• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

紺ウサギのブログ一覧

2019年01月29日 イイね!

ミルコ・クロコップさん曰く・・・

alt

ってお話がauto sport webさんに掲載されていたので、ちょっと
転載します。


---------------------------------------------------------------------------------

「レッドブルと提携し、ホンダの開発ペースは低下する」と
ルノーF1ボス

ルノー・スポール・レーシングのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは
ホンダはレッドブル・レーシングと組む2019年、パワーユニット(PU/エンジン)の信頼性
向上に努める必要があり、それがパフォーマンスの改善に影響すると考えている。

alt

レッドブルは2018年末で長年のパートナーであるルノーとの契約を解消、2019年からホンダの
パワーユニットを使用する。レッドブルがルノーへの不満を公然と示し続けたこともあり、両者の
関係は悪化している。

レッドブル首脳陣は事あるごとにホンダを称賛し、大きな期待を示しているが、アビテブールは
それについて懐疑的な見方を示した。

マクラーレンからトロロッソへとパートナーを変えたホンダは、2018年シーズンを通してパワー
ユニットを大きく改善したと評価されている。

しかしアビテブールは、エレメント交換とそれによるグリッド降格を回避することなく積極的に
新パワーユニットを入れていったことがホンダのパフォーマンス向上につながったとして、
チャンピオンを狙うレッドブルと組んだことで各エレメント3基あるいは2基のレギュレーションに
従うようになれば、開発はそれほどスムーズにはいかないと考えている。

2018年F1レギュレーションでは、21戦のなかで6エレメントのうちICE(エンジン)、MGU-H、
ターボチャージャーは3基に、エナジーストア、コントロールエレクトロニクス、MGU-Kは2基に
制限され、それを超えるとグリッド降格ペナルティを科された。2018年にトロロッソのピエール・
ガスリーとブレンドン・ハートレーはともに、ICE、MGU-H、ターボチャージャーを8基使用した。

「2019年にエンジンペナルティを5回受けなければならない状況であれば、(新しいパワー
ユニットをどんどん導入するというやり方を)当然控えるだろう」とアビテブールは言う。

「トロロッソでは誰も気にしなくても、レッドブルで同じことが起きれば大問題になる。そのため、
彼らの開発ペースが鈍ることになると思う」

「規則を守ろうとするなら、シーズン中にパワーユニットをアップデートする機会は、我々同様
2回か3回しかない」

「我々はコンストラクターズ選手権のことも考えなければならない。グリッドペナルティを受け
れば、ポイント獲得のチャンスが間違いなく減る。我々はそういうリスクを冒したくない」

 アビテブールは、レッドブル・ホンダの成功の可能性を否定しているわけではなく、ライバルと
みなしてはいるが、一方でルノーも十分戦える状態にあるとの自信を示した。

「ホンダはある意味、脅威であるが、我々は自分たち以外の全員が脅威であると考えている。
その脅威は時間がたつにつれて薄れていくと思っている。ルノーはこの冬、大きく進歩すると
確信しているのだ」

---------------------------------------------------------------------------------

確かに昨シーズンの後半は、ホンダのPUを搭載したトロロッソは決勝に
於いてなかなか思うような成績を挙げられなかったので、言わんとして
いることは分かりますが、ルノー陣営で最大のポイントゲッターだった
レッドブルがホンダに鞍替えした事に対する恨み節にしか聞こえない
ので、やっぱり・・・

alt

って感じですし・・・


もしレッドブルがホンダじゃなくてフェラーリ
あるいはメルセデスのPUにしたら、果たして
同じ事を言えるのかな?!www

で・・・

今回の件もさることながら、現在ディーゼル車が数多く走るフランスが
ディーゼル車(とガソリン車)を廃してEVとHVにシフトしますと言い出した
のは、日本メーカー(殊にマツダ)のディーゼルエンジンの排ガスレベルに
ヨーロッパの各メーカーが現時点で達せないと分かり、イギリスと結託して
日本メーカーを叩きたい意図もあるだろうし・・・

昨年逮捕されたカルロス・ゴーン氏については、瀕死の状態だった日産を
救ったまでは良いにしても、ついこの間まで会長の座にしがみついて院政を
敷いたばかりか、海外にある自身の邸宅やヨットクラブの費用を日産に負担
させるなど会社を私物化したりとやりたい放題で、挙げ句の果てにはルノー
との合併まで考えていたようですし・・・

そのゴーン氏が逮捕された件の意趣返しとばかりに竹田恒泰JOC会長が
委員に賄賂を送った件を今頃になって持ち出したりなので・・・

日本叩きにうつつを抜かしているし、酷いのになると日本に寄生しながら
ですから・・・

フランス人は九州から玄界灘を挟んですぐの
場所にある半島の連中に相通ずるものがある
だろうと思いました(;´Д`)

フランス車は合理的なだけでなくオサレなんだけど、人としては相当クセが
悪いのかもしれませんね。

まぁそれはともかくとして・・・

そんな事でいちいちギャアギャア騒ぐヒマがある
ならば、リカルドやヒュルケンベルグが毎戦優勝
または表彰台を狙えるマシンを作ることに時間を
割きなさいよと小一時間www
Posted at 2019/01/29 22:16:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2019年01月28日 イイね!

今夜くらべてみました・・・Part21

先日の平日休みに八ツ山橋で京急撮りをしていたら・・・

今や最大勢力となった1000形電車(大半は銀様と呼ばれる6次車以降の
ステンレスですが)の往来が非常に多かったように思いました。

ちなみに1000形は元々アルミ車体で登場し、先に登場した2100形と同じく
シーメンスのドレミファインバータを搭載しておりましたが・・・

alt

4次車以降は同じシーメンスでもドレミファを言わないタイプが搭載される
ようになりました。

※ドレミファが搭載されている1次~3次車についても、メンテナンス性に
優れた国産のLGBTじゃなかったIGBTに順次換装されているため、先に
全編成でドレミファを言わなくなった2100形に続き、この形式もドレミファ
全滅になることは確実でしょう(´;ω;`)

そして6次車以降は上述の通り京急初のステンレス車体となりましたが、
こちらも製造年次によって走行機器や車内設備の他、側面の帯なんかも
微妙に違いがあるので、見ていきましょうか。

①1089編成(7次車)

alt

alt

前頭部は普通鋼でなおかつ塗装されていますが、アルミ車に比べるといくらか
簡略化された顔つきですし、側面はステンレスで無塗装でOKな特性を活かして
側窓部分の上部に赤いフィルム、下部に1500形のような細い白帯を入れた赤い
フィルムをそれぞれ貼ってありますが、これを最初見た時は・・・

京急終了のお知らせか?!(´;ω;`)

と思ったものです。

②1805編成(16次車:1000形1800番台)

alt


alt

こちらの編成は貫通扉が真ん中につく1800番台ですが、これが製造される
前の年次(15次車)より”伝統的な塗装を再現したい”と言う社内からの要望に
よって赤と白のフィルムが貼られるようになり、これまでよりも見映えが良く
なりました。

③1649編成(17次車:1000形1600番台)

alt

alt

15次車~16次車に於いては京急の”伝統的な塗装”を再現させるべく、赤白の
フィルムが貼られましたが、この年次に於いてはステンレス車体に本当に塗装を
施したわけですが、その結果・・・

初期のケチくささが消えて、京急らしさが甦ったと言っても
良いんじゃないでしょうか♪ヾ(*´∀`*)ノ

ちなみにステンレス車両を全塗装したのは南海の1000系ぐらいで、関東の私鉄
では初の試みだそうな・・・。

以上三種類をじっくりと見てみて、絶対的な見てくれの良さでは逆立ちしたって
アルミ車には敵わないんだけど・・・

この中だったら間違いなくステンレス車体を
全塗装した最近の仕様ですねぇ♪(*´∀`*)
Posted at 2019/01/28 22:08:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2019年01月27日 イイね!

湘南T-SITEのモーニングクルーズに行ってみた♪(*´∀`*):2019年1月

本日湘南T-SITEで開催されたモーニングクルーズですが、テーマが”青い
クルマ”と言うことで、ちょっと足を運んできましたヾ(*´∀`*)ノ


alt

6時半過ぎに出発して・・・

alt

行きしなはオール下道で向かったところ8時ちょっと過ぎに現地に着き・・・

alt

少し駐車場の入場待ちをして会場に到着。

alt

既にかなりの台数が揃っており、なんとも
素晴らしい眺めです♪(*´艸`*)

alt

alt

alt

そして今回協賛したオーテックさんも青いクルマを展示しておりましたが・・・

alt

藍色に近い青がなかなか洒落ています(*´∀`)

会場ではクルマを見たり撮ったりがほとんどでしたが、みん友さんや知り
合いの方もちらほらいらしていたのでちょっぴりおしゃべりしつつ過ごし、
10時過ぎに離脱。

帰りは横浜新道~第三京浜のルートを通りましたが、途中トイレ休憩を
兼ねて都筑PAに立ち寄ると・・・

今はほとんど目にすることのないヴィークロスや日本に正規で入らない
チンクエチェントを目にするおまけが付いてきました^^

alt

alt

ってことで、湘南T-SITEでのモーニングクルーズを堪能してきましたが、
絡んで下さった皆様有難うございましたm(_ _)m

気になったクルマはまた改めて。
Posted at 2019/01/27 14:27:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | オフ会 | 日記
2019年01月26日 イイね!

LEXUS LC500に乗ってみた♪(*´∀`*)

つい2週間前のことですが・・・

alt

LEXUS Meets Hibiyaさんに初詣して、一度乗ってみたかったLC500を
テストドライブしてきました^^

alt

この車種は試乗予約できる日(前月の1日)に予約がすぐ埋まる人気の
高い車種なんですが、前日の昼に試乗予約のページを見るとこの日の
午後の枠が1つポコッと空いており(恐らく誰かがキャンセルして
空いた
ものと思われ)、思わず予約を入れた次第(;´∀`)

そして約束の時間に受付を行い、試乗コースを決めて待つことしばしで
試乗車へと案内されました。

alt

着座位置の低さに驚きつつ、シートとミラーの位置を合わせて路上へ。

そしてアクセルを踏み込むと、LFAのような”天使の咆哮”とはいかない
までも・・

マーヴィン・ゲイがシャウトするかのようなエグゾースト
ノートにちょっとばかり痺れました(*´Д`)



今回目的地に定めたイタリア街にあっさり着いたので、ここで外観など
チェックすることに。

まずは外観から・・・。

alt

顔立ちは同クラスのヨーロッパ車に比べて少し上品で、プロポーションに
ついては肉感的でありながらもキレイなものなので・・・

メルセデスのSクラスクーペやBMWの8シリーズ、及び
ジャガーのFタイプやマセラティのグランツーリズモよりも
魅力的に映るフォトジェニックな一台かと♪(*´艸`*)

そして内装について・・・

alt

以前試乗したLSだと単眼式のメーターパネルに違和感を覚えたものの、
LCだとキャラクターと合っていると思え、全然違和感が感じられなかった
ので不思議なものです(;^ω^)

alt

インフォテイメントのコントローラーは以前のマウス風のやつに比べたら
改善がなされているものの、メルセデスやBMW及びAUDIに比べたら話に
ならないほど操作性が良くないので、変に凝ったものを採用せずマツダ
コネクトのようにダイヤル+ジョイスティックのコントローラーにしたら?と
小一時間。

今度はエンジンとミッションについて・・・。

alt

RCFやGSFと同じく5リッターV8NAで最高出力が477馬力、最大トルクが
55.1kgfとマッシヴなエンジンを搭載し、ミッションはLS500と同じく10速の
トルコンATが採用されています。

一通り見てもまだ時間が余っていたので品川埠頭で撮影しようと思い、
ついでなのでドライブモードの違いをチェックすることにしました。

まずはSport S(及びSport S+)について。

alt

alt

アクセルを踏み込むと肉食女子ならぬ肉食獣の如くエンジンが吼えるし、
アクセルに対して反応が恐ろしく速いので自制心が要求されます(;^ω^)

お次はEcoについて。

alt

Sport SやS+に比べると明らかにパワーが絞られ、きちんと躾けられた
ワンちゃん並みにおとなしくなりますし、反応も幾分ダルさを覚えますが、
それでも交通の流れをしっかりとリードできます。

最後にNormal(及びComfortも?)について。

alt

EcoとSport S(及びS+)のちょうど中間点って感じでしょうか?!

ブレーキに関しては、効きもですがタッチがソリッドなことに好感を持て
ましたし、乗り心地に関してはスポーツカーではなくパーソナルクーペの
立ち位置なだけに、どのドライブモードに於いてもメルセデスのAMGや
BMWのMモデルより遥かに優しいものでした。

そして品川埠頭でひとしきり撮影をして・・・

alt

alt

ほぼオンタイムで元の場所に到着して試乗終了です。

そう言えば、LCにもし乗れる機会があったらってことで似合いそうな曲を
iPhoneに詰め込んできたのですが・・・

alt

V8のエグゾーストノートがあまりに魅力的だったので、
ちょっと忘却の川に流してしまいましたw

まぁそれはLC500hが試乗車にラインナップされ、乗れそうな時に取って
おくことにしようかと(;´∀`)

と言うわけで、予約開始時にほぼ瞬殺で試乗枠が埋まってしまうLCに
偶然キャンセルが出たからとは言え、こんなに早く乗れたのは意外や
意外でしたし・・・

トヨタが本気を出せばこんなにすごい一台が
出来ることにビックリさせられました\(◎o◎)/!

これでエンジンのクランクシャフトをフラットプレーンにして、等長等爆の
エキマニにしたら・・・

2次振動が発生するデメリットは生ずるものの、V8フェラーリも真っ青に
なるようなサウンドとレスポンスをゲットできるだろうなぁと妄想しつつ、
間違いなくボクの身の丈に合わない一台を試乗させて下さったLEXUS
Meets Hibiyaの皆様に感謝致します。

alt
Posted at 2019/01/26 23:48:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2019年01月24日 イイね!

そんなことより聞いてくれよ>>1よ・・・。

今日の仕事帰りに牛丼の吉野家に行ったんです、吉野家。



そしたらなんか人が意外と多くて、座るにも一苦労だったんです。

で、よく見たら垂れ幕下がってて・・・

alt

150円引き・・・もとい

並盛のお肉が120%に増量!

とか書いてあったんです。

もうねぇ、アホかとバカかとって思いつつ並を頼んだんですが・・・

alt

普段だったらアタマの大盛りレベルの肉の量だったので、いつもの
並より確実に多いですね^^

吉野家の牛丼を久々に食してみて・・・

仕事が押した時の昼飯でたまにすき家の牛丼を食しますが、
すき家の牛丼よりも確実に美味いと改めて思いました(*´∀`*)

Posted at 2019/01/24 22:45:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 飲み物&食べ物 | 日記

プロフィール

「@ritsukiyo さん

東日本大震災の時もそれだけキレイに売れ残っていましたねw

そんなもん食っても美味かないでしょうし、ともすりゃ具合も悪くなるでしょうから、ただでさえ地震で酷い目に遭った上に罰ゲームなんか誰も受けたくないでしょうし。」
何シテル?   10/14 13:12
紺ウサギです。 ゴルフ5GTI海苔になって7年目に突入しましたが、トラブル無く楽しんでいければイイなと思っております♪ 日頃はバタバタしていることが...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) お買い物ゴルフくん (フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック))
2013年4月7日にVW福生認定中古車センターにて購入契約~5月18日に納車され、現在に ...
輸入車その他 内緒 輸入車その他 内緒
公共交通機関及び徒歩、並びにレンタカーでの移動用にw
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
2003年4月10日:納車 2003年4月20日:町田市某所で右直事故(廃車寸前に追い込 ...
フォルクスワーゲン アップ! フォルクスワーゲン アップ!
お買い物ゴルフくんが車検を受けている間の代車でお世話になりました。 トランスミッション ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.