• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

r1shuujiの愛車 [ドゥカティ モンスター S4RS テスタストレッタ]

念願の“AELLA製アンダーステム”に換装しました!

カテゴリ : 外装 > その他 > その他
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度★★★
作業時間3時間以内
作業日 : 2015年12月13日
1
クリアアルマイト加工を終えて返送されてきたアンダーステムを装着しました!

でもって、先ずはレーシングスタンドを掛けた状態でフロント周りすべて取り外したら、ラチェット式タイダウンベルト&脚立を使ってフロントを宙吊りにします。
2
次にトップブリッジを取り外したら、専用のアタッチメントを使ってステムナットを緩めると・・・
3
アンダーステムをステムシャフトごとスポッと抜き取る事ができます。

愛車S4RSは2007年モデルなので製造から丸10年経った事になりますが、今まで1度もメンテしていない事もあって、下側のベアリングはご覧の有様で・・・(滝汗)

DUCATIの泣き所、ステムナットから侵入した雨水や洗車時の水で、ベアリングの鋼球が黒く変色しています!(驚愕)
4
取り敢えず下側のコーンレースは♯1000番の耐水ペーパーで磨いて、固着した汚れたを取り除きキレイに掃除しておきました。

本当は交換した方が良いのですが、準備していなかったので今回はこのまま再利用して、後日また交換したいと思います。(苦笑)
5
ちなみに、上側のコーンレースにも汚れが固着していましたが、幸いにも下側よりは良い状態でした・・・(汗)
6
さて、ベアリングと内側のコーンレースはAELLA製アンダーステムに付属していたモノを使用しますが、外側のコーンレースを再利用するため防水グリスをかなり多めに塗布しておきました。

また、ステムシャフトにも塗り付けて、以後サビて変色しない様にしています。(笑)

7
でもって、トップブリッジやハンドルバーを元通りに組み付けたら、もう一度レーシングスタンドを掛けて、タイダウンベルトを緩めて脚立ごと取り外します。
8
そして、フロントフォーク➡︎フロントフェンダー➡︎フロントタイヤの順に組み付けたら、最後にキャリパーを装着して一連の作業は終了です。

純正の細くて貧相なアンダーステムが、ブッ太く高品位のジュラルミン製の削り出しパーツになったことでグッと印象が良くなりました♪(笑)

あ〜あ、後日新品のベアリングが届いたらもう一度同じ作業をしないと・・・(滝汗)

関連パーツレビュー

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

クラッチ点検(その1)

難易度:

バックミラー交換

難易度:

ポチったものをつけてみましたが

難易度:

ハブベアリング清掃

難易度:

サスペンション交換

難易度:

メーターマウントのあれ

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「ぼんびーカスタム“ステッカーチューン”、なう💦」
何シテル?   10/21 15:00
四国・松山在住のr1shuujiです。高校1年(正確には中学3年の冬)からずっとバイクに乗っています。 一番最初に乗ったのは亡き親父のスーパーカブで、その後数...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

お友達

ファン

43 人のファンがいます

愛車一覧

ドゥカティ モンスター S4RS テスタストレッタ ドゥカティ モンスター S4RS テスタストレッタ
DUCATI モンスター S4RS<2018年仕様>です。 前車のKAWASAKI Z ...
フィアット アバルト・595 (ハッチバック) アバルト595 ホットハッチ (フィアット アバルト・595 (ハッチバック))
あ、は、は・・・💦 サソリ🦂の毒にやられました❗️🤣
アウディ TT クーペ アウディ TT クーペ
■2018.7.26 乗り換えのためドナドナ 次男坊と共有ってことで、アウディ TT ...
スズキ DR-Z400SM スズキ DR-Z400SM
次男坊の愛車、スズキDR-Z400SMです。 今では貴重な排気量398ccの単気筒エン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.