただけあって当時のライバルだった
コロナやカリーナ、そして同メーカーのブルーバードよりも室内空間を広く取る
などなかなかに気合いの入ったモデルでしたが・・・

当時のFF技術が未熟だった点に起因して、エンジンの振動やトルクステアが
目立つなどの欠点や、小型車でもリッパなナリを望んでいる中でスッキリとした
デザインが受け入れられずに販売は伸び悩み・・・

そのうちブルーバード販売会社で取り扱っていたバイオレットリベルタですが、
排気量と駆動形式は違えどブルーバードとバッティングすることや、今ひとつ
販売台数が思わしくなかったことから、僅か1年で販売終了の憂き目に遭って
しまいました。゚(゚´Д`゚)゚。

そこで終わるかと思いきや・・・

なんと残されたオースターJX/スタンザFXはフロント
及びリアを整形し、910型ブルーバードに似せた後期
型として売る暴挙に出ました\(◎o◎)/!






しかしそれでも売れ行きは芳しいものではなく、さらにブルーバードがU11型に
なってFF化されたことで立場が微妙になり、登場から5年でフェイドアウトする
ことに・・・。




当時国産の大多数がFR車だった中で技術的にはまだこれからだったFF化に
踏み切り、見た目よりパッケージング重視のクルマ作りは時期尚早と見られた
ためか、販売面で苦戦を強いられたものの・・・

その経験が後にそのコンセプトを受け継いだプリメーラのヒットに繋がったで
あろうし、技術が熟成された今となってはどのメーカーでもほとんどの車種が
FF(またはFFベースの4WD)になっていることを考えたら、この時は”意あって
力足らず”だったかもしれませんが、先見性は大いにあったんでしょうね♪

5.リベルタビラ



上述の通りバイオレットリベルタが登場から僅か1年でラインナップから消えて
しまいましたが、そのままだと売る車種が少なくなるからどうにかならんのかと
言うブルーバード販売会社の意向を汲み、パルサーをベースにして登場した
モデルになります。

このモデルでも、兄弟車の関係にあったラングレーの例に倣い、ブルーバード
との関連性を持たせており・・・

ブルーバードの上級グレードに用いられたSSSのグレード名を与えられたり、
CMにはブルーバードのCMに当時起用さていたジュリーさんを起用していた
ことからもそれが窺えますね。



そして2代目は4ドアセダンのみならず3ドアハッチバックも登場させましたが、
パルサーやラングレーとともに1986年の日本カーオブザイヤーの受賞車に
なったものの・・・





やはり印象が薄かったせいか、パルサーが4代目にフルモデルチェンジした
のを機に統合され、サファリラリーで勝利を収めたバイオレットの流れを汲む
このモデルも廃止されてしまいました(´・ω・`)

※前回の記事でリベルタビラは?とコメントをいただくまで、このモデルのことを
すっかり忘却の川に流しておりましたが、それで思い出させて下さったみん友
さんに感謝します♪(^_^)☆
Posted at 2016/09/29 23:14:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2016年09月26日 イイね!

今夜くらべてみました・・・Part8

ある時は音楽ネタだったり、またある時はコーティング剤だったり、ドリンク
だったりとジャンルを問わぬ較べっこをするこちらのコーナーですが、今回は
↓の2つで・・・





そう、最近フルモデルチェンジしたばかりのホンダ・フリード(ハイブリッド)と、
その直接のライバルに当たるだろうシエンタ(ハイブリッド)で較べっこをして
みようかと思います(;´∀`)

まずはエクステリアですが・・・





フリード(ハイブリッド)は、先代からの正常進化ってな具合にちょっとばかり
コンサバティブなのに対し、シエンタ(ハイブリッド)は”スポーツバッグみたい
でしょ?”と言わんばかりに大胆なデザインで、しかも破綻が見られないのは
結構ポイントが高いので、この点はどちらも悪くありません^^

次はインテリアですが・・・





造形としてはどちらも個性的で悪くありませんが、質感についてはシエンタが
トヨタのコンパクトクラスにありがちなプラスティッキーさが目立つのに対し、
フリードは(コストが許す限り)手に触れる部分はできるだけソフトに仕上げて
あるように思え、これはフリードに軍配が上がるでしょう。

それと、フリードのインパネを見ていると・・・

ライフステップバンや初代シビックのインパネとどこか
通ずるものがあって、歴史とちょっと遊んでいる感が
あるのがステキですね♪(*´∀`*)


※ライフステップバンのインパネ



※シビック(初代)のインパネ



ハイブリッドのシステムについてですが・・・

シエンタのそれは2代目のプリウスやアクアなどに搭載されたTHS2がベースに
なっており、いい意味で”枯れている”ので信頼性に富んでいるのに対し・・・

フリードのそれは現行のフィットやグレイスならびにシャトル、あるいはジェイドや
ヴェゼルに搭載されているi-DCDと呼ばれるものですが、短い期間で複数回に
わたってリコールを出したこともあるので、信頼性はトヨタのTHSに及ばないかも
しれません(;´Д`)

※ただしドライバビリティについては、フリードと同じくi-DCDを搭載したグレイス
及びシエンタと同じくTHS2を搭載したアクアに試乗した上での感想となりますが、
グレイスの方が印象が良かったので、多分フリードとシエンタで比較しても同じ
結果になるんじゃないかと思います。


そして価格についてですが・・・

シエンタ ハイブリッドGにナビや自動ブレーキなどを付けると280万円弱になる
のに対し、フリード ハイブリッドG Honda Sensingにナビを付けると290万円弱に
なるので、素の状態で10万円近くフリードの方が高くなりますし、さらにトヨタの
お店ではフリードを競合させたとなれば値引きを頑張ってくると予想され、その
差はさらに広がる可能性があるので、シエンタが有利になるでしょう。

以上、エクステリアデザインの大胆さやハイブリッドシステムの信頼性、及び
価格に於いてはシエンタに、インテリアデザインや質感についてはフリードに
軍配が上がるでしょうが、どちらを選ばれても損はないかもです。

※どちらか一台を買えと言われたら、ボクはフリードをチョイスしますが♪

Posted at 2016/09/28 00:40:12 | コメント(2) | トラックバック(1) | | 日記
2016年09月25日 イイね!

あなたが選ぶ!「日産の珍車?(迷車?)」を教えて下さい!

”あなたが選ぶ!「××の名車」を教えて下さい!”シリーズ第2弾は日産車を
取り上げますが、さてどんな車種を登場させましょうか・・・?!


続きは以下で。

1.ローレルスピリット(初代及び二代目)




B11型サニーにメッキパーツを付けて、内装をちょっと豪華にして日産モーター
系列(ローレル販売会社)で販売されたモデルになります。

まぁなんと申しましょうか、メーカーは小型高級車と謳っていたようですが・・・

それにしちゃ安直に過ぎるし、”ローレルは買えない
けどサニーじゃ嫌だなぁ”って人を狙ったやたらに物
欲しげな車だよなぁwww


そんなんだから、一代限りで終わるかと思いきや・・・

なんと驚くべきことに、B12型サニーをベースにした
二代目も販売されていたんですね!!


※ちなみにこちらです。↓



二代目はもうちょっとデザインに手が込み、ボンネットのフードマスコットも付ける
など、ベース車との差別化をよりハッキリとさせしましたが、やっぱり感想は一緒
ですねぇ・・・(;´Д`)

ということで、次行ってみましょう(;^ω^)

2.ラングレー(3代目)



パルサーをベースに、日産プリンス系列(スカイライン販売会社)で販売されて
いた1.5リッタークラスの小型乗用車で、スカイライン販売会社で売るということも
あってか、代々スカイラインのイメージを持たせたデザインを纏っています。


※初代



※二代目



特に三代目のセダンは、テールランプがスカイラインのようなデザインを施され、
最上級グレードにはGTの名が与えられましたし・・・




CMでは”Skyline's MINI”の文字を出すなど、スカイラインのイメージをより強く
打ち出しましたが、ラングレーはこの代で終わってしまいました。゚(゚´Д`゚)゚。



※CMのイメージキャラクターには後にF1ドライバーになった鈴木亜久里さんが
起用されていたんですねぇ・・・(;^ω^)


ちなみにこの代が販売されていた後期に、あの”東京・埼玉連続少女誘拐殺人
事件”
が起きましたが、その犯人である宮崎勤(故人)がこの代のラングレーを
愛車にしており、変なところで有名になってしまって心底気の毒に思いました。

3.ルネッサ



'90年代の終盤にリリースされたステーションワゴンなのか?ミニバンなのか?
カテゴライズしにくいモデルですが・・・

全長が4.7m弱と大きめですし、ホイールベースが2800mmあるので(ちなみに
この数値はセドリックやグロリアと同じだそう)、普通ならば7シーターにしそうな
ところをあえて4シーターにしているところはなかなか面白いと思いました。

※その後席の居住性に東京都内のタクシー業者が目をつけ、タクシー車両と
して採用したのだとか・・・。






ただ、やけに最低地上高の高い外観や野暮ったい内装のデザインが残念に
思えました・・・(;´Д`)

また、床面が二重底でかつ高床式の構造が災いして室内高が不足気味で、
寝かされて足を投げ出す姿勢になり、乗降性もヨロシクなかったようです。

ちなみに、どうして最低地上高が高く床が二重底で高床式になっているか?
ってことですが、元々は電気自動車として開発されており、バッテリー搭載
スペースを稼ぐためにそうなったのだとか。(ルネッサはあくまでも副産物に
過ぎないと言ったところでしょうか?)

※実際に北米でアルトラEVが、日本でもルネッサEV(↓の写真)が実際に
販売されました。




コンセプトとしてはなかなか面白い一台でしたが、いろいろと中途半端な面が
災いして、1997年~2001年までの販売期間中に約4万台しか売れなかったのも
納得せざるを得ませんね。

続編は車種が決まり次第で改めてm(_ _)m
Posted at 2016/09/25 22:58:05 | コメント(3) | トラックバック(0) | | 日記
2016年09月24日 イイね!

お台場には時々足を運ぶものの・・・

家人の買い物に付き合う形でなかなか足を運ぶことのないヴィーナスフォートに
先日足を運んできましたが、その時の模様と感想をば・・・(;^ω^)

まず、大きなペットショップがあったり主にワンちゃん向けの洋服や雑貨を扱う
お店が建物の中に点在していてワンちゃん連れに優しい作りになっているし、
この日は丁度ワンちゃん向けのイベントをやっていたせいもあって、ワンちゃん
連れが多かったのが一点。



もう一点は、新宿や銀座、あるいは上野ほどとはいかないまでも、ここでも中国
人観光客が多く、立ち寄ったプーマのアウトレットショップで素足で売り物の靴を
履く光景や構内に於いて大声でギャンギャン騒ぐ光景を目にし・・・

ヤツらはどこであろうともマナーが悪いんだなぁと思い
ました
ねぇ・・・( ´Д`)=3


この日は雨降りでしたし、自分らが行った時間がまだお昼前だってことを差し
引いて考えなければいけないながらも、全体的に人が少ないと感じましたが・・・

恐らくは大手のデパートと同様に、一時期の”爆買い”
ブームを当て込んで、そんな連中に媚びを売るような
対応に終始した結果なだけに、そのブームが去って
閑古
鳥が鳴いているのは自業自得かもなぁ(;´Д`)

なので・・・

これからも(ヒストリーガレージを除いて)ヴィーナスフォートには滅多なことでも
ない限り、進んで足を運ぶことはないかもしれません。



とは言え・・・

自分がちょくちょくヴィーナスフォートにも足を運んでいた10年くらい前だともっと
人がいたよなぁって思うと寂しい限りです。

※以前から欲しいと思っていた通勤用のバッグを運良くゲットできたので、あまり
そんなことを言うもんじゃないけど・・・。


家人(と自身)の買い物が済み、お昼を食べる前に今まで行ったことがないという
ヒストリーガレージへ案内しましたが・・・







展示されているクラウンの妙な思い出話(父方の祖父が所有していました)に
ちょっと花が咲いたり、展示されているキャデラックのデカさや全車が動態保存の
状態だって事を説明したらビックリしてくれたりで楽しいひと時を過ごせました^^

(おまけ)

移動中にお買い物ゴルフくんがお台場海浜公園駅近くでキリ番になりましたが、
信号のタイミングで撮り逃すことに・・・(;´д`)トホホ

Posted at 2016/09/25 10:37:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 日記

プロフィール

「@KONI さん 今のホークスを倒せるセ・リーグの球団は皆無だと思いますね。」
何シテル?   10/23 21:15
紺ウサギです。 ゴルフ5GTI海苔になって7年目に突入しましたが、トラブル無く楽しんでいければイイなと思っております♪ 日頃はバタバタしていることが...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/9 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

日本のラグビー史に於いて・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/17 10:39:49
【ジュゴンの死】菱山南帆子氏「百田尚樹、マジ最っっ低! ジュゴンは辺野古周辺を餌場にして生息してたんだよ!あんたも同じ目にあってみろ」  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/03/27 12:25:20
印集 ガンダム スタンプラリー 行きますぅっ!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/23 09:24:04

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) お買い物ゴルフくん (フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック))
2013年4月7日にVW福生認定中古車センターにて購入契約~5月18日に納車され、現在に ...
輸入車その他 内緒 輸入車その他 内緒
公共交通機関及び徒歩、並びにレンタカーでの移動用にw
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
2003年4月10日:納車 2003年4月20日:町田市某所で右直事故(廃車寸前に追い込 ...
フォルクスワーゲン アップ! フォルクスワーゲン アップ!
お買い物ゴルフくんが車検を受けている間の代車でお世話になりました。 トランスミッション ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.