• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ラノッテくりおのブログ一覧

2020年08月13日 イイね!

プラモデル、フェラーリ512S完成。と次は90年代の…

プラモデル、フェラーリ512S完成。と次は90年代の…先週の土曜日から長いお盆連休に入っている私。
本当はダム巡りで県外遠征をいろいろ考えていたのですが、やはり今は自粛した方が良いと判断して止めました。
クリオには数日前の猛暑日に午前中だけメンテナンス走行をしただけです。
ということで、毎日プラモデル作りの日々を送っております。
現在制作中のユニオンモデル フェラーリ512S、先ずはボディのクリヤ塗装の研ぎ出しを完了。


セミモノコックシャシーへエンジンを搭載するため鋼管フレームを再現した細くて折れそうなプラパーツを組んで行きます。

リヤサス周りや事前に組んでおいた複雑なエキマニも取り付けて行きます。

接着剤が乾いたところでシャシーと仮合わせしてみます。
「車高がピッタリ合いました~」って感じになってますが、最初に組んだ時はエンジンとシャシーが明らかに”への字”になっててホットロッド状態に!

修正するにも接着剤は乾いているのでエンジンマウント部に接する鋼管フレーム6点の内、上部2点を1.5mm、中間2点を1.0mmそれぞれ切り詰めました。
三角関数で計算なんて出来ないので勘でやりましたが何とか調整出来ました。

油断しました。”このキットはタミヤ製ではない”というのを再認識しましたw。

リヤカウルにスポイラーを取り付けるのですが穴がありません。

箱写真を基に位置決めして一発勝負でボディに接着という緊張感。

リヤカウル開閉用のヒンジの接着剤が乾いたらシャシーとボディを接合します。
赤色塗装後の仮組みは良かったのですが、クリヤ塗料の厚みで合わせが若干渋くなりましたが接合は出来ました。

そのあとはフロントスポイラーやミラーやワイパーなどを取り付けていき…

完成しました♪

フェラーリのレーシングカーはカッコいいなぁ~。

最後まで修正と調整だらけの手強いキットでしたが形に出来てホッとしました。


最大のライバルであるポルシェ917には若干水を空けられていた感はありますがフェラーリはサーキットに存在するだけで華があります。

プラグコードの追加工は白いエキマニに映えて良い感じになりました。

これは施しておいて良かったです。

コロナ禍の外出自粛を機に嵌ってしまったプラモデル作り。
5月中旬から始めてこれまでに3台作りました。

振り返ってみると’60年代開発(活躍は1970年)のフェラーリ512S、’70年代のランチャストラトスターボ、’80年代のフェラーリテスタロッサ。

そして、次に作ろうと思っていたのが偶然にも’90年代のレーシングマシン

ホンダシビックEF9グループA仕様、アオシマ製のキットです。
このEF9型シビックは私がクリオに乗る前に乗っていて今でも好きな車です。

このキットの存在を知ったのは正にプラモデルを作り始めた5月。参考にするためにYoutubeでプラモデル制作動画を見漁り始めた時にこのキットを作っている動画に行き当たりました。
「おぉ‼」と歓喜して調べてみると発売されたのが2018年と知り、県内の思い付く模型取扱い店に店頭在庫を探しに行きましたが何処にも無し。
諦め半分で念のためとある家電量販店で県内外の他店舗在庫を調べて貰ったら…
後日「他のお客さんの予約キャンセル品が残っていました」と連絡が有り手に入れる事が出来ました。割引価格でw。
※某オークションではかなり強気な値段で出品されています。

今回はフェラーリ512Sがあまりにも手強くて苦戦したのでこのEF9シビックを並行して作る気力がありませんでした。
制作の連鎖を一旦リセットできたので気持ちを切り替えて挑みます。

お盆休み後半でボディ塗装の下地作りまで進められたらいいなと思います。

以上、フェラーリ512Sの完成報告でした(^^)/
Posted at 2020/08/13 18:04:30 | コメント(3) | トラックバック(0) | プラモデル | 日記
2020年08月02日 イイね!

プラモデル、フェラーリ512Sの進捗状況。

プラモデル、フェラーリ512Sの進捗状況。北陸地方がようやく梅雨明けしました。

湿度が下がって絶好の塗装日和だったので朝からボディへのクリヤ塗装を始めました。
塗装の乾燥待ちの間に既に組み立ててあったエンジン部のカスタムを並行して始めました。


何をするかと言うと取説にあるプラグコードの再現です。
器用なモデラーさんらがよくやっていますね。

私は基本的に素組みなので取説に書いてあること以外はしないのですが、そのカスタムが取説に書かれてしまっているので再現に挑戦しました。

先ずは模型屋さんで材料を調達。

本来は黒だと思うのですが目立った方がカッコイイので赤色にしました♪

プラグをニッパーで切り飛ばして穴を開けてエンジン側を完了。

うまく中心に開けられなかった所はパテで補修したりして大変でした。

そしてデスビ側への配線となるのですが、そのパーツ(C-95)パイプになっていると思い込んでいたのにΦ6mm位の無垢材!
パイプだったら適当に配線を押し込んでパテで埋めようと思ったのに…
仕方がないので0.5mmのドリルで12個の穴を開けました。

配線の順番は”12気筒エンジン 点火順序”で検索してその順番で配線しました。
時計回りで行いましたが定かではありません。雰囲気が出れば良しとします。

そして、クリヤ塗装が完了しました。しっとり濡れた様な艶が出ました。

このボディはリベットが至る所に再現されていて塗装のゆず肌消しの時にリベットの所の下地が出てしまって修正が大変でした。
クリヤ塗装の研ぎ出しで下地が出てしまうのを回避するために分厚く塗りました。

来週はクリヤ塗装のゆず肌消しから研ぎ出しになります。

完成が近づいて来て楽しみですが、そろそろ次のお題を検討しようと思います。
過去のストックから選定するか…
新規で購入したキットにするか…

以上、フェラーリ512Sの状況でした(^^)/
Posted at 2020/08/02 22:31:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | プラモデル | 日記

プロフィール

「@ackey.kana さん、なるほど~そうでしたか。完成楽しみです(^^)/」
何シテル?   04/17 22:45
ラノッテくりおです。 恥ずかしながら参加を決意しました。 よろしくお願いします。 登録したとたんに車が壊れるんじゃないかと心配しております。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/8 >>

      1
2345678
9101112 131415
16171819202122
23242526272829
3031     

愛車一覧

ルノー ルーテシア ルノー ルーテシア
新車で購入してから丸26年を過ぎ、27年目に突入しました。 これからも”太く長く”楽しく ...
ホンダ シビック ホンダ シビック
免許を取って初めて中古で購入しました。
ホンダ シビック ホンダ シビック
天井知らずに回るエンジンが最高でした! 購入後8か月で24,000km走った挙句 ガード ...
ホンダ シビック ホンダ シビック
”つなぎ”で購入した中古車。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.