• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年03月02日

美術館で初恋の人に遭遇する

美術館で初恋の人に遭遇する 子どもの頃のある日、参院選の政見放送を見ていたら、和服を着、化粧を施した中年の男性がオネエ言葉で同性愛差別の撤廃を叫んでいて、大きな衝撃を受けたものだった。あれから45年。マツコ・デラックス氏の活躍や同性婚の書類を自治体が受理する様子などを見るにつけ、彼(女)らの存在は、もはや単なるマイノリティという分類の枠の中に収まりきらなくなったように思う。そしてその当時、アルツハイマー型認知症は脳軟化症と呼ばれていた。

以下は、3月2日付の産経新聞の記事より。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

責任能力がない認知症男性=当時(91)=が徘徊(はいかい)中に電車にはねられ死亡した事故で、家族が鉄道会社への賠償責任を負うかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は1日、男性の妻に賠償を命じた2審名古屋高裁判決を破棄、JR東海側の逆転敗訴を言い渡した。判決が確定した。

高齢者の4人に1人が予備軍とされ、平成27年で約520万人、37年で約700万人まで増加すると厚生労働省が推計する認知症。最高裁が示した判断は、認知症など高齢者介護の現場に影響を与えそうだ。

争点は認知症高齢者を介護する家族の監督義務。民法714条では、認知症などが原因で責任能力がない人が損害を与えた場合、被害者救済として「監督義務者」が原則として賠償責任を負うと規定している。1審名古屋地裁は、「目を離さず見守ることを怠った」と男性の妻の責任を認定。長男も「事実上の監督者で適切な措置を取らなかった」として2人に請求通り720万円の賠償を命令した。2審名古屋高裁は「20年以上男性と別居しており、監督者に該当しない」として長男への請求を棄却。妻の責任は1審に続き認定し、359万円の支払いを命じた。

ただ、同居していた妻は高齢の上、「要介護1」の認定を受けていたなど「監督義務を負わせるのは酷だ」と、1、2審判決に批判も多い。また、介護の方針を決定していたとされる長男の責任についても、認知症を抱える家族らから「同居していない家族に責任を負わせれば、家族による積極関与が失われ、介護の現場は崩壊する」と反発が出ていた。

平成19年12月7日、愛知県大府市で徘徊症状のある男性が電車にはねられ死亡。男性は当時「要介護4」の認定を受けていたが、同居していた当時85歳の妻らが目を離したすきに男性は外出していた。事故後、JR東海と遺族は賠償について協議したが合意に至らず、22年、JR側が「運行に支障が出た」として遺族に720万円の支払いを求めて提訴した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仮に高齢者の4人に1人が認知症予備軍であるとするなら、マツコ・デラックス氏どころの騒ぎではなく、これはもう誰が何といっても立派なマジョリティだ。
つまり、私の問題あなたの問題である。

民法は、子どもや精神障害者が他人に損害を与えても賠償責任を負わないとした上で、被害救済のため親や家族らが監督義務者として原則的に責任を負うと定めている。
だから今回の訴訟では、認知症の人を介護する家族の監督義務の有無が争点となった。

同時に、最高裁の判断は今後の介護のあり方にも大きな影響を与える可能性があるので、メディアも注目していたのである。

で、肝心の家族が監督義務者にあたるかどうかだが、監督が可能で容易な立場だったかなどを総合的に考慮すべきだとする初判断を示し、その結果、本事例では妻及び長男は監督義務者にあたらないとした。

ただし5人の裁判官のうち2人が、「長男は監督義務者にあたるが、自分の妻を男性の近くに住まわせるなど義務を尽くしており、免責される」という意見を付けたのは注目すべきだ。

85歳の妻は自らが要介護1にもかかわらず、我が亭主のことゆえ何とか面倒見ようとしていた。
また東京在住の長男も、自分の代わりに妻を両親のもとにやり介護させていた・・・要するに、家族としてできる範囲のことはやり遂げた上での悲劇・・・というのが今回の判決のポイントであり、とても腑に落ちる。

したがって、監督義務があるのに認知症の人を故意に放置していた家族に対しては、賠償責任を負う余地を残したわけであり、この判決をもって被害者は全て泣き寝入りというのはあたらないと考える。

高齢者ドライバーの高速道路逆走事故については保険が適用されるのだろうが、今回の事例を通して思うのは、近い将来、そういった種類の保険加入を社会全体で考慮せざるを得なくなるのでは・・・ということだ。

現状老々介護は当たり前。早晩、認知症の人が認知症の家族を介護する認々介が差し迫った問題となるに違いない。
政治家も官僚も学識者も誠に心もとない限りだが、あるべき制度設計も含め、現場が諦めず声をあげていくしかないのだろう。


さて、お話し変わって一昨日、東京都美術館のボッティチェリ展に行ってみた。
元々月曜は休館日なのだが、障害者を対象とした特別鑑賞会に当選したのである。


恒例により、ボッティチェリのプロフィールをひとくさり・・・。

15世紀後半の初期ルネッサンスで最も業績を残したフィレンツェ派を代表する画家。

明確な輪郭線と、繊細でありながら古典を感じさせる優美で洗練された線描手法を用いて、牧歌的で大らかな人文主義的傾向の強い作品を手がけ、当時、フィレンツェの絶対的な権力者であったメディチ家から高い信用を得る。
その特徴的な表現は、初期ルネサンスとフィレンツェ派の典型として広く認知されている。皮なめし職人の子供として1445年に生を受け、生涯独身をとおす。

画僧フィリッポ・リッピの元で修行を行い、当時の花形工房であったヴェロッキオの工房とも関係を持つ。1470年に制作された商業裁判所のための寓意画『剛殺』が初作品。

以降約20年間にわたり時の権力者メディチ家の支配下にあったフィレンツェで第一線の画家として活躍。

1481年ローマに呼ばれシスティーナ礼拝堂の壁画制作に携わる。
同年代には春(ラ・プリマベーラ)やビーナスの誕生など異教的な神話を題材にした傑作を残すが、晩年はサヴォナローラの宗教的影響を強く受け、硬質的で神経質な表現へと作風が一変。

サヴォナローラの失策もあり人気が急落、ついには画業を止めるに至った。
最晩年は孤独のうちに死去。享年65歳。


9時10分、輸送機にて自宅を出発。
飯田橋で首都高を下り、10時15分トウチャコである。
身障者用スペースに止めさせて頂く。






地下1階で受付を済ませる。
シャアとメーテルでお馴染み、豪華両声優がナレーションしてくれる520円也の音声ガイド機をお借りし、会場に入る。


左奥にいきなりの東方三博士の礼拝

救世主イエスの降誕を告げる新星を発見した東方の三人の王(メルヒオール・カスパル・バルタザールとされる)が、エルサレムでヘロデ王にその出生地を聞いた後、星に導かれベツレヘムの地でイエスを礼拝する場面だ。
ボッティチェリの最も著名な作品として広く世に知られている。
大きな特徴は、権力者でありメディチ家の主人だった人物や、当時の知識人などが描き込まれている点。
そして何より、右下にボッティチェリ本人がとてもハンサムに描かれている。
この時点で小生は確信した。ボッティチェリはかなりのナルシストであると。
まぁ、芸術家にはよくあること・・・。

次に、師匠であるフィリッポ・リッピ(←この方、僧でありながら教会から修道女を奪い、駆け落ちしたそうですゾ・・・素敵!)の工房の作品が続く。
バラ園の聖母が美しい。

1階に上がり、すぐの中央に書斎の聖アウグスティヌス
007のショーン・コネリーがモデルかと思うほどよく似ている。
ラテン教会四大博士のひとりで、キリスト教で最も著名な聖人だそうである。

我が家に持ち帰りたかった作品NO1は、やはり美しきシモネッタの肖像

15世紀のフィレンツェは、古代ローマ時代に花の女神フローラの町といわれた。
交易や毛織物業で栄えたフィレンツェに、金融業で財を成したメディチ家の当主ロレンツォ・デ・メディチにより、ルネッサンスの華が咲きはじめる。

当時ロレンツォはカレッジと呼ばれる別荘を建て、絶対支配のキリスト教に対し古代ギリシャやローマの神々、新プラトン主義を志向した。そして幾多の画家、詩人、哲学者を集めた。
時代は、歴史的文化革命=ルネッサンスの黄金時代を迎える。

その中心的な女性像として、フィレンツェ市民に愛された絶世の美女シモネッタは、ボッティチェリはもとより、レオナルド・ダ・ヴィンチらの絵画にもルネサンスの総てをまとい「時代の女神」として登場するのである。

しかし、美人薄命は世の習い。肺結核のため23歳でこの世を去ったシモネッタ。彼女の死を悲しんで、フィレンツェ中の鐘が一斉に鳴り響いたという。

ボッティチェリが描く女性には、ある種のパターン(面長の顔だち、広い額、ウエーブのかかったブロンドの髪など)が見られる。
その女性像の原型がシモネッタではないかとの説が有力らしいが、いずれにしても、美しきシモネッタの肖像に描かれた彼女は、まるでサイレント映画のスターそのものである。
今でもこの絵が丸紅本社にあるのか、学芸員の方に聞きそびれてしまった。

次に進むと、これまた有名なアペレスの誹謗

ボッティチェリは当時、フィレンツェを支配していたメディチ家を批判し、メディチ家当主ロレンツォの死後、失墜したメディチ家に替わり、政治顧問として神政政治を執り行ったドミニコ会の修道士ジロラモ・サヴォナローラに強い思想的影響を受けた。
同時に、その表現様式も大きく変化させていった。

誹謗は、その頃に制作された作品で、1480年代のボッティチェリ独特のルネサンス的な表現は消え失せている。
即ち、暗く神秘的な瞑想と緊張感に溢れていて、ボッティチェリ自身の衰運を暗示しているような印象を受ける。

本作の主題「誹謗」の解釈は諸説唱えられているものの、現在では
①サヴォナローラに傾倒した画家本人へ対する誹謗への抗議
②サヴォナローラの厳格な政治的態度に対する誹謗への抗議
③画家に対してかけられた同性愛疑惑に対する抗議
と、3つの説が有力視されているらしい。

次は師匠の息子であり、ボッティチェリの弟子でもあり、またライバルでもあるフィリピーノ・リッピの絵画が並ぶ。
円形画と三連画の美しさが目を引く。

気がつけば14時近くなっていた。どおりで腹が減るわけである。
2階のレストランに行くと、6人ほど並んでいた。
1階にも喫茶室があったのだが、面倒くさかったのでそのまま待つことにした。

小生の後ろに、同年代と思われるお姉様が二人並んだ。うち一人は松葉杖だ。
見るともなしに横目でチラっと拝見すると、松葉杖の女性に確かに見覚えがある。
たぶん初恋の人だ・・・。少し心臓の鼓動が早くなる。

お姉様がたは、ぺちゃくちゃと喋り出したが、ここでひるんではいられない。
松葉杖のお姉様のほうに思い切って声をお掛けした。

「あの~、失礼ですが間違ったらゴメンナサイ。小学生の時、YMCAの山中湖キャンプにいらっしゃいませんでしたか・・・?」

「はい。行きましたけど・・・。あなたもいらしたの?」

やはり小生の記憶は正しかった。
48年ぶりに初恋の人と遭遇したのだ。

山中湖キャンプとは、東京YMCA・日本肢体不自由児協会・毎日新聞東京社会事業団が主催する、手足が不自由な子どもを対象にした夏休みの体験型キャンプのことである。

まず、年齢別に5~6人の障害児と複数の大学生ボランティアが生活の単位としてのグループをつくり、バンガローに寝泊まりする。食堂とトイレと風呂場は共用である。
全体会以外のプログラムは子どもたち自身で話し合い、自由時間をどのように過ごすか責任をもって決めていく。

小学3年から高校3年まで、男女合わせて50名が対象なので、当然バンガローは男女別だし、ボランティアの大学生も同性である。
ちなみに小生は、小5と小6の時に参加したのだが、初恋の人は1歳年上だった。
小学生はジュニア、中学生はミドラー、高校生はシニアと呼ばれ、別々に行動するので、彼女とお話しできるチャンスは小5の時だけだったと記憶している。


唐突だが、今の藤蔵の骨格をつくってくれたのは紛れもなくこの山中湖キャンプである。
親から離れて初めて生活したのもこのキャンプだし、他者との関係性、個と組織との関係性、自立とは何か、責任とはどういうものか・・・そういう大切なことを体験を通して教えてくれた貴重な6日間だった。


で、お友達の女性の方には割り込む形で申し訳なかったのだが、昔話に花が咲き、3人でランチの時間を過ごすことになった。
初恋の人はIさんと苗字が変わったが、ヘアスタイルも話し方も48年前と同じく、ちょっと宝塚の男役ぽくって嬉しかった。

ルネッサンス黄金期の絵画を堪能させて頂いた上、憧れの人に48年ぶりに遭遇するとはまさに僥倖である。
こういう貴重な機会を設けて下さったすべての方に感謝。

16時15分、帰宅。
下宿のオバサンに一部始終を包み隠さず報告する。

ブログ一覧 | 日記
Posted at 2016/03/02 23:58:53

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

みんカラ:モニターキャンペーン【C ...
ぽにょっちさん

【シェアスタイル】思わぬ拾い物。そ ...
株式会社シェアスタイルさん

本願達成っ!悪夢のエンジンブロー・ ...
☆よっけさん

銀座散策!
pb2400cさん

ワンコと行く福島県会津の旅(^-^ ...
そらくう2号さん

みんカラステッカー プレゼント企画 ...
ウッドミッツさん

この記事へのコメント

2016/03/03 08:01:40
毎度です(^-^)

偶然って凄いですね!
ってか、もはや必然であったかの様な再会。
きっとご縁があったんでしょうね♪

ああ…初恋。
あの胸がキュンとする感覚は
経験した人しか解らへんでしょうね(笑)
コメントへの返答
2016/03/03 11:44:13
こんにちは~^^
コメントを頂きありがとうございます。

48年ぶりの再会ですし、実に驚きました。
1階の喫茶室にしていたら会えなかったわけですし、私の後ろに並んで下さったのもまさに偶然ですしね。

世の中には理論だけでは説明できない、目に見えない力というものがひょっとしてあるのでは・・・そんなことを考えさせられる1日でした。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「[整備] #S4セダン レザーシートコーティング https://minkara.carview.co.jp/userid/1937910/car/1453920/4954843/note.aspx
何シテル?   09/10 18:55
野分の藤蔵と申します。 還暦+1歳の偏屈オヤジです。 家族は下宿のオバサンと二人暮らし。他人様に言えない稼業で、何とか糊口を凌いでおります。 趣味...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

自己紹介どおりのマイノリティな変人オヤジです。
こんな男でよければ、どうぞよろしくお願いします。
46 人のお友達がいます
☆ グッチ ☆☆ グッチ ☆ * PootaroPootaro *
Tomozo:Tomozo: 姫 神姫 神
VW-DRAGONVW-DRAGON つきじ丸つきじ丸

ファン

35 人のファンがいます

愛車一覧

アウディ S4 (セダン) アウディ S4 (セダン)
レガシィに替わる新しい家族が増えました。 早いもので9台目の車になります。 手足に強いマ ...
トヨタ エスクァイア トヨタ エスクァイア
2016年1月17日付の拙ブログに購入経過を記しておきましたので、興味のある方はご参照下 ...
輸入車その他 ???? 輸入車その他 ????
買い物、通院等に使用。 最高速度時速6キロ。 約3時間の充電で20キロ程度の距離はこなし ...
輸入車その他 ???? 輸入車その他 ????
買い物、通院等に使用。 最高速度時速6・5キロ。 エスクァイア号のドライバーズシートとし ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.