• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

野分の藤蔵のブログ一覧

2014年05月23日 イイね!

Audiに行く

Audiに行く今年も狂犬病予防接種の季節がやってきた。

わがまま犬のタロウだから、病院は当然キライである。

が、タロウも法治国家に生きている以上は、法に従ってもらわなければならない。

というのは小生の誤りで、規範とは人間の行為に関する是非善悪の価値判断のことであるから、狂犬病予防法に基き、飼い主である小生がタロウに予防接種を受けさせなければならないという理屈になるのである。

そんな些末なことはともかく、リアタイヤ・バッテリー・シート・バックサポートを交換し、新車同様の乗り心地になった電動車椅子Nutron  R51LXP号


にタロウを乗せ、10時半に自宅を出発。

10時45分、動物病院にトウチャコである。
写真は、入り口でスタッフの方に引き渡すところ。
ご覧のごとく、表情はこの上なく暗い・・・


フィラリアの血液検査も無罪放免となり、11時30分帰宅。

ところで、昼食後こんなものが届いていたのを思い出したので・・・


若干さもしいとは思いながら、金曜日ならディーラーも空いているだろうとアウディに行ってみることにした。
14時5分、自宅を出発。
三菱パジェロミニの背後に迫る不気味な影・・・。


14時45分、トウチャコ


了承を得たうえで、相も変わらず下手な写真を撮る。

A6アバント


A1


A3


RS4


アップでどうぞ


次の間(ま)はこの2台

S6アバント


A7




箸休め(その1)


箸休め(その2)


箸休め(その3)


箸休め(その4)


奥の院では赤いカーペットに真打ちが控えていた




「はぐれ刑事純情派」で安浦刑事の次女役を演じた、小川範子似の可愛らしいお嬢さんが運んできて下さった美味しいマカロンとホットコーヒーを頂いている間に、


例の抽選券のお約束でS4号の査定をしてもらった。
ちなみに、査定額は小生の思った通りだった。

そんな金曜日。
(敬愛するTomozo:さんのパクリです。1回だけです! Tomozo:さんゴメンナサイ・・・)
Posted at 2014/05/23 22:11:08 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ
2014年05月22日 イイね!

23年振りに旧友に会う

23年振りに旧友に会う調布市に住んでいる旧友に会いに行く。

懐かしい友人の名はN氏

N氏は難病中の難病である筋ジストロフィーを患っている。

39年前に同じ合宿所で運転免許を取った掛け替えのない友である。

N氏が借りている一軒家には小生のS4号の駐車スペースがないため、調布市文化会館たづくり会おうということになった。

実は、N氏邸にはギリギリS4号が入る位の土地はあるらしいのだが、小生の運転技術を熟知しているN氏が咄嗟に機転を利かせて、S4号をガリ傷から未然に守ってくれたのである。
N氏とはそういう優しい男なのだ。

10時ジャストに自宅を出発。

TBSラジオの交通情報によれば中央道が工事で混雑していて、調布まで二時間半などと阿南京子(あなみきょうこ)さんが物騒なことを言っているので、16号・17号・環八・甲州街道と久しぶりに雨の一般道をひた走る。

トヨタヴォクシーの背後に迫る不気味な影・・・。


11時45分、調布市文化会館にトウチャコである。
障害者用スペースに止めさせて頂く。


N氏は、付き添いの介護人であるOさんとともに既にトウチャコしていた。

まずは乃木将軍とステッセルよろしく、やあやあと言いながら握手をかわす。

小生が思っていた以上に元気なN氏。
電動車椅子のその巧みな操作ぶりは、小生をはるかに凌駕する。


「最後に会ったのはいつだっけ・・・?」
しばし二人で考える。

「23年前に昭和女子大の人見記念講堂で、琉球音楽のネーネーズを聴きに行ったときじゃない?」
との結論に落ち着く。

昼飯を食べながら、昔話やら近況報告やらをしようということになる。
12階にあるバイキング形式のレストランを、N氏が予約してくれていた。
18歳の頃から、実に気が利く男なのである。
小生も見習えばよかったとつくづく思う。

介護人のOさんも優しい方で、小生の分も持って来て下さる。
早速パクつく。


思えば、互いに紅顔の美少年であった18歳の頃からのつきあいである。

当時は身体障害者が運転免許を取得すること自体珍しく、教習所の受入れの問題やら免許の限定条件の厳しさやら色々とクリアしなければならない課題があったのだが、クルマを操ることのできる喜び比べればそれは些細なことである。

そして、決して障害者用には作られていなかった合宿所でともに寝起きし、同じ釜の飯を食い、法令の勉強をし、見たことのない府中試験場のコースを予測し、風呂場で背中を流し合い、理想の恋愛を語り合ったあの頃の充実感は、まさに小生とN氏の人生の春の時代を象徴するものであった。

以前は10年ひと昔とよく言ったものだが、時の流れが速い今では3年ひと昔位だろうから、39年前と言えばどのように表現したらよいのだろうか・・・。

いずれにせよ、同じ時代に同じ目標を共有したという意味からも、不思議な縁(えにし)で結ばれた二人であることに疑いはない。

「そういえば、あの頃寮で背中に見事な彫り物をした車椅子の人がいたね~!」
合宿所内はまさにドラマ人間模様
18歳の我々には少々刺激が強すぎたことも、還暦近くともなれば
「なるほど。今考えればそういうことだったわけね・・」
と、いちいち合点がいくのも面白い。

昔話と互いの近況報告を終え、将棋を指そうということになる。
何でもN氏は、ここ2年将棋に凝っていて、月2回レッスンプロに教えを乞うているというではないか。
小生も売られた喧嘩は買わずばなるまい。
11階にある「みんなの広場」のテーブル席をお借りして、対局開始

奥側に位置するN氏は、持ちやすく改良したストローを使って器用に駒を動かす。
動かしづらいところは介護人の方がサポートするのである。
局面は中盤の難所

1局指してみての感想は・・・
将棋を覚えてたった2年でこれだけ指せれば大したもの!
というところである。
あとは3手詰め・5手詰めの詰将棋をいっぱい解いて、終盤を強くすれば初段までは間違いなしだ。

是非また指そうね!」と約束し、16時半に調布市文化会館をあとにする。

24時間介護を必要としながら、地域でいきいきと自立生活を営むN氏。
久し振りに会えてよかったと心から思ったのである。
Posted at 2014/05/22 01:55:29 | コメント(5) | トラックバック(0) | その他
2014年05月14日 イイね!

肉汁うどんに油揚げを入れるな!

肉汁うどんに油揚げを入れるな!蟹江敬三氏お別れの会をテレビで見る。

渡辺謙も石橋蓮司も名取裕子も松下由樹も、その話振りから蟹江敬三を大好きだったことがよくわかる。

小生が最も魅力を感じるのは、何といっても鬼平犯科帳で小房の粂八を演じている際の蟹江である。

特に、初登場の回である「血頭の丹兵衛」の中で、蓑火の喜之助に扮した島田正吾とのやり取りがたまらなくいい。
およそ原作とはかなり違うのだが、島田と蟹江と吉右衛門の個性が見事に調和しており、心地よいのだ。

ところで、蟹江が最初にテレビ出演した番組は、渥美清主演の「泣いてたまるか」ではないだろうかと思っている。

確か原田芳雄と同じ工場で働いていた役で、10秒位しか画面に映らないのだが、花笠音頭か何かを練習していたように記憶している。
たぶん蟹江が22~3歳の頃のはずなのだが、とにかく顔が濃いので、一度見たら強烈に印象に残るのである。

ついでに言わせて頂くなら、渥美清の代表作は「フーテンの寅」ではなく、「泣いてたまるか」であるというのが小生の持論だ。

これを言うと「だからオタクは変人だ!」と下宿のオバサンはのたまうのだが、物事の本質がわからない人に所詮何を説明しても無駄なことである。

本質つながりで恐縮だが、こんなものが新聞といっしょに郵便受けの中に入っていた。


自動車税を納めにセブンイレブンに行くので、ついでに行ってみることにした。
13時20分、ヨレヨレのNutron  R51LXPで出発。


レッカー移動車置き場が通り道である


セブンイレブンにて納付


うどん屋にトウチャコ


グラスの麦のジュースと肉汁うどん(つけ麺)を注文する。
ジュースはものの30秒もしないうちに出てきた。
せっかくなので、20秒もしないうちに胃袋の中へ流し込む。

さて、5分ほどで肉汁うどんが運ばれたのだが、スープを見ると豚肉とともに結構な量の油揚げ入っている。
食べてみると、予想通り残念な味である。
すなわち、豚肉と油揚げがダブっているのだ。

これは食において極めて本質的なことだが、ダブっているというのは、お互いがお互いのいいところを消し合うこと言う。
つまり、豚肉も油揚げも本来は美味しいものであるし、いいダシも出るのだが、いっしょにするとクドイだけなのだ。

そもそも、油揚げというものはがんもどきの親戚筋に当たる。
がんもどきイコール「雁擬き」。
つまり雁の肉に味が似ているためにこの名がついたのだから、本物の肉といっしょに調理してはいけないのである。

以前、ちゃんこ料理で肉と油揚げをいっしょに煮込む場面を見たことがあったが、小生常々その味に疑念を感じていた。
やはり、その疑念は正しかったと本日確信した次第である。

散々文句を並べた割には完食する。
変人故に、当然割引券は使わなかった。
美味しかったなら、無論割引券は利用していた。


陽気がいいので、近くの公園に行ってみる
























15時45分、帰宅する。
今日の夕飯は、下宿のオバサンが滅多に作らない「メンチカツもどき」である。
Posted at 2014/05/14 01:19:42 | コメント(4) | トラックバック(0) | グルメ/料理
2014年05月07日 イイね!

またいろは坂に行く

またいろは坂に行く大型連休が終わり、どうやら世の中も通常モードに戻ったようである。

小生は知っての通り世捨てられ人が故に、毎日が日曜日。

従って小生には、通常モードも臨時モードも非常モードも異常モードもない。

強いて挙げるとすれば、痴情モードくらいなものだ。

ところで、通常モードのモード「様態」と訳すのが普通なのだろうが、一方ファッションで言うところのモードは、modernと親戚関係のような「流行」という意味になる。

言うまでもなく、流行とは最新形のこと。

まれに大昔の最新形が現代に甦ることがあるが、いわゆるコンサバをこよなく愛する小生にとって、流行を意味するモードは天敵に等しい。

よくよく考えれば、残念乍ら平成の御代はモードだらけの二十数年間である。
平成の大改革然り、グローバリズムの侵攻然り、市町村の大合併もまた然り。

我々の先輩方が伝統的に築いてきた集団運営の方法や制度大規模に破壊してきた結果、何が残ったかと言えば、富める者と貧しき者、都会と地方の格差が絶望的に拡大したという事実のみである。

イカンイカン・・・・
連休中どこにも出掛けずにいたら、すっかり愚痴っぽくなってしまった。
親爺の愚痴は、若者達の最も忌み嫌うところである。

という訳で4月に続き、いろは坂に行ってみる。
9時10分、自宅を出発。
ホンダアコードの背後に迫る不気味な影・・・。


途中、日光宇都宮道路の日光口SAでいつものように休憩


血糖値のことなどは考えず、持参したこれをパクつく


いろは坂へいざ出陣


大宮ナンバーの白いA3とともに、明智平にトウチャコ
灰皿と1メートルも離れていない煙たい身障者用パーキングに止めさせて頂く


思うに、煙草なるものは直ぐに止められる。
それが証拠に、小生などはもう7回も止めている。

喉がいがらっぽいという理由をつけ、これをヒト舐めしてみる。美味である


ロープウェイに春が来りゃ♪
レナウンのワンサカ娘だと、「ロープウェイに冬が来りゃ♪・・・」が正しいのである)




男体山


帰途に就く。
やはり下りの方が数段面白い。
が、ちょっとだけ吹かし過ぎたため、いろは坂でガードレールにキスしそうになったのは、ここだけの秘密である。

毎度栃木県警の旦那方にお世話を掛ける訳にはいかないので、安全運転を心掛ける。




14時5分、帰宅。

お話最初に戻って、これがタロウの通常モードだが


今日は、夏モードの彼がお出迎えである


何犬だか、ようわからんようになってしもた。
オシマイです。
Posted at 2014/05/07 19:31:27 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

野分の藤蔵と申します。 還暦の偏屈オヤジです。 家族は下宿のオバサンとシーズーのタロウ。他人様に言えない稼業で、何とか糊口を凌いでおります。 趣味...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/5 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お友達

自己紹介どおりのマイノリティな変人オヤジです。
こんな男でよければ、どうぞよろしくお願いします。
45 人のお友達がいます
Tomozo:Tomozo: * HANNAHANNA *
びっぐばいとびっぐばいと * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認
VW-DRAGONVW-DRAGON ◇画太郎◇◇画太郎◇

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

アウディ S4 (セダン) アウディ S4 (セダン)
レガシィに替わる新しい家族が増えました。 早いもので9台目の車になります。 手足に強いマ ...
トヨタ エスクァイア トヨタ エスクァイア
2016年1月17日付の拙ブログに購入経過を記しておきましたので、興味のある方はご参照下 ...
輸入車その他 ???? 輸入車その他 ????
買い物、通院等に使用。 最高速度時速6キロ。 約3時間の充電で20キロ程度の距離はこなし ...
輸入車その他 ???? 輸入車その他 ????
買い物、通院等に使用。 最高速度時速6・5キロ。 エスクァイア号のドライバーズシートとし ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる