• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

紺ウサギのブログ一覧

2018年02月27日 イイね!

”名車再生!クラシックカー・ディーラーズ”の新シリーズ

小柄で太っちょでかつ小狡そうなバイヤー役のマイク・ブルーワーさんと、
のっぽでヤサ男風の風貌でもメカの腕はネ申レベルなエド・チャイナさん
とのコンビでやってきた”名車再生!クラシックカー・ディーラーズ(原題:
Wheeler Dealers)”
ですが・・・


alt

残念なことにメカニックのエド・チャイナさんが昨年で降板し、代わりに
アント・アンステッドさんをメカニックに迎えて新シリーズが始まり・・・

alt

今月になって我が国でも本放送が始まりましたので、レコーダーに録画
していたのを先日見てみましたが・・・

alt

最初はメカニックがエドさんじゃないのに違和感をちょっと覚えてしまい
ましたが・・・

偉丈夫っぽい雰囲気と上品な顔立ちはエドさんと共通だと思いますし、
腕や身体にモンモンが入っているわけじゃなさそうなのもGoodですし、
メカの腕前も良い感じなので、エドさんがいた時よりも修理パートが
些か短くなった感はありますが、”FASTN'LOUD”に出てくるような
ゴロツキじゃないことにまずホッとしましたし、丁寧な修理なんざしち
面倒くせえから、とにかくパーツ交換しちまえなんて感じの番組になる
かもと当初は心配しておりましたが・・・

どうもそれも杞憂に終わりそうなので、引き続き
この番組を見ていこうと思いました♪(*´艸`*)
Posted at 2018/02/27 21:12:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2018年02月26日 イイね!

”181.fm”のお話。

ちょくちょく足を運ぶ自分のお客さんの事務所では、懐かしめな曲が
BGMでかかっていますが、その発信元はスピーカーを繋いだノートPC
ですし、画面を見るとWindows Media PlayerとかiTunesなどの再生
ソフトではなくWebサイトが表示されているのが気になり、いろいろ
調べていくと・・・

利用しているサイトは”181.fm”と名乗るインターネットラジオサイト
なのが解り、早速自身のPCでも試してみましたが・・・


alt

お客さんは’80年代のものを主に聴かれ、自分は’70年代のものを主に聴き
ますが、その他のチャンネルも充実しているので、その日の気分によって
色々聴けますし・・・


alt

直近の再生リストを表示してくれるので、聴きそびれた曲もYoutubeで
検索すれば聴ける事が多いし、AmazonかiTunesで購入出来たりと親切な
設計がなされていますし・・・


alt

ポケットWifiを持っているないしは通信費に余裕があれば、Webブラウザ
なのでカーナビ(カーオーディオ)にBluetoothやUSBで繋げば、スマホや
タブレットがラジオ代わりになったりするので結構便利ですね^^

このサイトのおかげで、今まで聞いたことのない良曲に巡り会えたことも
さることながら、そのお客さんとの会話もより弾んで多少ではありますが
売上増加にも繋がるという効力も発揮しているので意外です(;´∀`)

というわけで、181.fmを聴いて初めて知った曲を貼って駄文を締めます。

I Just Want to Be Your Everything by Andy Gibb


Too late to turn back now by Cornelius Bros and Sister Rose
Posted at 2018/02/26 21:46:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽ネタ | 日記
2018年02月25日 イイね!

本日でピョン( ゚д゚)ヤンもとい・・・

平昌オリンピックが閉幕しますが、日本勢の活躍は↓の通り・・・

alt

獲得メダル数は金が4つ、銀が5つ、銅が4つの計13個で過去最多ですし、
国別ランキングでも中の上なので相当頑張ったと思いますが・・・

alt

中には同じ日本人なのに、それを面白くないとばかりにダイヤモンド・
オンラインやらYahoo!ニュースの記事に寄稿する呆れた輩もいますが、
とりあえず内容を以下に転載します。


---------------------------------------------------------------------------------

五輪「日本大躍進」報道のウソ、日本がメダル量産国に
なれない理由


平昌五輪を巡る報道にインチキが散見される。日本はメダル量産国ではないのに、見出しに
「メダル量産」の文字が踊り、競技人口が少ない種目なのに「戦力が厚みを増している」との
解説も。戦中の大本営発表にそっくりな報道に慢心するばかりでは、不足している競技人口の
増加や選手サポート体制強化という、本当の量産国になるために必要な課題を見えなくさせる。
(ノンフィクションライター 窪田順生)

●日本は「メダル量産国」ではない マスコミ報道のインチキぶり

なぜこの国のマスコミは、アスリート個人の功績を「日本の功績」にすりかえようとするのだろうか。

ご存じのように、テレビや新聞では朝から晩まで、メダリストたちの感動の瞬間をレポートしている。
彼らの素晴らしいパフォーマンス、これまで歩んできた苦難、支えてきた周囲の方たちの絆を知って
胸が熱くなった、という方も多くいらっしゃることだろう。筆者もまったく同じ思いだ。

が、そのような個人にスポットライトを当てた報道に紛れ込ませるような形で、読者や視聴者が
「日本ってすごいんだな」と錯覚してしまう、かなり盛りに盛った話があふれているのは、見ていて
不安しか感じない。日本人を気分良くさせるためには多少の行きすぎたハッタリをかましてもお咎め
なし、というあまり褒められない環境になってしまっているからだ。

たとえば分かりやすいのが、先日の産経新聞だ。

『日本メダル量産、最多タイ「戦力に厚み」 スピードスケート牽引 どこまで伸びるか』

こう聞くと、なんとなく「日本の快進撃が止まらない」みたいなイメージを抱くだろうが、2月21日現在、
平昌五輪公式ホームページの「Detailed Medal Standings」を見ると、日本は韓国、イタリアに続く
11位。30個のメダルを獲得しているノルウェー(1位)や、23個のドイツ(2位)という本当のメダル量産
国の背中すら見えない。

国際オリンピック委員会(IOC)のデータで平昌以前の冬季五輪の獲得メダル総数を見ても、100個
以上が当たり前となっている西側諸国と比較して日本は45個。ダブルスコア以上の差をつけられて
いて、アジア勢の中国・韓国(共に53個)よりも少ない。

「そういうレベルなんだから、はしゃいだらみっともない」、とか意地の悪いことを言いたいわけでは
ない。日本のウインタースポーツを盛り上げるためにも、お祭り騒ぎのような「自画自賛報道」だけ
ではなく、冷静かつ客観的に自分たちの置かれた状況も解説すべきだと申し上げたいのだ。

●「大本営発表」と見まがうばかりの 欺瞞あふれる自画自賛報道

また、この産経ニュースの記事では「躍進の一因は、スピードスケート勢の復権だ」とうれしそうに
述べているのだが、これもかなりビミョーなもの言いだ。

「復権」とは、ひとつの時代を築き、栄華を誇った者が衰退して、また復活した際に使われる言葉
だが、平昌以前の日本のスピードスケートのメダル獲得数は15個だ。オランダのように、これまで
獲得したメダルが107個もあるような国が、低迷期を経て乗り越えたというのなら「復権」と言うのも
分かるが、「まだまだこれから」というレベルにある日本が言うことに違和感を覚える。

実際、オランダから見れば、日本は「スケート途上国」である。ソチ五輪後に、代表選手の強化の
ために招聘されたオランダのヨハン・デヴィット氏のアシスタントはこう述べている。

「日本には才能に恵まれた選手はたくさんいたが、彼らはそれを生かすことができていなかった。
日本は世界2位のスピードスケート大国になれる可能性を持っているのに、その可能性を生かして
いなかった」(AFPBBニュース2月10日)

ちなみに、「ショートトラック大国」だと自画自賛している韓国は、これまで同競技で42個のメダルを
獲っている。日本の15個で「復権」はいくらなんでも盛りすぎだ。

ただ、なによりもこの記事で筆者が危ういと感じるのは、「戦力に厚み」というタイトルだ。

大会前はメダル候補だと思われていなかったフリースタイル男子モーグルの原大智選手が銅
メダルに輝いたことを受け、JOC関係者による「戦力が厚みを増している」という分析から引用
したわけだが、これは太平洋戦争の大本営発表にも負けず劣らずの誇張ぶりである。

スキーの競技人口は激減しており、フリースタイルモーグルとピンポイントになるとさらに厳しい。
ソチ五輪時には600人弱ではないかと報じられている。小平奈緒さんや高木美帆さんのような
スターを輩出しているスピードスケートですら、笹川スポーツ財団のホームページによると、「競技
人口は約2500人」だという。

●サポート体制が不十分な中で メダルを獲った選手の凄み


日本のマスコミが勝手にライバル視しているオランダは、日本の8分の1程度の人口しかいないにも
かかわらず、スピードスケードの競技人口は1万人以上。複数のプロチームがあって切磋琢磨して
いる。こういう国が「戦力に厚みを増してきている」と言うなら分かるが、ペラペラの薄い戦力層しか
ない日本が言っても強がりにしか聞こえない。

なんてことを言うと、「こいつは反日サヨクだ!」、「メダリストの活躍を素直に讃えられないなんて
日本人じゃない!」とすさまじい誹謗中傷にさらされてしまうので、断っておくと、筆者は日本代表
アスリートや彼らを支えている方たちをディスっているわけではなく、彼ら個人の功績をさも「日本の
功績」のように語っている現状がおかしいと指摘しているのだ。

平昌五輪に出場しているアスリートのほとんどは、自助努力で競技者人生を続けている。自分の
限界に挑みながら、家族、友人、篤志家などに頼り、「資金集め」にも悪戦苦闘しなければいけない。

小平さんの競技活動やオランダ留学費用などをサポートしていた相澤病院が注目を集めているが、
大企業から支援を受けられるのは、フィギュアスケートの一部選手やプロスノボーダーのみなさん
など、ほんの一握り。なかには資金面で夢を諦めざるをえないプレーヤーもいる。

強化費や代表選手のサポート体制も以前よりは整ってきているものの、いまだに日本のマイナー
スポーツは「個人のがんばり」に依存している、という動かしがたい事実がある。

そういうブラック企業にも似た環境のなかで、小平さんや高木さんは、戦力の厚みもあり、国や大
企業から十分なサポートを得ているメダル量産国の選手たちよりも素晴らしいパフォーマンスを
見せたのだ。

これは選手個人の努力は勿論、それを支え続けた家族や周囲の人々の協力もあって成し遂げた
すさまじい偉業である。もちろん、これまで冬季五輪で45個のメダルを獲得してきた選手たちや、
残念ながらメダルに手が届かなかった選手たちにも同じことが言える。

●「日本すごい」報道が スポーツ振興の邪魔になる理由

だが、なぜか日本のマスコミでは、そのような「個人」を讃えながらも、ちょいちょい「日本メダル量産」
とか「戦力の厚み」なんて言葉を用いて、「日本全体が成し遂げた偉業感」をぶっこんでくるのだ。

「すごい」と評価されるべきは小平選手であり、彼女の夢を支え続けた相澤病院やスピードスケート
の関係者という「個人」であり、「日本」がすごいわけではないのだ。メダルの数と色ばかりに拘って
いるマスコミによって、それがいつのまにかごちゃまぜに語られるようになってしまうのだ。

そんな屁理屈こねて面倒くさいヤツだなと思われるかもしれない。ただ、なぜ筆者が個人の功績を
「日本の功績」とごちゃまぜにしてはいけないとここまで強く主張をするのかというと、マイナー
スポーツが今まで以上に衰退してしまうからだ。

たとえば、今日にいたるまでのテレビ・新聞の平昌五輪報道で、みなさんはどれくらいの日本代表の
名前を覚えただろうか。特に熱狂している方でなければ、メダルを獲得した8人にプラス、レジェンド・
葛西紀明さんや、フィギュア男女、「カー娘」くらいで、ざっと20人ほどではないか。

しかし、平昌五輪で戦っているアスリートは124人いる。マスコミは「がんばれ日本!」と絶叫している
わりに、ほんのひと握りのアスリートの活躍しか報じていないのだ。

つまり、アスリート個人の功績を「日本の功績」と混同してしまうと、どうしてもメダルの数や色に
国力を重ねて、増えた減ったと大騒ぎする五輪報道に終始してしまうのである。

これはサッカーW杯と同様に「愛国エンターテイメント」なので、「にわかファン」は瞬間風速的に
増える。だが、その競技の面白さや、アスリート個人のパフォーマンスの偉大さを伝えているわけ
ではないので、本当のファンは定着しない。当然、競技者人口も増えず衰退していくというわけだ。

●選手個人のがんばりを ナショナリズムに利用するな

ひたすら個人にのみがんばらせるという、ブラック企業のような発想で、スポーツ振興などできる
わけがない。

一方で「国力」によって、選抜されたアスリートをサイボーグみたいに強化するだけ、というのも考え
ものだ。かつてのソ連など共産圏諸国では、そうして悲劇のアスリートが量産された。東京五輪に
向けて強化予算が増えて、才能のある子どもをサポートする体制もつくられてきているが、それだけ
では不十分だ。愛国エンタメではない五輪報道が行われ、スポーツを真に楽しむことができるファン
が増え、競技者の裾野が広がってはじめて、国家による後押しの意味があるのだ。

今回の平昌五輪では、選手個人のがんばりとナショナリズムをごちゃまぜにしたことで、韓国と北
朝鮮の南北合同チームが結成されるなど、さまざまな醜いトラブルがあったが、日本も同じ穴の
ムジナだ。個人の手柄を国がかっさらうような環境を改めない限り、東京五輪でも残念な報道が
垂れ流され、世界に恥をさらすことになるだろう。

日本人が大好きな「がんばれ日本!」という言葉は、実は1964年に公開された映画のタイトルに
端を発する。これは「ナチスの宣伝五輪」といわれたベルリン五輪の記録映画「民族の祭典」から
日本人選手の活躍を抜き出して編集したものだ。総指揮は、多くのナチス・プロパガンダ映画で
メガホンを取ったレニ・リフェンシュタールがつとめている。

まずはこの全体主義丸出しのスローガンから卒業することから始めないか。

---------------------------------------------------------------------------------

一通り読んでみて、言わんとしていることは解らんでもないけど・・・

そもそもオリンピックは世界選手権や(サッカー以外の)ワールドカップ
よりもさらにナショナリズムが表に出るわけですし、オリンピックや世界
選手権で世界の強豪選手に伍して戦える選手の育成環境作りは国あるいは
JOCや競技団体の支援があるからこそで、それなくして仮に本人に才能や
実力があろうともここまで活躍できていたか?は分からんわけですから、
本人の活躍も見事だと思いますが"日本すごいね!"って言葉に何ら誤りは
ないんですよね?

たとえば、今回の平昌に於けるOAR(Olympic Athletes from Russia)
みたいに国の代表ではなく個人参加の形で、なおかつ国やJOCを始めとする
各所からの支援がない中で大活躍したって言うなら、窪田氏の論法で正解
なんだろうけども。

Twitterを見ていても窪田氏と同じような考えを持つ人が散見されますし、
酷いのになると総理が羽生選手にお祝いの電話をしたカドで噛みつく有様
ですから、呆れてものが言えません。

alt

alt

言いたいことは諸々あれど、敢えて一言・・・

変な揚げ足取りをしないで、選手の活躍やその
手助けをした日本という国を素直に評価したら
どうなんだ?と・・・。
Posted at 2018/02/25 13:26:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2018年02月24日 イイね!

【小ネタ】Googleで・・・

”嘘の新聞”と入力して検索すると・・・

alt

もしかして:朝日新聞”と訊いてくる件についてwww

alt

(∀`*)ゞイヤァ・・・

Google先生は朝日新聞が嘘っぱちな新聞なのを
よくご存知でいらっしゃる♪(・∀・)ニヤニヤ
Posted at 2018/02/24 18:09:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2018年02月22日 イイね!

BMW 7シリーズ(G11)に乗ってみた♪(*´∀`*)・・・その3

新型のX3に続き、7シリーズのステアリングを握ることに。

この代の7シリーズに乗るのはこれで三度目となりますが、最初はBMW
らしく直6を搭載して最もプレーンな740iで、次はV12を搭載して最も
獰猛でエゴであろうM760Li Xdriveで、今回は最もエコだろうと思われる
740e iPerformanceになります。

alt

数字の後にeが付くのは、E28代の5シリーズで設定されていた燃費重視の
イータエンジンを搭載した528e以来と思われますが、今回のeはモーター
とのハイブリッド(しかもプラグイン)なので、"eta"ではなく"electric"の
略なんでしょうね。

外観は先にも申し上げた通り仰々しい感じで、端正な顔立ちを有する初代
(E23)や・・・

alt

相当前衛的ながら品の良さも残しており、デザイナーさんの力量の高さに
頭が下がる二代前(E65〜68)の前期型がやはり至高だって考えに変わりは
ありませんが・・・

alt

現行モデルもだいぶ見慣れたので前ほど違和感はないかな♪(*´ω`*)

内装に関しては7シリーズはいずれも共通ですし、前席も後席もリラックス
できそうな空間になっておりますが、殊に後席はウォーターベッドのような
柔らかさなので、ウカウカしていると思わず眠りこけそうですw

alt

alt

そしてパワーユニットについては、740というネーミングでも4リッターの
V8でもなければ740iのように3リッターの直6ターボでもなく、先述の通り
モーターと組み合わせたプラグインハイブリッドになりますが、エンジンは
2リッター直4ターボで最大出力は258PS(エンジン)、95PS(モーター)で
最大トルクは40.8kgf・m(エンジン)、25.5kgf・m(モーター)ですが、
システム総合出力とトルクは326PS/51.0kgf・mなので・・・

alt

2t超えの車体でも不満なく動かせるでしょうし、カタログ燃費はセレナや
ノア三兄弟(ガソリン)やステップワゴン(ガソリン)など、2リッター級の
国産ミニバンといい勝負なんですね!Σ(・□・;)


前置きはこのぐらいにして、去年末よりもちょっと長くなった試乗コースを
走らせてみましょう。

まず”ECO PRO”モードではどうか?

alt

バッテリーの残量があり、アクセル開度が少なければ、タウンスピードの
範疇ではエンジンが介入することがなく、あたかもEVのように静かにかつ
滑らかに走らせてくれます。

お次は”COMFORT”モードではどうか?

alt

”ECO PRO”モードと同じく走り出しはモーターのみですが、エンジンの
介入が若干早いと感じました。

そして”SPORT”モードは?と言うと・・・

alt

最初からエンジンが介入するのでレスポンスが格段に良くなり、4リッター
NAに匹敵する走りを披露してくれるので・・・

伊達に"740"と名付けたわけじゃないのねと。

エンジンが介入すると、2リッターの直4なので流石にそれなりの音をさせ
ますが、結論から言えば・・・

alt

でして、BMWの旗艦モデルなだけに騒音や振動をしっかり抑え込んでいる
ので、車内にいる限りでは音も振動もほぼ気にならないレベルです。

その他・・・

ステアリングは軽めですし、このグレードでも4輪にエアサスを奢っている
ので乗り心地も安楽の一言ですね♪(*´艸`*)

以上チョイ乗りしてみて・・・

7シリーズはどのグレードに乗っても走りの良さはもちろんのこと、椅子の
かけ心地や乗り心地が実に素晴らしく、日本に於いては最下級となる今回
試乗した740eでもその美点はしっかり生きているように思いました。


alt

あと、車両価格が意外とお手頃でなおかつ燃費も大変良く、メンテナンス
費用は恐らくどこのメーカーでも似たり寄ったりでしょうし、自動車税も
安価で済むので、イニシャルコストやランニングコストの面然り・・・

ハイブリッドカーを使っていることでその企業さんはエコを意識していると
好印象を持ってもらえる面を鑑みて、役員送迎車にレクサスのLSかあるいは
メルセデスのSクラス辺りを検討している企業さんにも実はとてもオススメ
かもしれませんね^^

最後にちょっと余談をはさみましたが、タイプの違うエコカーを試乗させて
いただいたことをBMW Tokyo Bayの皆様に感謝して乱文を締めます。
Posted at 2018/02/22 22:51:51 | コメント(4) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「@並盛りジョニー さん

きっとウィンカーを出したつもりなのにワイパーが動いていたオチなんでしょうw

ちなみにタイ製のフォード・フォーカスだと日本車と同じレバー配置なので、それはないんだけどwww」
何シテル?   08/18 20:49
紺ウサギです。 ゴルフ5 GTI海苔になって6年目に突入しましたが、トラブル無く楽しんでいければイイなと思っております♪ 日頃はバタバタしていること...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

今回の3連休・・・その3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/23 13:06:53
印集 ガンダム スタンプラリー 行きますぅっ!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/23 09:24:04
2017年9月10日 第20回インパクトブルーin秩父2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/15 07:01:14

お友達

出来れば一度以上リアルに絡んで下さってから申請いただければ、大体オッケーでございます^^

ただし、高圧的ないしは心無いコメントやメッセージを多くなさる方に関してはこちらから解除させていただく場合がございますので、その旨宜しくお願いします。

123 人のお友達がいます
初澄初澄 * 並盛りジョニー並盛りジョニー *
えりりんたんえりりんたん * KOGちゃんKOGちゃん *
丹沢山猫丹沢山猫 * ritsukiyoritsukiyo *

ファン

43 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) お買い物ゴルフくん (フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック))
2013年4月7日にVW福生認定中古車センターにて購入契約~5月18日に納車され、現在に ...
輸入車その他 内緒 輸入車その他 内緒
公共交通機関及び徒歩、並びにレンタカーでの移動用にw
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
2003年4月10日:納車 2003年4月20日:町田市某所で右直事故(廃車寸前に追い込 ...
フォルクスワーゲン アップ! フォルクスワーゲン アップ!
お買い物ゴルフくんが車検を受けている間の代車でお世話になりました。 トランスミッション ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.