• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

f r a n kのブログ一覧

2006年05月27日 イイね!

筑波通い(第一章)終

筑波通い(第一章)終

明るいうちに帰る必要があったので、急いで荷物をまとめて出発。

筑波から一般道をこの状態で走行して来ました。
距離にして80km近く?
無謀?






ラジエータやエアコンのコンデンサーが運転席側に寄っています。
エグゾーストマニフォルドから数センチ。
電動ファンは回っていない様子。でも遠回りでもなるべく渋滞回避して走り続けたので、水温は上がっても98度程度。
奇跡的にも液体関係が全く漏れていないのが救い。
ライトも左の車幅灯が切れているのみ。
右のヘッドライトは何とか普通に照らしてくれた。左は下を向いて目の前を照らしている。

左側がもげて、かろうじて右側のフレームに繋がって前方にグラグラするボディのバンパー部分?は自分でもぎ取って捨ててきました。パフォーマンスメンバーがあって良かったのかもしれない。

法定速度+αで左フロントがブレだし、ブレーキ時にコクンコクンと鳴るのでちょっと不安でしたが、なるべく強いブレーキを使わない運転で無事到着。

途中パンダとすれ違ったけど、幸いオレンジボールは振られなかった。(^^ゞ

それより、アジア系と思われる外国人が環七の横断歩道を渡っている間中、目を丸くしてこちらをずーっと見ているので、かえってこちらが吹き出しそうになりました。
来日当初は日本はピカピカの車ばかり走っていて驚いたけど、そんな中をこんな車が走っているなんてと、逆に驚いていたのでしょうね。(^^)


Posted at 2006/05/29 01:42:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | 筑波2000 | 日記
2006年05月26日 イイね!

筑波通い(明と暗)暗

筑波通い(明と暗)暗


お察しの通り、こういう結果が待っていました。

幸い身体は何ともありません。





原因は、最終コーナー手前でコース左に寄せ過ぎたため、50m看板辺りでターンイン時に左リアが脱輪(コースオフ)。それに驚いてハンドルを急に切ってスピンしたって感じ?です。本来はターンイン直後(ほぼ同時)に減速、そしてシフトダウンという順序なので、最高速(たぶん145km/hぐらい)で減速せずにスピンしたことになります。

全く予期せぬ出来事なので対処しようもなく、(というところが経験不足&初心者にありがちな慣れた頃の落とし穴?ということでしょうか)クラッシュするまでは時間にして3秒もないです。145km/hも出していれば、そんな急ハンドルなんて普通切らないでしょ?

まるでフェイントタイミングを誤ったドリフト状態。もう少し先でこうなっていたら、無事にコーナーを切り抜けられたかも?(^0^;)

カウンターも虚しく、あっという間に右へ90度くらい回転して横を向きながらコースに沿って段々とピットロード側のガードレールへ。やや斜め後ろ気味になりながら、写真の通り、やや左フロントから当たり、その瞬間そっくり前が左から右へと削ぎ落とされ、その飛んで行くバンパーとフォグを見つつ、更に回転して左リアをヒット。それでも止まらずに、そのまま惰性で更に180度回って、ピットロードとコースを隔てるラフの土埃を思いっきりかぶりつつ、ピットロード上に前半分を乗せてガードレールに向かい合ってストップ。(この間、ブレーキを踏んでいたんだろうか!?)

エンジンを再始動させてみたら、かかったので、試しにそのままピットへ向かってみる。

そうです、不幸中の幸いは、ピットロード上に誰もいなかったことです!

左フロントが多少上下動するのと(タイヤとホイールの間に分離帯の草と土が挟まったままになっていた)、10時で直進という程、左が前へ右が後ろへ引っ込んだ感じに左右のフレーム?がズレた模様。

衝突の瞬間、ビデオカメラのレンズ内のレンズが大きくずれて画面ががボヤボヤに。ピットロード終わりになってやっとフォーカスが復活。なので、残念ながらクルマがスピンしながらバンパーが飛んで行くのが見えるシーンは撮れませんでした。

そうです、F1などの車載カメラは単焦点のパンフォーカスレンズだから、そういうことにならないんですね!
ということもついでに勉強してしまいました。

試行錯誤の繰り返しの結末がこれですので、なんともはや。
せっかくタイム出してもクラッシュしたんじゃぁ、意味がない。
同じ走行枠じゃないにしても、無事に帰らないとね。

果たして復活できるのか?


Posted at 2006/05/28 21:59:02 | コメント(3) | トラックバック(0) | 筑波2000 | 日記
2006年05月26日 イイね!

筑波通い(明と暗)明

筑波通い(明と暗)明
先週は天気予報が雨だったので、残念ながらキャンセル。
なので、今回もまたレースウィークに走行することに。
何台かの81が練習に来ているのだろうか、JIN.JINさんにもお会いできるのだろうか。などと思いつつ。

前回から1ヶ月。


ファミリー走行ライセンスを取得してから早5ヶ月。
これでTC2000はファミ走以外も含めまだ8日目。
今まで試行錯誤の繰りかえしでしたが、今回は決着を。
(って何の?)

ずばり、この足回り(スズスポのノーマル形状スポーツサスセット)のまま、前回から0.32秒短縮の12秒台へ!

前回との違い:
まずは減ったブレーキパッド交換されていること。
そしてビッグスロットル見学がキッカケ?で、エンジンマウントが強化品に変更されていること。

相変わらず軽量化とは無縁で、カーボンものはなし。せいぜい後部座席のヘッドレスト、テンポラリータイヤ、カーナビ、マット類を降ろしておくくらい。

以上。

天気は今にも雨が降り出しそうな曇り。
気温:20.4度
風は、、、記録忘れ。

タイヤの空気圧は冷間でフロントを190kPa、リアは200kPaに調整。
ダンパーの減衰はフロントを5、リアを8にセット。

で結果は?

Y1(14:00~14:30)
ベストラップ 1'12"95
セカンド1'13"06
サード1'13"31


総ラップ数:21周
内アタックラップ:15周
内クリアラップ:10周

ハッキリ言って、12秒台を継続させるのはちょっと辛いです。
上記ベスト3ラップ以外は13.5秒台が5ラップありました。たぶんこれは、今のクルマの状態(1)と自分の運転スタイル(レベル)(2)、しっくり来る走行ライン(3)、という組み合わせでの基本線なんだと思います。
これ以上短縮するには、タイヤを温存して一発でノーミスで回るか、誰かに先導してもらうか、他に自分で最速な走行ラインと運転リズムを探し出すか。更にはその組あ合わせも、、、。なるほど、区間タイムと車載カメラが重要なのは、そう言う意味ね。などと今更感心したりして。
それ以前に、本当にこれ以上のタイムをこのクルマで出せるのか?という疑問、、、。
物理の法則を越えて根性だけで速くはならないし、かと言ってもねぇ、、やはり軽量化か。
などと、浮かんで来るくらいにだんだんと疲れてきた。

タイヤを労りつつタイム稼ぐ。「言うは易く行うは難し」にピッタリ。
どうやればタイヤに優しく、(結果としての)コーナリングスピードを上げられるのか。
まだまだ謎が多い。

走行後の空気圧は
左フロント:250kPa、左リア:230kPa。
右フロント:235kPa、右リア:225kPa。

ついでなので、ここに現在の仕様を記しておこうと思いましたが、その前にそのリストを作らないと、、。

とにもかくにも、念願の自己目標12秒台を達成!
これでチューニングも次のステップへ!

と、意気込んでY2(15:30~16:00)へ。



Posted at 2006/05/28 01:22:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | 筑波2000 | 日記
2006年05月20日 イイね!

甲州街道(日影笹子線)

甲州街道(日影笹子線)

鳥がけたたましく鳴き響む。

夜が近い。

天狗さま、後は宜しく~。

お邪魔しました~。



Posted at 2006/05/27 19:11:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 峠道・街道アラカルト | 日記
2006年05月20日 イイね!

甲州街道(国道20号ではなく)

甲州街道(国道20号ではなく)
日影笹子線を大月方面へ。

突然前をタヌキが横切り、ムササビ?が滑空する。

夜が近い。

お邪魔しました~。



Posted at 2006/05/27 19:03:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 峠道・街道アラカルト | 日記

プロフィール

「1年ぶりにブログアップ!」
何シテル?   07/06 11:55
只今サーキット走行はほぼ休止状態です。。ということでクルマ関連の話題も含めブログアップが激減しています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2006/5 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

本当は「お友達」感覚って、一度お会いした方からが自然では(^^)? つまり、「お友達」っていうネーミングが良くないってことね。
34 人のお友達がいます
あおがえるあおがえる * 3yo3yo *
のら三毛のら三毛 ケイスポケイスポ
佐野@道楽者佐野@道楽者 せいごう@みなみかんせいごう@みなみかん

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
この軽快さ=気軽さは病みつきになります。 本当に速いのが好ければ、他にすれば? 現在の仕 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.